広告 簿記

簿記2級は意味ない?就活と簿記2級の価値を徹底解説

2023-05-17

このページにはプロモーションが含まれています

簿記2級意味ない?就活と価値

あなたは簿記2級を取得すべきか、その価値が本当にあるのかを問いかけていますか?

それとも、すでに資格を持っていて、その価値をどのように活用すれば良いのかを探っていますか?もしくは、これから就職活動を始める学生で、簿記2級があなたのキャリアにどのような影響を与えるのかを知りたいのかもしれません。

この記事では、簿記2級の価値とその資格が就職活動やキャリアにどのように影響するかについて掘り下げていきます。

ここで得た情報を元に、あなた自身が簿記2級をどのように位置づけ、活用するべきかの視点を広げてみましょう。

簿記2級は意味無いの?口コミ

まずは、簿記2級取得者の実際の口コミを見てみましょう。実際に簿記2級を取得して、どのような感想を持っているのでしょうか?

お二人の口コミを見てみると「意味のある一歩でした!」「企業は資格よりも実績を見る」という声が上がっていますね。

簿記2級資格は、全く無駄ではなく、就職や転職の際にはとても力になる資格だと言えます。

簿記2級の資格とは何か?

簿記2級は、日本の商工会議所が主催する資格試験で、一定の簿記知識を証明するものです。

主に、経理や財務に関わる仕事をする上で必要な、日常の取引を会計記録に落とし込む基本的な簿記の知識と技術が問われます。例えば、貸借対照表や損益計算書を理解し、作成する能力などがこれに該当します。

簿記2級の資格は、企業の財務状況を理解するための基礎となる知識を提供します。以下が、日本商工会議所が定義する簿記2級レベルです。

経営管理に役立つ知識として、企業から最も求められる資格の一つ。高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できるなど、企業活動や会計実務を踏まえ適切な処理や分析を行うために求められるレベル。

引用元:日本商工会議所

たとえば、ある企業が赤字であるという情報が報道されたとき、簿記2級の知識を持つ人ならば、その赤字が一時的なものなのか、それとも深刻な経営危機を示しているのかを見極めることができます。これは損益計算書や貸借対照表を理解する能力があるからこそです。

また、自身が起業を考えている場合や、小規模なビジネスを運営している場合にも、簿記2級の知識は有用です。自分のビジネスの財務状況を把握し、適切な経営判断を下すための一助となります。

例えば、自社の損益計算書を見て利益が出ているかどうかを確認したり、貸借対照表から自社の負債状況を理解したりすることが可能となります。これにより、自社の財務健全性を維持しながら経営を行うことができます。

簿記2級の価値と就活におけるメリット

簿記2級の資格を取得することで、どのようなメリットがあるのか?具体的な事例を通じて考察します。

また、就活における簿記2級の役割と価値についても検証します。一見、簿記2級が必要とされない職種でも、その知識が如何に役立つのかを明らかにすることで、あなたのキャリア形成に役立つ情報を提供することがこの記事の目的です。

就職活動において、簿記2級の資格は、自己PRや企業選びにおける有力なツールとなり得ます。特に、経理や財務、コンサルタントなどの業界や職種では、簿記2級は非常に重視されることが多いです。これらの職種では、財務諸表の読み取り能力や、会計原則の理解が日常的に求められるため、簿記2級の資格を持っていることは大きなアドバンテージとなります。

たとえば、ある新卒採用者は、"簿記2級を持っていることで、経理職への適性があると考えました。また、会計に関する基礎的な知識があることから、研修期間を短縮できると思い、採用を決定しました"とコメントしています。

一方で、ITや製造業などの業界では、簿記2級が必ずしも必要とはされませんが、その知識はビジネス全般の理解を深めるために役立ちます。

例えば、自社の製品の利益率を理解するためには、販売価格と原価との関係を理解する必要があります。これは、簿記の基本的な知識を用いて計算することができます。したがって、簿記2級は、ビジネスの全体像を理解するための一助となります。

