TAC危険物取扱者講座ってどう?評判や口コミ、費用をまとめました

TAC危険物取扱者講座ってどう?評判や口コミ、費用をまとめました

avatar

TACの「危険物取扱者」講座って信用できるのかな?

講座の悪い評判や口コミ、あと費用とかも知りたい!

avatar

危険物取扱者の業務は、消防法で定められている燃えやすい危険物(ガソリンや灯油など)を甲種危険物取扱者は全類の危険物、乙種危険物取扱者は指定の類の危険物について、取り扱いと定期点検、保安の監督ができる「危険物取扱のプロフェッショナル」です。

物理・化学の知識もない初学者が危険物取扱者(乙種第4類)資格を取得したいなら、通信講座で有名な「TAC」はオススメです。

社会人の初学者の方を対象に、仕事と勉強を両立し無理なく着実に合格レベルに到達できるTACの講座「危険物取扱者乙種4類合格コース」は¥9,000(税込)となっています。※(2022年11月21日現在)

「TACが気になっているけど、まだ迷う、、、」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

▶︎▶︎▶︎【TAC危険物取扱者講座の特徴】

  1. 予測精度が高い!他に何も必要としないオールインワンのテキスト教材
  2. 自分の解釈解法が「どこまで正しくて、どこで躓くのか?」が、はっきり認識できる講義
  3. 配信スケジュールに乗って勉強できるので自分でスケジュールを立てる必要がない

 

 

目次

TAC危険物取扱者Web通信講座「やめとけ、、、」悪い評判・口コミ

どの危険物取扱者の通信講座にも、メリットもあれば必ずデメリットもあります。

まずは、TACの危険物取扱者講座のTwitterで見つけたネガティブな評判・口コミの中で、「これはちゃんと確認しておかないと怖いな、、、」という口コミをチェックしてみましょう。

気になる悪い評判・口コミでチェックするのは、以下の4つです。

  1. 講座の教材テキストが難しい、、、
  2. 講義内容が難しい、、、
  3. 質問メールへの回答が遅い、、、
  4. 講座の値段が高い、、、

一つずつ見ていきましょう。

 

【口コミ①】:TAC「危険物取扱者」通信講座の教材テキストが難しい、、、

avatar

TACの「危険物取扱者」講座は、どういう評判や口コミが多いの?

「テキスト教材が難しい、、、」という口コミがあるわね。

avatar

まず最初の気になる口コミは、以下のような「テキスト教材が難しい、、、」というものです↓

「テキスト教材の難しさ」についての口コミがあります。

やはり、テキスト教材が難しいと、正直ちょっと戸惑いますよね、、、。

TAC「危険物取扱者」講座のテキスト教材の特徴は?

TACの危険物取扱者通信講座のテキスト教材は、なぜ難しいのか?その特徴をまとめてみました。

【特徴1】:そもそも「危険物取扱者とは何か?」から理解できるテキスト教材

危険物取扱者乙種4種とは業務で消防法に定められている危険物が扱えるようになる国家資格です。危険物取扱者の資格は甲種・乙種・丙種の3つの分類があり、それぞれ扱える危険物の種類などに違いがあります。乙種4種を取得することで扱える危険物はガソリンやいくつかの化学物質です。

そのため、当該資格を取得すればガソリンスタンドや化学薬品を利用するメーカーで危険物を扱う業務を行えるようになります。また、第二種電気工事士や第三種冷凍機械責任者といった資格と組み合わせてビルメンテナンス会社に勤めることも可能です。

試験で問われる内容は危険物取扱に関する法律と、物理や化学の基礎、危険物の安全な扱い方と消火方法の3つです。問題数は35問で試験時間は120分となっています。合格するためには60%以上の正解率が求められるため簡単な資格とは言えません。直近5年の合格率は38%前後となっています。とくに2021年は36.1%と低くなっているので決して油断はできません。

【特徴2】:効率良く得点力UPを狙うTAC危険物取扱者講座のテキスト教材

テキスト教材は一問一答形式の問題集と本試験と同じ形式の問題集、さらに実力テストの3つで構成されています。それぞれ目的の異なる教材となっており、試験合格に必要な力を磨くのに役立ちます。

