広告 簿記

簿記2級は独学で合格可能?独学の進め方と効率的な学習法

2023-06-03

このページにはプロモーションが含まれています

簿記2級 独学のすすめ方・効率的な学習法

日商簿記2級は、ビジネスにおける必須スキルの一つとされ、その評価は高いです。企業の財務状況を理解し、より効果的な意思決定を行うための基礎的な知識を身につけることができます。

しかし、この試験はその難易度から多くの人々が挑戦し、しかし一方で難しく感じてしまうものでもあります。ここで問われるのは、一体どのようにしてこの試験に備えるべきか、そしてそれは独学で可能なのでしょうか?

独学は一見すると大変な道のりに見えるかもしれません。しかし、適切な計画と資料、そして効果的な学習法を用いれば、それは十分に可能です。

この記事では、簿記2級の試験に独学でどのように取り組むべきか、そしてそれを最も効率的に進める方法について詳しく解説します。また、通信講座の利用を検討している方にも役立つ情報を提供します。

簿記2級検定とは何か?独学で合格可能?日商簿記2級とは?

日商簿記2級試験は、日本商工会議所が主催する資格試験の一つで、企業の経理や財務に関わる基本的な知識を評価します。

【簿記2級のレベル】

経営管理に役立つ知識として、企業から最も求められる資格の一つ。高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できるなど、企業活動や会計実務を踏まえ適切な処理や分析を行うために求められるレベル。

引用:日本商工会議所

この試験は、経理の実務に必要な会計処理、決算処理、財務分析などを理解し、適切に実行できる能力を評価します。具体的には、具体的には、日々の取引を簿記に記録し、財務諸表を作成する能力を評価します。

試験範囲は、一般商取引を中心に、決算処理や財務諸表の作成までと幅広い。近年の合格率は40%前後となっており、これは試験の難易度が相当なものであることを示しています。

なぜ簿記2級の資格が求められるのか?

それは、企業が運営する上での基本的な経理処理と会計知識を証明するためです。

Twitterでも多くの人の口コミでありましたのでご紹介します↓

この簿記2級資格を取得することで、企業はあなたが一定レベルの会計スキルを有していると確信できます。

また、簿記2級資格はビジネスの世界で広く認識されており、あなたのキャリアにプラスとなる価値を提供します。

【ビジネススキルとして】

簿記2級を持つことは、企業財務の基本的な理解を示す明確な証となります。これは、業績分析や予算作成、投資判断など、ビジネス上の多くの決定を下す際に非常に役立ちます。

【キャリアアップ】

簿記2級は就職活動やキャリアアップにおいて有利となる資格です。特に経理や財務、事業企画などの職種で求められることが多く、持っているだけで一定の評価を受けられます。

【自己啓発】

自分自身のビジネススキルを向上させるため、または自分のビジネスを始める予定がある場合、簿記の知識は必要不可欠です。

このような理由から、簿記2級資格は多くの人々にとって価値あるものとなっています。

独学で簿記2級に挑戦するメリットとデメリット

独学で簿記2級に挑戦する際のメリットとデメリットを見ていきましょう。

個々のライフスタイル、学習スタイル、財政状況によって、独学が適した学習方法となる場合もあります。

その前に、独学で合格した人たちの口コミをご紹介します↓

ご紹介したお二人は、見事に独学で「1年4ヶ月」と「半年」の時間をかけて、見事に簿記2級合格されています。

では、独学で簿記2級に挑戦すのメリット・デメリットをご紹介します。

独学メリット①:コストを抑えられる

独学であれば、参考書やオンラインリソースの購入費用だけで学習を始められます。

教室や通信講座の費用を考えると、大幅にコストを抑えられます。

独学の一つの大きなメリットはコストの節約です。具体的には以下のような点が挙げられます。

【教材費用のみ】

参考書や問題集を購入する費用だけで、簿記2級の学習を始めることができます。例えば、人気のある『ドリル&ドリル 日商簿記2級』はオンラインショップで約3000円程度で手に入ります。

