行政書士

行政書士の勉強におすすめ!人気通信講座テキスト比較ランキング

行政書士試験合格のために勉強したいけど「どの通信講座で学べばいいかわからない、、、」と困っていませんか?

法学初学者が、仕事をしながら試験合格を目指すなら「通信講座で学ぶ」か「独学する」ですが、忙しい社会人の方が勉強するなら、おすすめは通信講座です。

この記事では、行政書士試験合格のために各通信講座で使用されている「テキスト教材の特徴」と「テキスト教材選びのポイント」についてご紹介します。

最後まで読めば、「どの通信講座で学ぶべきか?」テキスト教材からみる各通信講座の特徴が理解できると思います。

行政書士の勉強におすすめ!人気通信講座テキスト比較ランキング

行政書士試験で合格するために、通信講座の各社の「テキスト教材の特徴」を解説しました。

伊藤塾の行政書士講座テキストの特徴

伊藤塾の行政書士講座テキストの特徴

伊藤塾の行政書士講座で使われるテキストの特徴は、「①インプットとアウトプットを意識した構成」、「②一目で理解できる問題の出題頻度・重要度」、「③常に最新情報に改訂」、「④理解までのプロセスがシンプル」、「⑤メモ欄の設置」といった5つの特徴があります。

①インプットとアウトプットを意識した構成

まず、インプットとして入門から基礎、さらには演習ができるまでの実力を養う構成になっていますので、わかりやすく質の高い知識のインプットで基礎理解力を高めつつ、応用的な知識を習得できるようにすることで「未知の問題」に対しても柔軟な思考で答えを導く力を養います。

さらにアウトプットとして基礎知識の確認や実戦問題といった内容を言語化することで、徐々に記憶に定着が進みレベルアップする構成になっている点も特徴として挙げられます。

②一目で理解できる問題の出題頻度・重要度

出題頻度の記載も特徴で、テキスト内に行政書士試験での出題頻度が一目で理解できるようになっており、その問題の重要度が視覚的に感じられるようになっているのはうれしいポイントです。

忙しい毎日のわずかな限られた時間の中で勉強を進める受講生にとっては、重要度の選択を間違えることなく効率的に勉強を進められるということは、とても助かります。

③常に最新情報に改訂

テキスト教材に掲載されているデータは、教材制作専門スタッフによって、常に最新のものに更新されていますので、最新出題傾向はもちろん、法改正によって変化した部分についても、毎年改訂され理解できやすいように改善が進められています。

④理解までのプロセスがシンプル

伊藤塾の行政書士講座のテキスト教材は、教材制作専門のスタッフによって、理解までのプロセスを簡単にシンプルにするために、多くの工夫を重ねています。

基本的には、テキスト教材を「読んで→内容把握→情報整理→理解→記憶」というプロセスの複雑さを少しでも軽減できるよう、パッと見て情報が把握できる「まとめ・イラスト・図表」を活用しているので、理解までプロセスが進みやすいテキストと言えます。

⑤復讐に便利なメモ欄の設置

伊藤塾の行政書士講座では、テキストに敢えて余白欄を設けることで、講義で気になった内容(自分の興味のある内容)をテキストに書き込みしやすいようにメモ欄として用意しています。

人間の脳は全てを記憶できるものではなく、脳に入った情報のほとんどは忘れてしまう生き物ですので、講義で自分の興味を持った内容をインプットした情報の逃げていく量を少しでも、とどめるために設置されています。

自分の興味ある内容を書き込むことで、テキストを読み込む時に、書き込んだことを関連付けて記憶に止めることができますので、復習にもとても便利です。

ユーキャンの行政書士講座テキストの特徴

ユーキャンの行政書士講座テキストの特徴

ユーキャンの行政書士テキストの特徴は、「①知識ゼロからでも理解できる教材」、「②行政書士の仕事を漫画化して解説」、「③知識を深める応用テキスト」、「④インスピレーションカード」の4つが挙げられます。

①知識ゼロからでも理解できる教材

ユーキャンの行政書士通信講座は、「入門用テキスト」と「応用テキスト」の二種類のテキストが準備されていますので、まったく法律の知識がない初学者でも一から学べ、その後の試験対策としての応用まで使えるので安心です。

大学や高校などを卒業して、勉強自体が久しい方にとって法律を学ぶことが精神的な大きな壁になっていることも少なくありませんが、ユーキャンの入門用テキストは初学者でも理解しやすいよう、分かりやすい言葉で法律など行政書士の基礎知識を学べます。