一問一答形式の問題集はアウトプットを繰り返すことで、学んだことを容易に引き出せるようにします。トータル500問の大ボリュームで、復習から弱点克服まで幅広い使い方が可能です。一問一答形式なので記憶が定着したか確認するのにも活用できます。隙間時間を使った学習とも相性がいいです。

本試験の問題と同じ形式の問題集の目的は本試験に慣れることです。本試験と同じ形式の問題を解くことで、本番で緊張して実力を発揮できなくなるリスクを抑えられます。イラストやグラフを使った詳しい解説も魅力です。物理や化学といった、すぐには解法が分からない問題を解く足がかりになってくれます。

実力テストは上記2つのテキスト教材で学んだ内容が身についたか確認するためのものです。本番と同じように時間を決めてテストを行うことで、本試験に向けての課題が見えてきます。

 

【口コミ②】:TAC危険物取扱者の講義内容が難しいから受からない、、、

avatar

TACの「危険物取扱者」講座は、どういう評判や口コミが多いの?

「講義内容が難しい、、、」という口コミがあるわね。

avatar

続いて、2つ目の気になる口コミは、「講義内容が難しい、、、」というもの。

例えば、以下のような口コミです↓

「講義内容の難しさ」についての口コミがあります。

やはり、抗議が難しいと、正直ちょっと戸惑いますよね、、、。

TAC「危険物取扱者」通信講座の講義内容はどうなってる?

TACの危険物取扱者通信講座の講義内容は、なぜ難しいのか?その特徴をまとめてみました。

【特徴1】:着実に資格試験合格を狙うためのTAC危険物取扱者講座

TACが提供する危険物取扱者乙種4類に特化したオンライン通信講座です。インターネットで配信される講座動画を見て基礎と要点を学び、問題集を解くことで試験を突破するのに必要な力を効果的に身につけられます。

従来はパソコンを使った通信講座がメインでしたが、本コースはスマートホンによる視聴も可能なため、通勤の電車で次の内容を予習したり、分からない箇所を復習しやすくなっています。

教材は全てTACオリジナルのもので、持ち運びしやすい小型冊子ながら内容は充実しており、最新の試験傾向をつかむのに役立つだけでなく、試験に出題されやすい法改正された部分を効率的に把握できるようになっています。

講義のスケジュールはプライベート時間の少ない社会人を考慮して、短時間でも頻出箇所を学べるようにデザインされています。学習の総仕上げとして行う模擬試験は国内最大規模の参加人数なので、より正確に自分の実力を確認可能です。模擬試験の結果から弱点や課題が分かるため、さらなる得点アップも期待できます。

【特徴2】:初学者でも6ヶ月で合格を目指せる講座カリキュラム

講座カリキュラムは6ヶ月を目安に完了するように設計されています。危険物取扱者乙種4類は短期間の学習でも十分に取得できる資格であるため、取り組み方によっては1ヶ月ほどで全ての内容を消化することも可能です。

仕事の都合に合わせて自分のペースで学習を進められます。法令と、物理や化学といった学術に関する2つのパートに分かれており、関連知識を結びつけて学べるので知識が定着しやすいです。時間をかけずに多くの必須知識を得ることができます。

6ヶ月で合格を目指すために講座が力をいれているのはインプットとアウトプットのバランスです。講座動画や教本を使って出題箇所のうち頻出される部分を重点的にインプットしたら、問題集を使って徹底したアウトプットを行います。

危険物取扱者乙種4類は出題範囲が広く、アウトプットが合格の鍵になるため、質の高い演習問題が欠かせません。解説に比重を置いた問題集と、数をこなして記憶の定着をはかるテキスト問題集の2種類のドリルでアウトプットの不安を感じることなく学習に取り組めます。

【特徴3】:試験合格へと導く!1コマ30分の講義動画の特徴

TACの講義動画では教室講義を行っている人気講師の講座をインターネット経由で視聴できます。講義動画は全て1コマ30分と短時間になっているため、集中力を切らすことなく内容を把握できます。

