広告 危険物取扱者

危険物取扱者(乙1〜6類)のできる仕事について徹底解説

2022-12-04

このページにはプロモーションが含まれています

専門的な知識に基づき、危険物取扱のプロフェッショナルとして人気の危険物取扱者というのは知られていると思いますが、具体的に「どんな仕事するんだろう?」とよくイメージが湧いてない方がいます。

今回は、危険物取扱者試験合格を目指す受験生の方々に向けて、「危険物取扱者(乙1〜6類)の仕事とはどんなものか?」ということを簡単にお伝えします。

 忙しい毎日でも乙4類合格狙うなら? 

ユーキャン 危険物取扱者講座 ホームページ画像

 【特長】ユーキャン危険物取扱者(乙4類) 

スピーディーな合格

5ヶ月で危険物取扱者(乙4類)合格を目指すため効率的な学習が可能です。

初学者向け講座

物理・化学の知識がない初学者でも、4コマ漫画やイラスト・図表を活用して理解を促進します。

合格実績

弱点克服に役立つ講座は、10年間で2,800名以上の合格者を輩出。予備知識不要で誰でも受講可能です。

ユーキャン 危険物取扱者講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン 危険物取扱者講座 申込み画像

危険物取扱者(乙1〜6類)のできる仕事

乙種第1類

酸化性固体。不燃性物質で酸化されやすい物質に触れると燃焼・爆発する固体

乙種第2類

可燃性固体。比較的低温で着火(引火)しやすく激しい燃焼を起こす固体

乙種第3類

自然発火性物質及び禁水性物質。 水をかけると発火するという一般常識を覆す物質特性を有する物質

乙種第4類

引火性液体。第1~第4の石油類とアルコール類、動植物油類など

乙種第5類

自己反応性物質。分子内に酸素を含んでいる。 引火性を有するもの

乙種第6類

酸化性液体。不燃性の液体である。 水と激しく反応し、発熱するものがある

危険物取扱者 乙1類のできる仕事とは?

危険物取扱者 サビた配管の画像

「危険物取扱者 乙1類」の資格を取得すると、金属加工工場や化学工場、分析会社などで働けるようになります。

危険物取扱者 乙1類は塩素酸塩類、過塩素酸塩類、硝酸塩類、過マンガン酸塩類、重クロム酸塩類などの酸化性固体の取り扱いと立ち会いができる資格です。

塩素酸塩や硝酸塩は化学合成のプロセスでよく用いられているため、化学薬品の製造販売をしている企業では重宝されています。有機合成の技術があれば現場で酸化性固体を自ら取り扱って仕事をすることもできます。

過マンガン酸塩類の過マンガン酸カリウムは薄層クロマトグラフィーにおける呈色試薬などとして使われているため、分析会社で仕事をすることも可能です。

また、危険物取扱者乙1類になると金属の防錆処理剤として用いられている重クロム酸塩類を使用できるため、金属加工工場でも需要があります。

ボルトやナットなどの金属部品の製造では重クロム酸塩による処理が一般的におこなわれているため、工場では危険物取扱者の有資格者が欠かせない存在になっています。

危険物取扱者 乙2類のできる仕事とは?

危険物取扱者 3本のメッキの柱

「危険物取扱者 乙2類」の資格を取得すると、固形アルコールやラッカーパテなどの製造工場や化学工場などで働けるようになります。

危険物取扱者乙2類の資格があると可燃性固体の赤りん、硫化りん、硫黄、鉄粉などの金属粉などの取り扱いと立ち会いができます。

固形アルコールやラッカーパテなどの製造ではりんがよく用いられているため、製造工場では危険物取扱者の資格を持っている人が必要です。

また、化学工場では鉄粉などの金属粉を還元剤として用いたり、有機合成試薬として使用したりすることがよくあります。

農薬や医薬品などの工場のプロセスでも安価な金属はよく試薬として使われているため、危険物取扱者は欠かせない存在です。

危険物取扱者乙2類は合成化学系の試験研究をする工場や研究施設でも必要になります。自分自身が合成化学者やプロセス設計者などとして活躍することもできますが、危険物の管理担当者として第2類の可燃性固体の数量管理や安全対策などに特化して働くことも可能です。

危険物取扱者 乙3類のできる仕事とは?

