広告 ユーキャン

ユーキャン「手話入門」講座ってどう?評判や口コミ、料金をまとめました

2022-11-17

このページにはプロモーションが含まれています


ユーキャン「手話」講座 サイトトップ

ユーキャンの「手話」講座って信用できるのかな?

講座の悪い評判や口コミ、あと費用とかも知りたい!

ろう者の方とスムーズにコミュニケーションを取ることができる人気の「手話」講座。

福祉施設や病院など、販売や接客でろう者の方とコミュニケーションを取れる人材として、就職・転職はもちろん、キャリアアップや独立を目指す方にとって即戦力を示す強みとなります。

しかし、、、

  • 「勉強が長続きするか心配、、、」
  • 「本当に自分でもできるのかな、、、」

という不安を抱えているのではないでしょうか?

生涯学習のユーキャン(U-CAN)は、「学ぶよろこびをあなたに」をモットーに、資格・趣味などの各種通信講座が約160種を提供する教育機関です。年間約60万人もの方がユーキャンで学んでいます。

ユーキャンは、この10年間で国家資格を含む55資格で「362,578名」の合格者を輩出しています。

  • 初学者でもムリなく合格へ導く分かりやすい教材
  • スキマ時間でいつでも便利なスマホ学習
  • 経験豊富な講師による充実サポート体制

「手話講座が気になっているけど、まだ迷っている、、、」なら、このページを参考にしてみてください。

手話講座を検討している全ての方に読んでほしいこと

「通信講座に入ったけど続かなかった」

自分の都合良い時間で勉強できると評判の通信講座ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「講座が合わなかった」に集約されます。

講座費用が安かったから、、、

何も考えずに申し込んだ、、、

こんなテキストじゃ合格無理、、、

あ、、、行政書士のテスト7割を切ってしまった…全額返金保証の対象外に…
判例集も無いし条文の解釈の仕方についても穴だらけのテキストで合格できる気がしない…通信講座なんてやらなきゃよかった、市販テキストのほうが圧倒的に情報量も試験に出る問題の解き方も押さえてあるのに…
失敗したな…— いずみん@慶應通信 (@IZzzminne) April 3, 2018

詰め込み方が激しすぎる、、、

費用が安いから、評判が良さそうだから、そんな理由で講座選びをすると、途中で辞めてしまうことも多いです。

後悔しないためには、講座のメリット・デメリットを把握した上で申し込むことが重要です。

ユーキャン 手話入門講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン 手話申込み画像

ユーキャン手話入門講座「やめとけ」悪い評判・口コミ

どの手話の通信講座にも、メリットもあれば必ずデメリットもあります。

まずは、ユーキャンの手話講座のTwitterで見つけたネガティブな評判・口コミの中で、「これはちゃんと確認しておかないと怖いな」という口コミをチェックしてみましょう。

気になる悪い評判・口コミでチェックするのは、以下の2つです。

一つずつ見ていきましょう。

【ユーキャン手話入門講座の口コミ1】手話入門講座の講義が難しい

ユーキャンの「手話入門」講座は、どういう評判や口コミが多いの?

「講義内容が難しい」という口コミがあるわね。

まず最初の気になる口コミは「講義内容が難しい」というもの。

例えば、こんな口コミです↓

「めちゃくちゃ難しい」という口コミがあります。

こういう口コミがあると、正直ちょっと戸惑いますよね。

ユーキャン手話入門講座の講義内容はどうなってる?

口コミや評判になっている、ユーキャン手話講座の講義の特徴をまとめてみました。

講座の特徴

【特徴1】1日30分週2日!トータル3ヵ月で日常会話が理解できる講義

ユーキャン手話講座のレッスンは1日30分、週2日と緩やかなレッスンとなっているため、仕事が忙しくても、手話の初学者でも、ムリなく継続して学習できます。

講義のカリキュラムは以下のようになっていて、挨拶や自己紹介などの「基本会話の解説」→「単語解説」→「手話表現解説」→「対面トレーニング」→「単語の時間」という流れで手話を身につけていく流れです。

実演を通しながらの学習ですので、「あなたの名前は?」という手話もすぐに活用することが可能です。

ユーキャン手話入門講座のカリキュラム説明画像
画像:ユーキャン公式サイトより

【特徴2】添削課題で着実にステップアップ講義

ユーキャン手話講座では、添削課題が出題されます。添削課題の添削は、ろう者のネイティブサイナー(手話を母語とする人)がチェックします。

福祉施設や病院、手話サークルやボランティア団体など、さまざまな場所で出会う、ろう者との豊かなコミュニケーションを図ることが目的の手話ですので、気軽な気持ちで楽しみながら勉強していきましょう。

【ユーキャン手話入門講座の口コミ2】手話入門講座は費用が高い

そして、二つ目の評判や口コミは?

