広告 行政書士

これだけ!行政書士の独学で人気おすすめ参考書!比較ランキング

2023-01-16

このページにはプロモーションが含まれています

法学初学者が、毎日の忙しい仕事の中で、行政書士試験を「独学」で合格を目指すとき一番悩むのが、学習の基礎となるテキストなどの参考書選びだと思います。
このページでは、各社が行政書士試験合格に向けて、独学者のために提供しているおすすめのテキストとその特徴などをご紹介しますので、独学で学習する際の参考にしてください。
また、行政書士のテキストや参考書は、各社から様々な種類が出版されていますので、評判や人気についても、その特徴などを徹底的に比較して、ランキング形式でご紹介します。

行政書士の独学で人気おすすめ参考書!比較ランキング

行政書士試験を独学で合格するために、各社の「参考書の特徴」を解説しました。

伊藤塾「うかる!行政書士総合テキスト」

書籍:うかる!行政書士総合テキスト(2023年度版)

うかる!行政書士 総合テキスト(2023年度版)

  • 【著者】:伊藤塾
  • 【出版社】:日経BP 日本経済新聞出版
  • 【発売日】:2022/12/23
  • 【ページ数】:840ページ
  • 【サイズ】:21 x 14.8 x 4.3 cm
  • 【価格】: 3,300円

※書籍名はAmazonへリンクしています。

ここがポイント!

  1. 情報が整理されたレイアウト
  2. 重要度ランクを項目ごとに記載
  3. 図表やイラストで複雑な問題もわかりやすく
  4. チャプターごとの二択問題で理解を深める
  5. 隙間時間での勉強もできる!ハンディ行政書士試験六法付

情報が整理されたレイアウト

まず、行政書士試験は出題範囲が広範囲に渡り、その膨大な情報量に圧倒されます。
法学初学者であれば、この膨大な情報量を整理し把握するまでには、かなりの時間を要しますが、伊藤塾の「うかる!行政書士総合テキスト」は、これらの情報を理解しやすいように整理されています。

また、重要ポイントにラインマーカーを引いても、目立つような色彩に配慮されていて、隠れる暗記ペンなどを活用した暗記法も活用できます。
以上のように、受講者が参考書を読み、情報を理解するまでのプロセスを簡単にシンプルにする工夫がされていますので、学習効率を高められるメリットがあります。

重要度ランクを項目ごとに記載

膨大な情報量の中から出題される行政書士試験ですが、受講者も限られた時間の中で合格を目指さなければなりません。
伊藤塾の「うかる!行政書士総合テキスト」では、過去の試験データを基に、チャプターごとに重要度ランクを項目ごとに記載することで、学習の優先順位を付けやすいよう、メリハリづけがされています。
重要度が高い「レベルA」の項目から学習を始めることで、無駄なく計画的に迷いなく、安心して学習を進めることができます。

図表やイラストで複雑な問題もわかりやすく

また、出題が広範囲に渡るため膨大になる情報量と、さらに法学初学者にとっては複雑な法制度も、文章だけで説明するのは困難です。
伊藤塾の「うかる!行政書士総合テキスト」では、関係性が一目で把握できるフローチャートや図表を活用するだけでなく、複雑な内容もイラストを活用して感覚的にも理解できるよう、分かりやすく理解するための解説に工夫されているため、「内容が理解できずに挫折する、、、」といったことが起きにくい仕組みです。

チャプターごとの二択問題で理解を深める

さらに各項目の最後には、〇×形式の二択問題が用意されています。
〇×形式の分かりやすい回答方法で気軽にアウトプットできるため、学んだ内容を「理解できているか?」「記憶に残っているか?」などのチェックとして活用するのに最適な工夫といえます。

隙間時間での勉強もできる!ハンディ行政書士試験六法付

伊藤塾の「うかる!行政書士総合テキスト」には、別冊で持ち運びできるサイズの「ハンディ行政書士試験六法」がついています。
これは、行政書士として業務に必要な法律がまとめられた別冊の資料集で、この資料集は持ち運びができるサイズで作られているため、いつでもどこでも隙間時間での勉強が可能となります。
また、試験に合格した後も2023年以降に法改正がない限り、そのまま使えるため、実業務でも活用できる点も嬉しいポイントです。
このように使いやすさや勉強しやすさを追及した一冊に仕上がっています。

伊藤塾の行政書士講座をもう少し詳しく知りたいあなたはこちらへ↓↓

 行政書士合格への一番近道は? 

【圧倒的な合格実績】
法律の導入~基礎の重点学習
に特化したカリキュラム!

伊藤塾 行政書士講座
▼ 申込みはこちら ▼

LEC「行政書士合格のトリセツ(基本テキスト)」

行政書士合格のトリセツ 基本テキスト(2023年度版)

行政書士合格のトリセツ 基本テキスト(2023年度版)

  • 【著者】:野畑 淳史 (著),LEC総合研究所 行政書士試験部
  • 【出版社】:東京リーガルマインド
  • 【発売日】:2022/11/14
  • 【ページ数】:1009ページ
  • 【サイズ】:14.8 x 4.7 x 21 cm
  • 【価格】: 3,300円

※書籍名はAmazonへリンクしています。

ここがポイント!