②行政書士の仕事を漫画化して解説

さらにテキスト内には、法学初学者でも理解しやすいよう、行政書士の業務やそれに関する法律の内容をかみ砕いて、漫画化され表現されています。

漫画は、文字だけでなく絵でも表現されるため、臨場感を感じながら行政書士の業務の流れが理解できるだけでなく、「言語的な役割」の左脳、「非言語的な役割」の右脳の両方の脳を活用するため、脳の活性化を促し、想像力が高まることで、知識のインプットと記憶への定着が進みます。

③知識を深める応用テキスト

ユーキャンの行政書士通信講座は、「入門用テキスト」と「応用テキスト」の二種類のテキストが準備されていますが、応用テキストは「学びやすさ」に重点を置いたテキストとなっています。

つまり、行政書士試験合格するために必要な法律等の専門知識や応用知識を「身につけやすく」設計されているテキストとなっています。

また、応用テキストで学びを深めた後も、予想問題や過去問などやり込みしやすい豊富さなのも魅力といえます。

④インスピレーションカードで理解促進

さらに加えて重要なポイントにはインスピレーションカードと呼ばれるカラー図表を使って解説されていますので、複雑でややこしい法律内容も視覚的な理解で感覚的な理解が進む点も特徴です。

ユーキャンの行政書士講座のテキスト教材は、法学初学者の受講生の理解を助けるため、ややこしい法律の関係も整理しやすく設計されています。

LECの行政書士講座テキストの特徴

LECの行政書士講座テキストの特徴

LEC(東京リーガルマインド)の行政書士テキストの特徴は、「①データ分析を反映したテキスト内容」、「②記憶に定着しやすいアウトプット教材」、「③過去の出題状況から導き出される出題率の高い過去問」といった点が挙げられます。

①データ分析を反映したテキスト内容

指導歴40年の実績を誇るLECの行政書士講座で使用するテキスト教材は、これまでの受講生の実績を分析しテキストに反映することで、合格率を高めてきました。

2021年パーフェクトコース受講生の合格率は53.8%(全国平均の約5倍)と、指導歴40年これまでの合格実績・失敗実績を調査分析して積み上げてきたテキストは、LECだからこそ作れるものです。

法学初学者でも理解できる実戦向きの構成になっているため、行政書士試験合格の力が身に付くのは間違いないでしょう。

②記憶に定着しやすいアウトプット教材

行政書士テキストの他にアウトプット教材として問題集も用意されていますが、テキスト教材で学んだ知識がそのままアウトプットできるような内容になっているため、初学者にとって基礎力が高めやすいテキストとなっています。

アウトプットしやすいテキスト教材は、理解しやすく言語化しやすいテキストだという証拠です。

テキストを読んで頭に入れた情報を理解して自分の言葉で言語化しやすさを追求したテキストは、わかりにくいといった悩みはLECの行政書士テキストにおいて無縁です。

③過去の出題状況から導き出される出題率の高い過去問

2021年パーフェクトコース受講生の合格率は53.8%(全国平均の約5倍)という実績を残している秘密は、出題率の高い過去問にもあり、テキスト教材には過去の出題実績から導き出された過去問が出題されています。

「この問題は何年度の試験に出題されたか?」といった過去の出題データが、テキストページの各項目の冒頭に記述されていますので、一目で重要なものかどうか理解でき、この項目を理解していくことで、確率の高い試験対策が行えるようになるのも魅力です。

さらにLECの行政書士講座のテキストは、重要な条文を暗記しやすいよう全文掲載されている点もポイントで、これまでの40年の指導実績と知識が積み重なっている構成です。

TACの行政書士講座テキストの特徴

TACの行政書士講座テキストの特徴

TACの行政書士講座のテキスト教材の特徴は、「①常に最新情報を提供」、「②視覚を意識した構成」、「③綿密にリンクしている講義とテキスト教材で効率良い学習が可能」、「④B5サイズの持ち運びしやすいコンパクトなテキスト教材」といった4つが挙げられます。

①常に最新情報を提供

まず、過去10年間(2012〜2021年)の合格実績1,647名を誇るTAC行政書士講座のテキスト教材は、毎年大幅な改訂を行い、常に最新の傾向や情報、法律改正に基づいたテキストを受講生に提供しています。

