広告 簿記

簿記2級があれば食いっぱぐれないって本当?

2023-03-07

このページにはプロモーションが含まれています

簿記アップデート

簿記2級を取れば、将来食いっぱぐれないって本当なのかな?

どうせ取るなら、将来食いっぱぐれない資格を取りたいです!

日商簿記2級といえば、経理や財務に関する基本的な知識を持つことを証明する資格であり、就職・転職にとても有利な国家資格と認識されていると思います。

武器になるのは間違いありませんが、ただ希望する就職先や転職先の企業規模により、簿記2級の価値も変わってきます。

しかし、簿記2級はコスパ抜群で食いっぱぐれないキャリアを築くための一助となるのは間違いありません。

この記事では、就職や転職の際、簿記2級があなたにとって、どのように有利に働くか、キャリアアップを実現できるのか具体的な事例を交えて解説します。

簿記2級講座を検討している全ての方に読んでほしいこと

「通信講座に入ったけど続かなかった」

自分の都合良い時間で勉強できると評判の通信講座ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「講座が合わなかった」に集約されます。

講座費用が安かったから、、、

何も考えずに申し込んだ、、、

こんなテキストじゃ合格無理、、、

あ、、、行政書士のテスト7割を切ってしまった…全額返金保証の対象外に…
判例集も無いし条文の解釈の仕方についても穴だらけのテキストで合格できる気がしない…通信講座なんてやらなきゃよかった、市販テキストのほうが圧倒的に情報量も試験に出る問題の解き方も押さえてあるのに…
失敗したな…— いずみん@慶應通信 (@IZzzminne) April 3, 2018

詰め込み方が激しすぎる、、、

費用が安いから、評判が良さそうだから、そんな理由で講座選びをすると、途中で辞めてしまうことも多いです。

後悔しないためには、講座のメリット・デメリットを把握した上で申し込むことが重要です。

簿記2級の連結会計で挫折してませんか?

スタディング 簿記講座 ホームページ画像

問題集の答え見ても理解できない

スタディング簿記2級の動画講義は分かりやすく、難しい概念も理解しやすいため、学習を迅速かつ効率的に進め、合格に近づけます

勉強する時間を作れない

独学だと、問題が難しく理解に時間かかりますが、スタディング簿記2級講座では、通勤時間や待ち時間など、日常の隙間時間を有効に活用して学習できるため、柔軟な学習スケジュールを確立できます。

難しすぎてモチベーションが続かない

簿記は途中離脱者が本当に多いですが、スタディング簿記2級講座は、専門的な指導と質の高いコンテンツで学習サポートし、模擬試験や個別指導の提供で合格率を高めます

スタディング簿記2級講座
▼ 申込みはこちら ▼

3ヶ月で簿記2級合格を目指す

簿記2級があれば本当に食いっぱぐれないのか?


簿記2級

本当に
食いっぱぐれないのか?

【簿記二級】経理職での転職で有利になるのか?

日商簿記二級の資格が転職でどの程度有利に働くかは、応募する企業規模や、その企業における他の応募者の資格レベルに大きく依存します。

転職先が、「東証二部、マザーズ上場企業や未上場企業」の場合

これらの企業では、特に経理部門において日商簿記二級の資格保有者が少ない傾向にあるため、あなたの資格は明確な強みとなります。

特に、会計や財務知識が重視される中小企業や成長途上の企業では、簿記の資格が高く評価され、転職において重要なアドバンテージとなる可能性が高いです。

また、これらの企業では、多様な業務を担う機会が多いため、簿記の知識を活用した貢献が期待されます。

転職先が、「大手企業」の場合

大手企業では日商簿記二級を持つ応募者が多いため、書類選考の段階でこの資格だけで十分な差別化を図るのは難しいです。

大手企業では、他の多くの応募者も同等またはそれ以上の資格を有している可能性が高く、簿記二級だけでは十分なアピールにはならない傾向にあります。

このため、簿記二級の資格を転職に有利に活用するためには、応募する企業の規模や業界、そして競合する他の応募者の資格レベルを考慮することが重要です。

また、資格以外の経験やスキルも同時にアピールすることで、より強い立場で転職活動を進めることができます。

新卒採用の場合、簿記二級は就活で有利になるのか?

