広告 簿記

簿記2級に受かる気がしない…心が折れそう…そこから立て直す試験対策

2023-05-29

このページにはプロモーションが含まれています

簿記2級 心折れる

簿記2級の試験が近くて、心が折れそう…そんな気持ち、よくわかります。簿記2級は難易度が高く、受ける前から受かる気がしないと感じる人も少なくないです。

でも安心してください。受かるための対策は確実に存在します。

この記事では、簿記2級に受かるための具体的な試験対策、学習法、そして心の持ち方を詳しく解説します。

この記事の目次

簿記2級受かる気がしない…心が折れそう…そんなあなたへ


簿記2級

受かる気がしない・・・
そんなあなたへ

簿記2級を目指しているあなたが、自信を失い、「受からない」と感じているなら、それは大変なフラストレーションを感じていることでしょう。

しかし、落胆せず、あきらめないでください。

成功への道は困難を伴うことが多いものです。大切なことは、自分の学習方法を見直すこと、資料の理解度を深めること、そして何よりも自分自身を信じることです。

簿記の勉強は決して簡単ではありませんが、適切な勉強法と確固たる意志さえあれば、必ず結果はついてきます。この記事では、あなたが簿記2級に合格するためのアドバイスを提供します。

自分に自信がない、簿記2級の勉強が難しすぎる、などの悩みありませんか?

あなたは今、簿記2級の勉強に取り組んでいますか?「簿記2級って難しそう…」「勉強が進まない」「受かる自信がない」など、不安な思いに包まれているかもしれません。

そういった気持ちは、一人ひとりが個々に抱えるものだと感じがちですが、実は簿記2級を目指す多くの人が同様の悩みを抱えています。

例えば、社会人のTさん(30代男性)は、簿記2級の勉強を始めた当初、「難易度が高くて、自分には無理かもしれない」と感じていました。また、大学生のMさん(20代女性)も、「簿記2級の問題集を見ると、理解できない箇所が多く、落ち込んでしまう」と語っています。

このような口コミも数多くありました↓

このように、簿記2級に挑戦する人たちは、勉強の途中で様々な困難に直面します。

簿記2級の合格率推移は?

しかし、その困難を乗り越えるためには、まず、簿記2級の難易度や合格率といった現実をしっかりと認識することが大切です。

簿記2級は一部の出題範囲が広く、問題の難易度も高いため、受験者にはある程度の理解力とスキルが求められます。そのため、初めて挑戦する人が見ると、一見して「難しそう…」と感じることが多いです。

また、合格率も平均で約20%〜30%程度となっており、全体から見ると受かるのはなかなか難しいと言えます。

日商簿記2級 合格率の推移

  • 127回|32.4%
  • 128回|34.8%
  • 129回|44.5%
  • 130回|31.5%
  • 131回|30.7%
  • 132回|22.9%
  • 133回|47.6%
  • 134回|13.9%
  • 135回|22.5%
  • 136回|41.6%
  • 137回|34.6%
  • 138回|26.4%
  • 139回|21.8%
  • 140回|34.5%
  • 141回|11.8%
  • 142回|14.8%
  • 143回|25.8%
  • 144回|13.4%
  • 145回|25%
  • 146回|47.5%
  • 147回|21.2%
  • 148回|29.6%
  • 149回|15.6%
  • 150回|14.7%
  • 151回|12.7%
  • 152回|25.4%
  • 153回|27.1%
  • 154回|28.6%
  • 156回|18.2%
  • 157回|8.6%
  • 158回|24%

これらの現実を見ると、「やっぱり無理かも…」と思うかもしれません。しかし、逆にこれらの事実を知ることで、自分が直面している困難が「自分だけの問題」ではなく、「簿記2級という試験が持っている一般的な難しさ」であることを理解できます。

そして、その難しさを乗り越えるための具体的な対策を立てることが可能になるのです。

簿記2級を理解できる!? と感じたら、それは基礎が固まってきた証拠


簿記2級

理解できる!?と感じたら
基礎が固まってきた証拠

「簿記2級を理解できる」と感じたとき、それはあなたの基礎がしっかりと固まってきた証拠です。

簿記の学習は、その理論と実践的なスキルの双方を要求します。概念の理解だけでなく、それを具体的な状況に適用する能力も必要とされます。

あなたが簿記2級の問題を解き、正解に至るプロセスを理解できると感じたとき、それは簿記の基本的な概念が頭にしっかりと入り、それを使って問題を解決できる能力が身についてきたということです。

これはあなたが一歩先に進むための重要なステップであり、さらなる上達への道筋を示しています。

簿記3級の内容を完璧に理解する

これが重要なのは、簿記2級の試験範囲は3級の知識を応用したものだからです。

例えば、売上や原価、販売費や一般管理費などの概念を理解していることが、2級で出題される複雑な問題を解く基礎となります。

【売上】

一般的に売上とは、商品やサービスを販売して得た収益のことを指します。簿記2級の問題でしばしば出題されるのは、売上の計算方法や、売上高から原価を引いたときの利益(粗利益)の計算です。これらは3級の基本的な知識をベースにしています。

