広告 スタディング

スタディングの簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、料金をまとめました

2023-06-08

このページにはプロモーションが含まれています


スタディング 簿記2級講座 ホームページ画像

スタディングの「簿記2級」講座って信用できるのかな?

講座の悪い評判や口コミ、あと費用とかも知りたい!

簿記2級といえば、経営管理に役立つ知識として、企業から最も求められる資格の一つであり、高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できるなど、企業活動や会計実務を踏まえ適切な処理や分析を行うために求められるレベルと言われています。

通常400時間(6ヶ月程度)かかる学習時間もスタディング簿記2級の講座であれば、もっと時間を短縮して合格を目指せるためオススメです。

しかし、、、

  • 「勉強が長続きするか心配、、、」
  • 「本当に自分でもできるのかな、、、」

という不安を抱えているのではないでしょうか?

STUDYing(スタディング)は、日本にある通信講座の中でもトップクラスのeラーニング講座を提供。基本の授業はスマホで完結するため、スキマ時間を活かした学習に最適化されています。

スタディングは、短期間で合格した人々の勉強法を徹底的に研究することで開発されたオンライン講座で、短期間で合格を目指す人に最適な講座です。

  • 短期合格者の学習法で短期合格を目指す
  • 忙しい人でもスキマ時間で学べる
  • TV番組のような分かりやすい動画講座

「簿記2級講座が気になっているけど、まだ迷っている、、、」なら、このページを参考にしてみてください。

簿記2級講座を検討している全ての方に読んでほしいこと

「通信講座に入ったけど続かなかった」

自分の都合良い時間で勉強できると評判の通信講座ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「講座が合わなかった」に集約されます。

講座費用が安かったから、、、

何も考えずに申し込んだ、、、

こんなテキストじゃ合格無理、、、

あ、、、行政書士のテスト7割を切ってしまった…全額返金保証の対象外に…
判例集も無いし条文の解釈の仕方についても穴だらけのテキストで合格できる気がしない…通信講座なんてやらなきゃよかった、市販テキストのほうが圧倒的に情報量も試験に出る問題の解き方も押さえてあるのに…
失敗したな…— いずみん@慶應通信 (@IZzzminne) April 3, 2018

詰め込み方が激しすぎる、、、

費用が安いから、評判が良さそうだから、そんな理由で講座選びをすると、途中で辞めてしまうことも多いです。

後悔しないためには、講座のメリット・デメリットを把握した上で申し込むことが重要です。

スタディング簿記2級講座
▼ 申込みはこちら ▼

日商簿記2級講座を申込む

スタディングの簿記2級講座「やめとけ、、、」悪い評判・口コミ

どの簿記の通信講座にも、必ずメリットもあればデメリットもあります。

まずは、スタディング簿記2級講座のTwitterで見つけたネガティブな評判・口コミの中で、「これはちゃんと確認しておかないと怖いな、、、」という口コミをチェックしてみましょう。

気になる悪い評判・口コミでチェックするのは、以下3つです。

【口コミ①】スタディング簿記2級の講義テキストが理解できない

スタディングの「簿記2級」講座は、どういう評判や口コミが多いの?

「講義テキストが理解できない、、、」という口コミがあるわね。

まず最初に気になる口コミは「講義が理解できない、、、」というもの。

例えば、こんな口コミです↓

このように「理解するのが難しい、、、」「説明不足が過ぎる、、、」と呟いていました。

これからスタディングで学ぼうと思っている人にとっては、正直ちょっと困惑しますよね、、、。

「スタディング」簿記2級のテキスト教材って分かりにくいの?

テキスト教材の
特徴

スタディングの簿記2級講座のテキスト教材は、分かりにくいのか?テキスト教材の特徴をまとめてみました。

特徴①商業簿記と工業簿記の深遠な理解

この講座では、商業簿記と工業簿記を深く理解することに焦点を当てています。独特の教授法を通じて、理解を深め、知識を結びつけます。

スタディング簿記2級講座は、受講生が商業簿記と工業簿記の深い理解を獲得することに焦点を当てています。このため、教材と講義は、その理解を促進するための具体的な例と実用的な演習を提供します。