新卒採用の場合、日商簿記二級の資格は就職活動で有利に働く可能性があります。特に以下の点がその理由です。

就活で有利に働く4つの理由
  • 【理由①:専門知識の証明】→日商簿記二級は、会計の基本的な知識とスキルを持っていることを証明する資格です。これは、特に会計や財務を重視する業界や職種において、新卒の候補者にとって大きなアドバンテージとなります。
  • 【理由②:学習意欲の示唆】→資格を取得することは、学習意欲や自己啓発への取り組みを示すことができます。企業は自発的に学び、成長する意欲のある人材を高く評価する傾向にあります。
  • 【理由③:即戦力としての期待】→日商簿記二級を持つ新卒者は、入社後すぐに会計関連の業務に取り組むことができると見なされることがあります。これにより、特に中小企業やスタートアップ企業においては、即戦力としての評価を受ける可能性があります。
  • 【理由④:幅広い業界への応用】→簿記の知識は、会計事務所や金融機関だけでなく、さまざまな業種で財務管理の基礎として役立ちます。そのため、幅広い業界での就職活動において有利に働くことがあります。

ただし、簿記二級の資格が就職活動においてどれだけ有利に働くかは、応募する企業の業種や職種、企業のニーズによって異なります。

簿記二級を検討する人。こんな口コミがあります

多くの人が先行き不透明な日本の将来に不安を感じ、簿記2級を取得することで「食いっぱぐれないようにできないか?」と考えている人は多いようです。

Twitterでの口コミ

まずは、Twitter上にある口コミを見てみましょう↓

Yahoo知恵袋へ悩み投稿

そして「Yahoo!しごとカタログ」でも、大学生からこんな相談があがっていました↓

yahooしごとカタログより

このように多くの人が先行き不透明な日本の将来に不安を感じ、簿記2級を取得することで「食いっぱぐれないようにしたい!」と考えているようです。

簿記2級があれば食いっぱぐれない?


簿記2級

本当に
食いっぱぐれないのか?

まずは、簿記2級とはどのような資格なのか?調べてみましょう。

簿記2級は、一般企業の実務経験を想定した中級レベルの簿記知識と技能を証明する資格です。

資格を持っていることで、会計や財務に関わる職種での就職や転職活動に有利に働くことがありますが、簿記2級資格があれば必ずしも「食いっぱぐれない」とは限りません。

日本商工会議所のwebサイトでは、簿記2級のレベルを以下のように定義しています。

経営管理に役立つ知識として、企業から最も求められる資格の一つ。高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できるなど、企業活動や会計実務を踏まえ適切な処理や分析を行うために求められるレベル。

引用:日本商工会議所

そして、簿記2級があれば食いっぱぐれないって本当かどうかですが、、、

実際に簿記2級を取得した人の口コミを見てみましょう↓

食いっぱぐれない!という力強いコメントや前向きな口コミが書かれていますね。

本当に簿記2級があれば食いっぱぐれない?

簿記2級があれば食いっぱぐれないって本当かどうかですが、、、

正直なところ、食いっぱぐれることはあり得ます。

簿記を必要とする仕事については、大抵の人が事務・経理業務で必要なため、簿記資格を持っていたら即座に業務に応募して合格すると思っている方が多いんですが、実はそうではありません。

簿記2級があっても食いっぱぐれる場合もある

もっと言えば、簿記2級の資格を持っていても、業務でその能力を生かせなかった場合、残念ながら食いっぱぐれます。

簿記2級の資格が大きなメリットになるのは、転職する際の履歴書・職務経歴書に書けるということと、与えられた業務をこなせるようになってからです。

たとえば、簿記・経理経験者で、5年間経理をやっている人がさらなるスキルアップとして簿記2級を取得するのは大きなメリットとなりますが、簿記2級を持っているけど、経理等の仕事を全くしていない人、これは大きなメリットにはならないです。

簿記2級が意味ないと言われる3つの理由

理由1:開業に必要な資格ではないから

簿記2級が意味がない資格だと言われている理由は、独立開業に必要な資格ではないからです。

つまり、自分で何かビジネスを興そうとするスタートアップ企業の場合、会計処理などは極端な言い方をすると誰でもできるため、会計知識があることを証明できても意味がないという意見があります。