【原価】

原価とは、商品を製造するためやサービスを提供するために発生した費用のことです。ここでも簿記2級の問題では、原価計算法(直接法と間接法)や固定費と変動費の区分、製品の原価計算などが出題されます。これらはすべて、3級の知識を更に深めた内容となっています。

【販売費と一般管理費】

販売費は商品を販売するために必要な費用、一般管理費は会社全体の管理を行うための費用です。簿記2級では、これらの費用を計算し、それらが利益にどのような影響を与えるかを理解することが求められます。

これらの例からもわかるように、簿記3級で学んだ基本的な概念は、簿記2級でより複雑な問題を解くための基礎となります。

それゆえ、簿記3級の内容をしっかりと理解しておくことが、簿記2級に対する自信を持つ第一歩と言えるでしょう。

商業簿記から始めてから工業簿記に進む

商業簿記の基本概念を理解することが、工業簿記の複雑な内容を理解するステップとなります。

商業簿記では、商品の売買を中心にした経理処理を学びます。

一方、工業簿記では、製品の製造に関わる経理処理が主となるため、より高度な理解が求められます。しかし、その基礎となるのは商業簿記の知識です。

【商業簿記】

商業簿記では、商品の売買が主に取り扱われます。具体的なトピックとしては、販売や購入、在庫評価、損益計算書や貸借対照表の作成などが含まれます。例えば、商品を販売した際には売上高が生じ、同時に在庫が減少します。これらのトランザクションを適切に記録し、財務諸表を作成する能力が問われます。

【工業簿記】

工業簿記は、製品を生産する企業の会計処理を扱います。したがって、製造原価の計算や製品の原価計算、製造業の財務諸表の作成などが主なトピックとなります。たとえば、製品を作るための材料、労働、間接費用などのコストを計算し、製品1つあたりのコストを求めることが求められます。

このように、商業簿記の知識を基礎にして、工業簿記では製品の製造に関連するより複雑な経理処理を学ぶことになります。

これらを一つずつしっかりと理解し、経験することが、簿記2級を攻略するための重要なステップとなるでしょう

この2つのステップを踏むことで、簿記2級が少しずつ簡単に感じられるようになるはずです。

簿記2級を早く解くコツは?具体的な学習法と習慣


簿記2級

早く解くコツは?
具体的な学習法と習慣

「簿記2級を早く解くコツは?」という問いには、具体的な学習法と習慣が答えとなります。

まず、定期的な練習が鍵となります。簿記のスキルは、理解と練習を繰り返すことで向上します。毎日の学習時間を設定し、それを守ることで、定期的な練習を保証します。

次に、理解を深めるためには、簿記の概念を把握し、それを具体的な問題に適用する練習が必要です。簿記の問題を解く際には、まず概念を理解し、それを具体的な問題に適用することを心がけてください。これにより、問題解決のスキルが向上します。

また、早く解くためのコツとしては、問題解決のパターンを覚えることが有効です。同じような問題が出題されることが多いので、そのパターンを掴むことで、問題解決の速度が上がります。

電卓の使い方をマスターする

電卓は簿記試験における重要なツールです。試験では数値の計算が頻繁に必要となりますが、電卓の使い方がスムーズでないと時間を無駄にしてしまう可能性があります。

例えば、一部の電卓では、%キーを使って割合の計算を一手間で行うことができます。

このような電卓の特性をうまく活用することで、計算時間を大幅に削減することが可能です。そのため、試験前に電卓の操作に慣れておくことを強く推奨します。

基本的な機能について把握する

電卓の使い方をマスターするには、まず基本的な機能について把握することが大切です。

加算、減算、乗算、除算だけでなく、平方根やパーセンテージ計算などの特殊な機能も使えるようになりましょう。

電卓をどのように使うか?

次に、実際の簿記の問題を解く際に電卓をどのように使うかを練習することが重要です。

例えば、割引率が20%の商品があるとします。

その商品の元の価格が10,000円だった場合、電卓を使って新しい価格を計算するとき、まず10000を入力し、次に20を入力してから%キーを押します。これにより、割引後の価格が自動的に計算されます。

電卓のメモリ機能を利用する

また、長い計算をする際には、電卓のメモリ機能を利用すると便利です。

この機能を使用すると、一時的に計算結果を保存しておくことができます。

例えば、一連の計算の途中結果を保存しておき、後でその結果を別の計算に使いたいときなどに有用です。

このように、電卓を効率的に使うためには、基本的な操作だけでなく、高度な機能やショートカットの使い方も理解しておく必要があります。これらの操作に慣れるためには、具体的な簿記の問題を使って練習を重ねることが最善の方法です。

