広告 簿記

簿記1級があれば食いっぱぐれないって本当?簿記1級のすごさとは?

2023-03-03

このページにはプロモーションが含まれています

簿記1級は有になる

簿記1級を取れば、将来食いっぱぐれはないかな?

どうせ取るなら、将来食いっぱぐれない資格を取りたいです!

日商簿記一級は、将来安定して稼げる、食いぱっぐれない資格です。ただし、使い方を間違えなければですが、、、。

簿記一級を持つことは、商業簿記、会計学、工業簿記、原価計算といった複雑な会計知識の知識を持つことを証明するものであり、企業の経理職の就職・転職市場では、この資格が高度な専門知識と技術の証明として大きな価値を持ちます。

大手や中堅企業の経理職において、その価値を十分に発揮し、あなたのキャリアに確かな強みを与えることでしょう。

しかし、この資格は合格率10%前後と取得が容易ではなく、そのため多くの受験者は挑戦する前に二の足を踏むことも少なくありません。

それでも、簿記一級を取得することは、経理職としての将来に大きな投資となり、安定したキャリアパスを築くために非常に有効です。

この記事では、簿記一級が経理職としての就職・転職でどのようにあなたを支援するか、具体的な事例とともに詳しく掘り下げていきます。

簿記1級講座を検討している全ての方に読んでほしいこと

「通信講座に入ったけど続かなかった」

自分の都合良い時間で勉強できると評判の通信講座ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「講座が合わなかった」に集約されます。

講座費用が安かったから、、、

何も考えずに申し込んだ、、、

こんなテキストじゃ合格無理、、、

あ、、、行政書士のテスト7割を切ってしまった…全額返金保証の対象外に…
判例集も無いし条文の解釈の仕方についても穴だらけのテキストで合格できる気がしない…通信講座なんてやらなきゃよかった、市販テキストのほうが圧倒的に情報量も試験に出る問題の解き方も押さえてあるのに…
失敗したな…— いずみん@慶應通信 (@IZzzminne) April 3, 2018

詰め込み方が激しすぎる、、、

費用が安いから、評判が良さそうだから、そんな理由で講座選びをすると、途中で辞めてしまうことも多いです。

後悔しないためには、講座のメリット・デメリットを把握した上で申し込むことが重要です。

 簿記一級の学習で、こんな3つの不安を抱えていませんか? 

スタディング 簿記講座 ホームページ画像

不安①:難しいから不合格になるかも

スタディング簿記一級の動画講義は分かりやすく、難しい概念も理解しやすいため、学習を迅速かつ効率的に進め、合格に近づけます。

不安②:勉強する時間を作れない

通勤時間や待ち時間など、日常の隙間時間を有効に活用して学習できるため、柔軟な学習スケジュールを確立できます。

不安③:落ちたら時間は取り戻せない

スタディング簿記一級講座は、専門的な指導と質の高いコンテンツで学習サポートし、模擬試験や個別指導の提供で合格率を高めます。

スタディング簿記1級講座
 申込みはこちら 

6ヶ月間で合格を目指す

簿記1級があれば食いっぱぐれない?


簿記1級

簿記1級があれば
食いっぱぐれない?

【簿記一級】経理職で大手企業に転職できるのか?

簿記一級を取得することの大きなメリットは、大手企業の経理として転職できることです。

経理未経験からの転職では、簿記一級資格は他者との差別化になるが、30代以降になると大企業の経理に未経験で転職は不可能です。あくまでも大手企業への転職を目指すなら、中堅企業で経験してからのチャレンジになります。

ただし、20代で簿記一級を取得し、大企業の経理として働きたいと考える方なら、簿記一級はおすすめです。

とはいえ、30代以降でも中堅企業であれば、経理職での転職は十分に可能です。

簿記一級がキャリアに与える影響
  1. 【影響①:20代の利点】→若い時期に簿記一級を取得することは、特に大手企業の経理職への就職や転職において、他者との差別化を図る大きなメリットがあります。20代であれば、未経験であっても大企業の経理職への道が開ける可能性が高いです。
  2. 【影響②:30代以降の現実】→30代になってから大企業の経理職へ未経験で転職するのは困難ですが、中堅企業であれば経理職の転職は十分可能です。ここで経理の実務経験を積んでから、大企業への転職を目指すことが一般的なキャリアパスとなります。
  3. 【影響③:実務経験の重要性】→簿記一級の資格は高い専門知識を示すものですが、特に30代以降は実務経験がより重視されます。したがって、資格取得と同時に、実務経験を積むことがキャリアアップには重要となります。

簿記一級を検討する人。こんな口コミがあります

多くの人が先行き不透明な日本の将来に不安を感じ、簿記1級を取得することで「食いっぱぐれないようにできないか?」と考えている人は多いようです。

Yahoo知恵袋へ悩み投稿

実は「簿記1級 食いっぱぐれない」でYahoを調べてみると、このような悩みが投稿されています↓

ID非公開

簿記1級持ってれば食いっぱぐれないというのは本当ですか?