商業簿記の部分では、基本的な会計原則から始まり、貸借対照表や損益計算書などの財務報告書の作成、そしてより高度な主題である在庫評価や固定資産会計まで、幅広いトピックを網羅します。この一方で、工業簿記では、原価計算の理論から始まり、製品のコスト計算、原価管理、製品価格設定の戦略など、製造業の特有の課題を解決するための具体的なスキルを学びます。

それぞれの主題は、理論だけでなく、現実のビジネスシナリオでの具体的な応用も考慮に入れて設計されています。例えば、在庫評価では、FIFOとLIFOの方法を使用した実際の在庫評価の例を学び、それが財務報告と結果の解釈にどのように影響を与えるかを理解します。同様に、工業簿記では、異なる原価計算法が製品のコストと価格にどのように影響を与え、それが競争力と利益にどのように影響を与えるかを探求します。

最終的に、これらの知識がどのように連携して企業の経済的な意思決定に貢献するかを理解するため、全体的なビジネスコンテクストに組み込むことが重要です。そのため、この講座は具体的な例と現実的な状況を使用して、会計情報がどのように使用され、解釈され、そして戦略的な意思決定にどのように組み込まれるかを示しています。

スタディング簿記2級講座は、受講生が簿記の基本的な技術だけでなく、それがどのように企業の成功に寄与するかを理解するためのツールを提供します。

特徴②原価計算でコスト管理・価格設定が理解できる

原価計算について詳しく学びます。このスキルは、コスト管理と商品価格設定において重要です。

当講座では原価計算について、その理論から具体的な実践まで、包括的に学びます。原価計算は、製造コストを把握し、コスト管理と商品価格設定において重要なスキルとなります。

まず、基本的な原価計算の理論、つまり直接材料費、直接労務費、間接費用などのコスト要素を理解するところから始めます。次に、これらの要素をどのように合計し、製品ごとの原価を計算するかを学びます。

さらに、状況に応じて最適な原価計算法を選択する能力も養います。例えば、ジョブオーダー原価法(個別原価計算)はカスタム製品や特注品のコスト計算に適しているのに対し、プロセス原価法(総合原価計算)は大量生産製品のコスト計算に適しています。これらの違いを理解することで、それぞれのビジネス状況で最も効果的な原価計算法を選択できます。

また、原価分析のスキルを磨き、原価が高くなる原因を特定し、コスト削減の可能性を追求する方法を学びます。例えば、ある製品の原価が予想以上に高い場合、それが直接材料費の増加、労務費の増加、あるいは間接費の増加によるものかを特定し、それぞれに対する解決策を検討します。

そして最後に、原価計算が製品の価格設定にどのように影響を与えるかを探求します。例えば、製品の原価と市場での競争力を考慮した価格設定、あるいは高い利益率を目指す価格設定など、様々な戦略を評価します。これらの知識とスキルを通じて、学生はコスト意識を持ち、コストを管理し、製品価格を戦略的に設定する能力を身につけることができます。

特徴③財務諸表の分析で読み解き方をマスターできる

実際の企業の財務諸表を用いて、どのように経営内容を読み解くか学びます。これは、経営意思決定に役立つ能力を養います。

スタディング簿記2級講座では、学生が実際の企業の財務諸表を解析し、経営内容を読み解くスキルを獲得することを目指します。これは、経営意思決定に大きく寄与する重要な能力です。

講座では、まず基本的な財務諸表-つまり、貸借対照表、損益計算書、そしてキャッシュフロー計算書-の構造とそれぞれの要素を詳細に学びます。学生はこれらの報告書が提供する情報を理解し、それぞれが企業の財務状況をどのように反映しているかを理解する能力を身につけます。

次に、財務比率分析に移ります。これには流動比率、負債比率、営業利益率、ROE(自己資本利益率)などの主要な財務指標が含まれます。これらの比率を計算し解釈することで、企業の財務健全性、利益性、効率性など、さまざまな側面を評価する方法を学びます。

最後に、実際の企業の財務諸表を使用したケーススタディに取り組みます。例えば、特定の企業の財務諸表を分析し、その企業の財務健全性や利益性を評価する。また、業績が低迷している企業の財務諸表を解析し、問題の根源を特定し、可能な解決策を提案するといったタスクもあります。

これらの学習活動を通じて、学生は財務諸表から重要な情報を引き出し、その情報を基にした洞察を得る能力を養います。これは、企業の経営者や財務マネージャーが日々直面する重要なスキルであり、より良い経営意思決定を下すために必要な能力です。