【無料リソースの活用】

インターネット上には無料で利用できる簿記の学習サイトやYouTubeの教育チャンネルが数多くあります。これらを駆使することで、コストをさらに抑えることが可能です。

【通信講座や教室への費用比較】

一方、通信講座や学習塾に通う場合、月々の講座費用や交通費が発生します。一部の通信講座では、一括で数万円の費用が必要となることもあります。

以上の点から、費用を抑えつつ資格取得を目指したい場合、独学は非常に魅力的な選択肢となります。

独学メリット②:時間の自由度が高い

独学では自分のスケジュールに合わせて学習を進められます。

仕事や家庭の都合に左右されず、自分のペースで学ぶことができます。

独学のもう一つの利点は、自身の都合に合わせて柔軟に学習スケジュールを組むことができる点です。以下に具体的な例を挙げます。

【学習時間の自由な設定】

自宅での学習であれば、早朝や深夜、仕事の合間など、自分の生活リズムに合わせて学習時間を設定できます。一方、通信講座や学習塾では指定された時間に参加しなければならない場合が多く、その時間に合わせる必要があります。

【自身のペースで学習】

自分が理解できたら次の節へ進む、難しいと感じたらその部分を何度も見直すなど、自分自身の理解度に合わせて進めることができます。

【学習の進行度管理】

自分自身の学習進度を把握し、調整することが可能です。必要ならば、予定より速めに進むことも、一方で難しい箇所はじっくり時間をかけて学ぶことも可能です。

以上の点から、自分自身の時間を最大限に活用し、資格取得に向けた学習を効率よく進めたい場合、独学は優れた選択肢と言えます。

独学デメリット①:自己管理の難しさ

独学は自己管理が求められます。勉強スケジュールの作成から守ること、モチベーションの維持、進捗の管理まで全て自己責任となります。

独学は高い自己管理能力が求められます。以下に具体的な課題点とその例を挙げます。

【学習スケジュールの作成と守ること】

自分だけのスケジュールを作成し、それに従って学習を進める必要があります。しかし、一人で学習していると、ついつい予定を後回しにしたり、予定通りのペースで学習を進めることが難しくなることがあります。

【モチベーションの維持】

独学では、学習のモチベーションを自己管理する必要があります。時には孤独感を感じたり、困難な問題に直面した時には落胆したりするかもしれません。その際、自己鼓舞する力が必要となります。

【進捗の管理】

自分自身の学習進度を正確に把握し、必要に応じて計画を調整する能力も必要となります。自分がどれくらい理解しているのか、どの部分を重点的に学習すべきなのかを自己判断する力が求められます。

これらの点を考えると、独学では高い自己管理能力が必要となります。

一方で、通信講座などを利用すると、学習スケジュールの管理やモチベーション維持の面でサポートが得られ、学習がスムーズに進む可能性があります。

独学デメリット②:疑問点の解決の難しさ

教師や他の生徒と直接コミュニケートする機会がないため、わからないところが出た時にすぐに質問できません。

自分で調査を行い、問題を解決する能力が求められます。

独学での学習は、疑問点を解消する際に一定の課題があります。以下に具体的な問題点とその例を挙げます。

【即時的な質問の難しさ】

独学では、教師や他の生徒と直接やり取りする機会が少ないため、すぐに質問することができません。たとえば、参考書や教材で理解できない箇所が出てきたとき、その場で質問できる教師や学習仲間がいなければ、自己解決しなければなりません。

【誤った理解の修正】

自分だけの学習では、間違った理解や誤解を抱きつつ学習を進めてしまう可能性があります。これは特に簿記学習において、理解の歪みが後の学習に大きな影響を及ぼすため、非常に重要な問題です。

【問題解決のスキル】

独学では、問題を自己解決するスキルが必要となります。質問したい箇所や疑問点が出たとき、自分で調査を行い、解答を見つけ出す能力が求められます。これは一方で、自己学習能力を高める良い機会でもあります。

