広告 簿記

簿記2級いきなり受験あり?簿記3級飛ばしでも合格できる?

2023-05-23

このページにはプロモーションが含まれています

いきなり簿記2級

簿記2級試験に挑戦したいけれど、簿記3級を飛ばして受けられるのか不安。そんな方のために、この記事では簿記2級試験にいきなりチャレンジし、簿記3級をスキップしても合格できるための効果的な学習方法やコツを解説します。

これを読めば、簿記初心者でも自信を持って簿記2級試験に挑むことができるようになるでしょう。さあ、あなたも簿記2級試験に勝利するためのステップを踏み出しましょう。

簿記2級いきなり受験する6つのメリット

以下の6つのメリットを考慮して、簿記2級資格の取得を検討してみてください。ただし、資格を持っているだけで成功が約束されるわけではなく、資格を活かす努力が重要です。

スキルアップ

簿記2級資格は、一般企業の実務経験を想定した中級レベルの簿記知識と技能を証明する資格です。この資格を取得することで、簿記や会計に関するスキルが向上し、ビジネスシーンで活かすことができます。

就職・転職活動の強み

簿記2級資格は、企業においても一定の評価があります。会計や財務に関わる職種を志望する際には、資格を持っていることがアピールポイントになり、就職や転職活動に有利に働くことがあります。

昇進・昇格の可能性向上

既に企業に勤めている場合でも、簿記2級資格を持っていることは、会計や財務業務への理解が深いことを示すため、昇進や昇格のチャンスが増えることがあります。

独立・起業へのステップ

簿記2級資格を持っていると、自身で会計や財務管理を行う能力が身につくため、独立や起業を検討している場合にも役立ちます。

人間関係の構築

簿記2級資格を持っていることで、同じ資格を持つ人や簿記に興味を持つ人との交流が増えることがあります。これにより、新たな人間関係を築くきっかけになることがあります。

自己成長

簿記2級資格を取得するための学習過程で、自己管理能力や目標達成能力が向上し、自己成長につながります。

簿記2級いきなり受験おすすめできない人4パターン

簿記の基礎知識が不十分な場合

簿記2級は、3級よりも難易度が高く、より高度な知識が必要です。基礎知識が不十分な場合は、3級から受験することをおすすめします。基礎知識が不十分な場合は、スクールや通信講座など専門用語や過去問対策なども含めてまとめてやってくれるところがおすすめです。

経験が不足している場合

簿記は実務に密接に関連しているため、実務経験が不足している場合は、2級の受験は難しいかもしれません。まずは3級から始め、実務経験を積んでから2級を目指すことをおすすめします。

勉強時間が不足している場合

2級に合格するには、100時間以上の勉強が必要とされます。十分な勉強時間を確保できない場合は、3級から受験することをおすすめします。この時間を確保できない人は結局、落ちてしまったら再度勉強をし直して余計な時間が必要になる可能性があります。

目標が明確でない場合

簿記2級は、株式会社を対象とした問題が出題されるため、自営業を目指している場合には必要ないかもしれません。目的に合わせて、受験する資格を選ぶことが重要です。これは、自分の転職の場合、会計関連の職に就くためなのか、公認会計士などの基礎の勉強として行うためなのかなど、目標を明確にしましょう。

いきなり簿記2級に合格するための3つのポイント

日商簿記の受験資格はなく、3級、2級、1級のどれからでも受験できますし、複数の級を同時に受験することも可能です。

就職や転職の場合、簿記2級が必要な場合がありますが、試験は年に3回しか実施されないため、受験目標を2級に置く必要があります。簿記2級の合格には、100時間以上の勉強時間が必要で、初心者の場合は3級から始め、3級合格に必要な50時間を加えて合計150時間の勉強時間を確保する必要があります。

以下、合格するための3つのポイントを示しましたので参考にしてみてください。

本的な仕訳の理解

簿記2級試験では、基本的な仕訳が問われます。受取手形や売掛金など、基本的な勘定科目に関する仕訳をしっかり理解しましょう。例えば、売上が発生した場合、「売上 〇〇〇 円、売掛金 〇〇〇 円」のような仕訳が必要です。