「費用が高い」という口コミもあるわね。

2つ目の気になる口コミは、「講座の費用が高い」というもの。

これに対して、例えば以下のような口コミがありました↓

いつか東京の手話居酒屋(テレビでみた)に行って手話でビール注文するのが夢なの〜。
独学って難しいよね。でもユーキャンは高いし。でもとりあえず本買って五十音を覚えてみるつもり。

— ニョス (@nyosuko) October 6, 2016

「費用が高い」というのは厳しいですね。

ユーキャンの手話講座の費用が、どのようになっているか確認してみましょう。

ユーキャン手話入門講座の費用は?

講座料金

専門的な内容も、噛み砕いたやさしい解説で学べ、最短三ヶ月で合格を目指せるユーキャンの「手話講座」は下記にてご案内しています。

一括払い

41,000

分割払い

2,980円✕14回=総計:41,720

ユーキャン 手話入門講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン 手話申込み画像

時期によっては、資格取得応援キャンペーン等で、5,000円割引など行われていることもあります。
※詳しくはユーキャン公式サイトで確認ください。

手話の通信講座はたくさんありますが、このページでは他のサービスと比べる相対価値を見るのではなく、この費用の絶対価値について見てみましょう。

この価格は、実は1日あたりに直すとケーキ屋で「ショートケーキ1個」分の費用ほどです。

1日あたり「ショートケーキ1個」分の費用で、経験豊富な講師陣に毎日質問でき回答をもらえる環境って、とてつもなく素晴らしい環境ではないでしょうか?

ユーキャン手話入門講座の返金はある?

申込後のキャンセルについて

教材の開封・未開封、使用・未使用にかかわらず、教材到着後8日以内であれば、返品でき、返金手続きが可能となっています。

クレジットカードで申込みの場合、ユーキャンで取消処理の対応がされます。振込用紙による申込みの場合、返金手続きに関する手紙がユーキャンより郵送されてきますので、指定の口座へ返金してもらうようにしましょう。

一部講座は、8日以内でも返品不可の場合があるため、申込み前に各講座ページにて確認して購入しましょう。

手話を独学で学ぶには?

手話を独学で習得する場合

  1. 本などのテキストを購入して学習する方法
  2. オンラインなどの通信教育が開講している講座を受講する方法

この2つに分かれます。

どちらの学習法においても種類は豊富なので、自分自身に合った学習ツールを見極めることが大切です。

改めて「手話」とは何か?

耳が聞こえない、聞こえづらいなど、耳の不自由な人が、自分の意思を他人に伝えるために、言葉を音でなく、手の動きや顔の表情などで表現する言語を「手話」といいます。

独学で学ぶメリットとデメリット

それでは、手話を独学で学ぶメリットとデメリットについて見てみましょう。

独学のメリット

介護福祉などの専門学校で学ぶのと比較すると、費用が安く済むという利点があります。

また手話は、地域の手話講習会で学ぶこともできますが、決まった時間に決まった場所に赴く必要がなく、自分の都合の良い時間に好きな場所で学習が出来ることから、仕事が忙しくて時間が確保しにくいという方にとっても続けやすいです。

独学のデメリット

学習につまずいた際、気軽にその場で講師に質問をすることが出来ません。

例えば、同じ日本人同士でも、手話は根本的には日本語とは違う言語です。単語数も違いますし、単語の使い方も耳が聞こえる人が使う日本語とは違います。

ですので、膨大な時間をかけ疑問点を自分で調べ、解決していかなければなりません。

ただ、通信教育が開講している講座を利用した場合、講師による個別指導や質問対応などのサービスを利用することが出来ます。

サポート体制が整っている講座を選ぶことで、予備校やスクール同様の学習効果を期待することが可能です。

手話は独学で取得可能か?