危険物取扱者 歯車の画像

「危険物取扱者 乙3類」の資格を取得すると、化学工場や化学系・物理系の研究所などで働けるようになります。

危険物取扱者乙3類が取り扱いや立ち会いができるのは自然発火性物質及び禁水性物質で、カリウム、ナトリウム、アルキル金属、黄りん、有機金属化合物、金属の水素化物が代表例です。

アルキル金属や自然発火性のあるカリウムなどの金属、金属水素化物は有機合成で欠かせない試薬として汎用されています。

特に大規模な化学系の製造工場ではリスクが高いことから利用するケースが少なくなっていますが、研究所レベルの小規模な施設ではよく用いられています。研究開発をしている化学系の企業であればほとんどを職場の候補にすることが可能です。

物理系の研究施設でも単体の金属や水素化物を使用している場合があるので職場の候補にできます。

危険物取扱者乙3類の有資格者として数量管理などに特化して働ける職場はあまり多くはなく、化学系や物理系の研究開発も仕事にすることになるのが一般的です。

危険物取扱者 乙4類のできる仕事とは?

危険物取扱者 ガソリンスタンドのノズルの画像

危険物取扱者乙4類の資格を持つ人々ができる具体的な仕事について詳しく説明します。

ガソリンスタンドでの給油業務

危険物取扱者乙4類の資格を持つと、ガソリンや灯油などの石油製品の給油業務を行うことができます。ガソリンスタンドでの顧客への給油や、セルフサービスステーションでの立ち会いが求められます。

ガソリンスタンドでの給油業務は、危険物取扱者乙4類の資格を持つ人々にとって重要であり、以下にその具体的な仕事内容を説明します。

顧客への給油

ガソリンスタンドでの主要な仕事は、顧客の車両に燃料(ガソリン、灯油、軽油など)を給油することです。給油ポンプを操作し、顧客の要求に合わせて正確に燃料を供給します。

安全な給油手順の遵守

危険物取扱者資格を持つ人は、燃料の取り扱いに関する安全な手順を厳密に遵守します。これには、静電気の放電を防ぐために地絡を確保し、顧客の車両に安全に燃料を供給する手順が含まれます。

セルフサービスステーションの管理

一部のガソリンスタンドではセルフサービスステーションが運営されています。資格保持者は、顧客が自分で給油する際に立ち会い、安全性を確保します。また、顧客からの質問や要望に対応することもあります。

緊急事態への対応

万が一、燃料の漏洩や火災のような緊急事態が発生した場合、危険物取扱者は速やかに適切な対処を行います。これには消火器の使用や避難手順の実施が含まれます。

顧客サービス

ガソリンスタンドの従業員は、顧客に対するサービス提供も重要な役割です。給油の際には、顧客への対応や支払い処理を行います。礼儀正しい態度や迅速なサービスが求められます。

ガソリンスタンドでの給油業務は、燃料供給の安全性とスムーズな顧客サービスが重要です。危険物取扱者乙4類の資格を持つ従業員は、これらの要件を満たし、顧客と施設の安全を確保する役割を果たします。

石油工場での製造・取り扱い

石油工場では、原油から石油製品への精製や取り扱い作業が行われます。危険物取扱者乙4類は、石油類(第1~第4の石油類)の取り扱いと立ち会いができ、製造工程やタンク管理などに携わります。

石油工場での危険物取扱者乙4類の仕事について、さらに詳しく説明します。

原油の受け入れと保管

石油工場では、原油がタンクローリーやパイプラインを通じて運ばれてきます。危険物取扱者乙4類は、原油の受け入れを監督し、適切なタンクで保管します。原油の品質や量を確認し、記録を取ります。

精製プロセスの監視

石油工場では原油からさまざまな石油製品(ガソリン、ディーゼル燃料、航空燃料、液化石油ガスなど)を製造する精製プロセスが行われます。危険物取扱者はこのプロセスを監視し、製品の品質を確保します。また、プロセス中に発生する副産物や廃棄物の処理も管理します。

