広告 簿記

簿記3級の試験合格率は?受験前に知っておきたい情報

2023-04-04

簿記3級試験前に知っておきたいこと

簿記3級は、経理や財務などのビジネスにおいて必要な基礎知識を問う資格です。受講者が簿記試験前に試験合格率を把握しておくことは、合格するための学習への取り組み方を考える上で非常に重要です。

そこで今回は、簿記3級の「試験合格率」と「受験前に知っておきたい情報」について解説していきます。

近年の簿記3級の試験合格率は、約50%前後となっています。ただし、過去10年間で最も低い合格率は26.1%が記録された年もあり、合格難易度は簡単とは言えませんので、試験合格のためには、合格への学習の取り組み方や対策をしっかりと考える必要があります。

合格への取り組み方や対策

簿記3級の試験では、「仕訳や決算書、固定資産、消費税」など、基本的な商業簿記の内容が出題されますので、出題範囲を理解し、それぞれの項目を学習し理解を深めることが合格につながります。

さらに、模擬試験を受験することも合格につながるポイントで、試験当日の雰囲気や時間配分を体験でき、自信を持って試験に臨むことができます。

以上のように、簿記3級の試験合格率は年々変動していますが、合格への学習対策を行えば、合格への道が開けていきます。

簿記3級合格率と合格へのアプローチ

簿記3級は、経理や会計の基本的な知識を問う日商簿記検定試験の3級に相当します。多くの企業で必須とされる簿記の基礎知識を習得することで、ビジネスパーソンとしてのキャリアアップにつながります。

日商簿記3級の試験合格率は、商工会議所が発表した過去10年のデータによると、2021年2月度の合格率は67.2%であり、一方で2015年11月度の合格率は26.1%となっています。

ただし、合格率は受験者数によっても左右され、受験者数が多い場合は合格率が低く、受験者数が少ない場合は合格率が高くなる傾向がありますので、ただ単純に試験合格率だけを見て判断するのではなく、受験者数の動向も注目する必要があります。

合格へのアプローチには、通信講座を活用することもおすすめです。なぜなら、簿記初学者でも簿記3級の試験範囲をしっかりと把握し、重要なポイントを押さえた上で勉強するために、とて効率的に学習を進められるからです。さらに、模擬試験を受けて自分の弱点を洗い出し、徹底的に対策することも通信講座では可能となります。

多くの通信講座会社が簿記3級講座を提供しており、それぞれの講座に特徴やメリット、デメリットがあります。合格率の高い講座を選ぶことで得点UPできますが、自分に合った講座を選ぶことが何より大切です。

ただし、合格率のみを追い求めることはあまり意味がなく、簿記3級は、ビジネスパーソンが身につけておくべき必須の基本知識であり、企業活動や会計実務に関する基礎知識を問う資格ですので、簿記3級の勉強を通じて、経理や会計に対する理解を深め、自身の業務に生かすことが何より重要だからです。

とはいえ、簿記3級試験に合格することは、ビジネスパーソンとしてのスキルアップにつながることはもちろん、履歴書にも書けますので、簿記3級試験に合格していただきたいと思います。

簿記3級の試験合格率は?受験前に知っておきたい情報とは

日商簿記3級は、商工会議所が主催する、経理の基礎知識を問う資格です。多くの企業が簿記3級の知識を身につけた人材を求めており、また就職活動においても重要な資格の1つとなっています。

本記事では、簿記3級の試験合格率について解説し、合格へのアプローチについても紹介します。

簿記3級の試験合格率について

簿記3級の試験合格率は毎年変動しています。平均的には約60%前後とされていますが、近年はやや低下傾向にあります。

簿記3級合格へのアプローチ

簿記3級の試験合格率が平均60%前後ということは、10人中4人は不合格ということですが、合格に向けて正しい学習をすれば、合格は十分に可能です。

合格に向けて正しい学習をするには、まずは試験の出題範囲や出題傾向を把握することが重要です。簿記3級の試験範囲は多岐にわたりますが、出題頻度が高い科目や重要度の高いポイントを過去問等でしっかりと押さえることが必要です。

簿記3級試験に合格のためには、正しい勉強法、忙しい毎日でも効率よく学習が進められる通信講座会社の選び方などが重要です。また、簿記3級の知識はビジネスパーソンにとっても役立つ基礎的な知識であるため、将来的なキャリアアップのためにも役立ちます。適切な勉強計画を立て、確実に知識を身に付けて、合格を目指しましょう。

日商簿記3級の試験合格率とは?