これらの課題は、通信講座などを利用することで一定の解決が見込めます。講師からのフィードバックを得られ、間違った理解を修正する機会が増えます。

また、質問掲示板などを利用して他の学習者と情報を共有することも可能です。

これらのメリットとデメリットを踏まえて、自分に合った学習スタイルを選ぶことが重要です。

通信講座で簿記2級に挑戦するメリットとデメリット

通信講座で学習を進める方法もあります。以下にそのメリットとデメリットを具体的に示します。

通信講座のメリット①:教材の質

多くの通信講座では、専門の教材が提供されます。これらの教材は専門家によって作成され、簿記2級試験の出題範囲に完全に対応しています。

通信講座は専門的な教材が特徴で、簿記2級試験にピッタリな内容が提供されます。以下にその具体的な例を挙げてみましょう。

【精選された教材】

通信講座では、簿記2級試験の出題範囲をしっかりカバーした教材が用意されています。これは専門の簿記教育者が精選した内容で、必要な知識を効率良く学べるよう設計されています。

【明快な説明】

簿記の理解を深めるためには、複雑な概念を明確に理解することが重要です。通信講座の教材は、複雑な簿記の概念を平易な言葉で解説し、学習者が理解しやすいように工夫されています。

【練習問題と解答】

教材には豊富な練習問題とその解答が付属しています。これにより、学習した知識を即座に試すことができ、理解度を確認できます。

【最新の試験情報】

通信講座の教材は定期的に更新され、最新の試験情報を反映しています。これにより、試験の変更点を見逃すことなく、最新の出題傾向に対応することができます。

これらの特徴により、通信講座の教材は独学の学習資料と比べて、質の高さを実感できるはずです。

通信講座のメリット②講師のサポート

通信講座には通常、専門の講師がついています。講師は学習の進行をサポートし、疑問点を解消します。

通信講座の大きな利点として、専門の講師によるサポートがあげられます。その具体的な例を以下に挙げます。

【学習計画の作成】

通信講座の講師は、学習者のスキルや目標に合わせた学習計画を提案します。これにより、無駄なく効率的に学習を進めることができます。

【疑問点の解消】

簿記の学習中には、理解できないポイントや難解な問題に出会うことがあります。このような時には、講師に直接質問することが可能です。その返答は具体的かつ分かりやすく、理解の助けとなります。

【定期的なフィードバック】

学習の進行状況に対するフィードバックも講師から得られます。これにより、自己評価の誤差を防ぎ、学習の進捗を適切に把握することができます。

【モチベーションの維持】

講師は学習のモチベーションを維持するためのサポートも行います。定期的なエンカレッジメントや適切な学習進度の設定により、長期間にわたる学習を続けられます。

これらのサポートは独学では得られない大きな利点であり、学習の質と効率を大幅に向上させます。

通信講座のメリット③学習の効率化

通信講座は、自宅や好きな場所で学習できるため、時間を有効に活用できます。

通信講座は場所や時間に縛られず、自由に学習が可能なため、学習の効率を高めることができます。具体的な例を以下に挙げます。

【自宅での学習】

通信講座は自宅から参加できます。従って、通学時間や準備時間を省くことができ、その分を学習に振り向けることが可能です。

【時間の柔軟性】

通信講座は時間に縛られません。自分の都合の良い時間に学習を行うことができます。朝早く起きて学習する人、夜型で深夜に集中して学習する人、自分の最も集中力が高まる時間を選択できます。

【リピート学習】

提供される教材や講座の内容は何度でも繰り返して視聴・学習できます。特に理解が難しい部分は何度も見直すことで、深く理解することが可能です。

【ペース配分】

各人の理解度やスピードに合わせて、学習のペースを調整できます。自分が苦手な分野はじっくりと時間をかけ、得意な分野はスムーズに進めることができます。

これらの要素は、自分自身のライフスタイルや学習傾向に合わせて学習を進めることを可能にし、結果として学習の効率を高めます。

通信講座のデメリット①費用か高い

通信講座は無料の自己学習よりも一般的に高額です。しかし、その費用は高品質な教材と講師のサポートという形で還元されます。

通信講座は一般的に無料の独学よりも費用がかかります。具体的な例として以下の点を挙げます。

【授業料】

通信講座を提供する教育機関は、講座の提供にあたって一定の授業料を設定します。これは専門の教材開発、講師への報酬、システムの維持管理などのコストをカバーするためです。