問題を何度も解く

簿記の勉強は理論を学ぶだけでなく、その知識を具体的な問題に適用する訓練が不可欠です。

問題を解くことで、自分が理解しているつもりの概念が実際に正しく理解できているかを確認することができます。

また、同じタイプの問題を何度も解くことで、その問題の解き方や考え方が身につき、試験でも同じタイプの問題に対して迅速に解答できるようになります。

たとえば、仕訳問題を解く際には、まずは解答を見ずに自分で解答し、その後、解答を見て自分の解答と照らし合わせる、という繰り返しの練習を行うと良いでしょう。

繰り返し学習が鍵

問題を何度も解くというのは、まさに「繰り返し」が鍵となります。仮に、同じ問題に対して何度も間違えてしまう場合でも、その間違いから学び、理解を深めることが大切です。

たとえば、「売掛金」に関する問題が出題されたとします。この場合、販売時に現金ではなく売掛金として記録するという、売掛金の基本的な概念を理解していなければ、正しい仕訳ができません。仮に一度目の挑戦で間違えたとしても、その間違いを見つめ直し、売掛金の概念を再確認することで、理解を深めることができます。

また、問題を解くときには、ただ答えを出すだけではなく、なぜその答えになるのかという理由も一緒に考えることが重要です。例えば、「売掛金が増えたから貸方に記入する」という理由を明確に理解することで、次回同じような問題が出たときには、迷わずに解答できるようになるでしょう。

つまり、「問題を何度も解く」というのは、単に同じ問題に取り組むだけでなく、その問題を通じて簿記の基本的な概念を確認し、理解を深めるというプロセスを含むと言えるでしょう。

このように考えながら問題を解くことで、簿記の理論だけでなく、具体的な実践的なスキルも同時に身につけることができます。

簿記2級が難しすぎると感じたら立てる対策は?


簿記2級

難しすぎる・・・
と感じたら立てる対策

「簿記2級が難しすぎる」と感じた場合、対策を立てることが重要です。

まず、自分自身の理解度を把握し、どの部分が理解できていないのかを明確にしましょう。そして、理解できない部分を特定したら、そのトピックについて深く学び直すことが必要です。資料を読み直す、ネットで補足情報を調べる、専門家に質問するなどの方法があります。

また、定期的に練習問題を解くことで、理解度を確認し、記憶を定着させます。さらに、学習スケジュールを立て、一定のリズムで学習を進めることで、情報の消化と理解を助けます。

難しさを感じたときは無理に進まず、自分のペースで学ぶことが大切です。

焦って複雑な問題に挑戦するよりも、まずは以下の対策を試してみてください。

試験の焦点となる問題を選択する

簿記の試験では、一部のトピックに焦点を当てて出題されることがあります。例えば、一般的に決算関連の問題は重視されます。そういった出題傾向を把握し、その範囲を中心に学習を進めてみてください。

ただし、同時に、頻繁に出題される問題ばかりに偏らないよう注意が必要です。

簿記は一つの概念が他の概念と密接に関連しているため、全体の理解が欠けると突然理解できない問題に直面することもあります。 

簿記試験では、一部の主題が頻繁に出題される傾向があります。そのため、これらの主題を特に重視して学習することが、試験対策の一つと言えるでしょう。具体的には以下のようなステップを考えてみましょう。

【主要なトピックの特定】

簿記の試験は幅広い範囲をカバーしますが、特定のトピックが頻繁に出題されます。例えば、決算処理や会計仕訳、損益計算書や貸借対照表の作成などです。これらは試験の重要な部分を占めているので、特に理解を深める必要があります。

【焦点トピックの深掘り】

一旦主要なトピックを特定したら、それらに関連する各部分を深く掘り下げます。たとえば、決算処理を学ぶ際には、減価償却、固定資産の評価、未払金の処理、引当金の計算など、詳細な部分まで理解を深めることが重要です。

【一般的な問題と例外を学ぶ】

簿記はルールと例外が同時に存在する科目です。多くの場合、一般的なルールに従って問題が作られますが、時として例外を問う問題が出題されることもあります。そのため、一般的なルールだけでなく、その例外についても理解を深めることが重要です。

【幅広い学習を保つ】

主要なトピックに焦点を当てることは大切ですが、その他の範囲も見落とさないようにしましょう。簿記の各部分は相互に関連しており、一部分の理解が他の部分の理解に直接影響を及ぼします。全体的な視野を保つことで、各部分がどのように結びついているかを理解し、試験でも柔軟な対応ができるようになります。

【多様な教材を利用する】

同じトピックでも、その解説の仕方や解釈は教材によって異なります。一つの教材だけに頼らず、いくつかの異なる参考書やテキストを使用することで、多角的な視点から学習することができます。