こうやって見てみると、「最⼩の努⼒で最⼤の効果」を発揮するための工夫が凝縮されているということが理解できます。

これだけレベルの高いテキスト教材となると、知識の吸収の仕方も理解できますね。
こんな口コミもありました↓

「昼休みに20分の勉強積み上げた!」「講義が分かりやすい!」という、とても心強い口コミがありますね。

ただ、読み流したり聞き流したりだけではなく、ちょっとした工夫を取り入れることで、より使える教材になるようですね。

【口コミ②】スタディング簿記2級の講義が分からない

スタディングの「簿記2級」講座、二つ目の評判や口コミは?

「講師の解説が理解できない、、、」という口コミもあるわね。

続いて、2つ目の気になる口コミは「講師の解説が理解できない、、、」というもの。

例えば、こんな口コミがありました↓

「講師の解説が理解できない、、、」たしかに、コレは気になりますよね、、、。

私もこういうのは気になってしまうタイプなので、気持ちはよくわかります。

「スタディング」簿記2級講座の講義って分かりにくいの?

講座の特徴

スタディングの簿記2級講座の講義は、分かりにくいのか?特徴をまとめてみました。

特徴①会計の実践的な練習

シミュレーションやケーススタディを通じて、企業活動と会計実務に関連する実践的な問題に対する対策を学びます。

スタディング簿記2級講座は、実際のビジネスの状況と課題を模倣するためのシミュレーションやケーススタディを豊富に取り入れています。これにより、学生は会計の概念と原則を現実のビジネスの文脈で適用する能力を身につけます。

シミュレーションでは、例えば仮想の企業を運営し、その企業の会計帳簿を維持するための具体的なスキルを練習します。学生は日々の経営活動を記録し、その影響を財務諸表に反映させ、定期的な財務報告を作成します。これにより、学生は企業の日々の経営活動が会計と財務諸表にどのように影響するかを直接体験し、理解します。

ケーススタディは、特定のビジネスの問題を解決するための会計的な思考と分析スキルを養います。例えば、あるケーススタディでは、企業が新しい投資の機会を評価しており、その投資が財務状況と利益性にどのように影響を及ぼすかを予測するように求められるかもしれません。学生は予想されるキャッシュフローを分析し、投資の回収期間や内部収益率などの投資評価指標を計算し、その投資の適切な価格を推定します。

これらの実践的な練習は、学生が会計の理論と原則を現実のビジネスの課題に適用する能力を強化します。それはまた、彼らが自分の会計の知識とスキルを信頼し、自信を持って使うための機会も提供します。

特徴②問題解決技術と試験戦略を身につけられる

簿記2級の試験に向けた対策も提供します。具体的な問題解決技術と効果的な試験戦略を身につけます。

簿記2級の試験に成功するためには、具体的な問題解決技術と効果的な試験戦略が不可欠です。スタディング簿記2級講座では、これらの要素に対する深い理解とスキルを養うためのツールとガイダンスを提供します。

具体的な問題解決技術を習得するために、過去問題の解説と実習を多く取り入れています。過去問を研究することで、試験で求められるスキルと知識の具体的な適用方法を理解することができます。例えば、複雑な会計伝票の記入や、原価計算の問題、財務諸表分析に関する質問など、さまざまな問題の解き方を学びます。

また、効果的な試験戦略についても学びます。これには時間管理、問題の優先順位付け、解答の選択と確認の方法などが含まれます。例えば、試験中に時間切れにならないようにするための戦略や、複数選択問題に対する最善のアプローチ、問題を早く解くための短縮技などを学びます。

このような試験対策を通じて、学生は簿記2級試験の準備に自信を持つことができます。そして、学んだスキルと知識を効果的に試験で示すことができます。

特徴③自己学習の強化

当講座は自己学習を重視しています。明確でわかりやすい教材とオンラインリソースを提供し、学生が自分のペースで効果的に学ぶことができます。

スタディング簿記2級講座は、学生が自分自身で学び、理解を深めるためのサポートを重視しています。それにより、学生は自分のペースで学び、深い理解と持続可能な学習習慣を築くことができます。