【教材費】

専門的なテキストや参考書、実践問題集などの教材費が必要となります。これらの教材は試験範囲を的確にカバーしており、高品質な内容が求められます。このため、教材費はしばしば高額となります。

【更新費用】

試験内容が変更された場合、最新の情報に対応するために新たな教材を購入する必要が出てくるかもしれません。

これらのコストは、質の高い教材の提供や専門的な指導を受けるための投資と考えることができます。その結果、短期的には費用がかかりますが、長期的には効率的な学習と確実なスキル習得につながります。

通信講座のデメリット②スケジュールの制約

通信講座はある程度の期間を要します。そのため、自分の都合に合わせて自由にスケジュールを組むことは難しいかもしれません。

しかし、一定のスケジュールがあることで、学習を継続するモチベーションを保つことが可能になります。

通信講座は自分のペースで進めることができますが、一部には制約があります。具体的な例として以下の点を挙げます。

【提出期限】

一部の通信講座では、学習の進捗を確認するために定期的に課題を提出するシステムを採用しています。その際、提出期限が設けられることがあります。期限に間に合わせるためには、一定のペースで学習を進める必要があります。

【講師とのコミュニケーション】

講師からのフィードバックや質問の回答を受けるためには、講師の利用可能時間に合わせる必要があります。

【進行スケジュール】

通信講座は一定の進行スケジュールを持つことが多く、特定の期間で指定された内容を終えることが期待されます。これにより自由な学習スケジュールを組むのが難しくなることがあります。

これらの制約は、一定の進度で学習を進めるモチベーションを保つという観点からは有利となることもあります。しかし、個々のライフスタイルや学習スタイルにより、これらの制約が負担となる場合もあります。

通信講座は費用がかかる一方で、効率的な学習を可能にし、質の高いサポートを提供します。あなたがどの方法を選ぶかは、自分の学習スタイル、時間、費用などを総合的に考慮することが重要です。

独学で簿記2級を合格するための4つのポイント

独学で簿記2級の試験に臨む際のポイントを以下にまとめます。具体的なテキストの選び方から、学習スケジュールの作成方法、効果的な勉強法まで、合格に必要な情報を提供します。

ポイント①:テキストの選び方

簿記2級に対応したテキストの選択は、学習の出発点となります。

日商簿記2級に対応したものや、評価が高く実際の試験に近い問題が多いものなどを選びましょう。また、各種オンラインリソースやブログも参考になります。

簿記2級の独学には、適切なテキスト選びが重要です。以下にテキスト選びの具体的なアドバイスをまとめました。

【日商簿記2級に対応したテキストを選ぶ】

日商簿記2級に直接対応しているテキストを選ぶことが、学習の第一歩です。例えば、「日商簿記2級商業簿記 テキスト&問題集」等のテキストがあります。これらのテキストは、試験範囲を網羅しており、試験形式に沿った問題も含まれています。

【評価が高く、試験に近い問題が多いテキストを選ぶ】

試験に近い形式の問題が含まれている、学習者からの評価が高いテキストを選びましょう。ユーザーレビューや評価をチェックすると参考になります。また、「みんなが欲しかった 簿記の教科書(TAC出版)などの問題集も、試験対策には欠かせません。

【オンラインリソースを活用する】

インターネットには無料で利用できる簿記2級の学習リソースが数多くあります。「簿記無料講座」などの無料学習サイトでは、簿記の基本的な知識や具体的な問題解説、実際の試験問題の演習が可能です。

【学習ブログを参考にする】

実際に簿記2級の試験に挑戦した人々のブログや経験談を読むことも有用です。彼らの学習方法や使っていたテキスト、試験対策などを参考にしましょう。例えば、「簿記2級を独学で合格した私の勉強法」などの体験談ブログ記事が参考になります。