簿記3級受講者数と合格率の関係

簿記3級試験は、初心者向けの簿記試験であり、商業簿記の基礎を問う問題が出題されます。簿記3級の試験合格率は、受験者が合格した割合を表するものです。

日商簿記検定を主催する商工会議所が行う日商簿記3級試験は、2月・6月・11月の年3回実施され、受験者数や合格者数に応じて試験合格率は変動します。

試験合格率は、受験者数と直接的に関係しています。2022年の受験者数は11.3万人、2019年は23.3万人、2017年は25万人と近年はコロナの影響で受講者は激減しましたが、復活傾向にあります。

ちなみに、2022年度は約11.3万人が受験し、そのうち約4.9万人が合格しましたので、簿記3級試験の2022年度の合格率は約43.4%となっています。

試験合格可能な得点設定を間違えない

簿記3級試験の試験合格率は、合格に必要な点数や問題の難易度によっても影響を受けますので、試験合格率が低い場合は、合格に向けてより効率的に正解を導き出すための勉強法を見つけることが必要となります。

また、試験合格率が高い場合でも、過信せずに継続的な勉強を続けることが大切です。

簿記3級の試験合格率は、試験実施年度によって変動しますが、定期的に発表されますので、受験前に確認することが重要です。自分の目標とする試験得点を設定し、その得点獲得に向けて学習することで、合格への道を切り開くことができます。

合格率の推移を追う

簿記3級試験の試験合格率は、受験者数や問題の難易度によって年々変動しています。ここでは、過去数年間の簿記3級試験の試験合格率の推移をグラフと表を交えて解説します。

簿記3級試験合格率の推移

過去10年間の日商簿記検定試験3級の合格率の推移​​は以下の通りです。

日商簿記検定試験3級の合格率の推移​​

このように、過去10年間の簿記3級試験の合格率は、2012年度から2020年度までの間に比較的安定しており、平均的に約42%以前で推移しています。
2020年度からは新型コロナウイルスの影響で合格率が低下し、36.4%にとどまっています。ただし、2021年度にはやや回復しています。

合格率の推移​​から受講者が対策すべきことは?

簿記3級試験の合格率の推移​​を見ると、コロナの影響を受けているとはいえ、年々合格率が低下傾向にあるといった状況を踏まえて、受講者が対策すべきことは以下の4つです。

基礎知識の習得

簿記3級試験は、経理や会計の基礎知識を問うものですので、簿記の基礎知識や概念をしっかりと理解し、仕訳や伝票の作成方法、会計帳簿の作成方法などを習得することが重要です。

問題演習

簿記3級試験は、実践的な問題が出題されるため、問題演習や過去問を通して、簿記の実務的な知識とスキル習得が重要です。

模擬試験の受験

事前に模擬試験を受験することで、実際の試験本番と同環境で問題に取り組むことができ、試験慣れすることができます。

受験当日の準備

受験当日には、必要なものを前日までに準備し、必要十分な睡眠を取りましょう。また、試験会場までのアクセスや試験時間などにも十分な注意を払い、余裕を持って会場まで行ける準備もしておくことが大切です。

合格率を上げるためのポイントと勉強法

簿記3級試験は、商業簿記の基礎を問う試験です。受験前に合格率や試験範囲を確認することは大切ですが、合格するためには具体的な勉強法が必要です。

ここでは、簿記3級試験に合格するためのポイントと勉強法を紹介します。

合格率を上げるためのポイント

適切な勉強計画の策定

簿記3級試験に合格するためには、適切な勉強計画の策定が欠かせません。まずは、自分に合った勉強スタイルを確立し、勉強に取り組む時間帯を決めることが大切です。また、実際に日々勉強できる時間を換算し、予備期間を含めた合格目標日も考慮し、合理的なスケジュールを作成しましょう。

過去問の解答練習

簿記3級試験は、過去問の傾向を把握することが合格への近道です。過去の問題を解答練習し、解答の方法や計算方法を確認することで、自信をつけることができます。

疑問点の解消

勉強中に疑問に思った点は、すぐに解消するようにしましょう。解決できない疑問点は、試験当日に不安を引き起こす可能性があります。試験前には、自分で解決できない疑問点は、講師や専門家に相談することをおすすめします。

定期的な復習

簿記3級試験は、商業簿記の基礎を問う試験ですので、定期的な復習を行うことで知識定着させましょう。特に、基礎的な部分をしっかり押さえることが、後半の問題につながる重要なポイントです。