むしろ、会計知識よりも実際にパソコン処理でデータ入力を間違えないという方が重要なので、会計知識については後から学べばそれで足ります。

簿記2級は、公的資格であり国家資格と違いますので、意味がない資格だと言われています。ちなみに文部科学省は、国家資格についてこのように定義しています。

国家資格とは、国の法律に基づいて、各種分野における個人の能力、知識が判定され、特定の職業に従事すると証明される資格。法律によって一定の社会的地位が保証されるので、社会からの信頼性は高い。

引用:文部科学省
開業に必要な資格ではない

簿記2級が意味がない資格だと言われる一つ目の理由は、独立開業に必要な資格ではないためです。例えば、自分でビジネスを立ち上げるスタートアップ企業の場合、会計処理は誰でも学べるものであり、簿記2級資格を持っていることが必ずしも大きなアドバンテージにはなりません。実際には、データ入力の正確さや効率性が重視されることが多く、会計知識は後からでも習得できます。

国家資格ではないため、社会的信頼性が低い

簿記2級は公的資格であり、国家資格とは異なります。国家資格は、国の法律に基づいて特定の職業に従事する能力・知識を証明するもので、一定の社会的地位が保証されるため信頼性が高いです。一方で、簿記2級は国家資格ではないため、その信頼性や価値が相対的に低く見られることがあります。

簿記2級だけでは、専門性が不十分

簿記2級は、基本的な会計知識を身に付けるための資格ですが、専門性が高いとは言い難いです。簿記1級や公認会計士、税理士などのより高度な資格を持つことで、より専門的な知識やスキルが求められる職種に就くことが可能になります。このため、簿記2級だけでは十分な専門性がないと見られることがあります。

これらの理由から、簿記2級資格が意味がないと言われることがありますが、それでも基本的な会計知識を習得する上でのスタート地点としては有用です。

状況や目的に応じて、自分に適した資格を選ぶことが重要です。簿記2級をステップとして、さらなるスキルアップを目指すこともひとつの選択肢となります。

理由2:実務経験のほうが重要とみる企業が多いから

転職の場合、企業側が欲しいのは即戦力

正直な話、資格よりも実際の業務ができる、これが企業からすれば全てです。

簿記2級資格を持っていることは、基本的な会計知識があることを示しますが、企業にとしては即戦力を求めるため実務経験のほうが重要とされることが多いです。実際に業務を遂行できる人材が求められるため、資格だけではなく、実務経験も必要とされます。

資格を持っているこの場合、簿記2級の資格を持っている人を仮に雇い入れたとして、その人物が仕事ができない人だった場合、実務経験を積んでいる人物の方がどう考えても企業が雇うべき人物になるため、実務経験に乏しい可能性がある、簿記2級のライセンスを持っている人物は企業からすれば不要となるのです。

企業は、新たに雇用する際に、簿記2級資格を持っているだけではなく、実務経験も積んでいる人材を優先的に採用することが多いです。これは、実務経験がある人材のほうが、即戦力として働くことができるため、企業にとってはコスト面でも効率的だからです。

資格を持っていることは最低基準

また、実務経験を積むことで、簿記2級資格だけでは得られない知識やスキルを身につけることができます。例えば、実際の業務を通じて獲得できるコミュニケーション能力や問題解決能力は、企業にとって大変重要なスキルとなります。

資格を持っていることはあくまで最低基準であり、実務経験がない場合、企業はその人物の実力を疑問視することがあります。そのため、簿記2級資格を持っているだけでは、企業にとって十分な価値がないとされることがあります。

このように、簿記2級資格だけでは企業に求められる要件を満たせないことがあるため、資格取得と並行して実務経験を積むことが重要です。実務経験を通じて、自分のスキルを高め、企業にとって魅力的な人材になることが求められます。

理由3:会計や経理は機械化(IT化)されてきたから

AI(機械化)が進む会計・経理の業務

現在、会計・経理については多くが機械化されていてAIが代行しつつありますので、結論として簿記というライセンス自体が意味がなくなり、勝手に端末が処理してくれるから人は不要となる可能性もあります。

近年、会計や経理業務に関しては、AIや自動化技術の進歩により、業務が機械化・IT化される傾向にあります。これにより、簿記資格を持っているだけでは十分な価値がなくなる可能性が指摘されています。

具体的には、会計ソフトやクラウドサービスの導入により、複雑な計算やデータ入力が自動化されることが増えています。これにより、人間が手作業で行っていた簡単な会計処理は、AIが高速かつ正確に実行することができるようになりました。

簿記資格の価値が相対的に低下している?

