ユーキャン危険物取扱者講座ってどう?評判や口コミ、費用をまとめました

ユーキャン危険物取扱者講座ってどう?評判や口コミ、費用をまとめました

avatar

ユーキャンの「危険物取扱者」講座って信用できるのかな?

講座の悪い評判や口コミ、あと費用とかも知りたい!

avatar

危険物取扱者の業務は、消防法で定められている燃えやすい危険物(ガソリンや灯油など)を甲種危険物取扱者は全類の危険物、乙種危険物取扱者は指定の類の危険物について、取り扱いと定期点検、保安の監督ができる「危険物取扱のプロフェッショナル」です。

物理・化学の知識もない初学者が危険物取扱者(乙種第4類)資格を取得したいなら、通信講座で有名な「ユーキャン(U-CAN)」はオススメです。

専門的な内容も、噛み砕いたやさしい解説で学べ、最短五ヶ月で合格を目指せるユーキャンの「危険物取扱者講座」は¥39,000(一括払い:税込)となっています。※(2022年11月20日現在)

「ユーキャンが気になっているけど、まだ迷う、、、」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

▶︎▶︎▶︎【ユーキャン危険物取扱者講座の特徴】

  1. 五ヶ月で危険物取扱者(乙種第4類)合格を目指せる受講生の効率のよいインプット作業が可能
  2. 物理・化学の知識もない初学者の理解促進のため「4コマ漫画やイラスト・図表」で理解プロセスを簡単に
  3. 学習進捗や理解度を計れる「添削課題」は、弱点のあぶり出しと弱点克服に有効

 

 

目次

ユーキャン危険物取扱者Web通信講座「やめとけ、、、」悪い評判・口コミ

どの危険物取扱者の通信講座にも、メリットもあれば必ずデメリットもあります。

まずは、ユーキャンの危険物取扱者講座のTwitterで見つけたネガティブな評判・口コミの中で、「これはちゃんと確認しておかないと怖いな、、、」という口コミをチェックしてみましょう。

気になる悪い評判・口コミでチェックするのは、以下の4つです。

  1. 教材テキスト、痒いところに手が届かない、、、
  2. 講義内容が難しい、、、
  3. 質問メールへの回答が遅い、、、
  4. 講座の値段が高い、、、

一つずつ見ていきましょう。

 

【口コミ①】:ユーキャン危険物取扱者通信講座の教材テキストは痒いところに手が届かない、、、

avatar

ユーキャンの「危険物取扱者」講座は、どういう評判や口コミが多いの?

「テキスト教材は痒いところに手が届かない、、、」という口コミがあるわね。

avatar

まず最初の気になる口コミは「教材テキストは痒いところに手が届かない、、、」というもの。

例えば、こんな口コミです↓

「痒いところに手が届いてない、、、」このようなコメント、気になりますよね、、、。

私もこういうのは気になってしまうタイプなので、気持ちはよくわかります。

ユーキャンの「危険物取扱者」通信講座は、どうなっている?

「学びを革新し、誰もが持っている無限の力を引き出す」ユーキャンの危険物取扱者講座のテキスト教材の特徴をまとめてみました。

【特徴1】:理解のプロセスをシンプルにした理解度を深めるテキスト教材

<画像:ユーキャン公式ページより引用>

・本講座で使用する学習テキストのリストは?

ユーキャンの危険物取扱者講座は、さまざまな教材を使って学習に取り組めます。メインテキストが3冊ある他に、学習を補足する副教材もあります。

メインテキストは「基礎物理と基礎科学」「危険物の性質と取扱法」「危険物に関する法令」の3冊です。試験では基本的な理解を問われるような問題が多く出題されているため、基礎知識をきちんと身につけないことには合格を期待できません。

・初学者でも安心な学習テキスト

そのためまず「基礎物理と基礎科学」を1ヶ月目に学習し、基礎知識をマスターします。初心者だとハードルが高いように思えるかもしれませんが、専門用語もわかりやすく解説されているので安心です。