  1. 合格率の高いLEC看板講師の解説はわかりやすい
  2. 学習方法の解説があるから迷わない
  3. 参考書を科目別で分離できるので持ち運びが楽
  4. 暗記用赤シートで重要な語句暗記も効率的に

合格率の高いLEC看板講師の解説はわかりやすい

まず、LECの「行政書士 合格のトリセツ 基本テキスト」は、LEC行政書士講座の看板講師である野畑講師の講義をもとに、講義の解説が進められています。
2021年度(令和3年)パーフェクトコース受講生の合格率53.8%を誇るLECの行政書士講座で、多くの行政書士を生み出してきた同氏の説明・解説は法学初学者でも分かりやすく、参考書を読みながら理解を進められるでしょう。

学習方法の解説があるから迷わない

出題範囲が膨大で、法学初学者には複雑に感じる法律問題など、行政書士の試験勉強はかなりハードルが高いため、勉強を始めようにも、何から始めればいいのか?どうして良いか?分からないという受講者も少なくありません。
そんな行政書士試験合格のために頑張る受講者に向け、具体的な試験対策や勉強方法の解説ページも用意されています。

参考書を科目別で分離できるので持ち運びが楽

また、行政書士の試験科目「基礎法学・憲法・行政法・民法・商法・一般知識・基礎法学・六法」が別々の5冊に分離できるようになっており、科目別4冊と六法1冊のコンパクトな構成にすることが可能です。
持ち運びが楽にできるため、毎日の通勤時や休憩時間など最小限の参考書だけを持って学べるので、隙間時間を有効に活用することができます。
重い参考書をずっと持っていることなく、学びたいものだけを楽に持ち運びできるのはメリットです。

暗記用赤シートで重要な語句暗記も効率的に

LECの「行政書士 合格のトリセツ 基本テキスト」の参考書は、重要な語句の暗記を効率的にできるよう、暗記用の赤シートもついています。
暗記のためだけに、参考書に書き込んだりすることなく、赤シート一つで進められるというのは、学習を進める上で大きなメリットです。
また、最新情報に対応していることや検索のしやすさを追及した構成になっている点も注目といえるでしょう。

LECの行政書士講座をもう少しく知りたいあなたはこちらへ↓↓↓

LEC 行政書士講座
▼ 申込みはこちら ▼

LEC「出る順行政書士(合格基本書)」

出る順 行政書士 合格基本書(2023年度版)

出る順 行政書士 合格基本書(2023年度版)

  • 【著者】:LEC総合研究所 行政書士試験部
  • 【出版社】:東京リーガルマインド
  • 【発売日】:2022/12/28
  • 【ページ数】:1052ページ
  • 【サイズ】:14.8 x 3.9 x 21 cm
  • 【価格】: 3,080円

※書籍名はAmazonへリンクしています。

ここがポイント!

  1. 各項目が見開きページで完結する
  2. 科目別ガイダンスで苦手分野の学習効率化
  3. 初学者でも効率的な学習を進めるため見やすい参考書

各項目が見開きページで完結する

LECの「出る順行政書士(合格基本書)」の特徴として、各項目が見開きページで完結する構成となっているため、読みやすく分かりやすいだけでなく、学習項目が区切りよく、「今日はここまで!」と日々の学習リズムが作りやすくなっています。
見開きだけでその項目のポイントが全てまとめられている構造で、そのぺージの学習に集中しやすいため、学習計画も立てやすく、これまで挫けそうになった経験のある人もペースをキープしやすく、基礎力を身に着けることができるでしょう。

科目別ガイダンスで苦手分野の学習効率化

LECの「出る順行政書士(合格基本書)」では、各編の学習に入る前に、冒頭で学習の大前提となる用語の意味や、学習ポイントといった基本的なガイダンスを設置しているため、法学初学者でも安心して進めることができます。
また科目別ガイダンスによって、各項目の概要や全体像を把握することができるだけでなく、苦手な項目もガイダンスで理解できるため重点的に勉強するなど苦手分野の学習効率化も図ることができます。

初学者でも効率的な学習を進めるため見やすい参考書

法学初学者が効率的に学習が進められるよう、2021年度(令和3年)パーフェクトコース受講生合格率53.8%(全国平均の約5倍)を誇るLEC講師陣から、各項目ごとにアドバイスが掲載されています。
また、法律が分からない初学者でも感覚的に理解できるよう、シンプルな図表や相関図、イラストなどを多様しているため理解も進みます。
過去10年間の出題傾向から分析したエッセンスを抽出した内容で、過去問の出題年度と問番号も掲載されていますので、勉強の優先度を決めやすいため、基礎力をスピーディに身につけるのに適した構成です。

LECの行政書士講座をもう少しく知りたいあなたはこちらへ↓↓↓

LEC 行政書士講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン「行政書士 これだけ!一問一答集」

ユーキャンの行政書士 これだけ!一問一答集(2023年度版)

ユーキャンの行政書士 これだけ!一問一答集(2023年度版)

  • 【著者】:ユーキャン行政書士試験研究会
  • 【出版社】:U-CAN
  • 【発売日】:2022/12/23
  • 【ページ数】:452ページ
  • 【サイズ】:17.3 x 10.7 x 1.9 cm
  • 【価格】: 2,420円

※書籍名はAmazonへリンクしています。

ここがポイント!