動画の構成は頻出箇所の解説、覚えやすい暗記方法、講義内容のまとめとなっています。いずれも得点力のアップにつながるため実践的です。

アプリから動画を視聴する場合は便利な機能も数多く利用可能です。分かっている内容を飛ばせるスキップ機能や、倍速再生機能も2倍速まで利用できるため、少ない勉強時間を有効に使った学習ができます。特にスキップ機能は10秒・30秒・60秒の3つのスキップ時間を指定でき、何度もボタンを押す必要はありません。

前回視聴したところの続きから再生する「続きから再生機能」を利用すれば、通勤通学の電車の中やクリニックの順番待ちといった隙間時間を上手く使いながら学んでいけます。忘れやすい箇所は、講義動画の再生開始時間を設定できるしおり機能が便利です。動画の覚えたい箇所にしおりを置くことで、手軽に苦手ポイントの克服を目指せます。

 

【口コミ③】:TAC「危険物取扱者」通信講座のメール質問の回答が分かりにくい、、、

avatar

そして、三つ目の評判や口コミは、どんなものがある?

「メール質問の回答が分かりにくい、、、」という口コミもあるわ。

avatar

続いて、3つ目の気になる口コミは、「メール質問に対しての回答が遅い、、、」というもの。

例えば、こんな口コミです↓

メール質問の回答が遅い。たしかに、コレは気になりますよね、、、。

私もこういうのは気になってしまうタイプなので、気持ちはよくわかります。

TAC危険物取扱者講座の合格率は?

残念ながら、TACから公式に危険物取扱者講座の合格率は公表されていません。

合格率については、web通信講座であるがゆえ、教室参加の受講者よりも接点が非常に少なく、コミュニケーションが少ない中で正確な合格率の情報を聞き出すことが困難であり、合格率を算出するための正しい合否データの収集ができないからです。

ただし、TACでは他の講座も含む合格人数は公表されていて、

  • 「行政書士」の合格者数118名(2021年度)
  • 「公認会計士」の合格者数289名(2021年度)
  • 「税理士」の合格者数248名(2021年度)
  • 「中小企業診断士」の合格者数200名(2021年度)

となっています。講座の合格率は公表されていませんが、それ以外の難関と言われている資格試験講座の合格者数は大変多いという実績があります。危険物取扱者試験だけが極端に合格率が低いとは考えにくいため、高い指導実績も今後公開されることが期待できます。

TAC「危険物取扱者」通信講座のサポート体制はどうなってる?

「疑問点は早めに解決することが大切」という信念のもと行われるTACの学習フォローシステム。そのサポート体制の特徴をまとめてみました。

TACは、危険物取扱者講座で「Webフォロー」「質問メール」や「クラス振替出席フォロー」がサポートとして用意されていますので、これらのフォローを活用することで、合格へ導いてくれる力強い存在になるでしょう。

【特徴1】:TAC危険物取扱者講座のサポート体制

TACは専用アプリを介して多種多様な学習サポートを提供しています。講義内容やテキスト教材の問題で分からないところがあれば、メールによる質問サポートを利用可能です。問題集の分からない箇所をスマホで撮影して質問メールに添付して送れば、具体的で分かりやすい返答を得られるでしょう。講師が質問に答えてくれることもあるため、より役立つ助言をもらえます。

この他にもアプリには学習をサポートする機能が豊富です。学習カリキュラムがどこまで進んでいるのかひと目で分かる学習進歩機能を活用すれば、学習計画の遅れを未然に防げます。模試を受けたらアプリに結果が記録されるため、現在の実力や強み・弱みをいつでも確認できます。今後の学習計画を立てる際に役立つでしょう。

さらにFAQや専用掲示板を使った利用者どうしのサポートも充実しているので、TACのフォロー体制に頼らなくても問題を解決できることも少なくありません。受験に関する最新情報は会員ページで紹介され、重要な変更を見逃す心配が無いのもポイントです。

【特徴2】:TACマイページ(i-support )で情報を一元化

TACのポータルサイト「TAC WEB SCHOOL」内の「i-support」では、添削結果や個人別成績表のほか、「教材」に関する情報や「講師からのメッセージ」「よくある質問」など、学習に役立つ情報を確認することができます。

独学では得られない試験情報が手元で知ることができます。情報過多になってしまうことも注意しなければなりませんが、一人で情報収集するよりも圧倒的に有益な情報量は増えますので、うまく活用することで、受験を有利に進めることも可能です。