我々が提供する教材は、明確さと理解しやすさを重視して設計されています。これらの教材は、簿記の重要な概念と原則を説明し、具体的な例と実習を通じてそれらを理解するのを助けます。例えば、教材は企業の日々の取引を記録し、それが財務諸表にどのように反映されるかを明示的に説明します。また、原価計算や財務分析の手順を詳細に説明し、それらのプロセスを独自に完成させるためのスキルを養います。

また、我々は学生が自分で学び続けるためのオンラインリソースも提供します。これらには、追加の教材、過去問題の解答例、理解を深めるための練習問題、そして学習の進行を支援するためのチェックリストなどが含まれます。これらのリソースは、学生が自分のペースで学ぶことを可能にし、学習を自分の生活スタイルに合わせて柔軟に調整できるようにします。

このような自己学習の強化は、学生が自分自身の学習者としての責任を引き受け、簿記のスキルと知識を自分自身で習得する能力を養います。そして、それは試験の成功だけでなく、一生涯にわたる学習と成長のための基礎を築くのに役立ちます。

このスタディング簿記2級講座を活用された方の、こんな口コミもありました↓

「講師の教え方が分かりやすい!」という、とても心強い口コミがありますね。

【口コミ③】スタディング簿記2級講座はメールで質問できない

そして、三つ目の評判や口コミは、どんなものがある?

「メールで質問ができない、、、」という口コミもあるわ。

続いて、3つ目の気になる口コミは「メールで質問ができない、、、」というもの。

例えば、こんな口コミがありました↓

メール質問ができない。たしかに、コレは気になりますよね、、、。

私もこういうのは気になってしまうタイプなので、気持ちはよくわかります。

スタディング簿記2級講座の合格率は?

講座の合格率は?

残念ながら、スタディングの簿記2級講座は、合格者の声はあるものの、合格率や合格実績は公式に公表されていませんが、数多くの方の合格者の声は公式ページで紹介されています。

これはweb通信講座であるがゆえ、教室参加の受講者よりも接点が非常に少なく、コミュニケーションが少ない中で正確な合格率の情報を聞き出すことが困難であり、合格率を算出するための正しい合否データの収集ができないからです。

合格率を算出するための手段として、受講生へのアンケートで合否確認を行い、合格率を算出する方法もありますが、その場合「不合格の方はアンケート回答率が低く、合格者の方がアンケートの回答率が高い」といったことが懸念され、正しい客観的なデータとしては難しいといった問題が出てきます。

こういった理由があり、スタディングでは合格率を公表していませんが、公式ページで紹介されている数多くの合格者の声はとても素晴らしいと思われます。

資格試験を合格へ導くスタディング簿記2級の通信講座のサポート体制とは?

サポート体制

スタディングは格安の予算でも受講できるよう設計されたオンライン講座ですので、基本的に質問などのサポートがありません。

ですので、「学びを革新し、誰もが持っている無限の力を引き出す」と宣言しているスタディングの「簿記1級セットコース」が、どのようなサポートをしているのか?特徴をまとめました。

これまでの苦労を解消する資格試験合格のための学習システム

「今日は何を学べばいいのだろうか、、、?」「今これを学んで大丈夫なんだろうか、、、?」と、学習ペースに不満を感じることがあると思います。独学で学ぶ方は、ストレスに感じるほど考えているのでは無いでしょうか?

スタディングでは、この簿記3級・2級試験合格のための学習に感じる必要のないストレスや、無駄な時間を省くため、「今日はこれを学べば大丈夫!」という学習フローを示していますので、そのガイダンスに従って学習をスケジュール通りに進めていけば大丈夫です。

そしてやはり、勉強量から合格への自信は生まれてきますので、スタディングでは「自分がどれだけ勉強したのか?」という学習時間と進捗状況を可視化していますので、あなたが日々どれだけ勉強をしたのか?学習時間が把握できるようになっています。

最適な勉強スタイルを作れるマルチデバイス対応

スタディングの簿記通信講座では、お手持ちのPCやスマートフォン、タブレットといった複数のデバイスから、最適な学習スタイルを選択できるマルチデバイス対応です。

iOS、Androidのどちらも対応ですので、外出時にはスマートフォンやタブレットで勉強し、自宅では画面が大きいPCで勉強という風に、生活合わせて学習スタイルを自由に選べます。