引用:Yahoo

このような投稿がされています。ひろゆきこと西村博之さんのYoutube配信で発言されてたようですが、先行き不透明な日本の将来を案じ、その対策の一つとして、簿記1級を取得することで「食いっぱぐれないようにできないか?」と考えている人は多いようです。

Twitterでの口コミ

Twitter上での口コミも見てみましょう↓

「ちなみに仕事に困ったことはないです!」「経理ならどこの会社でも必要で食いっぱぐれないという母親(簿記1級ホルダー)のお導き!」という、口コミがあるように、簿記1級を持っていたら仕事には困らないようです。

「簿記1級 食いっぱぐれない!」と言われる3つの理由

「簿記1級は食いっぱぐれない」とよく言われますが、その理由はいくつかあります。

需要の高さ

簿記1級が多くの業界で必要とされるため、雇用の機会が広がります。この資格を持つことで、会計関連の仕事だけでなく、財務や経営の分野にも進出しやすくなります。

詳細を知る

専門性の評価

簿記1級の持つ専門性が求職者にとって大きなアドバンテージになることです。この資格は高度な会計知識とスキルを証明し、その専門性が企業から高く評価されます。

詳細を知る

キャリアの発展

簿記1級はキャリアの発展に役立ちます。経営や財務などの分野に関わるキャリアアップの足がかりとなり、安定した職業人生を歩むことができます。

詳細を知る

以上の理由から、簿記1級を取得することは、確固たるキャリアを築くための一助となります。

理由①:需要の高さ

簿記1級は、その高度な知識とスキルが多くの業界で需要があり、雇用機会が多いという特徴があります。会計や財務だけでなく、経営分析や経営管理の分野でも活躍の場が広がります。

この資格は、商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を深く理解し、企業会計に関する法規をもとに経営分析を行うための知識とスキルを持つことを証明します。その専門性は企業から高く評価され、そのために求職者にとって大きなアドバンテージとなります。

また、この資格はキャリアの発展に役立ち、安定した職業人生を築くための足がかりとなります。したがって、簿記1級を取得することは「食いっぱぐれない」理由となります。

多岐にわたる業界

簿記1級を取得するかどうか迷っているあなたへ。

会計だけでなく財務や経営戦略にも活かせる高度な知識とスキルを持つ簿記1級は、幅広い業界で求められています。そのため、簿記1級を取得すれば、自身の市場価値を上げ、より多くの職業選択肢を手に入れることができます。

簿記1級の資格取得は、まさに自身のキャリアを拡大するためのエンジンとも言えるでしょう。挑戦する価値は十分にあります。

専門職への道

簿記1級を持つことで開かれる道は広大です。特に公認会計士や税理士といった専門職への道が開けます。

これらの職種では高度な会計知識とスキルが必要とされ、簿記1級はその第一歩となります。あなたが更なるキャリアアップを目指すのであれば、簿記1級の取得はそのための大きなステップとなり得ます。

確かに学習は容易ではありませんが、その報酬はあなたの未来に大きな影響を与えることでしょう。

実務能力の証明

簿記1級取得の道は簡単ではないかもしれませんが、その達成は実務能力の高さを証明します。

組織の財務状況を正確に理解し、戦略的な意思決定を下す能力は、あらゆる業界で求められるスキルです。簿記1級はその能力の証明となり、それによって多くのドアが開かれます。

確かに挑戦は難しく、途中で挫折するかもしれません。しかし、その先にある可能性と成長はあなたのキャリアを大きく左右することでしょう。

理由②:専門性の評価

簿記1級取得を目指すことは、専門性を極め、自身のキャリアを一段上げるための有効な手段です。これは、簿記1級が求められる知識とスキルが、多くの企業や業界で高く評価され、それによって様々な雇用機会を引き寄せるためです。

資格を取得することは、一時的な苦労ではありますが、それが評価されて専門性が認められ、結果としてキャリアにプラスになることでしょう。

また、資格は一度取得すれば永続的にその効力を発揮します。この専門性は、他の一般的なスキルとは一線を画す、独自の価値を持つものです。そのため、簿記1級の取得は、あなたのキャリアに確かな信頼性と競争力をもたらします。

スキルの証明

簿記1級の取得は、会計に関する高度な知識とスキルを証明するため、専門性の証明として非常に有効です。この専門性は、競争の激しい職場で有利に働くとともに、自身の専門的な能力をアピールする手段となります。

具体的な会計の知識や技術、深い理解を持つことは、どの業界でも評価されるスキルであり、簿記1級を持つ者はその点で強みを持つと言えます。それは、自身が会計についての深い理解と専門知識を有しているという強力なメッセージを伝えるものです。

競争力の向上

簿記1級の取得は、求職者が就職市場での競争力を高める上で大きな武器となります。その高度な専門性が評価され、採用を検討する企業に対して、確かな会計スキルと深い知識を持つことを証明することができます。