これによって最新情報に基づいた試験対策を行えるため、試験問題や法改正された問題が出題されても、しっかりと事前に対応することが可能です。

②理解しやすさを追求したテキスト構成

TACのテキスト教材は、これまで数多くの合格者を輩出していることからも分かるように、理解しやすいテキストの製作を追求しています。

文章だけでは理解しにくい事柄も、図表やイラストを用いたり文章もカラーを使ったりと、覚えておくべき重要ポイントが視覚的に一目で理解できるように工夫されているのはうれしいポイントです。

法学初学者が初見では理解できないような問題も、パッと見ただけで内容は把握できるよう、理解までのプロセスを複雑にせず、簡単にシンプルに作り込んでいるのは、とても助かります。

③綿密にリンクしている講義とテキスト教材で効率良い学習が可能

忙しい社会人や主婦の方が、限られた時間の中で効率よく勉強して合格するためには、テキスト内容と講義内容が綿密にリンクなければなりません。

TACの行政書士講座では、講師が講義で話していることはテキストで反映されているため、「どこを話してるの?」とか「話している順番がおかしい、、、」と迷い子になるといったこともありません。

きちんとテキストを追いながら、講師が進める講義をスムーズに聞くことができる構成になっているため、効率よく学習を進められるのも大きな魅力です。

④B5サイズの持ち運びしやすいコンパクトなテキスト教材

TAC行政書士講座のテキスト教材は、小さめのB5サイズなので持ち運びがしやすく、鞄にかさばることもなく出し入れしやすいため、通勤時などのちょっとした隙間時間にいつでも勉強できます。

毎日の机に向かっての勉強時間は限られてるため、隙間時間を念頭に置いた使い勝手を意識しているTACの行政書士講座のテキストはとてもありがたいです。

アガルートの行政書士講座テキストの特徴

アガルートの行政書士講座テキストの特徴

2021年(令和3年度)の行政書士試験の合格率42.14%(全国平均の約3.77倍)を誇るアガルート行政書士講座のテキスト教材の特徴は、「①視覚的に認識しやすいフルカラーのテキスト教材」、「②合格率を高める毎年改訂の最新テキスト」、「③膨大な情報量でも理解を助けるために整理されたテキスト教材」、「④合格のために情報量を絞ったテキスト教材」といった特徴が挙げられます。

①視覚的に認識しやすいフルカラーのテキスト教材

2021年(令和3年度)の行政書士試験で217名の合格者を輩出したアガルート行政書士講座で使用されるテキスト教材は、視覚的に情報を認識しやすいフルカラーの全色刷りで構成されています。

そのためテキストは、視覚的にも情報が見やすく、文章内容を把握や情報整理がシンプルにできる作りとなっているため、白黒モノクロのテキストにありがちな分かりにくさから解放されます。

②合格率を高める毎年改訂の最新テキスト

アガルート行政書士講座のテキスト内容は、アガルートの講師陣が毎年の行政書士試験の出題傾向を分析し、重要な分野や知識をチェックして最新情報に改訂を繰り返しているのが特徴です。

最新情報での学習を進められるため、「試験直前期になってやり直しが発生した、、、」といった無駄がなくなりますので、計画通り効率的に学習を進められるメリットがあります。

最新の出題傾向を元に効率的な学習を求める方にはおすすめです。

③膨大な情報量でも理解を助けるために整理されたテキスト教材

出題範囲が広く情報量が膨大になる行政書士試験に対応するため、アガルートのテキスト教材はページのレイアウトにもこだわり、膨大な情報量を整理するために「見やすく・分かりやすい」工夫が施されたレイアウトで作製されています。

また膨大な情報量の中でも、理解をスムーズに進められるよう情報整理するために、アイコンやマークを活用することで、重要度に対して印象に残りやすく、感覚的にポイントを理解でき知識のインプットを助けてくれます。

④合格のために情報量を絞ったテキスト教材

もう一つ、出題範囲が広く情報量が膨大になる行政書士試験に対応するため、アガルート行政書士講座のテキストは「合格に必要な情報がギュッと詰まっている」教材となっています。

つまり、行政書士試験300点満点を目指すためのテキスト教材ではなく、合格するために必要な180点以上の得点獲得を目指す合格レベルになる知識を学ぶための教材となっています。

可能な限り必要ない知識はなるべく排除して情報量をコントロールすることで、繰り返し読みやすい文量のテキストになっているのも、学習効率を追求するアガルート行政書士講座テキストの特徴と言えます。