基礎知識がある程度マスターできたら、次は「危険物の性質と取扱法」「危険物に関する法令」を使って試験の対策をしていきます。テキストはただ単に情報が掲載されているわけではありません。試験の出題傾向をしっかりと分析したうえで作成されているので、出題頻度が高い部分を重点的に学習できます。そのため普通に取り組むよりも効率的な学習が可能です。

また、初心者のために「ビギナーズぶつりかがく」「ゴロおぼえ手帳」といった副教材も充実しています。わからない部分は副教材を有効活用してカバーします。

【特徴2】:疑問は解決しながら進められるメインテキスト

・テキスト教材のコンセプトは?

危険物取扱者講座のテキストメイン教材は、合格に特化して作成されているのが最大の特徴です。

たとえ危険物取扱者の知識がまったくなくても合格できるように、出題頻度を重視しています。出題頻度が高くない部分を無駄に学習してしまうことはありません。

学習の軸となるメインテキストはたったの3冊だけです。5ヶ月かけて3冊のメインテキストをじっくりと学習していくスタイルです。

しかも、まずは物理と科学の基礎から学んで土台を作っていくため、初心者でも少しずつ理解を深められます。物理や化学がそれほど得意ではない人も安心して受講できます。

・補足説明が充実しているテキスト教材

また、たとえば試験で出題される可能性が高い重要なポイントには、欄外に補足説明が明記されています。補足説明が明記されているため、より深く学ぶことが可能です。

要点が何なのかを容易に把握できるため、学習がスムーズに進みます。各セクションの最後には練習問題がありますから復習できますし、試験で必要な知識がしっかりと定着します。

この練習問題は、試験で戸惑ってしまわないように実践感覚を養うのに効果的です。繰り返し解いていれば、頭だけでなく体で覚えられます。きちんと理解できているかどうかをチェックするのにも役立ちます。

【特徴3】:物理・化学の知識がない受講者でも大丈夫

・誰でもわかる基礎から学べるテキスト教材

物理・化学の知識がないと学習に対して壁が高く感じられてしまうものですが、そうしたタイプの人でもわかりやすいようにさまざまな工夫がされています。

視覚的に理解できるように、余計な情報を削ぎ落した見やすいレイアウトを採用しています。スラスラと読めるように文字サイズは大きくしていますし、使っていてストレスを感じないように工夫されています。

言語だけでは伝わりにくい部分については、イラストや図解で解説しています。イラストや図解ならパッと見て理解できるので、とてもわかりやすいのは間違いありません。専門性が高くて複雑な内容も、イラストや図解にしてわかりやすくしています。

・専門用語が並んでいてもストレスがかからないテキスト

文字ばかりが多いとどうしても苦手意識が出てしまい、学習に対するモチベーションが低下してしまいます。ですが、イラストや図解なら複雑に考えることなく自然と頭の中に内容がスーッと入ってくるため、学習のモチベーションを高いままに保てます。

また、内容もわかりやすいように、身近な例にたとえて説明している場合もあります。そのため、ただテキストを読み進めているだけでいつの間にか理解しているということもめずらしくありません。不安が大きい初心者でも大丈夫です。

 

【口コミ②】:ユーキャン危険物取扱者の講義が難しいから受からない、、、

avatar

ユーキャンの「危険物取扱者」講座、二つ目の評判や口コミは?

「講義内容が難しい、、、」という口コミもあるわね。

avatar

続いて、2つ目の気になる口コミは、「危険物取扱者講座の内容が難しい、、、」というもの。

例えば、以下のような口コミです↓

「これ正直難易度高いんじゃないですかね、、、」「もともと文系だった人間なので化学とか物理とか難しくて難しくて、、、」という口コミがあります。

こういう口コミがあると、正直ちょっと戸惑いますよね、、、。

ユーキャンの危険物取扱者講座の講義内容はどうなってる?