  1. 見開きページで理解しやすい問題集は効率的学習が進む
  2. 最新の法令について作成されているので安心して学べる
  3. 思考プロセスを単純化させる分かりやすい参考書
  4. コンパクトサイズで持ち運びも楽

見開きページで理解しやすい問題集は効率的学習が進む

ユーキャンの行政書士講座は、過去10年間で累計合格実績「2,918名」も輩出した講座ですが、そのエッセンスの一つである過去問や頻出事項をまとめた一問一答形式の問題が詰まっています。
この一問一答形式は、問題と解答解説を見開きページで掲載されているため、問われる出題ポイントが理解しやすい作りになっています。
この一問一答形式の見開きページでは、過去問だけでなく出題が予想される問題の解説や関連情報を確認することが可能です。

最新の法令について作成されているので安心して学べる

現代の社会経済情勢に適合させるため、毎年法改正が行われていますが、ユーキャンの「行政書士これだけ!一問一答集」は、令和5年4月1日施行の法令に基づき、最新の法令に基づいて作成されているので、問題が古く現在の解答と一致しないといったトラブルがありません。
それによって効率よく安心して行政書士試験に向けた学習が取り組めるようになります。

思考プロセスを単純化させる分かりやすい参考書

出題範囲が広範囲にわたる行政書士試験ですが、ユーキャンの「行政書士これだけ!一問一答集」では、情報量が多く体系的に理解しづらい重要項目も横断的に学べる「POINTマスター」で、図表やイラストなどを用いて、わかりやすく解説されています。
ユーキャンの行政書士講座は、過去10年間で累計合格実績「2,918名」も輩出した講座ですが、わかりやすさも追求されていて、未知から理解までの思考プロセスを単純化させる工夫が見られます。
これによって単に問題を解くだけでなく、理解を深めながら効率的に学習を進めることができるでしょう。

コンパクトサイズで持ち運びも楽

「学ぶよろこびをあなたに」をモットーに掲げる生涯学習のユーキャンの「行政書士これだけ!一問一答集」は、コンパクトサイズで小型で薄くて軽いため、カバンにも嵩張り過ぎず持ち運びも楽です。
どこでも勉強できるサイズになっているので、通勤や通学、リビングや外出先など隙間時間での学習も様々な場所できます。まさに有言実行、生涯学習を提供するユーキャンです。

ユーキャンの行政書士講座の詳細が知りたいあなたはこちらへ↓↓↓

初心者が行政書士の参考書を選ぶときの3つのポイント

行政書士の参考書を選ぶときのポイントとして、「①内容が理解しやすいか?」、「②学習が継続しやすいか?」、「③持ち運びしやすいか?」といった点が挙げられます。

内容が理解しやすいか?

行政書士の参考書を手に取るのは、基本的に行政書士試験を受ける法学初学者ですので、大前提として理解しやすい参考書という点が最重要ポイントとなります。
例えば、行政書士試験の出題問題は、広範囲に渡りますので、大量な情報の中での学習となりますので、理解できるよう、要点がまとめられていたリ、複雑でややこしい事例・項目については図表やイラスト等でまとめられていることがポイントです。
法学初学者が、行政書士試験の出題される膨大な情報量を整理できるほど、行政書士試験は甘くはありませんので、いかに情報が整理され、理解しやすい参考書の作りになっているかというのは重要です。

学習が継続しやすいか?

次に、行政書士試験合格のためには、そもそも合格レベルに達するまで学習が継続できるか?ということが、とても重要なポイントで、膨大な未知の情報量を前にすると、挫折したりモチベーションが下がってしまう理由は、星の数ほど出てきます。
行政書士の参考書を選ぶ上で重要なポイントは、「これ続けられる参考書か?」といった視点で選ぶことも大切で、文章だけで情報を整理するまでに時間がかかる、挫折しやすそうな参考書は避けた方が良いでしょう。
最初は分からないことだらけで挫折しそうになることも何度もあると思いますが、そういったネガティブな気持ちを押さえてくれる簡単でシンプルな文章構成や図表やイラストで情報を整理しやすい参考書を選ぶとよいでしょう。

持ち運びしやすいか?

最後は、通勤や仕事の休憩時間などの隙間時間を使って学習ができる参考書が求められていますので、やはりコンパクトで軽く持ち運びしやすい参考書がおすすめといえます。
スマホでも勉強できるような講座もありますが、紙の参考書で勉強したいニーズもまだまだ根強く残っていて、常に持ち歩いて隙間時間に勉強できるのがこういった参考書の理想です。
持ち運びに抵抗のないコンパクトなサイズのものや分冊できるものを選ぶようにしましょう。