勉強法

勉強の前に要点を確認する

勉強を開始する前に、全体を把握し要点を確認しましょう。必要な情報を整理し、重要な部分を押さえましょう。試験範囲や問題傾向をしっかりと理解し、受験に必要な知識とスキルを習得することが重要ですので、通信講座や参考書、問題集などを活用し、自分なりの勉強プランを立てましょう。
また、簿記3級試験は、過去問題や模擬試験を解いて、試験形式に慣れることも効果的です。

苦手分野に取り組む

さらに、自分が苦手とする分野に重点的に取り組むことも大切です。理解できてない問題を放置しておくと、試験本番で思わぬ取りこぼしをしてしまうことになります。苦手分野については、何度も繰り返し勉強することで、自信をつけて取り組みましょう。
合格へのコツとしては、焦らず、地道な努力を続け着実な知識の積み重ねによる加点が大切です。過度なプレッシャーや不安を感じると、勉強の効率が落ちてしまいます。自分のペースで、着実に勉強を進め、自信をつけて試験に臨むことが合格への近道です。

記憶力を鍛える

初学者にとって簿記の専門用語など、それを全て覚えるのは簡単なことではありません。しかし、記憶力はトレーニングによって改善できるものです。具体的には、以下のような方法があります。

  • 効率的に復習する
    勉強した内容を短時間で復習することで、長期的に記憶することができます。1日目に学習した内容は、翌日や3日後、1週間後など定期的に復習することで記憶に粘らせることができます。
  • 手書きメモをとる
    キーワードやポイントを手書きでメモすることで、視覚的に印象に残ります。さらに、手書きで書くことで脳により深くインプットされやすくなります。
  • イメージを使う
    記憶しやすいイメージを使うことで、覚えやすくなります。例えば、「借方」は貸す方、「貸方」は借りる方とイメージすると、どちらが借方でどちらが貸方かを覚えやすくなります。
実践問題を解く

簿記3級の試験合格を狙う初学者は、実際に問題を解かなければ合格することはできません。そのため、実際に問題を解きながら自分の理解度を確認することが大切です。
まずは基礎的な問題から解き始め、段階的に難易度を上げていきましょう。また、解答の理由を書き出すことで、自分がどこで間違えているのかを確認し、改善することができます。

模擬試験を受ける

最後に、模擬試験を受けることで、実際の試験に近い環境で自分の実力を確認することができます。模擬試験を受けることで、試験前に自分の弱点を把握することができ、改善することができます。

以上が、簿記3級の合格率を上げるためのポイントと勉強法です。ただし、合格率を上げるには時間と努力が必要です。一日一日の努力を続けることで、合格に近づくことができます。

簿記に関する記事

簿記3級試験前に知っておきたいこと

簿記

簿記3級の試験合格率は?受験前に知っておきたい情報

簿記

「日商簿記3級」資格試験の合格率は?簿記3級試験の難易...

簿記3級 おすすめ勉強法

簿記

簿記3級は独学や一夜漬けで合格できる?切羽詰まった時の...

簿記アップデート

簿記

簿記2級があれば食いっぱぐれないって本当?

簿記

「日商簿記1級、2級、3級」の難易度や試験内容の違い

簿記

「日商簿記1級」資格試験の合格率は?簿記1級試験の難易...

簿記2級 社会人1ヶ月

簿記

簿記2級は社会人でも1ヶ月で合格できる?必要な勉強時間...

簿記

「日商簿記2級」の合格率は?簿記2級試験の難易度や独学...

簿記1級食いっぱぐれ

簿記

簿記1級があれば食いっぱぐれないって本当?簿記1級のす...

簿記1級は凄い

簿記

簿記1級はすごい!簿記1級のすごさを2級・3級と徹底比...

Sound23で紹介する簿記講座

LEC 簿記2級

LEC

LEC簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、料金をまとめ...

STUDYing 簿記2級講座

スタディング

スタディングの簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、料金...

LEC 簿記1級講座まとめ

LEC

LECの簿記1級講座ってどう?評判や口コミ、料金をまと...

簿記1級-STUDYing

スタディング

スタディング簿記1級講座ってどう?評判や口コミ、料金を...

ユーキャン簿記2級通信講座

ユーキャン

ユーキャン簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、費用をま...

ユーキャン

ユーキャンの簿記3級通信講座ってどう?評判や口コミ、価...

スタディング

スタディングの簿記3級講座ってどう?評判や口コミ、料金...

LEC

LECの簿記3級講座ってどう?評判や口コミ、料金をまと...