また、RPA(Robotic Process Automation)の導入により、経理業務の繰り返し作業も自動化されることが増えています。これにより、従来は人間が行っていた作業が機械によって置き換えられることが多くなっており、簿記資格の価値が相対的に低下していると言われています。

しかし、一方で、AIや自動化技術が発達したとはいえ、完全に人間が不要になるわけではありません。高度な判断力や問題解決能力を持った人材が引き続き求められるため、簿記資格だけでなく、他のスキルや知識を身につけることが重要です。

結局、簿記資格は基礎的な知識を身につけるために役立ちますが、今後はIT化や機械化が進む中で、より高度なスキルや知識を持った人材が求められることが予想されます。そのため、簿記資格を活かすためには、他のスキルや知識も習得し、柔軟に対応できる人材になることが大切です。

簿記2級の連結会計で挫折してませんか?

スタディング 簿記講座 ホームページ画像

問題集の答え見ても理解できない

スタディング簿記2級の動画講義は分かりやすく、難しい概念も理解しやすいため、学習を迅速かつ効率的に進め、合格に近づけます

勉強する時間を作れない

独学だと、問題が難しく理解に時間かかりますが、スタディング簿記2級講座では、通勤時間や待ち時間など、日常の隙間時間を有効に活用して学習できるため、柔軟な学習スケジュールを確立できます。

難しすぎてモチベーションが続かない

簿記は途中離脱者が本当に多いですが、スタディング簿記2級講座は、専門的な指導と質の高いコンテンツで学習サポートし、模擬試験や個別指導の提供で合格率を高めます

スタディング簿記2級講座
▼ 申込みはこちら ▼

3ヶ月で簿記2級合格を目指す

簿記2級の取得者の年収とキャリアの可能性


簿記2級

簿記2級の年収と
キャリアの可能性

日商簿記2級は、ビジネスの基本となる会計知識を習得した資格で、経理や財務の分野でのキャリアアップに役立ちます。

取得者の年収は、実務経験の有無や業界によって異なりますが、一般的には実務未経験者で250~350万円、実務経験者(1年以上)では300~480万円程度とされています。

日商簿記2級取得者は、商業簿記に加え、工業簿記の知識も習得しているため、さまざまな業界で活躍できる可能性があります。具体的には、中小企業の経理部門、税理士・公認会計士事務所、保険会社、銀行などで働くことが一般的です。

製造業においても、簿記2級取得者は原価計算や製造費用の管理など、製品のコスト管理に関するスキルを持っているため、製造業の経理部門で活躍することが可能です。このように、簿記2級を持つことで、幅広い業界での就職や転職が容易になり、年収も向上することが期待できます。

しかし、簿記2級だけでは食いっぱぐれないとは言い切れません。

スキルや経験を積み重ねることで、より高い年収やキャリアアップが見込めるでしょう。簿記2級を活かしてさらにスキルアップし、競争力を高めることが大切です。

簿記2級で転職!資格が活かせる仕事3選


簿記2級

生かせる仕事3選

転職の際、実務未経験でも簿記2級資格が活かせる仕事はいくつかありますので、以下に3つの仕事「会計事務所のアシスタント・経理・財務部門のスタッフ・フリーランスの簿記士」をご紹介します。

簿記2級資格は、一般企業の実務経験を想定した中級レベルの簿記知識と技能を証明する資格であり、これを持っていることで、会計や財務に関わる職種への就職や転職活動に有利に働くことがあります。

実際、求人募集している公認会計士事務所や税理士事務所さんのtweetを見てみましょう↓

では以下に、実務未経験でも簿記2級資格が活かせる仕事の例を挙げます。

転職で活かせる仕事①:会計事務所のアシスタント

会計事務所では、簿記の知識を活かして、経理や税務に関するサポート業務を行います。実務未経験でも、基本的な簿記知識があれば、アシスタントとして働くことができます。

書類整理・データ入力

会計事務所では、様々な書類やデータが扱われます。アシスタントとしては、領収書や請求書の整理、会計ソフトウェアへのデータ入力など、基本的な事務作業を行います。

仕訳処理

簿記知識を活かして、売上や支出などの取引を適切な勘定科目に分類し、仕訳帳に記入します。これにより、取引の内容を正確に把握し、決算書の作成に役立てることができます。

