スタディング

スタディングの危険物取扱者講座ってどう? 評判や口コミ、費用をまとめました

avatar

スタディングの「危険物取扱者」講座って信用できるのかな?

講座の悪い評判や口コミ、あと費用とかも知りたい!

avatar

危険物取扱者の業務は、消防法で定められている燃えやすい危険物(ガソリンや灯油など)を甲種危険物取扱者は全類の危険物、乙種危険物取扱者は指定の類の危険物について、取り扱いと定期点検、保安の監督ができる「危険物取扱のプロフェッショナル」です。

物理・化学の知識もない初学者が危険物取扱者(乙種第4類)資格を取得したいなら、通信講座で有名な「スタディング」はオススメです。

短期合格者の勉強法で、スキマ時間を有効活用して合格を目指すスタディングの「危険物取扱者講座(乙種4類合格コース)」は、¥4,950(一括払い:税込)となっています。※(2022年11月27日現在)

「スタディングが気になっているけど、まだ迷う、、、」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

▶︎▶︎▶︎【スタディング危険物取扱者講座の特徴】

  1. オンラインのみで全てが完結するので通勤時間などのスキマ時間で勉強できる
  2. 授業風景の録画ではなく映像講座として編集されているので視覚的で理解しやすい
  3. 暗記を補助するツールがあるので暗記力に多くを頼らない理解を深める学習

 

 

スタディング危険物取扱者講座Web通信講座「やめとけ、、、」悪い評判・口コミ

どの危険物取扱者講座の通信講座にも、必ずメリットもあればデメリットもあります。

まずは、スタディングの危険物取扱者講座講座のTwitterで見つけたネガティブな評判・口コミの中で、「これはちゃんと確認しておかないと怖いな、、、」という口コミをチェックしてみましょう。

気になる悪い評判・口コミでチェックするのは、以下の4つです。

  1. 講座の講義内容が難しい、、、
  2. 講座のテキスト教材のボリュームが多い、、、
  3. メールでの質問ができない、、、
  4. 講座の料金が安すぎて怖い、、、

一つずつ見ていきましょう。

 

【口コミ①】:スタディング危険物取扱者のテキスト・講義が理解できないから受からない、、、

avatar

スタディングの「危険物取扱者」講座は、どういう評判や口コミが多いの?

「講義内容が理解できない、、、」という口コミがあるわね。

avatar

まず最初に気になる口コミは「講座の講義内容が理解できない、、、」というもの。

例えば、こんな口コミです↓

「消火はまだよく分からず、、、」このようなコメント、気になりますよね。

私もこういうのは気になってしまうタイプなので、気持ちはよくわかります。

スタディングの「危険物取扱者」通信講座は、どうなっている?

「学びを革新し、誰もが持っている無限の力を引き出す」スタディングの危険物取扱者講座の特徴をまとめてみました。

【特徴1】:勉強方法で悩まない!スタディング危険物取扱者講座

スタディングの危険物取扱者講座の教材は、WEBテキスト、スマート問題集、法令暗記ツール、模擬試験で構成されていますが、いずれも分かりやすい内容で学習を進めていけます。ここではWebテキストの特徴を中心に紹介しましょう。

Webテキストは、講義に沿った内容で構成されていること、カラーで見やすいこと、そして端末ごとの最適化が挙げられます。

・講義に沿った内容で構成されているWebテキスト

化学、物理、危険物の性質、法令の4分野が用意されており、それぞれ分かりやすいように構成され、明確に分けてあるので、「自分が今、何を勉強しているのか?」ということが分からなくなって迷うといったこともありません。

必要な個所だけ「マイノート」にコピーできるので、知識の整理もしやすいといえます。

・カラーで見やすいWebテキスト

Web上の教材なので、すべてカラーで構成されており、パッと一目で見やすいテキスト内容になっていますので、重要なポイントはテキストの文字の色が変更されていること、図や表が見やすいものになっている点が注目です。