【教材の選択を工夫する】

簿記の理解を深めるためには、理論だけでなく実際の問題も解くことが重要です。したがって、理論を解説する教材だけでなく、多くの練習問題が含まれている教材を選ぶことも大切です。

【教材間での差を利用する】

例えば、一つの参考書では、特定のトピックについて詳しく説明していないかもしれません。しかし、他の参考書ではそのトピックについて深く掘り下げているかもしれません。このような違いを利用して、自分の理解を補完することができます。

これらのアプローチを使用することで、簿記2級試験の難易度を下げ、より効率的に学習を進めることができます。

それでも難しさを感じる場合は、一度一歩下がって自分の理解の穴を見つけ、その部分を強化する時間を設けることも大切です。

また、簿記の学習は一人で行うものではなく、友人や同僚、インターネットのコミュニティなどと情報を交換することで、自分だけでは見つけられない視点を得ることも可能です。どのような学習方法を選択しても、最も大切なのは自分自身の理解を深め、自信を持つことです。

さまざまな参考書を使って視野を広げる

同じトピックでも、それを説明する参考書やテキストによって、解説の仕方や視点が異なります。一つの参考書だけを使って学習を進めていると、その参考書の解説スタイルや視点に偏った理解になってしまうことがあります。

そのため、複数の参考書を使うことで、多角的な視点から同じトピックを理解することができ、深い理解を得ることができます。

同じトピックでも、それを説明する参考書や教材によって、解説の仕方や視点が異なることは確かです。ある参考書では詳細に説明されているトピックが、別の参考書では簡単に触れられるだけかもしれません。

また、一部の参考書は商業簿記に重きを置き、他の参考書は工業簿記に焦点を当てるかもしれません。これらの違いを理解し、複数の参考書を使って学習を進めることは、より広範かつ深い理解を得るために不可欠です。

以下に、その具体的な方法をいくつか提案します。

【主題ごとに参考書を選ぶ】

特定のトピックについて深く学びたい場合、そのトピックを詳しく説明している参考書を選ぶと良いでしょう。例えば、工業簿記について深く学びたい場合は、工業簿記に特化した参考書を選びます。

【解答の詳細度で参考書を選ぶ】

参考書によっては、問題の解答について非常に詳しく説明しているものがあります。これは、理解が深まった段階で、より具体的な知識を身につけるのに有用です。

【過去問題集を使う】

過去の試験問題を集めた参考書も有用です。これは実際の試験形式に慣れるのに役立ちます。また、過去問題を解くことで、試験で頻繁に出題されるトピックや問題の形式を把握することができます。

【オンラインリソースを活用する】

インターネットには、無料で利用できる簿記の学習リソースが豊富にあります。これらを活用することで、書籍でカバーできない最新の情報や、他の学習者からのフィードバックを得ることができます。

【勉強会や学習グループに参加する】

他の学習者と一緒に学ぶことで、新たな視点を得たり、自分が見落としていた部分に気づくことができます。また、他の人がどのように問題を解いているかを見ることで、自分のアプローチについて新たな洞察を得ることもできます。

【定期的に自分の理解度を評価する】

あるトピックについて学び続けていると、自分が何を理解していて、何を理解していないのかがわかりにくくなることがあります。定期的に自己評価を行い、理解度をチェックすることで、自分がどの領域で努力が必要なのかを把握することができます。

【専門家の助けを借りる】

独学では難しい問題や概念に直面したときには、専門家の助けを借りるのも一つの手段です。これにはオンラインの簿記の講座や個別指導のサービスが役立つでしょう。

上記のアプローチを組み合わせることで、簿記2級の学習を有効に進めることができます。

例えば、一つの参考書では、「償却資産」についての解説が深くないかもしれません。しかし、別の参考書では、「償却資産」について詳細に説明しているかもしれません。そのため、複数の参考書を活用することで、全体の理解を深めることができます。

以上のような対策を取ることで、簿記2級の難易度を下げることが可能です。

ただし、簿記2級の試験は決して簡単なものではありません。だからこそ、しっかりとした準備と、適切な学習方法が重要となってきます。

それぞれの人に合った方法を見つけ、自分自身の理解とスキルを確信することが大切です。簿記2級を取得することは、財務情報を理解し、ビジネスの世界で活躍するための重要なステップとなります。

試験に挑戦するすべての人が、自分自身の学習方法を見つけ、自信を持つことを応援しています。

一夜漬けは禁物! 簿記2級の直前対策とは?


簿記2級

一夜漬け禁物!
簿記2級の直前対策とは?