そして、どの端末(PC・スマートフォン・タブレット)で勉強しても、学習状況は連動していますので、学習を終了後、別端末で学習を再開した場合も、すぐに続きから再開できますので、進捗管理がとても簡単です。

動画や問題集等の利用回数に制限はありませんので、倍速(1.5倍速〜2倍速)で動画を見たり、音声をダウンロードしたり、それらの講義を何度も回数無制限で視聴することも可能です。

ですので、スタディングの簿記通信講座は、移動時間や待ち合わせ、休憩時間など、様々なスキマ時間を有効に使った勉強ができます。

講座の復習で記憶に残すwebテキスト機能

スタディングの動画講義にはWEBテキストが付いています。(一部の講座では、PDFテキストになっていたり、WEBテキストが付いてない講座もあります)

スタディングの簿記通信講座の勉強は、「動画講義を視聴後に、スマート問題集を解く」というのが、最も効率よく学べる学習法で、動画講義を視聴してインプットした後に、スマート問題集でアウトプットすることで「どれだけ記憶に残っているか?」を確認します。

テストで問題集を解くと、インプットした記憶に残っている情報を収集してまとめてアウトプットしますので、当然回答を間違えたり、記憶が曖昧であることに気づきます。完璧に答えられない問題があった場合は、回答の解説「WEBテキスト」を読み、間違えた部分だけ読み返し復習するのが効果的です。

多くの通信講座で動画講義が使われていますが、動画講義で復習する時、ピンポイントで復習したい問題のみ確認するための調整が面倒な場合があります。

スタディングの「webテキスト」を使えば、WEBテキストを使って復習したい部分だけ読み返すという、復習方法がありますので、簡単にストレスを感じることなく、効率的に勉強を進めることができるようになります。

効率よく記憶する暗記ツール

スタディングの簿記通信講座講座では、効率よく記憶するための暗記ツールがあります。

暗記といえば、テキストに覚えたい語句に緑マーカーを引いて、赤シートで隠して暗記していたと思います。これからは暗記するために、もう重たいテキスト教材や赤シートをわざわざ持ち歩く必要はありません。

このスタディングの簿記通信講座講座で使われる暗記ツールは、いつでもどこでもスマホやタブレットで勉強できるように、WEBテキストになっていますので、重要な部分や語句をあらかじめ赤マーカーで塗りつぶしており、その赤い部分をクリックすることで塗りつぶした用語は簡単に見れるようになっています。

これまでの暗記するための準備も必要なく、少しのスキマ時間でも繰り返し学習ができ、記憶に定着させることが可能となります。

自分だけのオリジナルノートを作るマイノート機能

スタディングの簿記通信講座では、オンライン上で講座を視聴しながらや、スマート問題集の問題を解いた後など、気になったことや、記憶しておきたい情報は、簡単・自由に自分だけの「まとめノート」を作成し、その個人用ノートに書き留めておく事ができます。

作成した個人用ノートは、お使いのパソコンやスマートフォン、タブレット端末に自動で同期されるので、どの端末で見ても同じ内容で使えますし、フォルダごとにノートを格納すれば、「どの講座のどの範囲のノートなのか?」一目で分かるように整理整頓できます。

この作成したノートは、あなたが退会するまで保存されるため、複数年に亘って学習する難関資格試験でも、前年作成したノートを応用して学習を進めることができますので、個人用のデジタルノートブックとして、効率的に勉強を進めることができます。

いつでもどこでも快適に勉強できるスタディングアプリ

スタディングの簿記通信講座では、「STUDYingアプリ」で、ストリーミング再生だった動画講座を、スマートフォンにダウンロードして再生できるようになりました。

Wi-Fiで事前に動画講座をダウンロードしておけば、オフラインでも資格講座を“いつでも・どこでも”快適に動画講座で勉強できます。

ダウンロードした動画は、コース別・科目別に整理されるますので、あなたが勉強したい講座をすぐに見つけてることができます。

スタディング簿記2級講座の料金は?