タンク管理

石油工場内には大規模な石油タンクがあり、製品の保管と配送に使用されます。危険物取扱者はこれらのタンクの管理と保守を担当し、タンク内の液位や温度を監視します。タンクの漏洩や損傷を防ぐために定期的な点検と保守が行われます。

安全規制の遵守

石油工場は厳格な安全規制に従う必要があります。危険物取扱者はこれらの法的要件を理解し、遵守する役割を果たします。また、安全な作業環境を維持するために安全設備やプロトコルの実施も担当します。

緊急事態への対応

石油工場での緊急事態、例えば漏洩や火災が発生した場合、危険物取扱者は速やかに対処します。彼らは消火器の使用や避難手順を知り、事態の悪化を防ぎます。

石油工場での危険物取扱者乙4類の役割は、原油から石油製品の製造・取り扱いとそれに伴う安全性、品質管理に関連します。彼らは工場内でのプロセスを監視し、製品の出荷前に品質を確認するなど、工場の運営において不可欠な役割を果たします。

タンクローリーの運転

石油や化学薬品を輸送するタンクローリーの運転手は、危険物取扱者資格が必要です。資格を持つことで、運搬中の安全性と法的コンプライアンスを確保します。

タンクローリーの運転手として危険物取扱者資格(乙4類)が必要な理由と、彼らが具体的に行う仕事について詳しく説明します。

●危険物取扱者資格の必要性

安全な輸送確保

タンクローリーは石油や化学薬品などの危険物を輸送するための特殊な車両です。資格を持つことで、これらの危険物の運搬中の安全性を確保し、事故や漏洩のリスクを最小限に抑えます。

法的要件の遵守

石油や化学薬品の輸送には法的規制があります。危険物取扱者資格を持つことで、法的要件を遵守し、運搬中の罰則や規制違反を防ぎます。

緊急事態への対処

タンクローリーの運転中に緊急事態が発生する可能性があります。危険物取扱者は緊急時の対処方法を知り、漏洩や火災などの事態を制御し、周囲の安全を確保します。

●タンクローリー運転手の具体的な仕事

輸送計画の立案

運転前に、どの危険物をどのルートで輸送するかを計画します。これには道路の状況、交通規制、積載量、目的地などを考慮します。

荷積と荷下ろし

タンクローリーに危険物を積み込み、目的地で荷降ろしを行います。適切な積載と荷降ろしの手順を遵守し、漏洩や事故を防ぎます。

車両の点検と保守

タンクローリーの定期的な点検と保守作業を行い、車両の安全性を確保します。タンクの密閉性や配管の状態を定期的に点検します。

事故対応

万が一事故が発生した場合、速やかに緊急措置を講じます。これには火災の消火、漏洩物の封鎖、緊急通報などが含まれます。

法的規制の遵守

運転中には法的要件を遵守し、運搬許可書や安全装置の使用に関する法的規制を守ります。

文章作業

輸送に関する文書作業を正確に行い、貨物の追跡、証明書の発行、報告書の提出などを行います。

タンクローリーの運転手は危険物の運搬に関する専門知識を持ち、その知識を活かして輸送中の安全性を確保し、法的要件を順守します。安全な運搬が必要なさまざまな産業で必要不可欠な役割を果たしています。

食品工場での植物油の取り扱い

食品会社では、大量の植物油を使用することが一般的です。危険物取扱者乙4類の資格を持つ従業員は、植物油の取り扱いと安全性確保に貢献します。

食品工場での危険物取扱者乙4類の仕事について、詳しく説明します。

植物油の受け入れと保管

食品工場では、植物油(例: 大豆油、菜種油、オリーブ油など)を大量に使用します。危険物取扱者乙4類は、これらの植物油の受け入れと保管を管理します。到着した植物油の品質を確認し、適切な貯蔵タンクや容器に保管します。

供給と製造

食品工場では、植物油がさまざまな製品(調理油、マーガリン、菓子、調味料など)の原材料として使用されます。危険物取扱者は植物油の供給と製造プロセスを管理し、製品の品質を確保します。

製品品質の監視

食品工場での危険物取扱者は、植物油を含む製品の品質を監視します。これには、製品の風味、香り、色合い、テクスチャなどの特性を確認し、製品が規格に適合していることを確保します。