決算書類の作成

決算書類(損益計算書、貸借対照表)の作成が問われることがあります。これらの書類の基本的な構成と、勘定科目がどのように配置されるかを把握しましょう。例えば、損益計算書では、売上から売上原価を引いたものが粗利益であり、販売費及び一般管理費を引いたものが営業利益となります。

税法に関する知識

試験には、消費税法や法人税法など、税法に関する問題が出題されることがあります。税率の適用や、課税対象となる取引など、基本的な税法の知識を身につけましょう。例えば、消費税法では、輸入された商品や一部のサービスが課税対象となります。

簿記2級で苦労することになるのは、簿記3級の内容を怠った場合ですので、簿記3級で分からないことがあれば、その時点で徹底的に理解するようにしましょう。

また、簿記3級から2級に移ると、難易度が急に上がります。テキストを読んでも理解できず、問題が解けない状況がしばらく続くことがありますので、自分が挫折しないように、環境対策を立てておくことが重要です。

具体的には、簿記2級に合格するためにオンライン講座を受講し、挫折しにくい環境を作る。講座を直接受講することで一緒に勉強する仲間を作ることも挫折しにくい環境づくりの一つになります。自分がわからないことは、同じように他の人も挫折しやすいポイントだったりするので一緒に勉強する人がいるとモチベーションが上がります。

簿記2級の勉強はいきなり過去問はじめても大丈夫?

結論から言うと、おすすめできません。

過去の出題傾向から日商簿記2級の本試験では過去問の重要性が非常に高いため、過去問だけを解いていればどんな問題でも正解できる人は合格できる可能性がありますが、解法や公式の理解が伴っていないと少し変えられただけで不正解になってしまうため、過去問だけを解くことはおすすめできません。

また、工業簿記は商業簿記と比較して難易度が大きく下がるため、テキストの読み込みをしただけでも過去問を解ける問題があることから、工業簿記に関してはテキストの読み込みの後、過去問を解くことも過去問に慣れるという観点からは良いと言えます。

しかし、日商簿記2級の本試験においては出題範囲が大幅に変更されたため、工業簿記の重要性が高まり、得点源にしなければならない論点となりました。

工業簿記は商業簿記に比べて難易度が低く、正解を導きやすいため、日商簿記2級に合格する上でも重要になっています。

工業簿記は、40点中最低でも9割の36点以上の得点を目指す必要があります。したがって、工業簿記についても基礎をしっかり固め、どのような問題が出題されても解けるようにすることが合格には不可欠です。過去問に慣れることも大切ですが、解法や公式の理解を伴わなければ、過去問だけに頼ることは避けるべきです。

いきなり簿記2級にチャレンジ!合格に必要な勉強時間

簿記2級にいきなりチャレンジして合格するための必要勉強時間は、個人の経験や学習能力によって大きく異なります。

また、簿記や会計に関する知識や経験が全くない場合、より多くの時間が必要になることが予想されます。

一般的には、簿記2級の試験対策には、約200~300時間程度の勉強時間が目安とされていますが、これはあくまで一般的な目安であり、個人差が大きいため、自分自身の学習スピードや理解度を考慮して適切な勉強時間を見積もってください。

以下の4つのポイントを意識して、効果的な学習を進めることが大切です。

学習スケジュールを立てる

試験までの期間を考慮して、学習スケジュールを立て、計画的に学習を進めてください。

継続的な学習

短期間で集中的に学習するよりも、長期間にわたって継続的に学習することが、知識の定着につながります。

定期的な復習

新しい知識を学ぶだけでなく、定期的に復習を行い、知識を定着させることが重要です。

問題演習

知識を実践的な問題に適用することで、理解が深まります。過去問題や模擬試験を活用し、問題演習を行ってください。

これらのポイントを踏まえ、効果的な学習を進めるための5つのポイントをご紹介します。

効果的な学習を進めるための5つのポイント

目標を設定する

まず最初に、簿記2級試験に合格するために、どの程度の時間を費やすつもりかを明確にすることが重要です。一般的に、試験合格に必要な勉強時間は個人差がありますが、平均的な時間としては、150~200時間程度と言われています。あなたの現在の知識レベルに応じて、この目標を適切に調整してください。