これらの視点からテキストを選ぶことで、より効率的な学習と確実な理解を進めることができます。

ポイント②:学習スケジュールの作成

合格を目指す上でスケジュール管理は不可欠です。具体的には、全体の学習計画を立て、それを週や日に分けて具体的なタスクとすることが重要です。

また、定期的に進捗を確認し、必要に応じて計画を見直すことも忘れないようにしましょう。

独学で簿記2級を目指す場合、自己管理の一環として学習スケジュールの作成が重要になります。

以下に具体的なスケジュール作成のポイントを挙げてみます。

【全体の学習計画を立てる】

まずは全体の学習計画を立てましょう。試験日までに何をどの程度学習するのか、目標とする学習範囲を決めておくことが基本です。例えば、試験までに全範囲をカバーするためには、1日あたり何ページ進める必要があるのかを計算します。

【週や日に分けて具体的なタスクを設定する】

全体の学習計画をもとに、週や日に分けて具体的なタスクを設定します。例えば、「今週は貸借対照表について学ぶ」、「今日はテキストのページ10から20まで読む」など具体的に設定します。これにより、毎日何をすべきか明確になり、学習が進めやすくなります。

【定期的に進捗を確認し、必要に応じて計画を見直す】

学習を進める中で、定期的に進捗を確認しましょう。計画通りに進んでいない場合や、予想以上に難しい部分があった場合など、スケジュールの見直しを行います。例えば、毎週日曜日に次週の計画を見直す、といったリズムを作ると良いでしょう。

これらのステップにより、学習計画を管理しながら確実に学習を進めることができます。

ポイント③:効果的な勉強法

簿記学習には、理解だけでなく繰り返しの練習も重要です。

パブロフの法則を利用して、一定のリズムで学習を進めると効果的です。また、過去問題を解くことで、実際の試験形式に慣れることも重要です。

独学で簿記2級の試験に向けて学習を進めるにあたり、効率的な学習法の選択が重要です。

以下に、具体的な効果的な学習法を紹介します。

【パブロフの法則を利用する】

パブロフの法則とは、一定の刺激と反応を結びつけることで、習慣を形成する心理学的な原理です。具体的には、学習時間を決めてその時間になるとすぐに学習を始めるようにすると、学習時間が来ると自動的に集中力が高まるようになります。例えば、毎日夜8時からは2時間簿記の勉強をする、と決めるなどです。

【繰り返しの練習】

簿記は理解するだけでなく、繰り返し問題を解くことで知識が定着します。特に、同じ種類の問題を何度も解くことで、パターンを覚えることができ、速度も上がります。テキストの練習問題だけでなく、オンラインで提供されている無料の過去問題なども活用しましょう。

【過去問題の活用】

実際の試験に近い状況で問題を解くことで、試験への対応力を鍛えます。過去問題を解くことで、出題傾向を把握し、時間内に問題を解く練習をすることが可能です。また、解いた問題の間違いを見直すことで、自分の苦手な部分を明確にし、それを重点的に学習することも重要です。

これらの学習法を組み合わせて使うことで、自己学習でも効率的に知識を吸収し、簿記2級試験に臨む準備ができます。

ポイント④:勉強時間の確保とリズム作り

毎日一定の時間を確保して学習に取り組むことで、学習のリズムを作ります。

たとえば、毎日朝一時間、夜一時間と決めて学習に取り組むなどしましょう。また、学習の習慣化には、勉強を日常のルーチンの一部にすることが有効です。

独学で簿記2級に合格するためには、学習時間の確保とリズム作りが重要となります。

以下に具体的な方法をご紹介します。

【固定の学習時間の設定】

毎日一定の時間を設けて学習に取り組むことで、学習習慣を形成します。具体的には、例えば毎日朝7時から8時まで、または夜10時から11時までのように、自分のライフスタイルに合った時間を確保しましょう。これにより、「簿記の勉強時間」という認識が頭の中に定着し、その時間になると自然と勉強モードに入れるようになります。

【日常のルーチンに組み込む】

学習を日常の一部として組み込むことで、学習が習慣化しやすくなります。例えば、朝食後の一時間や、帰宅後すぐなど、日常生活の中で自然に取り組むことができる時間を利用しましょう。

【継続の重要性】

いくら長時間一気に勉強しても、それが続かなければ意味がありません。毎日少しずつでも続けることで、長期的な学習効果が期待できます。特に簿記のような知識を積み重ねていく学問では、少量でも継続的な学習が有効です。

以上のような工夫をすることで、効率的に学習を進め、簿記2級試験に合格するための土台を築くことができます。

独学と通信講座、どちらが自分に適している?