簿記2級の基本的な価値

簿記2級の基本的なスキルと知識

簿記2級を取得することで身につけられる基本的なスキルは、貸借対照表や損益計算書の理解・作成能力、仕訳の記録と読解能力、会計原則の理解などです。これらの知識は、企業の財務状況を把握し、経営判断を下すための基礎となります。

ビジネスの場面では、これらのスキルは企業の財務状況を理解し、より賢明な決定を下すための重要なツールとなります。例えば、貸借対照表を理解することで、企業の資産、負債、純資産の状況を把握できます。これは、投資決定をする際や企業の健全性を評価する際に重要となります。

また、損益計算書を理解することで、企業の収益性とコスト構造を評価することができます。これにより、製品の価格設定やコスト削減の策を立てる際に役立ちます。

日常生活においても、簿記の知識は役立つ場面があります。例えば、個人の家計簿をつける際、収入と支出を把握することで、自身の財政状況を理解し、賢明な消費や投資の決定を下すことができます。また、自分で小規模なビジネスを始める際にも、簿記の知識は必要不可欠です。

簿記2級がどのように役立つのか?

ビジネスの場面では、例えば、小規模企業やスタートアップで経理業務を担当する際、簿記2級の知識は直接的に活かせます。

また、大企業においても、部署間のコミュニケーションや、上司からの報告書の作成等で、財務に関する基本的な理解が求められることがあります。日常生活では、自己の資産管理や、税金の計算、家計簿の管理に役立つといえます。投資を行う際にも、企業の財務諸表を理解し、投資判断をするための基礎知識となります。

簿記2級は就活生が基本的な会計知識とスキルを持っていることを証明する資格です。特に、金融、会計、財務などの分野に進む予定の学生にとっては、この資格は大きな強みとなります。その理由は、これらの分野では、財務諸表の読解力や会計処理の理解など、簿記2級で身につける能力が直接的に必要とされるからです。

また、マーケティングや人事など、他のビジネス領域でも、会計知識は業績評価や予算計画などを理解するために役立ちます。ただし、簿記2級を持っているからと言って、すぐに就職活動が成功するわけではありません。企業はその他のスキルや経験、適性なども重視します。

簿記2級と就活について

簿記2級が就活に与えるメリット

簿記2級を持つことで、就活生は自身が基本的な会計知識を持ち、財務諸表を理解できることをアピールできます。これは、金融、経理、財務などの職種を目指す就活生にとって特に有利です。また、ビジネス全般に関わる職種を目指す就活生にとっても、ビジネスの基礎知識として評価されることがあります。

企業は簿記2級を持つ応募者を、会計や財務に関する基礎的な知識と理解を持っていると評価します。特に、金融業界や会計事務所、財務部門を持つ企業では、簿記2級の資格を持つことは一定のアドバンテージとなります。

たとえば、銀行の営業職や投資銀行、会計事務所の監査職、企業の財務部門などでは、簿記2級の知識は直接的に活かせます。また、マーケティングや営業などの職種でも、自社の財務状況を理解し、ビジネス戦略を考えるために、簿記の知識が役立つことがあります。

企業が簿記2級をどのように評価するか?

企業は簿記2級を持つ就活生を、財務知識を持つと評価します。また、学習意欲や自己啓発の姿勢を示す証拠としても評価されます。特に、金融業界、経理職、財務職などでは簿記2級は高く評価されます。他方、これらの業界や職種以外でも、ビジネス全般の知識として簿記2級は一定の評価を受けます。

具体的な例として、一部の就活生は、面接での自己PRやグループディスカッションにおいて、簿記2級の知識を活かすことで高評価を得られたと報告しています。例えば、経済ニュースに関するディスカッションで、他の学生が理解できなかった企業の財務諸表に関する話題を、簿記2級の知識をもとに説明したという事例があります。

また、新卒採用担当者からは、簿記2級を持つ学生は財務知識を有しているだけでなく、難易度の高い資格を取得するための努力や意欲を評価しているとの声があります。

就活生や新卒採用担当者からの声

一例として、「簿記2級を持っていたことで、面接での会話が深まり、自分の考えをより具体的に伝えることができた」という就活生の声や、「簿記2級を持つ学生は自己啓発の意識が高いと感じます。