衛生と安全対策

食品工場では衛生と安全が極めて重要です。危険物取扱者は、植物油の取り扱いと製品の製造プロセスを衛生的かつ安全に実施するための手順を遵守します。これには適切な清潔度の維持、衛生基準の満たし、作業員と製品への安全な取り扱いが含まれます。

廃棄物管理

食品工場では植物油の取り扱いに関する法的要件が適用されます。危険物取扱者はこれらの法的要件を遵守し、製品の製造と取り扱いにおける法的コンプライアンスを確保します。

法的規制の順守

食品工場では植物油の取り扱いに関する法的要件が適用されます。危険物取扱者はこれらの法的要件を遵守し、製品の製造と取り扱いにおける法的コンプライアンスを確保します。

危険物取扱者乙4類の資格を持つ人々は、食品工場において植物油を取り扱い、その安全性と品質を確保する役割を果たします。食品産業においては品質と安全性が不可欠であるため、彼らの専門知識と対応能力は重要です。

アルコール類の製造と取り扱い

危険物取扱者乙4類はアルコール類(例: 消毒用アルコール)の取り扱いが可能です。アルコール製造や販売業界で、資格保持者は製品の製造から品質管理まで幅広い役割を担います。

アルコール類の製造と取り扱いにおいて、危険物取扱者乙4類の資格を持つ人々が果たす役割を詳しく説明します。

アルコール製造

危険物取扱者乙4類は、アルコール製品(例: 消毒用アルコール、酒類、医薬品など)の製造プロセスに関与します。これには原材料の混合、発酵、蒸留、精製などの工程が含まれます。資格保持者はこれらのプロセスを監視し、品質を確保します。

品質管理

アルコール製品の品質は非常に重要です。危険物取扱者は製品の品質を監視し、風味、濃度、清潔度、安全性などの基準を満たすことを確保します。品質に問題がある場合、適切な対策を講じ、品質改善に取り組みます。

衛生と安全

アルコール製造においては衛生と安全が極めて重要です。危険物取扱者は製造施設の衛生状態を管理し、適切な衛生手順を遵守します。また、製品や原材料の取り扱いにおいても安全対策を講じます。

法的規制の遵守

アルコール製品は法的規制が厳格であり、資格保持者はこれらの規制を順守します。ラベリング、消費者への提供、販売に関する法的要件を遵守し、製品が法的コンプライアンスを満たすようにします。

廃棄物管理

製造プロセスにおいて廃棄物や副産物が発生することがあります。危険物取扱者はこれらの廃棄物を適切に処理し、環境への影響を最小限に抑えます。

緊急事態への対応

アルコール製造施設での緊急事態(火災、漏洩など)に備えて、危険物取扱者は対策プランを策定し、必要な緊急対応を行います。

アルコール製造と取り扱いにおいて、危険物取扱者乙4類の役割は製品の品質と安全性の確保に関連しており、法的要件の順守と衛生維持が不可欠です。食品、医薬品、消毒薬、化粧品などの製造業界において資格保持者は重要な役割を果たします。

工場での洗浄作業

石油類やアルコール類は機械や部品の洗浄に使用されることがあります。資格を持つ人は、工場内での洗浄プロセスに関与し、作業の安全性と品質を管理します。

工場での洗浄作業において、危険物取扱者乙4類の資格を持つ人々が果たす役割を詳しく説明します。

洗浄プロセスの管理

工場内での機械や部品の洗浄プロセスを管理します。これには、洗浄液の調合、洗浄装置の操作、洗浄時間や温度の調整などが含まれます。資格保持者は洗浄プロセスが効果的で効率的であることを確保します。