この資格は、求職者が他の候補者とは一線を画することを可能にし、採用面接における自己PRの一環として、または自己のスキルセットを豊かにするための一つの手段として利用できます。そのため、簿記1級は求職者にとって大きなアドバンテージをもたらすと言えます。

更なるチャンス

簿記1級の取得は、職業選択の幅を広げる可能性があります。その高度な知識と技術力が評価されるため、より専門的なポジションやチャレンジングな業界への道が開かれることもあります。

また、公認会計士や税理士などの更なる資格取得の道も開けます。このように、簿記1級はただの資格以上の価値を持ち、持つ者に新たなキャリアのチャンスを提供する可能性があります。だからこそ、簿記1級の取得は「食いっぱぐれない」選択とされるのです。

理由③:キャリアの発展

簿記1級を取得することは、単に専門知識を得ること以上の価値を持ち、キャリアの多様な段階で大きなメリットを提供し、長期的な職業的成長を促進します。

簿記1級は、あなたが高度な会計・財務知識を有し、複雑な財務情報を解析し、戦略的な意思決定に貢献できることを示します。

この資格を持つことで、専門的な能力を企業に認識してもらい、より大きな職責と責任を担う機会が増えます。簿記1級は、あなたのキャリアをより高い次元へと導くための重要なステップとなるでしょう。

高い昇進・昇格の可能性

簿記1級の資格は、財務や会計の専門知識を持つことを証明します。

これにより、組織内での管理職や高度な専門職への昇進の可能性が高まります。あなたの専門知識が組織にとって重要であればあるほど、より高い地位への道が開かれる可能性があります。

職場での重要な役割

簿記1級を持つことで、会計や財務に関連する重要な意思決定に参加する機会が増えます。

これは、組織の財務状況を理解し、重要な財務戦略を提案し、実行する能力があることを意味します。このような役割は、キャリアの成長と発展に不可欠です。

多様な業界でのキャリア機会

簿記のスキルは多くの業界で重宝されます。

簿記1級を持っていると、会計事務所、企業の財務部門、公共機関など、様々な業界で働く機会が得られます。この多様性は、職業人生でさまざまな経験を積むことを可能にし、キャリアの選択肢を広げます。

とは言っても「20代新卒就活者」と「30代以降の中途採用者」においても、簿記1級の持つ価値は共通しているのでしょうか?

それぞれのケースでの影響を詳しく見てみましょう。

20代の新卒就活者にとっての簿記1級
  • 【強力なスタートライン】:新卒での就職活動において、簿記1級は財務・会計の深い知識とスキルを持っていることの証明になります。これは、多くの企業にとって魅力的な資格であり、新卒者を他の候補者と差別化するのに役立ちます。
  • 【幅広い職種への応募可能性】:簿記1級は会計や財務だけでなく、経営分析や予算管理などの分野でも有用です。これにより、新卒者は多様な職種への応募が可能となり、職探しの選択肢が広がります。
30代以降の中途採用者にとっての簿記1級
  • 【キャリアアップの道筋】:中途採用者にとって、簿記1級はキャリアアップの道を開きます。既にある程度の職業経験を持っている場合、簿記1級はその経験にさらなる価値を加え、管理職や専門職への昇進の可能性を高めます。
  • 【転職市場での競争力】:30代以降の転職市場では、実務経験と合わせて専門的な資格が重要です。簿記1級を持っていると、財務や会計の専門職への転職時に優位に立つことができます。

どちらのケースでも、簿記1級はキャリアの発展に役立つ重要な資格と言えます。

新卒者にとっては、就職市場での強力なアドバンテージとなり、中途採用者にとってはキャリアアップや転職時の競争力を高める手段となります。

 簿記一級の学習で、こんな3つの不安を抱えていませんか? 

スタディング 簿記講座 ホームページ画像

不安①:難しいから不合格になるかも

スタディング簿記一級の動画講義は分かりやすく、難しい概念も理解しやすいため、学習を迅速かつ効率的に進め、合格に近づけます。

不安②:勉強する時間を作れない

通勤時間や待ち時間など、日常の隙間時間を有効に活用して学習できるため、柔軟な学習スケジュールを確立できます。

不安③:落ちたら時間は取り戻せない

スタディング簿記一級講座は、専門的な指導と質の高いコンテンツで学習サポートし、模擬試験や個別指導の提供で合格率を高めます。

スタディング簿記1級講座
 申込みはこちら 

6ヶ月間で合格を目指す

簿記1級のメリット・デメリット


簿記1級

簿記1級の
メリット・デメリット

日本商工会議所のwebサイトでは、簿記1級のレベルを以下のように定義されています。

極めて高度な商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を修得し、会計基準や会社法、財務諸表等規則などの企業会計に関する法規を踏まえて、経営管理や経営分析を行うために求められるレベル。