また、会社の財務状況を理解するための基礎知識を持っているので、ビジネスの全般的な理解が早い」という新卒採用担当者の声などがあるかもしれません。

具体的な例として、一部の就活生は、面接での自己PRやグループディスカッションにおいて、簿記2級の知識を活かすことで高評価を得られたと報告しています。例えば、経済ニュースに関するディスカッションで、他の学生が理解できなかった企業の財務諸表に関する話題を、簿記2級の知識をもとに説明したという事例があります。

また、新卒採用担当者からは、簿記2級を持つ学生は財務知識を有しているだけでなく、難易度の高い資格を取得するための努力や意欲を評価しているとの声があります。

「簿記2級は意味ない」と言われる理由

簿記2級が「意味ない」とされる主な理由は、その知識が実務に直接適用できないと感じる人がいるためです。特に、非経理職の人にとっては、簿記2級の知識が日常業務に直接活かせるものではないと感じる場合があります。

一部の人々が「簿記2級は意味ない」と考える理由はいくつかあります。一つは、簿記2級が必要とされる職種や業界が限定的であるとの認識です。特に、IT、デザイン、教育などの分野では簿記知識が直接的に求められることは少ないかもしれません。

また、簿記2級の勉強には時間と労力がかかりますが、それに見合うだけのリターンが得られるとは限らないと感じる人もいます。

ただ一方で、「簿記2級は意味ない」という意見がある一方で、その価値は個々の目標や状況に大きく左右されます。以下のような観点からその価値を考えてみましょう。

「簿記2級は意味ない」と言われる理由

【キャリアの方向性】

簿記2級は、経理、財務、会計などの職種や、金融業界全体において高く評価されます。これらの分野でキャリアを積む予定の方にとっては、簿記2級は有用な資格となり得ます。

【知識の拡大と深化】

簿記2級を学ぶことで、ビジネスの基礎知識を身につけることができます。会社の財務諸表を理解する能力は、企業の健全性やパフォーマンスを評価する上で不可欠です。これは、投資や自己のビジネスを始める際にも役立つ知識です。

【自己啓発の証明】

簿記2級を取得するということは、自己啓発への意欲や努力を具体的に示す一つの方法です。これは、就職活動や昇進の際にプラスとなる要素であり、自身の学習能力や自己開発の意欲をアピールするための一つの手段となります。

したがって、「簿記2級は意味ない」と一概に断じるのではなく、個々の目標や状況によってその価値は変わり得ると考えるべきです。

簿記2級は就活において価値がないのか?

たとえば、IT業界でエンジニアとして働く場合、簿記2級の知識が直接的に役立つ場面は少ないかもしれません。これは、エンジニアの主な業務がプログラミングやシステム設計であり、簿記に関する知識が必要とされないためです。

また、企業の採用担当者から見ても、簿記2級の資格を持っていることは必ずしもポジティブに評価されるわけではなく、それよりも実務経験や専門的なスキルが重視されることが多いという事実もあります。

簿記2級が就活において価値がないとされる一例として、以下の事例が考えられます。

【専門性の高い職種】

一部の専門職や技術職では、その専門性が求められます。例えば、ソフトウェアエンジニア、データサイエンティスト、医師、弁護士などの職種では、簿記2級の知識は直接的にはほとんど関連がなく、求められるスキルや知識は他に特化しています。これらの職種では、簿記2級を持っていてもその価値は相対的に小さいと考えられます。

【企業の採用方針】

企業によっては、新卒採用において資格よりも「人物重視」を掲げ、その人のポテンシャルや適応力、コミュニケーション能力を重視することがあります。そういった企業では、簿記2級を持っていることよりも、自己PRや面接での対応がより重要視されます。