ユーキャンで口コミや評判になっている、危険物取扱者講座の講義の特徴をまとめてみました。

【特徴1】:最短5ヵ月で合格が目指せる!ユーキャンの「危険物取扱者講座」

・危険物取扱者ってどんな資格なの?

ユーキャンの危険物取扱者講座は、ガソリンや灯油などの消防法で定められている燃えやすい危険物を業務で取り扱える「危険物取扱者」の国家資格を取得できる講座です。

危険物取扱者試験は、甲種・乙種・丙種という3つの区分があります。第1類~第6類の危険物全てを取り扱うことができる「甲種」、第1類〜第6類の各試験で合格した危険物を取り扱える「乙種」、ガソリン・灯油・重油・軽油・潤滑油・引火点130℃以上の第3石油類・第4石油類、動植物油類のみ取り扱える「丙種」という3つの区分があります。

ちなみに一番人気の資格は「乙種第4類」で、危険物取扱者試験受験者の全体の80%以上が受験されています。

・どのような目的の講座なのか?

ユーキャンの危険物取扱者講座は、過去に実施された試験を徹底的に分析して無駄なく学習できる、とても秀逸なカリキュラムを設けた講座です。危険物取扱者は需要の高い資格なので、各業界で求められています。需要が急になくなることは考えにくいので、転職において常に有利です。

この危険物取扱者講座は、資格を取得するまでのスケジュールにも魅力があります。無駄なく学習できるカリキュラムで、初心者でも5ヶ月で合格を目指せるスケジュールです。資格を取得するのに長い期間を要するわけではありません。

もちろん決して簡単ではありませんが、ユーキャンが受講者の合格をしっかりとサポートします。独学では考えられないような手厚いサポートを受けられるので、学習するのが辛くありません。

だからこそ毎年たくさんの人に選ばれています。出題される傾向をきちんと押さえて学習を進めるため、ロスがないのが特徴です。教材がわかりやすいように工夫されているので、わずか5か月での合格を実現させています。初めてでもチャレンジしやすい講座です。

【特徴2】:「合格に必要な知識だけ」に絞って学べる五ヶ月間の学習カリキュラム

・自分のペースで進められる学習スケジュール

初心者でも無理なく合格を達成できるように、たった5ヶ月で完了する効率的な講座スケジュールを組んでいます。試験を受験する月を決めたら、あとは自分のペースで学習を続けるだけです。

ライフスタイルは人によってさまざまですが、それを崩すことなくマイペースで学習に取り組めるようになっています。最初に受験する月や目標を立てておくため計画が狂いにくいです。どのように学習すれば良いのか非常にわかりやすいのが魅力です。

・ガイドブックでスケジュールを確認しながら進められる学習

最初から5ヶ月で合格を達成するイメージができるように、メインの教材と一緒に学習の方法が理解できるガイドブックが届きます。ユーキャンは、まずこのガイドブックの確認をおすすめしています。なぜなら確認することで、大まかな学習のスケジュールを把握することができるからです。

全体的なイメージがつかめていないと、学習をしていても不安が募ってしまいます。それでは集中力が削がれてしまいますし、精神的にも疲れてしまいかねません。

そのような状態にならないように、どうやって学習に取り組めば良いのかをしっかりサポートしてもらえます。まず最初の月に何を学習すれば良いのか、2か月目や3ヶ月目はどうすれば良いのかがわかります。

・どのようなスケジュールで勉強を進めるの?

学習の1ヵ月目は「物理・化学」の学習からスタートします。乙種試験では物理と化学の基本的な知識を問うものが中心ですので、基礎知識をしっかり身につけていきます。

2〜3ヵ月目からは、危険物に関する本格的な学習である「危険物の性質と取扱法」「危険物に関する法令」を学習します。テキスト教材は、出題傾向を徹底分析して作成されていますので、危険物取扱者の中でも特にニーズの高い「乙種四類」の対策も可能です。

4〜5ヵ月目からは、本番を見据えた総復習&模擬試験で、復習の期間となります。

 

【口コミ③】:ユーキャン危険物取扱者通信講座のサポートの質問回答が遅い、、、

avatar

そして、三つ目の評判や口コミは、どんなものがある?