講座料金

スタディングの「簿記2級コース」の料金は、下記料金一覧の通りです。

簿記2級合格コース

一括払い

19,800円

スタディング簿記2級講座
▼ 申込みはこちら ▼

日商簿記2級講座を申込む

時期によっては、資格取得応援キャンペーン等で割引など行われていることもあります。

※詳しくはスタディング公式サイトで確認ください。

簿記2級の通信講座はたくさんありますが、このページでは他のサービスと比べる相対価値を見るのではなく、この料金の絶対価値についても見てみましょう。

この簿記通信講座の料金は、約10月間の講義動画が見れて、1日あたりに直すとジュース1本分です。

1日ジュース1本分という格安の金額で、簿記1級講座を勉強できる環境って、とてつもなく素晴らしい環境ではないでしょうか?

毎日忙しくて学習する時間がなかなか確保できないのであれば、じっくり腰を据えて動画講義を見て学ぶだけではなく、スマートフォンやPCを使ってスキマ時間を活用する学習の通信講座「STUDYing(スタディング)」で学ぶことで早く知識を深めていきたいですよね。

スタディング簿記2級講座の購入後、キャンセルや返金はできますか?

スタディング簿記2級講座のキャンセルや返金について確認してみましょう。

解約・返金について

スタディング公式サイトのよくある質問ページには、こんな記載があります。(一部抜粋)

スタディング利用規約第8条に定めています通り、商品の性質上、原則としてキャンセル、返金は対応しておりません。

また、当社商品については、特定商取引法で定められているクーリングオフの適用範囲外となっていますので、当社独自で、返品・返金の制度を設けさせていただいております。

※原則、キャンセルや返金は対応していないということですが、スタディング独自の返品・返金制度がありますが、さまざまな条件がありますので、いつのタイミングでも解約・返金を申し出ても全額返金保証されるわけではありません。購入前にスタディング公式サイトで返金制度を確認した上で、申し込みください。

スタディングのコストパフォーマンスについて、このような口コミがあります↓

コストパフォーマンスについて、「最強」と、かなりの好評価な口コミが並んでいます。

とても心強いですね。

スタディング「簿記2級」講座はこんな人におすすめ

この講座が
向いてる人

簿記3級合格者でキャリアアップを望む人

既に簿記の基本を把握していて、さらに上級のスキルを学んでキャリアアップを図りたいと考えている人には、この講座が最適です。高度な商業簿記と工業簿記(原価計算を含む)を学び、企業活動や会計実務における適切な処理や分析のスキルを身につけることで、自身の専門性と価値を高めることができます。

スタディング簿記2級講座は、キャリアアップを望む簿記3級合格者にとって最適な選択です。既に基本的な簿記の知識を持っているあなたは、この講座を通じてさらに上級のスキルを身につけることができます。

高度な商業簿記と工業簿記(原価計算を含む)について学ぶことで、自身の専門性を深め、価値を高めることが可能です。例えば、製造業の会計士として働いているあなたは、工業簿記のスキルを深めることで、製品の原価を正確に計算し、利益率を最大化するための戦略を立てる能力を向上させることができます。このような専門的なスキルは、あなたの競争力を強化し、更なるキャリアアップの機会を提供します。

また、企業活動や会計実務における適切な処理や分析のスキルも身につけることができます。

例えば、大手企業の財務部門で働くあなたは、この講座を通じて財務諸表の分析技術を磨くことができます。財務諸表から得られる情報を適切に解釈し、その結果を基に経営陣へ効果的な意思決定をサポートするアドバイスを提供できるようになります。このような能力は、経営層からの信頼を勝ち取り、あなたのキャリアを更に加速させるでしょう。

これらの高度なスキルを身につけることで、あなたは自身の職業生涯における競争力を高め、自身のキャリアパスをより広げることができます。スタディング簿記2級講座は、あなたのキャリアアップを強力にサポートします。

会計士や税理士等へキャリアチェンジを考えている人

簿記2級は広く求められるスキルであり、異なる業種や職種へのキャリアチェンジを検討している人にとって有用です。特に、財務や会計、ビジネス管理など、会計士や税理士などの役職に移行したいと考えている人にとっては、この講座がその道への一歩となります。

スタディング簿記2級講座は、キャリアチェンジを考えている人にとって大きな一歩となるでしょう。簿記2級は多くの業界や職種で高く評価され、多様な経験やバックグラウンドを持つ人々に新たな道を開く力があります。

たとえば、長年マーケティング分野で働いてきたあなたが、新たに財務や会計の分野に興味を持ったとしましょう。しかし、その領域への経験や知識が不足しているために、進むべき道筋が見えずにいるかもしれません。