【大量採用を行う大企業】

大企業の一部では、新卒者に対して独自の教育プログラムを用意しており、会社が求める知識やスキルは入社後に学べるという方針を持っています。そのため、採用時に簿記2級を持っていることが特別に評価されることは少ないかもしれません。

しかし、これらの事例が全ての職種や企業で当てはまるわけではありません。簿記2級が必要とされる職種、簿記2級を評価する企業も多く存在します。そのため、自分が目指す職種や企業のニーズを理解し、それに合わせて資格取得を検討することが重要です。

簿記2級の価値を最大化するためのアプローチ

簿記2級の価値を最大化するためには、その知識を具体的に活用する機会を作ることが重要です。例えば、自分のビジネスを立ち上げる、小規模な会社やNPOでの会計業務をボランティアで行うなど、簿記の知識を生かす実践的な経験を積むことがおすすめです。

以下に、簿記2級の価値を最大化するための具体的なアプローチをいくつか挙げます。

価値を最大化するためのアプローチ

【自己のビジネスを立ち上げる】

簿記の知識を活用し、自分自身のビジネスを立ち上げてみましょう。これにはオンラインショップの運営、フリーランスとしての業務、または独自のスタートアップ企業を立ち上げるなどが考えられます。簿記2級の知識を活用することで、自己のビジネスの財務を把握し、正確な経営判断を下すことが可能になります。

【会計・財務のインターンシップに参加する】

実際のビジネスの現場で簿記の知識を活用する経験を積むことは、その価値を最大化するために非常に有効です。インターンシップに参加することで、学んだ知識を実際の業務に活用する方法を学ぶことができます。

【ボランティア活動に参加する】

小規模な会社やNPOでの会計業務をボランティアで行うことも、簿記の知識を実践的に活用する良い機会です。特に、財務に関する専門知識を持つボランティアは求められていることが多く、あなたのスキルが高く評価されるでしょう。

【投資活動を始める】

自己の資産運用を始めることも、簿記の知識を活用する良い方法です。例えば、株式投資をする際に、企業の財務諸表を理解し、投資判断をするための基礎知識として簿記2級のスキルを活用することができます。

以上のようなアプローチを通じて、簿記2級の知識を実際のビジネスの現場で活用する経験を積むことが、その価値を最大化するための鍵となります。

簿記2級の活用方法

簿記2級の知識は、金融業界や経理職だけでなく、マーケティングや営業など他の業界や職種でも活用できます。例えば、顧客のビジネスモデルを理解するため、予算計画を立てるため、またはコスト削減の提案をするためなどに、簿記の知識が役立つ場面は多いです。また、簿記2級と他の資格(例えばMBAやCFPなど)を組み合わせることで、より高度なビジネススキルを身につけることも可能です。

以下に、簿記2級の知識の具体的な活用方法と他の資格との組み合わせについて具体例を挙げて説明します。

簿記2級の活用方法

【マーケティングや営業の領域での活用】

簿記2級の知識を用いて顧客のビジネスモデルや財務状況を理解することで、より具体的で効果的なマーケティング戦略や営業提案を構築することが可能です。例えば、顧客企業の財務諸表を分析し、その企業が抱える課題や成長の可能性を見つけることができます。

【MBA(経営学修士)との組み合わせ】

MBAは高度なビジネススキルとリーダーシップ能力を身につけるためのプログラムです。簿記2級の知識は、MBAのカリキュラムで学ぶ財務会計や経営会計の基礎知識として役立ちます。また、MBAの取得により、簿記2級の知識をより戦略的な視点で活用する能力を養うことが可能です。

【CFP(認定ファイナンシャルプランナー)との組み合わせ】

CFPは個人の資産管理やライフプランを設計するための専門知識を認定する資格です。簿記2級の知識は、顧客の資産状況を理解し、適切な金融計画を立てるための基礎となります。また、CFPの取得により、簿記2級の知識を個人の資産管理や税金計算に活用する能力を養うことが可能です。