フォーサイトの行政書士講座テキストの特徴

フォーサイトの行政書士講座テキストの特徴

2021年(令和3年度)の行政書士試験の合格率38.0%(全国平均の約3.4倍)を誇るフォーサイトの行政書士テキストは、「①最短時間で合格できるテキスト教材だから情報量もコンパクト化」、「②出るところだけ勉強できる」効率的学習が可能なテキスト教材」、「③どこが重要なのか視覚的に分かりやすいフルカラー」、「④理解を助ける図表やフローチャートが豊富」といった特徴があげられます。

①最短時間で合格できるテキスト教材だから情報量もコンパクト化

2021年(令和3年度)の行政書士試験で200名の合格者を輩出したフォーサイト行政書士講座で使用されるテキスト教材は、「最短の時間で合格できる!」を目的として講座が設計されているため、合格に必要な情報をまとめてテキスト教材の情報量もコンパクト化されています。

情報量のコンパクト化によって、テキストを短時間で読み切れるようにも設計されており、行政書士に必要な基礎知識を繰り返し学べるようになっているため、復習にも便利でありながら、合格到達レベルの学習ができるのが特徴です。

②「出るところだけ勉強できる」効率的学習が可能なテキスト教材

フォーサイト行政書士講座のテキストは、「出るところだけ勉強できる」というコンセプトです。

これは、フォーサイトの講師陣が毎年の行政書士試験の出題傾向を分析しますが、講師の勘や経験則”だけ”に頼らず、AIシステムでも過去問を徹底的に分析することで、高品質な改訂ができるのが特徴です。

従来ありがちな、講師のKKD(経験・勘・度胸)という科学的根拠に基づかない過去の経験で決定していく製作プロセスだけではなく、AIによる統計的手法に基づいた分析データをもとにテキスト教材は製作されています。

こういう製作プロセスによって、テキストが造り込まれますので、常に一定高品質であり、年度によるテキストの当たり外れのないテキスト教材となっています。

③どこが重要なのか視覚的に分かりやすいフルカラー

フォーサイト行政書士講座で使用されるテキスト教材は、視覚的に「どこが重要なのか?」という情報を一目で認識しやすいフルカラーの全色刷りが採用されています。

そのためテキストは、視覚的にも情報が見やすく、文章の内容を把握したり、情報整理がシンプルにできるテキストとなっているため、白黒モノクロのテキストにありがちな分かりにくさから解放され、長時間勉強するのにも適しているのが特徴です。

④理解を補助する図表やフローチャートが豊富

フォーサイト行政書士講座で使用されるテキスト教材は、「フローチャート」や「図表・イラスト」を活用して、分かりやすさと見やすさを追及しているテキストといえます。

全体像の理解を補助するために「フローチャート」で複雑化しやすい全体のプロセスを、文章だけで理解が難しいところは「図表・イラスト」で、全体の中での構造や流れなどの関係性を視覚的に示すことで、受講者の理解を補助しています。

行政書士のテキスト教材を選ぶときの3つのポイント

行政書士のテキスト教材を選ぶときの3つのポイント

行政書士のテキストを選ぶときのポイントは、「①過去問が充実していること」、「②法改正に対応した最新のもの」、「③すべての分野を網羅していること」が挙げられます。

①過去問が充実していること

過去問は、過去10年分の出題問題を網羅しているテキストがおすすめです。

なぜならば、過去10年分の出題傾向を知ることで、「どの問題が重要であるか?」「どんな知識が問われるか?」が理解できるからです。

その他にも、過去問を活用することで「合格に足りない点数が計測できる」「出題傾向が把握でき対策方法が明確になる」「本番の予行練習ができる」といったメリットを得ることができます。

②法改正に対応した最新版テキスト

変化のスピードが早い現代において、以前からある法律も現在の社会経済情勢に適合させるために見直しが生じるケースが発生しますので、法改正に対応した最新版のテキストを選ぶようにしましょう。

節約のために中古品の古い情報が掲載されているテキストを購入して勉強する方もまれにいますが、法改正で変わった古い法律やシステムに対して全く対応できていません。

そういったトラブルを回避するために最新の法改正に対応した行政書士テキストを選ぶようにしましょう。

③すべての分野を網羅していること

当然のことではありますが、きちんとチェックしていないと、数巻で構成されている行政書士テキストの一部だったということもありますので、すべての分野を網羅していることを確認しておきましょう。

また、判例集や六法の知識が書かれているものも行政書士テキスト選びでおすすめです。

行政書士試験は合格までに最低600時間必要と言われていますので、継続して勉強するには見やすいものや持ち運びしやすいテキストが重要です。