税務申告のサポート

法定期限内に税務署へ提出する必要がある税務申告書の作成をサポートします。経費の確認や計算、申告書類の整理など、税務申告に関わる業務を行います。

決算書の作成補助

決算書(損益計算書、貸借対照表など)は、企業の財務状況を示す重要な書類です。アシスタントとして、決算書の作成を補助するために、仕訳データの確認や計算、表の作成などを行います。

顧客対応

会計事務所の顧客からの問い合わせに対応し、税務や経理に関するアドバイスを提供します。また、顧客の業務状況を把握し、適切なサービスを提案することも求められます。

これらの業務を通じて、会計事務所のアシスタントは簿記知識を活用し、経理や税務に関するサポートを行います。

実務経験がなくても、簿記2級の基本的な知識を持っていれば、アシスタントとして働くことができますが、実務経験を積むことで、より高度な業務に携わることができるようになります。

転職で活かせる仕事②:経理・財務部門のスタッフ

中小企業やスタートアップなどでは、経理・財務部門のスタッフとして、簿記2級資格を活かして業務を行うことができます。実務未経験でも、簿記知識を持っていれば、チームのサポート役として活躍できることがあります。

仕訳処理

取引に関するデータを適切な勘定科目に分類し、仕訳帳に記入します。売上、支出、資産の移動など、企業の様々な取引を正確に記録することが求められます。

経費精算

社員から提出される経費精算書類を確認し、適切な計上を行います。領収書や明細書を確認し、税法や会社規定に基づいて処理を行います。

請求・入金管理

売掛金の管理や請求書の発行、入金確認を行います。適切なタイミングで顧客に請求を行い、入金がスムーズに進むようにサポートします。

支払い管理

仕入先やサービス提供者に対する支払いを管理します。請求書を確認し、支払い期限や金額を把握して適切なタイミングで支払いを行います。

決算準備

期末には決算書(損益計算書、貸借対照表など)を作成するため、データの整理や計算、必要書類の準備を行います。また、監査対応や税務申告のサポートも行います。

予算管理

会社の予算策定や予実管理を行います。部門ごとの予算編成や実績との比較を行い、予算達成状況を把握し、適切な対策を立てることが求められます。

これらの業務を通じて、経理・財務部門のスタッフは企業の財務状況を管理し、適切な会計処理を行います。簿記2級資格を持っていれば、基本的な経理業務をこなすことができ、チームのサポート役として活躍できます。

転職で活かせる仕事③:フリーランスの簿記

自分でクライアントを持ち、個人事業主や小規模企業の経理業務をサポートするフリーランスの簿記士として働くことも可能です。簿記2級資格があれば、基本的な経理業務をこなすことができます。

会計帳簿の作成・管理

クライアントの会計帳簿を作成し、日々の取引を適切な勘定科目に分類して記録します。また、帳簿の整理や管理も行います。

決算書の作成

期末には損益計算書や貸借対照表などの決算書を作成します。クライアントの財務状況を分析し、利益や損失、資産や負債の状況を明確に示すことが求められます。

税務申告のサポート

法定期限内に税務署へ提出する必要がある税務申告書の作成をサポートします。経費の確認や計算、申告書類の整理など、税務申告に関わる業務を行います。

経営コンサルティング

クライアントの経営状況を分析し、改善策や成長戦略を提案することがあります。経理データをもとに、キャッシュフロー改善やコスト削減の提案を行うことが求められます。

顧客対応・コミュニケーション

クライアントとのコミュニケーションを円滑に進めることが重要です。経理や税務に関するアドバイスを提供し、クライアントのニーズに応じたサービスを提供します。

フリーランスの簿記士として働く際には、簿記2級資格を活用して基本的な経理業務をこなすだけでなく、コミュニケーション能力や顧客獲得スキルも重要となります。

また、実務経験を積むことで、より高度な業務に携わることができるようになりますので、フリーランスとして成功するためには、自己管理能力やマーケティングスキルも身につけることが大切です。

簿記2級持ち30代経理未経験の転職は実務経験なしでも大丈夫?