「質問メールへの回答が遅い、、、」という口コミもあるわ。

avatar

続いて3つ目の気になる口コミは、「質問メールへの回答が遅い、、、」というもの。

これに対して、例えば以下のような口コミがありました↓

たしかに、コレは気になりますよね、、、。

私もこういうのは気になってしまうタイプなので、気持ちはよくわかります。

ユーキャン危険物取扱者講座の合格率は?

合格率についてはユーキャンからの公式発表がありません。ですので、ユーキャンの危険物取扱者試験における合格率を調べてみました。

参考までに2019年〜2020年度の厚生労働大臣指定「教育訓練給付金制度講座の検索システム」を活用し、教育訓練給付金を利用した「危険物取扱者試験(乙種第4類)」の受講生の合格率を割り出しましたので、参考にしてみてください。

2020年(令和2年) 2019年(令和元年)
受講修了者数 323名 219名
資格受験者数 164名 119名
受験率 49.4% 54.3%
合格者数 144名 107名
合格率 87.8% 89.9%

<引用:教育訓練給付金制度講座の検索システム>

ちなみに一般財団法人消防試験研究センターの発表によると、2021年(令和3年)危険物取扱者乙種4類試験合格率においての全体の合格率は「37.1%」となっています。

こうやって全体と比較してみるとユーキャンの「危険物取扱者講座」の受講者の合格率は「高い」と言えます。

ユーキャン危険物取扱者の通信講座のサポート体制はどうなってる?

口コミや評判になっている、ユーキャン危険物取扱者講座のサポート体制の特徴をまとめてみました。

【特徴1】:「ナビに従って毎日の課題に取り組むだけ」デジタル学習サイト

ユーキャンの「危険物取扱者講座」では、デジタル学習サイトを活用すればスケジュールや課題を管理は、「ナビに従って毎日の課題に取り組むだけ」という最適なツールです。

このデジタル学習サイトを利用することで動画講義の視聴のほか、ミニテストも可能となります。

毎日の課題をナビゲートしてくれる便利なツールです。受講者の現在の学習の進捗状況を常に把握していて、試験までの残りの期間から次に学ぶべき課題を提示してくれます。そのため次に何を勉強すればいいかがすぐに分かります。

【特徴2】:Eメールや郵送で気軽に質問できる

ユーキャンでは、学習期間中にわからないことがあった場合は、メールや郵送での質問を1日3問まで受け付けています。

本講座の標準学習時間は5カ月ですが、サポート期間は受講開始日から12カ月間までが受講料の中に標準保証されているので、学習が目安期間に間に合わなかった時でも安心です。

【特徴3】:いつでもどこでも勉強できるマルチデバイス機能

合格デジタルサポートはマルチデバイス対応で、スマートフォンやパソコン、タブレット端末でも利用できるため、テキストや動画講義を手軽に閲覧したり視聴したりすることができます。

スマートフォンで閲覧したり視聴することが可能なので、外出先や電車での移動時間などにも利用しやすいです。いつでもどこでも学べる環境が整います。

【特徴4】:弱点克服のためのフォローシステム

また、サポートパックに含まれるWebテストをスキマ時間などを活用しながら日常的に受けることによって、Webテストのデータも蓄積されるので、受講者が苦手としているところが徹底的に洗い出されます。

学習進捗状況の管理や弱点分析なども行えるので、弱点を克服するためのサポートを行ってくれます。理解しているつもりでもきちんと理解ができていなかったり、間違いやすいところを改善するのに適しています。合格のための知識の底上げにつながります。