これによって、効率よく知識を身に着けていくことができるでしょう。

・端末ごとの最適化Webテキスト

さらに注目なのは、端末ごとに最適化されたテキストですので、パソコンだと見やすいけどスマートフォンで見たら、見づらいといったこともスタディングの危険物取扱者講座ではありません。

どんな端末でテキストを閲覧しても見やすいように最適化されているので、出先での勉強はいまいちテキストが読みにくいといったデメリットを感じることもほとんどありません。

【特徴2】:学習効率を向上させる学習フォローシステム

スタディングの危険物取扱者講座では、「①AI機能」、「②勉強仲間機能」、「③学習レポート」といった、学習サポートも充実しています。

・学習サポート①:AI機能

AI機能は、インターネットで展開しているスタディングならではのサポートと言えます。問題を解く中で、弱点である弱い分野を分析したり、何を勉強していいか分からない時でもガイドに従うだけで最適な順番で学べるようになっていたりします。

このような機能を運用しているのがAIであり、まるで合格のためのマネージャーがついているような印象さえ受ける機能といえるでしょう。

・学習サポート②:勉強仲間機能

AIであっても人に劣る部分があることは否めません。それを補っているのが勉強仲間機能で、わからないことがあれば仲間同士で協力して調べたり、サポートし合ったりできます。

合格という目的が一致しているだけに足を引っ張るような人はほとんどいませんし、運営で監視しているので建設的な関係がつながるコミュニティとして機能しているのも特徴です。

挫折しそうになった時も、このサポート機能を利用すればモチベーションも落ちることなく学習を継続することが可能です。

・学習サポート③:学習レポート

学習レポートも注目のサポート機能で、「どの程度理解できているか?」を客観的に確認できる機能となっているため、このレポートを確認しながら、学習時間と進捗状況を確認しながら効率よく学べる点も注目です。

 

【口コミ②】:スタディング「危険物取扱者」通信講座の講師の話が聞きにくい、、、

avatar

スタディングの「危険物取扱者」講座は、どういう評判や口コミが多いの?

「講師の解説が聞きにくい、、、」という口コミがあるわね。

avatar

続いて、2つ目の気になる口コミは、「講師の解説が聞きにくい、、、」というもの。

例えば、以下のような口コミです↓

「講師の喋りが詰まったりリズムに乗れず結局聞かなくなってしまった、、、」についての口コミがあります。

やはり、講義が聞きにくいと、正直ちょっと戸惑いますよね。

スタディング「危険物取扱者」通信講座の講義内容はどうなってる?

スタディングの危険物取扱者通信講座の講義内容は、どのようなものか?その特徴をまとめてみました。

【特徴1】:スタディング「危険物取扱者」講座は合格に導く学習スケジュール

<画像:スタディング公式サイトより>

・効率的に学習できる

スタディングの危険物取扱者講座の特徴は、「①効率的に学習できる」「②様々な端末を使って学習できる」「③次の年度版まで受講できる」という3つの点が挙げられます。

効率的な学習を受けられるように、合格者の情報を収集し、どのようにしたら短期間で学習できるかについて研究した学習カリキュラムを提供していますので、「短期間で合格を目指す人は、どのように学習すれば理解できるのか?」が分かるのが特徴です。

仕事などで時間がなく、とにかく短時間の学習で合格したいという方にとってどのように勉強すれば良いか分かるでしょう。

・スマートフォンやタブレット、PCなどの端末で学習可能

また、様々な端末に対応しているので、お持ちのスマートフォンやタブレット、パソコンで学習できるようになっていますので、通勤や通学、あるいは自宅で腰を据えてといった様々なスタイルで危険物取扱者講座を受講したり、問題を解いたりといったことが可能です。

隙間時間で勉強したり、しっかり時間を作って勉強したりといった両方の面で十分サポートされているのがメリットといえるでしょう。

・次の年度版まで受講できる

最後が、次の年度版までサポートされていることです。残念ながら不合格になってしまっても翌年の対応コースも受験できるので、不合格になっても安心して次年度にむけて勉強できます。