基礎知識を習得する

簿記2級試験に必要な知識は、基本的な会計原則、会計帳簿の作成方法、損益計算書や貸借対照表の読み方などがあります。これらの基礎知識をしっかりと習得することが合格の第一歩です。テキストやオンラインの学習資料を活用し、重要なポイントをまとめたノートを作成することをおすすめします。

練習問題を解く

簿記2級試験は、計算問題や実務的な問題が多く出題されます。問題解決能力を養うために、テキストや問題集にある練習問題を解くことが重要です。問題を解く際には、正確な計算ができるように十分な練習をすることが大切です。

過去問を解く

過去の簿記2級試験問題を解くことは、合格するために非常に有効な方法です。これによって、実際の試験に近い形式や出題傾向を理解することができます。また、自分の弱点を把握し、それに対する対策を考えることもできます。

計画的に勉強する

勉強計画を立て、予定通りに勉強を進めることが合格への鍵となります。

これらを自分一人で作成することは難しいため、オンラインスクールなどをお勧めします。

簿記2級通信講座おすすめ人気ランキング|主要3社を徹底比較!

以下に、忙しい社会人が隙間時間で勉強するなら、STUDYing・ユーキャン・LEC3社のどの講座が良いのか?

独自調査ランキングを「講座の内容充実度」、「サポート体制」、「料金設定」、「受講生の評価」の項目で20点満点で作成しましたので、ご参考にしてみてください。

1位  STUDYing:総合18点
スタディング

スタディング 簿記 サイト画像

講座内容の充実度

 4.5点

料金設定

 5点

サポート体制

 3.5点

受講生の評価

 4点

価格

66,600円~(最安値)

教材の特徴

通勤など隙間時間に学べるコンパクトな講義が続けやすい

サポート

業界随一のスマホ対応eラーニング

合格実績

簿記一級合格者「15名」の声を掲載

スタディング 簿記2級講座
 申込みはこちら 

【スタディング簿記2級講座】に申込む


2位  ユーキャン:総合15点

ユーキャン 簿記2級講座

講座内容の充実度

 5点

料金設定

 5点

サポート体制

 3点

受講生の評価

 4点

価格

49,000円

教材の特徴

開講30年以上!「覚える→解く→より深く覚える」を繰り返すサイクル学習法

サポート

全5回の添削指導+質問サポート(1日3問まで)

合格実績

過去10年間の合格者実績1,462名

ユーキャン 簿記2級講座
 申込みはこちら 

ユーキャン 簿記2級講座 申込みバナー


3位 LEC:総合15点
(東京リーガルマインド)

LEC 簿記2級講座

講座内容の充実度

 4点

料金設定

 3点

サポート体制

 4点

受講生の評価

 4点

価格

60,500円

教材の特徴

合格に必要な「知識」と、問題を解く「解答力」を養成する講座をバランスよくセット

サポート

分からないところはスタッフや受講生に質問可能

合格実績

簿記2級「38名」の合格者の声を掲載

LEC 日商簿記2級講座
▼ 申込みはこちら 

【LECの簿記2級講座】に申込む

簿記に関する記事

簿記 勉強方法と手段

簿記

簿記3級の難易度レベルは?合格のための勉強時間と勉強方...

簿記アップデート

簿記

簿記2級があれば食いっぱぐれないって本当?

簿記2級 社会人1ヶ月

簿記

簿記2級は社会人でも1ヶ月で合格できる?必要な勉強時間...

簿記3級の勉強法

簿記

簿記3級の勉強方法!試験までのスケジュールの立て方

簿記3級 おすすめ勉強法

簿記

簿記3級は独学や一夜漬けで合格できる?切羽詰まった時の...

Sound23で紹介する簿記講座

LEC 簿記2級

LEC

LEC簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、料金をまとめ...

STUDYing 簿記2級講座

スタディング

スタディングの簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、料金...

LEC 簿記1級講座まとめ

LEC

LECの簿記1級講座ってどう?評判や口コミ、料金をまと...

簿記1級-STUDYing

スタディング

スタディング簿記1級講座ってどう?評判や口コミ、料金を...

ユーキャン簿記2級通信講座

ユーキャン

ユーキャン簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、費用をま...