簿記2級の直前対策として一夜漬けは禁物です。

簿記2級の試験は、知識を蓄積し、理解し、適用する能力を評価するため、一夜漬けの勉強では効果的な対策になりません。

直前の対策としては、まず自分が理解しているかどうか確認すること、困難な箇所を明確にしてそれを中心に学習すること、そして必要な概念と計算手順を強化することが重要です。

また、練習問題を何度も解くことで、試験形式に慣れ、スピーディに問題を解く力を養うことも大切です。

このような体系的な学習が、一夜漬けよりも試験成功に繋がる確実な方法です。

以下に、試験直前の簿記2級対策について具体的な提案をまとめました。

試験時間と同じ制限時間で問題に取り組む

これは、試験の状況をシミュレートするための手法です。一部の問題を解くために時間をかけすぎると、他の問題に取り組む時間が不足してしまいます。

このような時間管理のミスを避けるためには、事前に制限時間内で問題を解く練習を重ねることが有効です。

試験時間と同じ制限時間で問題に取り組むことは、自分の時間管理能力を試すための重要な手段です。具体的には、過去問を使用して時間制限を設け、実際の試験と同じ条件で問題を解いてみることをお勧めします。

たとえば、仮に試験時間が2時間だったとしましょう。その場合、過去問を用いて2時間だけを計測し、その間にできるだけ多くの問題を解く練習をします。このようにすることで、あなたは自分の時間内で問題を解くスキルを磨くことができ、時間切れになる前に全ての問題に回答するための戦略を立てることができます。

しかし、忘れてはならないのは、時間内にすべての問題を解くことだけが目的ではないということです。

正確さと速さのバランスを保つことが重要であり、時間制限を意識しながらも、各問題に対する理解と正確な解答に重きを置くべきです。このように時間管理と問題解決のスキルを同時に磨くことが、試験に向けての理想的な準備となります。

試験当日のルール設定や習慣を理解する

試験当日に予期せぬトラブルが発生しないように、試験のルールや進行について十分に理解しておくことが重要です。例えば、使用できる電卓の種類、持ち込み可能な教材、試験開始前後の行動規範などについて確認しておきましょう。

試験当日のルールや習慣を理解することは、試験当日に余計なストレスを抱え込まないために重要なステップです。

例えば、試験が始まる前に電卓の電池が切れてしまった、というような想定外の状況を避けるためには、事前にルールを確認し、準備を整えておくことが大切です。

【使用できる電卓の種類を確認する】

すべての試験会場で使用できる電卓の種類は限られています。自分が普段使っている電卓が試験会場で使用できるものかを確認し、使用できない場合は試験用の電卓をあらかじめ準備しておきましょう。

【持ち込み可能な教材をチェックする】

一部の試験では、特定の教材を試験会場に持ち込むことが許可されています。持ち込み可能な教材のリストを事前にチェックし、それらの教材を試験日までに準備しておくことが大切です。

【試験開始前後の行動規範を理解する】

試験会場に早めに到着する、試験開始の合図を待つ、試験終了後はすぐに会場を出るなど、試験開始前後の行動規範を理解しておくことも必要です。これらのルールを守ることで、他の受験者を尊重し、自身の試験パフォーマンスにも影響を与えないようにすることができます。

試験直前は、新たな情報を詰め込むよりも、これまで学んだことを整理し、試験に向けた体調や精神状態を整えることに注力しましょう。それにより、試験当日に最高のパフォーマンスを発揮することができます。

簿記2級の裏ワザ!賢い学習方法とリソースの活用


簿記2級

簿記2級の裏技!
賢い学習方法

簿記2級を効率的に学ぶための裏ワザや賢い学習方法には、適切なリソースの活用が欠かせません。

まず、理論と実際の問題演習を組み合わせた学習法が効果的です。理論を理解した上で、それを具体的な問題に適用することで理解を深めます。さらに、教科書だけでなく、オンラインリソースや学習アプリを活用することも有効です。

これらは、自分のペースで学習でき、わからない部分を何度も確認できるというメリットがあります。また、時間管理と定期的な復習も重要な裏ワザと言えます。

簿記は理論と実践のバランスが重要であり、様々なリソースを活用することでそれぞれを効果的に学ぶことができます。

通信講座やスクールを活用する

自己学習だけでなく、専門の教育機関が提供する通信講座やスクールに参加することも有効な学習法です。

これらの教育プログラムでは、プロの講師が一つ一つの概念を分かりやすく解説し、また疑問点や難しい部分について直接質問できる機会が提供されます。

通信講座やスクールを活用することは、簿記2級の学習を強化するための有効な手段です。プロフェッショナルな教育機関は、詳細で包括的な教材を提供し、講師が質問に直接答えてくれるなど、自己学習では得られない利点を提供します。

以下に、具体的な例を挙げて説明します。

【専門講師からの直接指導】

多くの通信講座やスクールでは、簿記に精通した講師が指導に当たります。これにより、困難な概念や問題点について、直接質問し、理解を深めることが可能です。例えば、複雑な工業簿記の問題について理解できない場合、講師に直接質問し、その解説を聞くことができます。