落ちてしまった後もきちんとサポートしているのも魅力といえるでしょう。

【特徴2】:初学者でも5ヶ月で合格を目指せるスタディングの学習スタイル

スタディングの危険物取扱者講座の学習スタイルは、「①端末を利用していること」、「②テキストと基本講座」、そして「③問題集と模擬試験」で構成されています。

・端末を利用しての学習

スタディングが実際に開いている講座へ通学するのではなく、インターネットで配信される教材を使用して、お持ちのスマートフォンやパソコン、タブレットを活用して、自宅や通勤通学、勤務先で勉強できるスタイルが特徴です。隙間時間で学習できることが大きなメリットと言えます。

その上で、各種教材を使った講座を受けます。講座はビデオや音声のみの内容で構成されテキストに沿った内容で解説をしていきます。講義は22講座合計約8時間で構成されているものを視聴して学ぶスタイルです。

・Webテキストと基本講座で学習

危険物取扱者の試験で出題される化学、物理、危険物の性質、そして危険物に関する法令といったすべての分野を網羅しているのが特徴です。それをWebテキストで確認して学習します。

・問題集と模擬試験で知識を深める

さらに学んだ知識が定着するように問題集が用意されていますので問題集を見て回答しながら、理解を深めます。さらに知識の定着度を判定するために模擬試験を受け、現在の学習到達度を客観的に確認できるようになっているのも特徴です。

このようにインターネットを利用して講義を受け、問題集を解き、そして模擬試験を受けて知識を定着するのがスタディングの危険物取扱者講座のスタイルです。

【特徴3】:危険物乙4類試験合格へと導く!プロフェッショナル講師陣

【匠習作講師:評判と合格体験記】

<画像:スタディング公式サイトより>

●≪プロフィール≫スタディングの危険物取扱者(乙種4類合格コース)講座の匠習作講師は、1962年生まれの男性で北海道出身の方で技術士事務所を経営しています。20代で医療機器メーカーに勤務し、わずか数年後には工場長として現場のトップに立ち、23年間工場の生産管理に携わってきました。

これだけの経歴でも危険物の取り扱いについて十分な実績と知識を持っていると言えますが、その後、技術資格の最高峰の一つである技術士の資格を機械部門と総合技術管理部門で取得します。工業分野のスペシャリストとして、公的に認められたことをきっかけに技術士事務所「匠習作技術士事務所代表技術士」を開設し、エンジニアのコンサルティングを開始。

●≪保有資格≫技術士機械部門、総合技術監理部門

≪匠習作講師の講義のポイント≫技術分野の教育にも力を入れ、難関の技術士の試験対策講座を始め、様々なエンジニアの資格講座の教壇にも立っています。現場を知っている上に十分な知識を持っていることで、実例をもとにした分かりやすい講義に定評があり、多くの受講者の人気を集めています。

スタディングの危険物取扱者講座でも、その実績をいかんなく発揮し、分かりやすく理解を深めやすい講義を展開しています。もちろんスタディングの最短で合格レベルに達する知識の定着のコンセプトに合致した内容でテンポよく進めてくれるでしょう。

≪合格者の体験記≫

合格年度 2022年合格
主な受講講座 危険物取扱者講座
  • 「過去問や復習のシステムは、〝合格〟するには、最高なシステムでした!」・・・文系で、理系のことはほとんどわからない私に、本講座は、1から丁寧におしえていただけました。お陰で、理系の知識がついた上で、勉強するので、丸暗記という、つまらない作業的な勉強から、理解しているので、深まる.繋がる感じの勉強で楽しかったです!過去問や復習のシステムは、〝合格〟するには、最高なシステムでした!。

<合格体験記:スタディング公式サイトより引用>

 

【口コミ③】:スタディング危険物取扱者講座はメールで質問できない、、、

avatar

そして、三つ目の評判や口コミは、どんなものがある?

「メール質問ができない、、、」という口コミもあるわ。

avatar

続いて、3つ目の気になる口コミは「メール質問ができない、、、」というもの。

例えば、こんな口コミがありました↓

メール質問ができない。たしかに、コレは気になりますよね、、、。

私もこういうのは気になってしまうタイプなので、気持ちはよくわかります。

スタディング危険物取扱者講座の合格率は?