引用:日本商工会議所

非常に難易度が高い資格である「日商簿記1級」は、以下のようなメリットやデメリットがあります。

簿記1級のメリット・デメリット

簿記1級資格を持っていることは、食いっぱぐれないとまで言えませんが、高度な会計知識を持っていることが証明されるため、就職や転職において有利に働くことがあります。

簿記1級資格を持つことで、以下のようなメリットがあります。

メリット①:就職・転職市場での競争力向上

簿記1級資格が就職・転職市場での競争力向上につながる具体的な理由は以下の通りです。

豊富な知識とスキル

簿記1級資格は、会計原則や法令に基づく会計処理、財務分析、予算管理など、幅広い会計・財務知識を持っていることを証明します。これにより、雇用者が求めるスキルを持っていると認識されるため、就職・転職がしやすくなります。

高度な業務への対応能力

簿記1級資格を持つことで、企業の経理・財務部門や会計事務所で高度な業務に対応できる能力があると評価されます。これにより、より専門性の高いポジションへの就職・転職が可能になります。

資格手当や昇進のチャンス

一部の企業では、簿記1級資格を持っていることで資格手当が支給される場合があります。また、資格を持っていることで昇進のチャンスが広がることもあります。

履歴書や職務経歴書の強化

簿記1級資格を持っていることを履歴書や職務経歴書に記載することで、自分のスキルや知識をアピールできます。これにより、書類選考を通過しやすくなり、面接の機会が増える可能性があります。

ネットワーク構築のチャンス

簿記1級資格を取得する過程で、同じ目標を持つ仲間や専門家とのつながりができることがあります。このネットワークは、就職・転職活動において有益な情報や支援を得るために役立ちます。

メリット②:キャリアアップのチャンス

簿記1級資格を持っていることで、キャリアアップのチャンスが広がる具体的な例は以下の通りです。

管理職への昇進

簿記1級資格を持っていることは、会計や財務に関する高度な知識とスキルを持っていることを証明します。これにより、経理・財務部門のチームリーダーやマネージャーなどの管理職への昇進が可能になることがあります。

専門性の高い業務への参加

企業内でのプロジェクトや業務において、簿記1級資格を持つことで、会計監査や税務対策、予算策定などの専門性の高い業務に参加する機会が増えることがあります。

経理・財務部門以外への展開

簿記1級資格を持っていることで、経理・財務部門だけでなく、経営企画や事業開発などの部門にも関わることができます。これにより、より幅広い業務経験を積むことができ、キャリアアップにつながります。

会計事務所や税理士事務所でのキャリア

簿記1級資格を持っていることで、会計事務所や税理士事務所でのキャリアが広がります。これにより、クライアント企業の経理・財務業務をサポートする専門家として活躍することができます。

独立・開業のチャンス

簿記1級資格を持っていれば、独立して自分の会計事務所や税理士事務所を開業することも可能です。また、フリーランスとして高度な経理・財務業務を請け負うこともできます。

メリット③:独立・開業の可能性

簿記1級資格を持っていれば、独立して税理士事務所や会計事務所を開業することも可能です。また、フリーランスとして高度な経理業務を請け負うこともできます。

独立して税理士事務所を開業

簿記1級資格は、税理士試験の受験資格を持つことにも役立ちます。税理士になれば、独立して税理士事務所を開業し、個人事業主や企業の税務対策や税務申告をサポートすることができます。

独立して会計事務所を開業

会計事務所を開業すれば、個人事業主や中小企業の経理・財務業務をサポートすることができます。簿記1級資格を活かして、財務諸表の作成や予算策定、内部統制の構築などの業務を提供できます。

フリーランスとして高度な経理業務を請け負う

簿記1級資格を持っていれば、フリーランスとして高度な経理・財務業務を請け負うことができます。これにより、柔軟な働き方を選択しながら、様々なクライアントと協力してプロジェクトを進めることができます。

経営コンサルタントとして活躍

簿記1級資格を持っていることで、経営コンサルタントとしてのキャリアも開けます。経営に関する知識を活かして、企業の財務改善や業務効率化の提案を行うことができます。

独立してブックキーパーとして活動

簿記1級資格を持っていれば、独立してブックキーパーとして活動することもできます。ブックキーパーは、企業や個人事業主の経理業務を外部からサポートする専門家で、記帳代行や財務諸表の作成などの業務を行います。

メリット④:信用力の向上

簿記1級資格を持っていることは、顧客やビジネスパートナーに対して、会計や財務に関する信頼性を示すことができます。

専門知識の証明

簿記1級資格は、会計や財務に関する専門知識を持っていることを示す資格です。これにより、顧客やビジネスパートナーは、あなたが経理・財務業務に関する高度な知識を持っていると信頼できます。

業務品質の向上

簿記1級資格を持っていることで、経理・財務業務に対する理解が深まり、業務品質が向上します。これにより、顧客やビジネスパートナーからの評価が高まり、信用力が向上します。

適切なアドバイスの提供

簿記1級資格を持っていることで、顧客やビジネスパートナーに対して、適切な会計・財務に関するアドバイスを提供することができます。これにより、信頼関係が築かれ、信用力が向上します。