独学での簿記2級試験対策は、その自由度と低コストのメリットから、一見魅力的に見えます。しかしながら、自己管理や質問解決の難しさといったデメリットも無視できません。

以下に、独学と通信講座を選択する際の基本的な判断基準を挙げます。

自己管理能力はある?

自分でスケジュールを組み、それを守る自己管理能力がある人は独学に適しているかもしれません。

自己管理能力が高い人は、自分自身で学習スケジュールを作り、それを守ることができます。

例えば、試験までの期間を見て全体の勉強計画を作り、それを週ごと、日ごとにブレイクダウンして具体的なタスクを設定します。そして、その計画通りに学習を進めることができます。

また、学習の進捗を自己評価し、必要に応じてスケジュールを修正することもできます。

自己管理能力が高いということは、自分自身をコントロールする能力があり、自己目標に向かって効率的に進めることができるということです。そのため、独学が得意な人は、自己管理能力が高いと言えます。

時間と費用はある?

時間的、金銭的な制約がある人は、独学が適している可能性があります。

時間的、金銭的な制約がある人には、独学が適しているかもしれません。独学なら、自分の都合に合わせて柔軟にスケジューリングが可能であり、自宅や通勤中など、場所を選ばずに学習ができます。

例えば、仕事が忙しくて学校に通う時間がない、あるいは家事や育児の合間にちょっとずつ学ぶといった人には独学が適しています。

また、金銭的には、テキスト代やインターネット上の無料の資料費用だけで学習を進めることができるため、高額な授業料を払うことなく、自分のペースで学ぶことが可能です。

質問解決能力はある?

自己学習で困ったときに、自分で解決策を見つける能力がある人は独学向きです。

独学には自己解決能力が必須です。

困ったとき、疑問を持ったときに自分で答えを見つけ出す力が求められます。インターネットで情報を探す能力、参考書やテキストから必要な情報を引き出す力、あるいは問題を解決するために適切な人に助けを求める能力などが試されます。

例えば、特定の会計処理が理解できないとき、それを理解するためにどのようなステップを踏むか、どのリソースを活用するかが重要になります。それらを自力でこなせる方には、独学が適しているかもしれません。

それに対して、通信講座を利用すると、専門の講師からの指導や疑問解決のサポート、学習計画の提供など、独学では得られない利点が多数あります。

特に、初めて簿記の勉強を始める方や、自己管理に自信がない方には、通信講座の利用がおすすめです。

最後に

簿記2級の合格は独学でも十分に可能ですが、その進め方と効率的な学習法には注意が必要です。

独学のメリットとしては、コストの節約や時間の自由度が高いという点があります。ただし、自己管理能力や質問解決能力が求められます。

独学の進め方には、まず試験の概要と出題範囲を把握し、テキストの選択や参考サイトの活用を行います。

学習スケジュールを立て、日々の勉強時間を確保し、継続的に学習に取り組むことが重要です。効果的な勉強法としては、理解と繰り返しの練習を組み合わせ、過去問題の解答やパブロフの法則を活用します。

最終的には、自身の学習スタイルや目標に合わせて判断すべきですが、通信講座の受講を推奨します。

通信講座では専門講師の指導やコミュニケーションの機会があり、疑問点の解決や学習の効率化に役立ちます。独学でも合格可能ですが、通信講座を活用することでより効率的な学習が期待できます。

独学に取り組む方には、自己管理能力や質問解決能力の向上が求められますが、自分のペースで学習を進め、学びたいという意欲を持ち続けましょう。独学でも確実な合格が可能です。

自信を持って取り組み、目標の獲得を目指しましょう。

簿記2級通信講座おすすめ人気ランキング|主要3社を徹底比較!