残念ながら、スタディングの危険物取扱者講座は、合格者の声は数多くあるものの、合格率や合格実績は公式に公表されていません。

これはweb通信講座であるがゆえ、教室参加の受講者よりも接点が非常に少なく、コミュニケーションが少ない中で正確な合格率の情報を聞き出すことが困難であり、合格率を算出するための正しい合否データの収集ができないからです。

合格率を算出するための手段として、受講生へのアンケートで合否確認を行い、合格率を算出する方法もありますが、その場合「不合格の方はアンケート回答率が低く、合格者の方がアンケートの回答率が高い」といったことが懸念され、正しい客観的なデータとしては難しいといった問題が出てきます。

こういった理由があり、スタディングでは合格率を公表していませんが、「合格率が低いため非公表にしている」といったような事情ではないので、その点は心配する必要はないでしょう。

参考までに”他講座”ですが、2020年度(令和2年)厚生労働大臣指定「教育訓練給付金制度講座の検索システム」を活用し、教育訓練給付金を利用したスタディングの中小企業診断士講座の受講生の合格率を割り出しましたので、参考にしてみてください。

中小企業診断士講座
受講修了者数 30名
資格受験者数 30名
受験率 100%
合格者数 27名
合格率 90.0%

<引用:教育訓練給付金制度講座の検索システム>

また、スタディングはどの講座でも合格者の声が数多くあり、実際にスタディングの講座を利用しての合格者が数多くいることは紛れもない事実と言えます。

スタディングの危険物取扱者通信講座の学習サポートは?

「学びを革新し、誰もが持っている無限の力を引き出す」スタディングの危険物取扱者通信講座には、メールでの質問サポートはありませんので、学習をサポートするスタディングの学習ツールの特徴をまとめてみました。

【特徴1】:これまでの苦労を解消する資格試験合格のための学習システム

・学習ペースが上手く作れるか?

「今日は何を学べばいいのだろうか、、、?」「今これを学んで大丈夫なんだろうか、、、?」と、学習ペースに不満を感じることがあると思います。独学で学ぶ方は、ストレスに感じるほど考えているのでは無いでしょうか?

スタディングでは、この社会保険労務士試験合格のための学習に感じる必要のないストレスや、無駄な時間を省くため、「今日はこれを学べば大丈夫!」という学習フローを示していますので、そのガイダンスに従って学習をスケジュール通りに進めていけば大丈夫です。

・危険物取扱者試験で何点獲得できるのかも分かる?

そしてやはり、勉強量から合格への自信は生まれてきますので、スタディングでは「自分がどれだけ勉強したのか?」という学習時間と進捗状況や「本試験で何点獲得できるのか?」の予測を「AI実力スコア」機能で可視化することが可能です。

この「AI実力スコア」機能は、スタディングに蓄積された過去の膨大な学習履歴データや得点データをAIが分析することで、「あと何点取れば合格ラインに乗るのか?」など本試験でのシュミレーションができ、現在の実力を把握することができます。

【特徴2】:最適な勉強スタイルを作れるマルチデバイス対応

・マルチデバイス対応?自分のスマホで勉強できる?

スタディングの危険物取扱者通信講座では、PCやスマートフォン、タブレットといった複数のデバイスから、最適な学習スタイルを選択できるマルチデバイス対応です。

iOS、Androidのどちらも対応ですので、外出時にはスマートフォンやタブレットで勉強し、自宅では画面が大きいPCで勉強という風に、生活合わせて学習スタイルを自由に選べます。

・さっき見てた講義の”その続き”から始める事ができる?

そして、どの端末(PC・スマートフォン・タブレット)で勉強しても、学習状況は連動していますので、学習を終了後、別端末で学習を再開した場合も、すぐに続きから再開できますので、進捗管理がとても簡単です。

動画や問題集等の利用回数に制限はありませんので、倍速(1.5倍速〜2倍速)で動画を見たり、音声をダウンロードしたり、それらの講義を何度も回数無制限で視聴することも可能です。

ですので、スタディングの危険物取扱者通信講座は、移動時間や待ち合わせ、休憩時間など、様々なスキマ時間を有効に使った勉強ができます。

【特徴3】:効率的な復習で記憶に残すwebテキスト機能

・効率的に復習できるようになってる?