リスク管理能力の向上

簿記1級資格を持っていることで、経理・財務に関するリスクを適切に把握・管理する能力が向上します。これにより、顧客やビジネスパートナーは、あなたがリスク管理に対する信頼性を持っていると認識できます。

コンプライアンスへの配慮

簿記1級資格を持っていることで、税務や法規制に関する知識が豊富であり、適切なコンプライアンスを実施できることを示します。これにより、顧客やビジネスパートナーは、あなたが法令順守に対して信頼性を持っていると認識できます。

ただし、簿記1級資格を持っているだけで食いっぱぐれないわけではなく、他のスキル(コミュニケーション能力やITスキルなど)や経験も重要です。また、業界や企業の知識も必要とされることが多いため、資格だけに頼らず、幅広い知識やスキルを身につけることが大切です。

デメリット:試験難易度が高い

簿記1級は合格率10%の非常に難関な試験です。ただ、誰でも受験可能となっているため合格率が低くなるという理由もありますが、簿記1級ともなると2級とは出題される範囲が広くなり、各段に難易度も上がっています。

しっかり勉強すれば誰でも受かるというレベルの試験ではなく、簿記1級試験を一発合格できる人は少なく、複数回受験するのが当たり前の世界です。2~5回受験して合格するか、複数回受験したものの心が折れて簿記1級合格を諦めてしまう人が大半です。

また、難易度が高いわりに「この資格があれば食いっぱぐれない」ほどではないため、仕事に直結しないこともあります。

 簿記一級の学習で、こんな3つの不安を抱えていませんか? 

スタディング 簿記講座 ホームページ画像

不安①:難しいから不合格になるかも

スタディング簿記一級の動画講義は分かりやすく、難しい概念も理解しやすいため、学習を迅速かつ効率的に進め、合格に近づけます。

不安②:勉強する時間を作れない

通勤時間や待ち時間など、日常の隙間時間を有効に活用して学習できるため、柔軟な学習スケジュールを確立できます。

不安③:落ちたら時間は取り戻せない

スタディング簿記一級講座は、専門的な指導と質の高いコンテンツで学習サポートし、模擬試験や個別指導の提供で合格率を高めます。

スタディング簿記1級講座
 申込みはこちら 

6ヶ月間で合格を目指す

簿記1級って取る意味ない?簿記1級が役立つのはこんな人


簿記1級

こんな人に役立つ

簿記1級資格は、取得する意味ないのか?

まずは、簿記1級取得者の声を聞いてみましょう↓

簿記1級資格は、とてつもなく役に立っているということが理解できますね。

では、簿記1級はどのような人に役に立つのでしょうか?以下の3パターンの人々にとって、簿記1級の専門的な知識は大変役立ちます。

日商簿記検定1級の資格を活かせる仕事とは?

簿記1級の資格を活かせる仕事には、あくまで一例ですが、代表的なものとして以下のような業種があります。

  • 大手企業の経理財務部門
  • 会計事務所や税理士事務所
  • 税務会計コンサルティング企業
  • 事務職全般

簿記とは、企業の営業取引や経営活動を帳簿に記録する技術のことであり、簿記1級は極めて高度な資格であるため、上場企業の経理財務部門や会計事務所などで活かされることが多く、ほとんどの企業は経理財務部門が存在しているため、企業ジャンルが関係ないのも大きなメリットです。

また、税理士事務所・会計事務所はもちろんのこと、税務会計コンサルティング企業も、簿記1級の極めて高度な知識がある人材は、「上場企業での経理業務経験5年以上」や「連結決算・開示業務経験」等が必須条件となっている場合もありますが歓迎されやすいです。

また、中小企業や小規模企業であっても会計係は必要ですし、事務員が経理業務も兼務していることもあり、簿記業務と事務系の仕事を全般的に任せられる人材を探していることもあるので、事務職全般で活かすこともできます。

役に立つ人①:経理・財務部門のプロフェッショナル

簿記1級の知識は、経理・財務部門で働くプロフェッショナルにとって非常に役立ちます。極めて高度な商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算の知識を持っていることで、経営管理や経営分析を効率的に行い、企業の財務状況を正確に把握し、適切な意思決定に貢献できます。

これらの具体例を通して、簿記1級の知識を持つ人が活躍できる場面が多岐にわたることが分かります。特に、経理・財務部門で働く人や、将来独立開業を目指す税理士や公認会計士などの専門家にとって、簿記1級資格は非常に価値のあるものとなります。

財務諸表の作成と分析

簿記1級の知識を持つプロフェッショナルは、企業の財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書など)を正確に作成し、分析する能力があります。これにより、企業の収益性や財務安定性、キャッシュフロー状況などを把握し、経営陣に対して適切な助言や提案を行うことができます。

予算策定と管理

簿記1級の知識を持つプロフェッショナルは、企業の財務計画や予算策定において重要な役割を果たします。原価計算や予算管理の技術を駆使して、効率的な資源配分を行い、コスト削減や利益最大化に貢献します。