簿記2級

30代経理未経験の転職
実務経験なしでも大丈夫?

転職で求められるのは即戦力!だから簡単ではない

簿記2級を持っていて、30代で経理未経験の人物が経理に転職するとなると、実務経験なしでも大丈夫であるかどうかですが、微妙であるというのが答えです。

なぜなら、20代で経理の仕事をしている人物が仮にいた場合、20代の人物が経理主任だった場合、30代の経理未経験者の方についてどう思うでしょうかという問題が生まれます。

おそらく、一から30代の人に仕事を教えなければならないので、20代の人は30代の人を教育するに際し、「どうしよ?」と考えるでしょう。

問題は経理主任という立場にある人は、仕事を円滑に進めていくことを優先しますので、30代の人が仕事覚えが悪いと判断した場合、容赦なく、経理の仕事からつまみ出すと考えます。

仕事で求められているのは資格”だけ”ではない

ですので、30代の経理未経験者が転職という方向で実務経験なしで仕事を覚えていくか、もしくは仕事を完遂できるようになるかについては未知数でありますので、「大丈夫!」とは言い切れず、微妙であるという表現になります。

経理会計部門では、主任がいて、主任は絶対的な権限として人材に対して取捨選択が許される立場にあるため、主任が30代の簿気持ちの人で実務経験がない人物について仕事を覚えないから使えないと判断した場合、残念ながらその人物は仕事を任せてもらえず、会社で居場所がなくなるでしょう。

簿記2級すごい!簿記2級をとって役に立ってよかったこと


簿記2級

簿記2級とって良かったこと

まずは、簿記2級取得者の「とってよかった!」という口コミを見てみましょう↓

しかし複式簿記で帳簿付けてて思うのは、最初の会社で報奨金めあてとはいえ日商簿記2級まで取っててよかったということ。10年のブランクはあれどおかけで仕訳に抵抗ないし、財務諸表も読めるし。なんでもやっておくべきと思います。

— 七海@二棟目いきたい (@nanami_oya) April 26, 2023

税理士事務所への転職ができたり、57歳でパートから簿記2級とって就職先に受かったりと、簿記2級を取得することは、人生に大きな影響を与えることは間違いありませんね。

簿記2級を取って役に立つ点

自分がすでにお金にかかわる立場で仕事をしている場合、簿記2級を取得することで役に立ってよかったと思える点は、信頼が生まれるという点が最大の役に立ってよかったことです。

簿記2級は経営などにおいて問題点を把握することが求められるため、実務で問題点があるのではないかということを知った場合、それを報告することが可能です。

喜ぶ男女

仕事を通して信頼が生まれる

そして、報告した内容について事実であると経理などの主任が判断をした場合、生まれるのが信頼になりますので、簿記2級を取得してよかったと思えるのは会社の同僚からの信頼のほか、自分よりも立場が上の人物からの信頼です。

特に、間違っていると思えるデータの指摘についてはとても重要ですし、銀行なんかであれば特に、主任と言える人物は間違いを探すために躍起になっていると言ってもよいわけですから問題点を把握することの重要性を理解している簿記2級という資格については取得してよかったと思えます。

さらに簿記1級になると経営状態について分析することが求められますが、簿記2級でもそうした分析まではいかないんですが、業務であれば、間違っている点を指摘して修正することを可能としていますので、間違いを指摘する際、説得力を生むという方向から役に立っている資格だと言えます。

簿記2級の工業簿記に苦しめられていませんか?

スタディング 簿記講座 ホームページ画像

問題集の答え見ても理解できない

スタディング簿記2級の動画講義は分かりやすく、難しい概念も理解しやすいため、学習を迅速かつ効率的に進め、合格に近づけます

勉強する時間を作れない

独学だと、問題が難しく理解に時間かかりますが、スタディング簿記2級講座では、通勤時間や待ち時間など、日常の隙間時間を有効に活用して学習できるため、柔軟な学習スケジュールを確立できます。