【様々な教材の利用】

通信講座やスクールでは、テキスト、動画、問題集など、多種多様な教材が提供されます。これらを利用することで、読むだけでなく、見て、聞いて、実際に問題を解くことで簿記の理論と技術を習得することができます。

【定期的なテストやフィードバック】

多くの教育プログラムでは、定期的なテストや成績評価があります。これにより、自分の理解度や弱点を確認することができます。さらに、フィードバックを通じて、自分の理解を深め、間違いを修正することが可能です。

これらの利点を活用すれば、簿記2級の学習がより効果的になるでしょう。

無料のオンラインリソースを活用する

インターネット上には多数の無料リソースが存在します。

YouTubeのチャンネルやウェブサイト、簿記に特化したフォーラムなどを活用することで、自分の理解を深めたり、他の人と情報を交換したりすることができます。

無料のオンラインリソースは、簿記2級の学習をサポートするための非常に便利なツールです。これらのリソースを活用することで、あなたは自分の理解を深め、新たな視点を得ることができます。

以下に、具体的な例を挙げて説明します。

【YouTubeのチャンネル】

簿記に関する教育的なYouTubeチャンネルは数多くあります。これらのチャンネルは、複雑な概念を視覚的に理解するのに役立つ動画を提供しています。たとえば、「経理の教科書」や「簿記教室」などのチャンネルでは、簿記の基本的な概念から複雑な問題までを視覚的に解説しています。

【ウェブサイト】

簿記に関するオンラインリソースを提供するウェブサイトも多くあります。例えば、「簿記無料ドットコム」や「みんなの簿記」などのウェブサイトでは、簿記の基本的な概念や技術について説明しており、さらに問題集や模擬試験も提供しています。

【簿記のフォーラム】

簿記に特化したフォーラムでは、他の学習者や専門家と情報を交換したり、困難な問題について相談したりすることができます。例えば、「Reddit」には簿記に特化したコミュニティがあり、学習者が質問を投稿し、他のメンバーからフィードバックを得ることができます。

これらのリソースを活用すれば、簿記2級の学習がより効果的になるでしょう。

試験対策の裏ワザ

一つの裏ワザとして、過去問題を活用する方法があります。過去の試験問題を解くことで、試験の傾向や出題パターンを把握することができます。

また、自分が弱い分野を特定し、その部分に重点的に学習を行うことも有効です。

試験対策の裏ワザとして過去問題を活用する方法は、非常に効果的です。これは、実際の試験の形式や難易度を事前に把握し、試験に対する自信をつけるのに役立ちます。

また、過去問を解くことで自分の弱点を特定し、その部分に特に焦点を当てて学習を行うことも可能です。

以下に具体的な例を挙げて説明します。

【試験の傾向や出題パターンを把握】

過去の試験問題を解くことで、どのような種類の問題が出題されるのか、どのトピックがよく問われるのかを理解することができます。たとえば、決算処理や仕訳記入が頻繁に出題されることを知ることで、これらのトピックに重点的に学習を進めることができます。

【弱点を特定し、その部分に重点的に学習】

過去問を解く過程で、自分が苦手とする問題や概念が明らかになることでしょう。例えば、貸借対照表の作成に関する問題に苦労することがわかった場合、そのトピックについてさらに深く学ぶことが必要です。

以上のように、過去問題を活用することは、試験対策の重要な一部です。これにより、試験の形式や難易度を把握し、自分の弱点を明確にし、それを改善するための学習計画を立てることが可能となります。

簿記2級に受かる気がするようになるための6ステップ


簿記2級

受かる気がする・・・
ための6ステップ

この記事を通じて、簿記2級試験に合格するための具体的な6ステップと戦略を理解することができました。

まとめとして、以下のポイントを再確認しましょう。

ステップ①:試験の概要と試験範囲の理解

簿記2級試験の全体像を把握し、出題される具体的な内容について知識を深めてください。

試験の概要と試験範囲を理解するには、以下のステップを実践してみてください。

【試験内容の確認】

簿記2級試験は主に日商簿記2級に対応しています。その内容は一般的に、一般的な商業取引や会計処理、仕訳、決算書作成などが含まれます。これらの主題について、基本的な知識と理解を持つことが求められます。

【試験ガイドの参照】

試験団体が提供している試験ガイドや公式ウェブサイトをチェックすることで、試験範囲や試験形式を具体的に理解することができます。例えば、日本商工会議所が提供している日商簿記2級の試験ガイドは、試験範囲を詳しく説明しています。

【過去問題の確認】

過去問題を解くことで、具体的な出題形式や出題範囲、難易度を把握することができます。過去問題は多くの場合、試験団体の公式ウェブサイトや書店で購入できます。

以上のステップを踏むことで、簿記2級試験の概要と試験範囲をより具体的に理解することができます。

ステップ②:適切な学習計画の作成

具体的な目標を設定し、それを達成するためのスケジュールを作成します。

例えば、あなたが6ヶ月後に簿記2級の試験を受けるとします。それぞれの月にどのトピックをカバーするか、1週間ごとに何を達成するかを明確にすることが重要です。さらに、日々の学習時間も設定します。