税務対策とコンプライアンス

税法や会社法などの法規制に精通した簿記1級のプロフェッショナルは、企業の税務対策やコンプライアンスをサポートします。適切な税務申告や節税対策を行うことで、企業の負担を軽減し、リスクを回避します。

経営分析と意思決定支援

簿記1級のプロフェッショナルは、企業の業績データや財務指標を活用して、経営分析を行います。これにより、企業の強みや弱みを明らかにし、経営陣が適切な意思決定を行えるように支援します。例えば、投資判断や事業拡大、財務リスク管理などの分野で活躍できます。

融資交渉や投資家対応

簿記1級の知識を持つプロフェッショナルは、銀行や投資家との交渉においても強い味方となります。財務諸表や財務指標を適切に説明し、企業の信用力をアピールすることで、より有利な融資条件や投資環境を築くことができます。

役に立つ人②:会計士・税理士を目指す人

簿記1級は、公認会計士や税理士などの国家資格への登竜門となります。簿記1級を持っていることで、税理士試験の受験資格が得られ、専門的な知識を活かして、これらの資格を取得し、独立開業や専門家としてのキャリアを築くことができます。

試験対策の効率化

簿記1級を持っていることで、公認会計士や税理士試験における会計や財務に関する問題に対する基本的な知識が既に身に付いています。これにより、試験対策を効率的に進めることができ、試験に合格しやすくなります。

専門家としての信頼性向上

公認会計士や税理士として独立開業する際、簿記1級資格は、顧客やビジネスパートナーに対して専門的な知識を持っていることをアピールできます。これにより、信頼性が向上し、顧客獲得や事業拡大に役立ちます。

複雑な業務の遂行能力

会計士・税理士として、さまざまな業界や企業規模のクライアントと取引する際、簿記1級の知識が役立ちます。複雑な会計処理や税務対策を効果的に遂行し、クライアントのニーズに応えることができます。

例えば、公認会計士や税理士として、大企業の連結財務諸表の作成や、国際税務対策のサポートが求められる場合、簿記1級の知識を活かして、適切なアドバイスやサポートができます。また、スタートアップ企業の経理・財務戦略立案や、中小企業の節税対策など、幅広い業務に対応できる力が身に付きます。

これらの具体例から、会計士・税理士を目指す人にとって、簿記1級資格は非常に価値のあるものであることが分かります。簿記1級資格を持つことで、専門家としての信頼性や業務遂行能力が向上し、試験対策も効率的に進めることができます。

役に立つ人③:経営者や起業家

経営者や起業家にとっても、簿記1級の知識は非常に役立ちます。自社の財務状況を正確に把握し、適切な経営判断を下すために、会計基準や会社法、財務諸表等規則などの企業会計に関する法規の理解が必要です。また、経営管理や経営分析を行うことで、事業の拡大や効率化につなげることができます。

財務分析と経営判断

簿記1級の知識を持っていることで、自社の財務諸表を正確に理解し、効果的な財務分析ができます。これにより、業績が低迷している部門の原因や、事業拡大のための資金調達戦略など、適切な経営判断を下すことができます。

税務対策と節税

簿記1級の知識を持っている経営者や起業家は、税務に関する法規を理解し、適切な税務対策を立てることができます。これにより、法令遵守を確保しながら、節税効果を最大化することができます。

人材管理とコミュニケーション

簿記1級の知識を持つ経営者や起業家は、経理・財務部門のスタッフと効果的にコミュニケーションを取り、人材管理を行うことができます。部門間の認識のズレを減らし、意思決定プロセスをスムーズに進めることができます。

例えば、、、予算策定や中長期経営計画の立案において、経理・財務部門と協力して、現実的で効果的な計画を作成することができます。また、部門別の業績評価や損益管理を行う際に、簿記1級の知識を持つ経営者や起業家は、各部門の責任者と効果的にコミュニケーションを取り、業績改善に向けた取り組みを促すことができます。

総じて、簿記1級の知識を持つ経営者や起業家は、自社の財務状況を正確に把握し、適切な経営判断を下すことができます。また、税務対策や人材管理においても、より効果的な取り組みが可能となり、企業の成長や収益性向上に寄与できます。

 簿記一級の学習で、こんな3つの不安を抱えていませんか? 

スタディング 簿記講座 ホームページ画像

不安①:難しいから不合格になるかも

スタディング簿記一級の動画講義は分かりやすく、難しい概念も理解しやすいため、学習を迅速かつ効率的に進め、合格に近づけます。

不安②:勉強する時間を作れない

通勤時間や待ち時間など、日常の隙間時間を有効に活用して学習できるため、柔軟な学習スケジュールを確立できます。

不安③:落ちたら時間は取り戻せない

スタディング簿記一級講座は、専門的な指導と質の高いコンテンツで学習サポートし、模擬試験や個別指導の提供で合格率を高めます。

スタディング簿記1級講座
 申込みはこちら 

6ヶ月間で合格を目指す

日商簿記1級があれば40代未経験でも転職できる?