洗浄液の取り扱い

石油類やアルコール類は洗浄液として使用されることがあります。危険物取扱者はこれらの液体の取り扱いにおいて安全対策を講じ、漏洩や事故を防ぎます。

装置の保守と点検

洗浄装置や設備の定期的な点検と保守作業を行います。これにより、洗浄プロセスがスムーズに動作し、安全性が確保されます。

廃棄物の処理

洗浄プロセスから生じる廃棄物や汚染物の適切な処理を担当します。これには廃棄物の分別、処分、リサイクルなどが含まれます。

法的規制の遵守

洗浄作業には環境法規制や安全規則が関連しています。危険物取扱者はこれらの法的要件を遵守し、洗浄プロセスが法的コンプライアンスを満たすようにします。

緊急事態への対応

洗浄作業中に緊急事態(例: 液体漏洩、火災など)が発生する可能性があります。危険物取扱者は緊急対応プランを策定し、必要な措置を講じて周囲の安全を確保します。

工場内での洗浄作業において、危険物取扱者乙4類の資格を持つ人々は洗浄プロセスの効率性、安全性、法的コンプライアンスを確保し、環境への影響を最小限に抑える重要な役割を果たします。洗浄作業は工場運営において不可欠であり、資格保持者はそのスムーズな遂行に貢献します。

これらの仕事は、危険物取扱者乙4類の資格を持つことで安全性と法的コンプライアンスを確保し、特に石油関連業界や食品製造業などで重要な役割を果たします。資格保持者は危険物の取り扱いに関する専門知識を活用し、様々な業界での雇用機会を追求できます。

 忙しい毎日でも乙4類合格狙うなら? 

ユーキャン 危険物取扱者講座 ホームページ画像

 【特長】ユーキャン危険物取扱者(乙4類) 

スピーディーな合格

5ヶ月で危険物取扱者(乙4類)合格を目指すため効率的な学習が可能です。

初学者向け講座

物理・化学の知識がない初学者でも、4コマ漫画やイラスト・図表を活用して理解を促進します。

合格実績

弱点克服に役立つ講座は、10年間で2,800名以上の合格者を輩出。予備知識不要で誰でも受講可能です。

ユーキャン 危険物取扱者講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン 危険物取扱者講座 申込み画像

危険物取扱者 乙5類のできる仕事とは?

危険物取扱者 からのペットボトルの画像

「危険物取扱者 乙5類」の資格を取得すると、プラスチックなどのポリマーの工場や研究所、科学系の工場や研究所などで働くことができます。

危険物取扱者乙5類の資格があると自己反応性物質の取り扱いと立ち会いが可能で、典型的なのは有機過酸化物、アゾ化合物、硝酸エステル類、ニトロ化合物、ヒドラジンの誘導体などです。

ポリマー合成ではラジカル開始剤としてアゾビスイソブチロニトリルなどのアゾ化合物や過酸化ベンゾイルなどの有機過酸化物が頻繁に用いられています。プラスチックやポリマー原料の製造をしている工場や研究所では必須の危険物なので有資格者の需要が高くなっています。

また、ニトロ化合物やニトロソ化合物、ジアゾ化合物などは有機合成試薬としてよく用いられています。

化学試薬の製造工場や、有機合成をしている医薬品・農薬・化学品などの工場・研究所などでも危険物取扱者乙5類の資格があれば仕事ができます。

どの職場でも研究員を兼ねることが多いですが、大きな工場では管理業務に特化することも可能です。

危険物取扱者 乙6類のできる仕事とは?

危険物取扱者 危険物を取り扱う作業者

「危険物取扱者 乙6類」の資格を取得すると、清掃業者や金属加工工場、食品工場、飲料工場、化学工場などで働けるようになります。

危険物取扱者乙6類は酸化性液体の過塩素酸、過酸化水素、硝酸などの取り扱いと立ち会いができ、特に頻用されているのは過酸化水素と硝酸で、どちらか一方でも取り扱っている場合には有資格者が必要です。

清掃業者では過酸化水素や過塩素酸による漂白をおこなっていることがあるため、危険物取扱者乙6類の需要が高くなっています。

金属加工工場では酸洗いによる表面処理で賞賛を使用することがあり、食品工場や飲料工場では過酸化水素が食品添加物として認められているため、食品加工の機器類の殺菌や飲料容器の殺菌などによく用いられています。

このような現場では他の危険物の取り扱いがない場合も多く、危険物取扱者乙6類の有資格者の需要が比較的高いのが特徴です。

また、化学工場でも過酸化水素や硝酸などを使用するケースが多いため、資格があれば仕事に携われる可能性があります。