具体的な例を挙げると、最初の月は基本的な商業簿記の理解に焦点を当てることができます。毎日1時間を商業簿記の基本的な概念の学習に割き、週末にはそれまで学んだ内容の復習と問題演習を行います。

次の月には工業簿記の基本に移り、同様の学習と復習のサイクルを繰り返します。

これらのスケジュールを立てることで、試験日までに必要な全ての内容をカバーし、適切な復習時間を設けることが可能になります。

ステップ③:試験問題の早解きに向けた訓練

電卓の操作をスムーズに行えるようになり、問題を何度も解くことでスピードを上げます。

電卓は簿記試験の重要な道具であり、操作をスムーズに行うことで問題解決のスピードを大幅に上げることができます。

例えば、割合の計算を一手間で行う%キーの使い方を覚えることで、計算にかかる時間を短縮できます。電卓の操作に慣れるためには、日々の学習や仕事の中で積極的に使うことが有効です。

また、試験問題を早く解くための訓練として、具体的な問題を何度も解くことも重要です。

仕訳問題や損益計算の問題など、簿記試験に頻出の問題形式に対しては、時間を計測しながら何度も解いてみましょう。繰り返し解くことで、問題を読む速度や計算の速度が自然と上がります。

また、同じ問題形式を何度も解くことで、問題のパターンを把握し、問題を早く理解する力も養われます。

ステップ④:難易度が高い場合の対策

試験の焦点となる問題を選択し、視野を広げるためにさまざまな参考書を活用します。

簿記試験は広範な知識を要求されますが、全てのトピックに等しく重みが置かれているわけではありません。過去問題や参考書、講座などを通じて試験の出題傾向を掴み、それに基づいて学習の焦点を決定することが有効です。

例えば、決算関連の問題や総勘定元帳への仕訳、試算表の作成などがよく出題されるトピックとして知られています。これらのトピックには特に注意を払い、理解を深めるようにしましょう。

また、視野を広げるためにさまざまな参考書を活用することも重要です。同じ内容でも、それぞれの参考書が強調するポイントは異なります。一つの参考書だけでは捉えきれない視点や情報を得るために、複数の参考書を比較的に読むことを推奨します。

例えば、一つの参考書は仕訳の基本的なルールに焦点を当て、別の参考書は具体的な事例に基づいた解説を提供しているかもしれません。これらを組み合わせることで、より広範で深い理解を得ることができます。

ステップ⑤:一夜漬けは避け、直前対策を行う

試験時間と同じ制限時間で問題に取り組み、試験当日のルールを確認します。

まず、学習は一夜漬けで行うものではありません。簿記の知識は時間をかけて定着させる必要があります。試験前日に一気に情報を詰め込むのではなく、計画的に進めていくことが大切です。

直前対策としては、試験時間と同じ制限時間で問題に取り組むことが有効です。

例えば、試験時間が150分であれば、150分の間に過去問題を解き、時間内に全ての問題を解く訓練を行います。これにより、試験当日に時間内に全問題に解答するスキルを鍛えることができます。

また、試験当日のルールや習慣についても事前に確認しておくことが重要です。試験会場での行動ルールや、試験開始時間、持ち込み可能な教材(電卓、筆記用具など)について確認し、当日に混乱することなく試験を受けられるよう準備を整えます。

ステップ⑥:裏ワザの活用

通信講座やスクール、無料のオンラインリソースを活用し、過去問題を活用して試験対策を行います。効果的な学習法や賢いリソースの活用は、簿記2級の試験に向けた準備をより強化します。

まずは、通信講座やスクールの利用を考えてみましょう。

これらのプログラムでは、プロの講師から直接学べるため、自己学習だけでは得られない深い理解を得ることができます。例えば、日本商工会議所が提供する通信講座「簿記検定講座」では、簿記2級対策のカリキュラムが用意されています。また、地元の専門学校が提供する夜間や週末の簿記クラスに参加するのも一つの手段です。

次に、無料のオンラインリソースの活用もおすすめです。

例えば、YouTubeには簿記2級をテーマにした講座や解説動画が多数投稿されており、そこから有益な情報を得ることができます。また、簿記に特化したフォーラムやウェブサイトもあり、同じ試験を目指す仲間との情報交換も可能です。

最後に、過去問題を活用することも大切です。

過去の試験問題を解くことで、試験の傾向や出題パターンを把握することができます。特に自分が苦手とする領域の問題に焦点を当て、その分野を強化するための学習を行うことが推奨されます。過去問題集は書店やオンラインで購入可能で、また一部の試験問題は日本商工会議所のウェブサイトで公開されています。