簿記1級

簿記1級があれば
40代未経験でも転職できる?

簿記1級は、受験資格はないため年齢・国籍関係なく簿記1級試験を受験することが可能ですので、40代未経験の人が転職のために資格取得するのであれば、門戸は開かれていることも理解しておきましょう。

年齢・国籍・経験は関係ない!?

一般的に40代となると即戦力としての実力が求められているため、学生や20代とは違い、40代であれば実務経験も重視されますので、全くの未経験だと厳しいというのが現実です。

簿記1級の資格を取得していれば極めて高度な簿記の知識があるのは明らかですが、知識と経験は全くの別物です。企業は従業員を長い時間をかけて戦力となるよう、育成しながら成果を出していくため、未経験であれば20代の若い人材を取ることが多くなっています。

40代で未経験の状態からの転職、特に簿記1級を持っている場合に関しては、いくつかの点を考慮する必要があります。

大手企業への転職の難易度

一般的に、大手企業では経験豊富な候補者を好む傾向がありますので、40代で未経験の場合、特に経理や財務のポジションでの採用は難しいと考えられます。

経理の決算経験などの実務経験が求められることが多いです。

簿記1級の資格は専門性を示すものですが、大手企業ではそれだけでは不十分で、実際の職務経験や業界知識も重要視されます。

ベンチャーや中小企業での可能性

ベンチャーや中小企業では、大手企業ほど経験に重点を置かない場合があります。こうした企業では、簿記1級のような資格が持つ専門知識を活かせる可能性が高まります。

中小企業やスタートアップでは、多様なスキルを持つ人材を求める傾向があるため、簿記1級を活かしつつ、他の分野の知識やスキルを提供できる場合、有利に働くことがあります。

キャリア転換の戦略

40代で未経験からのキャリア変更を考える場合、ネットワーキングや追加の研修・教育が重要です。関連するセミナーや研修に参加し、業界の人脈を築くことが有効です。

極端な話、売上に繋がる人脈をどれだけ持っているか?によっても採用状況も大きく変わります。

フリーランスや契約職員として経験を積むことも一つの方法です。これにより、将来的にフルタイムのポジションを得るための実績を作ることができます。

総じて、簿記1級は専門知識の証明として有効ですが、40代で未経験の場合、特に大手企業への転職は難易度が高いです。

ベンチャーや中小企業への転職や、段階的に経験を積むアプローチが現実的な選択肢となるでしょう。

40代の簿記一級実務未経験者の転職戦略

40代で簿記1級取得者でも実務未経験の場合、転職を成功させるためには特定の戦略が必要です。

ベンチャーや会計事務所を目指す場合、以下のようなアプローチが効果的です。

  1. 専門知識の強化とアピール
    ・簿記1級の資格を活かし、その専門知識を前面に押し出す。会計、財務管理、経営分析など、簿記1級の知識が活かせる分野をアピールします。
    ・関連する追加の資格や研修を受け、専門知識の深さを示す。例えば、税務関連の研修を受けるなどして、会計事務所での仕事に直接役立つスキルを身につけます。
  2. ネットワーキングと人脈の構築
    ・業界イベント、セミナー、研修プログラムに参加して、会計や財務の専門家とのネットワークを構築します。
    ・ネットワーキングサイトを活用して業界関係者との接点を増やし、情報収集と人脈構築に励みます。
  3. 実務経験の積み重ね
    ・フリーランスや契約ベースでのプロジェクトに参加して、実務経験を積みます。
    ・中小企業や非営利団体などで、一時的またはボランティアの仕事を引き受けることで、実務経験を得る。
  4. 自己PRと履歴書の工夫
    ・履歴書やカバーレターで、簿記1級の資格と、それが業務にどのように役立つかを具体的に示します。
    ・これまでのキャリアで培ったスキルや経験を、会計や財務の仕事にどう応用できるかを強調します。
  5. ターゲット企業の選定
    ・ベンチャーや小規模な会計事務所をターゲットにします。こうした企業では多様なスキルを持つ人材を求める傾向があり、実務未経験でもチャンスがあります。
    ・企業のニーズと自身のスキルが合致する企業を選び、ポジションに応募します。
  6. 面接での自己表現
    ・面接では、簿記1級の知識をどのように実務に活かせるか具体的な例を用いて説明します。
    ・熱意と学習意欲を示し、未経験でも迅速に業務を習得し、貢献できることをアピールします。

これらの戦略を組み合わせることで、40代でも実務未経験者がベンチャーや会計事務所への転職を成功させる可能性が高まります。

最も有効な手段は、売上に繋げられる人脈をどれだけ持っているか?です。

売上に直結する人脈が多いほど、40代の転職は楽にできます。

 簿記一級の学習で、こんな3つの不安を抱えていませんか? 