そんなあなたにとって、スタディング簿記2級講座はその道を切り開くための重要なステップとなります。商業簿記と工業簿記、そして原価計算のスキルを習得することで、あなたは財務部門や会計事務所での新たなキャリアを開始するための準備を整えることができます。

また、ビジネス管理の役職に移行したいと考えている方にも、この講座は大いに役立つでしょう。

たとえば、営業職から運営管理の役職へと移行したいと考えているあなたは、この講座を通じて財務諸表分析のスキルを身につけることができます。それにより、企業の財務状況を正確に理解し、経営陣に対して適切な意思決定をサポートする能力を獲得することができます。これは、経営者や上級管理職に必要なスキルの一つであり、あなたのキャリアチェンジを具現化するための強力な一歩となります。

スタディング簿記2級講座は、キャリアチェンジを検討している全ての人にとって、その目標を実現するための有効なツールとなるでしょう。

自営業者やスモールビジネスオーナー

独自のビジネスを運営するためには、高度な会計知識が必要です。簿記2級講座は、自営業者やスモールビジネスオーナーがビジネスを成長させ、より効果的に経営するための重要なスキルを提供します。

自営業者やスモールビジネスのオーナーにとって、スタディング簿記2級講座は貴重な資源となるでしょう。自分のビジネスを運営するには、商業簿記、工業簿記、そして原価計算などの高度な会計知識が必須です。これらのスキルは、ビジネスをより成長させ、効果的に運営するための基礎を提供します。

たとえば、レストランを開業したばかりのあなたは、生産コストと売上を把握し、利益を最大化するための価格設定をする必要があります。スタディング簿記2級講座の原価計算の学習は、各メニューの原価を正確に計算し、適切な販売価格を設定する能力を養うのに役立ちます。

また、オンラインショップを運営する自営業者のあなたにとって、講座で学ぶ財務諸表分析のスキルは、ビジネスの財務状況を把握し、長期的な経営戦略を策定する上で重要です。たとえば、財務諸表から得られるデータを利用して、商品の販売状況や経費の傾向を分析し、それらの情報を基に販売戦略を調整したり、経費削減を計画したりすることが可能となります。

自営業者やスモールビジネスオーナーがビジネスを適切に管理し、発展させるためには、高度な会計知識とスキルが不可欠です。スタディング簿記2級講座は、それらを身につけ、自分のビジネスを成功に導くための道具を提供します。

最後に

スタディング簿記2級講座は、広範かつ深い知識を求めるすべての人々にとって価値ある投資となるでしょう。

商業簿記と工業簿記の理解を深めることから始まり、原価計算によるコスト管理、財務諸表の解析を通じた経営意思決定、実践的な問題解決、試験対策、そして自己学習の強化といった一連のスキルを習得することができます。

簿記3級の資格を持つ方からキャリアチェンジを考えている方、さらには自営業者やスモールビジネスオーナーまで、この講座はそれぞれのニーズに応える内容が盛り込まれています。そのため、自身のキャリアアップやビジネスの発展を目指すすべての人々にとって有益な選択肢となるでしょう。

また、スタディング簿記2級講座は自己学習を重視しています。わかりやすい教材とオンラインリソースを活用し、自身のペースで深く理解を進めることが可能です。簿記スキルを次のレベルへと引き上げるためのこの機会を、ぜひ活用してみてください。

スタディング簿記2級講座は、簿記知識を広げ、理解を深め、より高度なスキルを習得したいと考えるあなたのための講座です。ぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか。

STUDYing(スタディング)の学習法が、あなたのライフスタイルに合うのか?向き不向きをしっかりと判断した上で、決断をくだしましょう。

スタディング 簿記2級講座の特徴

深遠な理解

スタディング簿記2級講座では、商業簿記と工業簿記の理解を深めることに焦点が当てられています。

実践的な練習

シミュレーションやケーススタディを通じて、企業活動や会計実務に対応するための実践的なスキルを習得します。

自己学習の強化

明確でわかりやすい教材とオンラインリソースが提供され、自分のペースで学習を進めることが可能です。

スタディング簿記2級講座
▼ 申込みはこちら ▼

日商簿記2級講座を申込む