TAC内での情報の一元化ができ、勉強以外のことで時間を無駄に使うことが減り、効率の良い学習をすることが可能です。

【特徴3】:質問メールで疑問点を早く解決できる

「疑問点は早めに解決することが大切」を信念にしているTACは、受講中に生じる学習上の疑問を、「講師・スタッフ」が丁寧に答えてくれる質問制度があります。

「質問メール」も有効なフォローアップで、メール形式で質問することによって文章で分かりやすい回答が得られます。

質問メールも自分が抱えている疑問を講師陣に伝わるように言語化することが、質問する際に最も重要なことですが、言語化が難しい疑問だとしても、経験豊富な講師陣が揃っていますので、ある程度の悩みは把握してくれるでしょう。

【特徴4】:TACの講義を、いつでも・どこでも、オンラインで勉強できる

「Webフォロー」は、場所を選ばず講義を好きな時に何度でも受講できるサポートですので、苦手分野の部分を何度でも学び直せるのが魅力といえるです。

ただ、注意しておかなければならないのは、動画講義を繰り返し視聴できるという意味のフォローなため、分からないポイントを個別に教えてくれるというものではありません。

教室講義を収録した講義映像を、パソコン、スマートフォンやタブレットなどを活用して、好きな時間に、あなたの自宅でオンラインで受講することが可能です。大きな分厚いテキスト教材を持ち歩く必要はありません。

また、時間がないあなたでも活用しやすいようにWeb講義の倍速機能や、分からないことが出てきたら「質問メール」でのフォローも充実しています。時間がない忙しいあなたが効率的に学習を進めるためオンライン学習を可能にしています。

【特徴5】:クラス振替出席フォロー

「クラス振替出席フォロー」は、Web受講以外に実際の授業を受講している方限定のサービスで、これは講義を欠席した場合でもクラスや校舎を自由に選んで出席できます。

仕事で受講できなかったという場合も振替授業を受けられますし、動画を見ながら気になった点もスムーズに質問できる仕組みになっているのも注目です。

そして、この学習サポートを活用された方の、こんな口コミもありました↓

TACの質問への回答は、こんなにもクオリティの高い回答が返ってくるようですね。

これなら返信に少し時間がかかるのも納得です。

 

【口コミ④】:TAC危険物取扱者の通信講座の料金が高い、、、

avatar

そして最後、四つ目の評判や口コミは?

「料金が高い、、、」という口コミもあるわね。

avatar

最後4つ目の気になる口コミは、「講座の料金が高い、、、」というもの。

これに対して、例えばこんな口コミがありました↓

料金が高いというのは厳しいですね。

TACの危険物取扱者講座の料金が、どのようになっているか確認してみましょう。

TAC危険物取扱者の通信講座の料金は?

社会人の初学者の方を対象に、仕事と勉強を両立し無理なく着実に合格レベルに到達できるTACの講座「危険物取扱者乙種4類合格コース」は¥9,000(税込)となっています。※(2022年11月21日現在)

これとは別に、入会金:10,000円(税込)が必要です。

時期によってはキャンペーン等で割引になっています。※詳しくはTAC公式サイトで確認ください。

危険物取扱者の通信講座はたくさんありますが、このページでは他のサービスと比べる相対価値を見るのではなく、この料金の絶対価値について見てみましょう。

この「9,000円」という費用は、実は1日あたりに直すとたったの50円です。

約6ヶ月間、1日あたり50円で、講師陣に毎日質問でき不安や疑問を日々解決していくことができる環境って、とてつもなく素晴らしい環境ではないでしょうか?

TACの「危険物取扱者」通信講座の返金はある?