※詳細は、ユーキャン公式ホームページを確認ください。

【特徴5】:副教材や添削課題で学習をサポート

副教材や添削課題は、メインの学習をサポートする役割を担っています。副教材の「ビギナーズぶつりかがく」は、物理や化学がそれほど得意ではない人のための教材です。物理と化学で押さえておきたい基本的な用語を、イラストをまじえながら丁寧に解説しているのが特徴です。

まず「ビギナーズぶつりかがく」で慣れておけば、学習が進んでもついていけるようになります。基本をマスターするのに役立つ教材です。

もう1つの「ゴロおぼえ手帳」は、試験に出題されやすい部分をわかりやすくまとめた手帳タイプの副教材です。マンガ調で構成されているので一切堅苦しくありません。しかも、いつでもどこでも自由に持ち運べるA5サイズです。少し暇な時間ができたら「ゴロおぼえ手帳」をパッと開き、隙間時間を使って有効的に学習できます。重要な項目を気軽に確認できるため、試験対策に非常に効果的です。

添削課題は模擬試験の2回を含めた全5回あります。知識をどれぐらい身につけているのか、理解度を知るために役立つのがポイントです。添削課題は科目ごとなので、それを目標に設定すると学習がスムーズに進みます。しかも、講師からの有益なアドバイスとともに返却されます。そのため弱点の克服に効果的です。

 

このユーキャンの危険物取扱者講座に関しての口コミです↓

 

【口コミ④】:ユーキャン危険物取扱者通信講座は費用が高い、、、

avatar

そして最後、四つ目の評判や口コミは?

「費用が高い、、、」という口コミもあるわね。

avatar

最後4つ目の気になる口コミは、「講座の費用が高い、、、」というもの。

これに対して、例えば以下のような口コミがありました↓

「費用が高い、、、」というのは厳しいですね。

ユーキャンの危険物取扱者講座の費用が、どのようになっているか確認してみましょう。

ユーキャンの危険物取扱者通信講座の費用は?

専門的な内容も、噛み砕いたやさしい解説で学べ、最短五ヶ月で合格を目指せるユーキャンの「危険物取扱者講座」は¥39,000(一括払い:税込)となっています。※(2022年11月20日現在)

  • 一括払い:39,000円
  • 分割払い:39,600円→3,300円×12回(12ヵ月)

時期によっては、資格取得応援キャンペーン等で、5,000円割引など行われていることもあります。※詳しくはユーキャン公式サイトで確認ください。

危険物取扱者の通信講座はたくさんありますが、このページでは他のサービスと比べる相対価値を見るのではなく、この費用の絶対価値について見てみましょう。

この「一括払い:39,000円」という価格は、実は1日あたりに直すとたったの260円です。

コンビニで「サンドウィッチ一個」分の費用ほどです。

1日あたり260円で、経験豊富な講師陣に毎日質問でき回答をもらえる環境って、とてつもなく素晴らしい環境ではないでしょうか?

ユーキャンの危険物取扱者講座の返金はある?

申込後のキャンセルについて

教材の開封・未開封、使用・未使用にかかわらず、教材到着後8日以内であれば、返品でき、返金手続きが可能となっています。

クレジットカードで申込みの場合、ユーキャンで取消処理の対応がされます。振込用紙による申込みの場合、返金手続きに関する手紙がユーキャンより郵送されてきますので、指定の口座へ返金してもらうようにしましょう。

※【注意】:ただ一部講座は、8日以内でも返品不可の場合があるため、申込み前に各講座ページにて確認して購入しましょう。

 

ユーキャン危険物取扱者通信講座はこんな人におすすめ

ユーキャンの危険物取扱者通信講座が”向いている人”をまとめてみました。

①信頼できるユーキャン危険物取扱者講座で合格ラインを超えたい人

なんといっても通信講座の業界大手のユーキャン(U-CAN)です。資格・趣味などの各種通信講座が約100種以上あり、これまで数多くの受講生がいます。

ユーキャンからの公式発表はありませんが、参考までに2019年〜2020年度の厚生労働大臣指定「教育訓練給付金制度講座の検索システム」を活用し、教育訓練給付金を利用した「危険物取扱者試験(乙種第4類)」の受講生の合格率は88〜89%と、全国平均と比較すると、かなり高い合格率を誇っています。