難しすぎてモチベーションが続かない

簿記は途中離脱者が本当に多いですが、スタディング簿記2級講座は、専門的な指導と質の高いコンテンツで学習サポートし、模擬試験や個別指導の提供で合格率を高めます

スタディング 簿記2級講座
▼ 申込みはこちら ▼

3ヶ月で簿記2級合格を目指す

最後に


簿記2級

最後にお伝えしたいこと

簿記2級の資格はあくまで、その分野に関する知識やスキルを持っていることを証明するものであり、実際の仕事で成果を出すためには、資格だけでなく、実務経験やコミュニケーション能力、問題解決能力など、他のスキルも必要です。

簿記2級資格を活かすためには、以下のことも重要になってきます。

実務経験を積む

知識だけでなく、実際の業務を通じて経験を積み、スキルを磨きましょう。

継続的な学習

簿記や会計の分野は、法改正や新しい制度の導入など、常に変化していますので、最新の情報をキャッチアップし、知識をアップデートし続けることが重要です。

コミュニケーション能力

仕事を円滑に進めるために、同僚や上司、クライアントとの適切なコミュニケーションが重要です。明確で丁寧なコミュニケーションを心掛けることで、チームでの働きやすさや仕事の効率が向上します。

ITスキル

現代のビジネス環境では、ITスキルが求められることが多いです。特に、経理や財務関連の仕事では、会計ソフトウェアやExcelなどのスキルが必要になることがあります。基本的なITスキルを身につけることで、業務の幅が広がります。

業界や企業の知識

就職や転職先の業界や企業に関する知識を持っておくことで、スムーズに仕事に取り組めるだけでなく、自分のキャリアプランを考える際にも役立ちます。業界の動向や企業のビジョン・戦略を理解することで、自分のスキルや知識を適切に活用することができます。

タイムマネジメント能力

仕事の効率を上げるために、タイムマネジメント能力が重要です。自分の時間を適切に管理し、仕事の優先順位をつけて効果的に進めることで、ストレスを軽減し、成果を上げることができます。

これらのスキルや知識を身につけることで、実務未経験でも簿記2級資格を活かして仕事に取り組むことができます。また、実際に働くことで、簿記や会計に関する実務経験も積み上げられ、さらに自分の市場価値を高めることができるでしょう。

簿記2級資格を持っていることは、一定の評価を受けることができますが、それだけでは食いっぱぐれないとは言い切れません。資格を活かす努力と、他のスキルの習得が大切です。

簿記2級の工業簿記に苦しめられていませんか?

スタディング 簿記講座 ホームページ画像

問題集の答え見ても理解できない

スタディング簿記2級の動画講義は分かりやすく、難しい概念も理解しやすいため、学習を迅速かつ効率的に進め、合格に近づけます

勉強する時間を作れない

独学だと、問題が難しく理解に時間かかりますが、スタディング簿記2級講座では、通勤時間や待ち時間など、日常の隙間時間を有効に活用して学習できるため、柔軟な学習スケジュールを確立できます。

難しすぎてモチベーションが続かない

簿記は途中離脱者が本当に多いですが、スタディング簿記2級講座は、専門的な指導と質の高いコンテンツで学習サポートし、模擬試験や個別指導の提供で合格率を高めます

スタディング 簿記2級講座
▼ 申込みはこちら ▼

3ヶ月で簿記2級合格を目指す

簿記に関する記事

簿記2級 心折れる

簿記

簿記2級に受かる気がしない…心が折れそう…そこから立て...

簿記3級の勉強法

簿記

簿記3級の勉強方法!試験までのスケジュールの立て方

いきなり簿記2級

簿記

簿記2級いきなり受験あり?簿記3級飛ばしでも合格できる...

簿記 勉強方法と手段

簿記

簿記3級の難易度レベルは?合格のための勉強時間と勉強方...

簿記2級意味ない?就活と価値

簿記

簿記2級は意味ない?就活と簿記2級の価値を徹底解説

Sound23で紹介する簿記講座

LEC 簿記2級

LEC

LEC簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、料金をまとめ...

STUDYing 簿記2級講座

スタディング

スタディングの簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、料金...

LEC 簿記1級講座まとめ

LEC

LECの簿記1級講座ってどう?評判や口コミ、料金をまと...

簿記1級-STUDYing

スタディング

スタディング簿記1級講座ってどう?評判や口コミ、料金を...

ユーキャン簿記2級通信講座

ユーキャン

ユーキャン簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、費用をま...