TACの危険物取扱者通信講座の返金保証について確認してみましょう。

TACの「危険物取扱者」通信講座の途中退会

TACの危険物取扱者通信講座を購入した後、途中退会は可能ですが、注意しなければならないのが、支払った金額の全額が返金される訳ではないということです。

TAC利用規約には、こんな記載があります。

ア.講座開始日前の解約・返金について

  • (ア)講座開始日(注1)前であれば、理由の如何を問わず、お客様からのお申し出により解約・返金させていただきます。
  • (イ)原則として、受領済み受講料の全額を銀行振込にて返金いたします。返金処理にかかる銀行振込手数料はお客様負担とさせていただきます。
  • (ウ)入会金は初期登録手数料(注2)のため、返金の対象とはなりません。
  • (エ)お受取になった教材類は、返金時までに全てご返却いただきます。その際の送料は、お客様負担とさせていただきます。なお、教材類に折目・書込みなどの破損・汚損がある場合につきましては、TAC所定の価格表に基づき返金額より控除いたします。

※詳しくは、TAC公式サイトを参照、または事務局へお問い合わせください。

お得な各種割引制度

次へと向かう受験生を強力にサポートするTACは、受験経験のある方は受講料が割引になる「受験経験者割引制度」や、TACの危険物取扱者講座の本科生を受講された方は、さらにオトクになる「再受講割引制度」など、さまざまな割引制度があります。

※詳しくは、TAC公式サイトを参照、または事務局へお問い合わせください。

 

TAC「危険物取扱者」通信講座はこんな人におすすめ

TACの危険物取扱者通信講座が”向いている人”をまとめてみました。

①確かな合格実績がある「危険物取扱者」通信講座で勉強したい人

危険物取扱者通信講座を選ぶなら、これまで40年以上の受験指導ノウハウに基づいて、「どのような順番でどのように学習すれば、効率よく力をつけていけるのか?」が明確なTACはおすすめです。これまで合格実績を見れば、TACの合格ノウハウは信頼できるものではないでしょうか?

②危険物取扱者の過去問に力を入れ合格率を高めたい人

危険物取扱者の国家試験は、「このような問題が解ける人材が欲しい!」という、国が求める人材募集でもあります。

TACの危険物取扱者講座では、科目別・体系順に重要度のランク付けされた、これまでの危険物取扱者試験の「過去問」が厳選され掲載されている問題集があります。

これら過去問を繰り返し解くことで、「どのような人材を求めているのか?」を理解することで合格に必要な実力を身に付け、着実に合格率を高めていきます。

③難易度が高い危険物取扱者試験だから充実した質問サポートが欲しい人

危険物取扱者試験の合格率は30〜40%程度という難関試験です。合格するために危険物取扱者の通信講座を受講する中で、疑問や不安は必ず出てきますが、口コミでご紹介したように、サポートの手厚いTACであれば、丁寧なメールサポートなどで、それら疑問や不安も解消することができるでしょう。

悩み事を抱えたままでは、効率良い学習を進めることはできませんので、疑問に思ったことをきちんと解決しながら学習を進めたい人には、これまで40年の指導実績のあるTACはオススメの環境です。

④完成度の高いテキスト教材・講義で勉強時間を圧縮したい人

これはTAC受講生で試験合格者の感想です。

「学習中は不安になって他社の教材を購入したりしたのですが、結局はTACの基本テキストと過去問集があれば万事において事足りたと今となっては感じます。」

TACの戦略的合格カリキュラム、そしてテキスト教材や講義は、これまで40年以上の受験指導ノウハウに基づいて製作された洗練されたものです。

曖昧な論点は丁寧に解説され、例題ありきのテキストが理解を深め、テキストと練習問題が一体化しているので躓きが分かりやすいテキスト教材となっています。

 

最後に

物理・化学の知識もない初学者が危険物取扱者(乙種第4類)資格を取得したいなら、通信講座で有名な「TAC」はオススメです。

社会人の初学者の方を対象に、仕事と勉強を両立し無理なく着実に合格レベルに到達できるTACの講座「危険物取扱者乙種4類合格コース」は¥9,000(税込)となっています。※(2022年11月21日現在)

TACの学習法が、あなたのライフスタイルに合うのか?向き不向きをしっかりと判断した上で、申し込みましょう。

▶︎▶︎▶︎【TAC危険物取扱者講座の特徴】

  1. 予測精度が高い!他に何も必要としないオールインワンのテキスト教材
  2. 自分の解釈解法が「どこまで正しくて、どこで躓くのか?」が、はっきり認識できる講義
  3. 配信スケジュールに乗って勉強できるので自分でスケジュールを立てる必要がない