それだけの資格合格ノウハウが詰まっているということでもあります。安心できる信頼できる会社が運営する危険物取扱者講座で、合格のポイントである徹底的な「過去問攻略」したい人は、ユーキャンを選ぶべきでしょう。

②ユーキャン宅建士講座で効率よく勉強時間を作りたい人

まとまった時間、机に向かって学習できない人にとって、長時間じっくり見て学ぶ動画講義は必要ありません。仕事が終わり食事・入浴後の眠い目を擦りながら行う勉強で、動画講義で理解を深めることは非常に困難です。

しかし、ユーキャン危険物取扱者講座の「デジタル学習サイト」を活用すれば、テキスト教材や動画講義をお手持ちのスマホやパソコン、タブレットから視聴が可能になるため、外出先や電車やバス移動などのスキマ時間を有効活用することで、効率的に合格力アップが目指せます。

限られた時間の中で、睡魔と戦いながら学んだり、通勤や休み時間などの隙間時間で学んだり、効率よく学ぶには、短時間でテキストや音声で学び、疑問や不安を質問して解消するというユーキャンの学習方法が適していると思います。

③以前、ユーキャン危険物取扱者講座で落ちたからリベンジしたい人

質問というのは、理想と現実のギャップを埋め、今を変えていく力があります。一日一時間しか机に向かって学習する時間がない場合、小さな疑問も解決させる質問を毎日することで、学習のスピードUPを図ることができます。

初学者であれば、ユーキャンのことについて混沌とした思考や感情を講師に質問することで、スッキリ整理することができます。複雑に考えたままの学習では効率良くありません。

ユーキャン危険物取扱者講座の「デジタル学習サイト」を活用することで、苦手問題を浮き彫りにし、弱点克服を効率的にしてくれるだけでなく、試験日までの学習スケジュールを鑑みて、次に学習すべき課題を提示してくれますので、無駄のない効率的な勉強ができます。

④ユーキャン通信講座の料金を抑えたい人

なるべくユーキャン講座の料金を抑えて、試験合格を目指している方は、ユーキャンの講座はオススメです。

一括払いは、定価39,000円(税込)ですので、1日あたりに直すとたったの260円です。「サンドウィッチ一個分」の値段ですので、毎日のジュースやお菓子をちょっと控えるだけで、元は取れてしまいます。

分割払いは、定価39,600円ですので、3,300円×12回(12ヵ月)になります。月々3,300円で、危険物取扱者の資格を取得できる金額と考えれば、お財布にも非常に優しい価格ではないでしょうか。

 

最後に

物理・化学の知識もない初学者が危険物取扱者(乙種第4類)資格を取得したいなら、通信講座で有名な「ユーキャン(U-CAN)」はオススメです。

専門的な内容も、噛み砕いたやさしい解説で学べ、最短五ヶ月で合格を目指せるユーキャンの「危険物取扱者講座」は¥39,000(一括払い:税込)となっています。※(2022年11月20日現在)

ユーキャンの学習法が、あなたのライフスタイルに合うのか?向き不向きをしっかりと判断した上で、申し込みましょう。

▶︎▶︎▶︎【ユーキャン危険物取扱者講座の特徴】

  1. 五ヶ月で危険物取扱者(乙種第4類)合格を目指せる受講生の効率のよいインプット作業が可能
  2. 物理・化学の知識もない初学者の理解促進のため「4コマ漫画やイラスト・図表」で理解プロセスを簡単に
  3. 学習進捗や理解度を計れる「添削課題」は、弱点のあぶり出しと弱点克服に有効