スタディング 簿記講座 ホームページ画像

不安①:難しいから不合格になるかも

スタディング簿記一級の動画講義は分かりやすく、難しい概念も理解しやすいため、学習を迅速かつ効率的に進め、合格に近づけます。

不安②:勉強する時間を作れない

通勤時間や待ち時間など、日常の隙間時間を有効に活用して学習できるため、柔軟な学習スケジュールを確立できます。

不安③:落ちたら時間は取り戻せない

スタディング簿記一級講座は、専門的な指導と質の高いコンテンツで学習サポートし、模擬試験や個別指導の提供で合格率を高めます。

スタディング簿記1級講座
 申込みはこちら 

6ヶ月間で合格を目指す

日商簿記1級のすごさって何?簿記1級活用法とは?


簿記1級

簿記1級のすごさ

日商簿記1級に合格し資格取得すれば経理や会計などの仕事に就きやすくなりますが、簿記1級のメリットはそれだけではなく、以下のような活用法もあります。

簿記1級資格を取得すれば税理士を目指せる

簿記1級は非常に難易度が高い試験ですが、あくまで公的資格であり国家資格ではありません。

一方、税理士は国家資格ですし、税務に関する専門家としての国家資格ですので、受験するためには学歴や実務経験などが必要です。

しかし、簿記1級を取得していれば、学歴や実務経験などの条件も免除されるため、税理士試験の登竜門として合格を目指す人もいます。

もちろん税理士試験も難易度が高いですが、税理士になれば独立することも可能ですし、年収をアップさせることも可能で、合格すればより就職先の幅が広がります。

簿記1級 階段の登るサラリーマン

自分自身への様々なメリットがある

簿記1級を取得していれば簿記・会計の極めて高度な知識が増えるため、資産形成の面においても役立てることができ、ローンの返済や出入金なども計画しやすく、投資においても知識が役立つ場面が多いです。

また、経理財務部門などで働いている場合は、資格手当が付くこともあり、企業によって手当の金額が違いますが、3,000円~20,000円ほどプラスされることが多いです。

簿記1級講座を検討している全ての方に読んでほしいこと

「通信講座に入ったけど続かなかった」

自分の都合良い時間で勉強できると評判の通信講座ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「講座が合わなかった」に集約されます。

講座費用が安かったから、、、

何も考えずに申し込んだ、、、

こんなテキストじゃ合格無理、、、

あ、、、行政書士のテスト7割を切ってしまった…全額返金保証の対象外に…
判例集も無いし条文の解釈の仕方についても穴だらけのテキストで合格できる気がしない…通信講座なんてやらなきゃよかった、市販テキストのほうが圧倒的に情報量も試験に出る問題の解き方も押さえてあるのに…
失敗したな…— いずみん@慶應通信 (@IZzzminne) April 3, 2018

詰め込み方が激しすぎる、、、

費用が安いから、評判が良さそうだから、そんな理由で講座選びをすると、途中で辞めてしまうことも多いです。

後悔しないためには、講座のメリット・デメリットを把握した上で申し込むことが重要です。

 簿記一級の学習で、こんな3つの不安を抱えていませんか? 

スタディング 簿記講座 ホームページ画像

不安①:難しいから不合格になるかも

スタディング簿記一級の動画講義は分かりやすく、難しい概念も理解しやすいため、学習を迅速かつ効率的に進め、合格に近づけます。

不安②:勉強する時間を作れない

通勤時間や待ち時間など、日常の隙間時間を有効に活用して学習できるため、柔軟な学習スケジュールを確立できます。

不安③:落ちたら時間は取り戻せない

スタディング簿記一級講座は、専門的な指導と質の高いコンテンツで学習サポートし、模擬試験や個別指導の提供で合格率を高めます。

スタディング簿記1級講座
 申込みはこちら 

6ヶ月間で合格を目指す

簿記に関する記事

簿記 おすすめ通信講座を比較

簿記

簿記初学者のための「簿記3級」おすすめ通信講座を徹底比...

簿記2級意味ない?就活と価値

簿記

簿記2級は意味ない?就活と簿記2級の価値を徹底解説

いきなり簿記2級

簿記

簿記2級いきなり受験あり?簿記3級飛ばしでも合格できる...

簿記3級 おすすめ勉強法

簿記

簿記3級は独学や一夜漬けで合格できる?切羽詰まった時の...

簿記2級 社会人1ヶ月

簿記

簿記2級は社会人でも1ヶ月で合格できる?必要な勉強時間...

Sound23で紹介する簿記講座

LEC 簿記2級

LEC

LEC簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、料金をまとめ...

STUDYing 簿記2級講座

スタディング

スタディングの簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、料金...

LEC 簿記1級講座まとめ

LEC

LECの簿記1級講座ってどう?評判や口コミ、料金をまと...

簿記1級-STUDYing

スタディング

スタディング簿記1級講座ってどう?評判や口コミ、料金を...

ユーキャン簿記2級通信講座

ユーキャン

ユーキャン簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、費用をま...