手話は、独学での習得が可能です。

ろう者の方とスムーズにコミュニケーションできることが学習の目的となるため、テキストなどの手話の基礎教材を利用し、日常でよく使う手話の表現方法を覚え、顔の表情の豊かさを楽しみながら、あなたの言葉として定着出来るように練習を繰り返しましょう。

手話には無い日本語、日本語には無い手話がありますので、それらの言葉をどういった言葉に置き換えるか?は、あなたの言葉のセンスにかかってきます。それらも含めて、手話でのコミュニケーションを楽しみましょう。

手話資格の試験難易度

手話資格の試験難易度は、どの程度のレベルを目指すかによって異なります。

例えば、厚生労働大臣が認定する「手話通訳士」試験では、2020年の合格率が平均11.0%となっています。

一方で、民間資格である「手話技能検定」では、1~7級、準1級・準2級の9種類の資格試験があり、2019年に行われた5級試験(挨拶・自己紹介・趣味についてコミュニケーション)の合格率は95.8%となっております。

挨拶程度の手話の基礎的な内容を習得することが目的であれば、手話技能検定などの入門編あたりで十分とされているため、難易度としてはやや易しめとされています。

手話の試験内容

手話の基礎的な分野として、ここでは「手話技能検定5〜7級レベル」の指文字、基本単語、文法学習の基礎の3分野に関する試験内容についてご紹介します。

指文字

指文字とは、五十音1音1音に対応して作られた記号のことで、この指文字を習得することで、言葉の意味は分からなくても、指文字を使って言葉を相手に伝えることができます。

手話表現が分からなくても、1音1音で言葉を作って相手に伝えることができます。

基本単語

この基本単語では、日常生活で活用する挨拶などの基本的な日常会話表現と、数字表現など、約100語の基本単語をマスターします。

これらの単語だけでは日常会話は成立するとまではいきませんが、「基本単語」をマスターしなければ応用などできません。

全ての基本がここに詰まっています。

文法学習の基礎

この文法基礎からが本格的な手話といえます。

注意しておきたいのは、同じ日本人同士でも、手話は、日本語とは異なった文法の言語だということです。

さらには手話には「日本語対応手話」、「日本手話」、「中間型手話」などの種類もあります。

相手にあなたが伝えたい事と同じ意味として理解してもらうためには、日本語と同じ表現でなかったりする場合もあります。

手話の資格取得に何時間くらいの勉強が必要なのか?

手話を日常会話レベルで習得する場合、学習期間は1日30分程度の学習で約3か月間とされています。

通信講座でも日常会話を理解できるまで、約3ヶ月が目安の学習期間として設定されていることが多く、学習が終わらなかった場合には延長することも可能です。

仕事が忙しくても、毎日行われているテレビの新型コロナウイルスの定例会見などで、日々の生活の中で手話を見る機会が増えましたので、スキル向上に集中することが出来ます。

手話は初学者でも取得できるのか?

手話は、初学者でも十分に習得が可能です。

本屋に行けば手話の本はたくさん並んでいます。ただ1人で本を見て勉強を進めることに不安を覚えるならば、通信講座の利用を検討してみてはいかがでしょう?

多くの通信講座は手話が初めての方でも安心して学べるように、手話教室の学習法を取り入れた入門コースを準備しているため、予備知識がゼロでも学習を続けやすい環境が整えられています。

また、挨拶や自己紹介など、すぐに使える日常会話の基礎的なことから学習をスタートすることで、実践することで繰り返し使うことで、記憶の定着を図っていきます。

そして多くの通信講座の素晴らしいところは、添削課題はろう者のネイティブサイナー(手話を母語とする人)がチェックしてくれるということろです。

間違いがすぐに気が付けるため、初学者でも安心して勉強出来るユーキャンの手話入門講座になっています。

最後に

知識もない初学者が手話講座を選ぶなら、通信講座で有名な「ユーキャン(U-CAN)」はオススメです。

ユーキャンの学習法が、あなたのライフスタイルに合うのか?向き不向きをしっかりと判断した上で、申し込みましょう。

ユーキャンの「手話講座」サイトトップ画像

ユーキャン 手話入門講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン 手話申込み画像