これらの例からわかるように、簿記2級の知識は幅広い業務で活用可能であり、また他の資格と組み合わせることでその価値をさらに高めることが可能です。

最後に

簿記2級の基本的な価値と就活における役割について深堀りしました。簿記2級が提供する基本的なスキルと知識は、ビジネスの世界で非常に有用であり、多様な業界や職種で活用することが可能です。

しかし、それが就職活動においてどの程度評価されるかは、求める職種や業界、さらには個々の企業によるところが大きいです。

"簿記2級は意味ない"という意見もありますが、それは資格そのものの価値ではなく、どの程度その知識やスキルを活用できるかによる部分が大きいと考えられます。簿記2級の知識を持つことで得られる視点や理解は、間違いなく価値があります。

簿記2級の価値を最大化するためには、取得した知識を実際のビジネスシーンでどう活用するか、また他の資格やスキルとどう組み合わせていくかが重要です。最終的には、簿記2級の価値はそれを活かすあなた自身によって決まると言えるでしょう。

簿記2級通信講座おすすめ人気ランキング|主要3社を徹底比較!

以下に、忙しい社会人が隙間時間で勉強するなら、STUDYing・ユーキャン・LEC3社のどの講座が良いのか?

独自調査ランキングを「講座の内容充実度」、「サポート体制」、「料金設定」、「受講生の評価」の項目で20点満点で作成しましたので、ご参考にしてみてください。

1位  STUDYing:総合18点
スタディング

スタディング 簿記 サイト画像

講座内容の充実度

 4.5点

料金設定

 5点

サポート体制

 3.5点

受講生の評価

 4点

価格

66,600円~(最安値)

教材の特徴

通勤など隙間時間に学べるコンパクトな講義が続けやすい

サポート

業界随一のスマホ対応eラーニング

合格実績

簿記一級合格者「15名」の声を掲載

スタディング 簿記2級講座
 申込みはこちら 

【スタディング簿記2級講座】に申込む


2位  ユーキャン:総合15点

ユーキャン 簿記2級講座

講座内容の充実度

 5点

料金設定

 5点

サポート体制

 3点

受講生の評価

 4点

価格

49,000円

教材の特徴

開講30年以上!「覚える→解く→より深く覚える」を繰り返すサイクル学習法

サポート

全5回の添削指導+質問サポート(1日3問まで)

合格実績

過去10年間の合格者実績1,462名

ユーキャン 簿記2級講座
 申込みはこちら 

ユーキャン 簿記2級講座 申込みバナー


3位 LEC:総合15点
(東京リーガルマインド)

LEC 簿記2級講座

講座内容の充実度

 4点

料金設定

 3点

サポート体制

 4点

受講生の評価

 4点

価格

60,500円

教材の特徴

合格に必要な「知識」と、問題を解く「解答力」を養成する講座をバランスよくセット

サポート

分からないところはスタッフや受講生に質問可能

合格実績

簿記2級「38名」の合格者の声を掲載

LEC 日商簿記2級講座
▼ 申込みはこちら 

【LECの簿記2級講座】に申込む

簿記に関する記事

簿記3級 解き方のコツ

簿記

簿記3級試験科目解き方のコツ

簿記3級の勉強法

簿記

簿記3級の勉強方法!試験までのスケジュールの立て方

簿記1級やめとけ

簿記

簿記1級やめとけ!意味ない!と言われる理由調査で分かっ...

簿記2級 独学のすすめ方・効率的な学習法

簿記

簿記2級は独学で合格可能?独学の進め方と効率的な学習法

簿記

簿記3級の通信講座・スクール・予備校ってどこがいい?評...

Sound23で紹介する簿記講座

LEC 簿記2級

LEC

LEC簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、料金をまとめ...

STUDYing 簿記2級講座

スタディング

スタディングの簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、料金...

LEC 簿記1級講座まとめ

LEC

LECの簿記1級講座ってどう?評判や口コミ、料金をまと...

簿記1級-STUDYing

スタディング

スタディング簿記1級講座ってどう?評判や口コミ、料金を...

ユーキャン簿記2級通信講座

ユーキャン

ユーキャン簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、費用をま...