以下に、忙しい社会人が隙間時間で勉強するなら、STUDYing・ユーキャン・LEC3社のどの講座が良いのか?

独自調査ランキングを「講座の内容充実度」、「サポート体制」、「料金設定」、「受講生の評価」の項目で20点満点で作成しましたので、ご参考にしてみてください。

1位  STUDYing:総合18点
スタディング

スタディング 簿記 サイト画像

講座内容の充実度

 4.5点

料金設定

 5点

サポート体制

 3.5点

受講生の評価

 4点

価格

66,600円~(最安値)

教材の特徴

通勤など隙間時間に学べるコンパクトな講義が続けやすい

サポート

業界随一のスマホ対応eラーニング

合格実績

簿記一級合格者「15名」の声を掲載

スタディング 簿記2級講座
 申込みはこちら 

【スタディング簿記2級講座】に申込む


2位  ユーキャン:総合15点

ユーキャン 簿記2級講座

講座内容の充実度

 5点

料金設定

 5点

サポート体制

 3点

受講生の評価

 4点

価格

49,000円

教材の特徴

開講30年以上!「覚える→解く→より深く覚える」を繰り返すサイクル学習法

サポート

全5回の添削指導+質問サポート(1日3問まで)

合格実績

過去10年間の合格者実績1,462名

ユーキャン 簿記2級講座
 申込みはこちら 

ユーキャン 簿記2級講座 申込みバナー


3位 LEC:総合15点
(東京リーガルマインド)

LEC 簿記2級講座

講座内容の充実度

 4点

料金設定

 3点

サポート体制

 4点

受講生の評価

 4点

価格

60,500円

教材の特徴

合格に必要な「知識」と、問題を解く「解答力」を養成する講座をバランスよくセット

サポート

分からないところはスタッフや受講生に質問可能

合格実績

簿記2級「38名」の合格者の声を掲載

LEC 日商簿記2級講座
▼ 申込みはこちら 

【LECの簿記2級講座】に申込む

簿記に関する記事

簿記を学ぶ メリットと仕事について

簿記

簿記を学ぶメリットや簿記を活かせる仕事をご紹介

簿記1級やめとけ

簿記

簿記1級やめとけ!意味ない!と言われる理由調査で分かっ...

簿記

「日商簿記2級」の合格率は?簿記2級試験の難易度や独学...

簿記3級 解き方のコツ

簿記

簿記3級試験科目解き方のコツ

簿記

「日商簿記1級、2級、3級」の難易度や試験内容の違い

簿記3級試験前に知っておきたいこと

簿記

簿記3級の試験合格率は?受験前に知っておきたい情報

簿記3級メリット

簿記

簿記3級意味ないと言われる3つの理由と簿記3級のメリッ...

簿記

「日商簿記3級」資格試験の合格率は?簿記3級試験の難易...

簿記1級食いっぱぐれ

簿記

簿記1級があれば食いっぱぐれないって本当?簿記1級のす...

簿記 勉強方法と手段

簿記

簿記3級の難易度レベルは?合格のための勉強時間と勉強方...

Sound23で紹介する簿記講座

LEC 簿記2級

LEC

LEC簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、料金をまとめ...

STUDYing 簿記2級講座

スタディング

スタディングの簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、料金...

LEC 簿記1級講座まとめ

LEC

LECの簿記1級講座ってどう?評判や口コミ、料金をまと...

簿記1級-STUDYing

スタディング

スタディング簿記1級講座ってどう?評判や口コミ、料金を...

ユーキャン簿記2級通信講座

ユーキャン

ユーキャン簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、費用をま...

ユーキャン

ユーキャンの簿記3級通信講座ってどう?評判や口コミ、価...

スタディング

スタディングの簿記3級講座ってどう?評判や口コミ、料金...

LEC

LECの簿記3級講座ってどう?評判や口コミ、料金をまと...