これらのポイントを頭に入れて、簿記2級試験に向けた準備を進めていくことで、試験に合格する自信が持てるはずです。挫折しそうになったときは、この記事を再度読み返し、自分が進むべき道を再確認してください。

簿記2級の勉強は難しく、時には挫折感を感じるかもしれません。しかし、一歩ずつ、自分のペースで進めていくことが大切です。この記事で紹介した戦略を活用し、試験に向けた準備を進めていきましょう。

最後に

簿記2級の試験に対する不安を軽減するためには、試験の概要を把握し、適切な学習計画を立て、問題解答のスピードを上げる訓練を行うことが重要です。

また、試験範囲が広く難易度が高い場合には、出題傾向を理解し、さまざまな参考書を用いて学習することが有効です。

直前対策としては、実際の試験と同じ制限時間での練習と試験当日のルールの確認が必要です。

さらに、通信講座やオンラインリソースの活用、過去問題の繰り返し解答など、賢い学習方法とリソースの活用も試験成功への鍵となります。

簿記2級通信講座おすすめ人気ランキング|主要3社を徹底比較!

以下に、忙しい社会人が隙間時間で勉強するなら、STUDYing・ユーキャン・LEC3社のどの講座が良いのか?

独自調査ランキングを「講座の内容充実度」、「サポート体制」、「料金設定」、「受講生の評価」の項目で20点満点で作成しましたので、ご参考にしてみてください。

1位  STUDYing:総合18点
スタディング

スタディング 簿記 サイト画像

講座内容の充実度

 4.5点

料金設定

 5点

サポート体制

 3.5点

受講生の評価

 4点

価格

66,600円~(最安値)

教材の特徴

通勤など隙間時間に学べるコンパクトな講義が続けやすい

サポート

業界随一のスマホ対応eラーニング

合格実績

簿記一級合格者「15名」の声を掲載

スタディング 簿記2級講座
 申込みはこちら 

【スタディング簿記2級講座】に申込む


2位  ユーキャン:総合15点

ユーキャン 簿記2級講座

講座内容の充実度

 5点

料金設定

 5点

サポート体制

 3点

受講生の評価

 4点

価格

49,000円

教材の特徴

開講30年以上!「覚える→解く→より深く覚える」を繰り返すサイクル学習法

サポート

全5回の添削指導+質問サポート(1日3問まで)

合格実績

過去10年間の合格者実績1,462名

ユーキャン 簿記2級講座
 申込みはこちら 

ユーキャン 簿記2級講座 申込みバナー


3位 LEC:総合15点
(東京リーガルマインド)

LEC 簿記2級講座

講座内容の充実度

 4点

料金設定

 3点

サポート体制

 4点

受講生の評価

 4点

価格

60,500円

教材の特徴

合格に必要な「知識」と、問題を解く「解答力」を養成する講座をバランスよくセット

サポート

分からないところはスタッフや受講生に質問可能

合格実績

簿記2級「38名」の合格者の声を掲載

LEC 日商簿記2級講座
▼ 申込みはこちら 

【LECの簿記2級講座】に申込む

簿記に関する記事

簿記

簿記3級の通信講座・スクール・予備校ってどこがいい?評...

簿記2級 独学のすすめ方・効率的な学習法

簿記

簿記2級は独学で合格可能?独学の進め方と効率的な学習法

簿記1級食いっぱぐれ

簿記

簿記1級があれば食いっぱぐれないって本当?簿記1級のす...

簿記1級は凄い

簿記

簿記1級はすごい!簿記1級のすごさを2級・3級と徹底比...

簿記アップデート

簿記

簿記2級があれば食いっぱぐれないって本当?

簿記

「日商簿記1級、2級、3級」の難易度や試験内容の違い

簿記

簿記資格を取得するメリットや簿記の面白さってどう?

簿記 勉強方法と手段

簿記

簿記3級の難易度レベルは?合格のための勉強時間と勉強方...

いきなり簿記2級

簿記

簿記2級いきなり受験あり?簿記3級飛ばしでも合格できる...

簿記

「簿記」資格と他資格との難易度を比較してみました

Sound23で紹介する簿記講座

LEC 簿記2級

LEC

LEC簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、料金をまとめ...

STUDYing 簿記2級講座

スタディング

スタディングの簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、料金...

LEC 簿記1級講座まとめ

LEC

LECの簿記1級講座ってどう?評判や口コミ、料金をまと...

簿記1級-STUDYing

スタディング

スタディング簿記1級講座ってどう?評判や口コミ、料金を...

ユーキャン簿記2級通信講座

ユーキャン

ユーキャン簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、費用をま...

ユーキャン

ユーキャンの簿記3級通信講座ってどう?評判や口コミ、価...

スタディング

スタディングの簿記3級講座ってどう?評判や口コミ、料金...

LEC

LECの簿記3級講座ってどう?評判や口コミ、料金をまと...