スタディングの動画講義では、過去50年分の出題実績を分析したカリキュラムに基づき作成されたWEBテキストが付いています。(一部の講座では、PDFテキストになっていたり、WEBテキストが付いてない講座もあります)

多くの通信講座で動画講義が使われていますが、動画講義で復習する時、ピンポイントで復習したい問題のみ確認するための調整が面倒な場合があります。

スタディングの「webテキスト」を使えば、WEBテキストを使って復習したい部分だけ読み返すという、復習方法がありますので、簡単にストレスを感じることなく、効率的に勉強を進めることができるようになります。

・暗記が苦手だけど大丈夫かな?

スタディングの危険物取扱者通信講座では、「動画講義を視聴後に、スマート問題集を解く」というスタイルで、動画講義を視聴してインプットした後に、スマート問題集でアウトプットすることで「どれだけ記憶に残っているか?」を確認しながら学習を進めることで、効率的に学んでいきます。

テストで問題集を解くと、インプットした記憶に残っている情報を収集してまとめてアウトプットしますので、当然回答を間違えたり、記憶が曖昧であることに気づきます。

完璧に答えられない問題があった場合は、回答の解説「WEBテキスト」を読み、間違えた部分だけ読み返し復習するのが効果的です。

【特徴4】:効率よく記憶する暗記ツール

・忘却対策はどうすればいいの?

スタディングの危険物取扱者通信講座では、効率よく記憶するための暗記ツールがあります。

暗記といえば、テキストに覚えたい語句に緑マーカーを引いて、赤シートで隠して暗記していたと思います。これからは暗記するために、もう重たいテキスト教材や赤シートをわざわざ持ち歩く必要はありません。

このスタディングの危険物取扱者通信講座講座で使われる暗記ツールは、いつでもどこでもスマホやタブレットで勉強できるように、WEBテキストになっていますので、重要な部分や語句をあらかじめ赤マーカーで塗りつぶしており、その赤い部分をクリックすることで塗りつぶした用語は簡単に見れるようになっています。

これまでの暗記するための準備も必要なく、少しのスキマ時間でも繰り返し学習ができ、記憶に定着させることが可能となります。

【特徴5】:自分だけのオリジナルノートを作るマイノート機能

・復習見直し用の自分ノートは作れる?

スタディングの危険物取扱者通信講座では、オンライン上で講座を視聴しながらや、スマート問題集の問題を解いた後など、気になったことや、記憶しておきたい情報は、簡単・自由に自分だけの「まとめノート」を作成し、その個人用ノートに書き留めておく事ができます。

作成した個人用ノートは、フォルダごとにノートを格納すれば、「どの講座のどの範囲のノートなのか?」一目で分かるように整理整頓できます。

・移動はスマホ、家ではPCとデバイス変えても”その続き”で勉強できる?

また、マルチデバイス機能なため、お手持ちのパソコンやスマートフォン、タブレット端末に自動で同期されるので、どの端末で見ても同じ内容で使えるので便利です。

この作成したノートは、あなたが退会するまで保存されるため、複数年に亘って学習する難関資格試験でも、前年作成したノートを応用して学習を進めることができますので、個人用のデジタルノートブックとして、効率的に勉強を進めることができます。

【特徴6】:いつでもどこでも快適に勉強できるスタディングアプリ

スタディングの危険物取扱者通信講座では、「STUDYingアプリ」で、ストリーミング再生だった動画講座を、スマートフォンにダウンロードして再生できるようになりました。

Wi-Fiで事前に動画講座をダウンロードしておけば、オフラインでも資格講座を“いつでも・どこでも”快適に動画講座で勉強できます。

ダウンロードした動画は、コース別・科目別に整理されるますので、あなたが勉強したい講座をすぐに見つけてることができます。

 

こうやって見てみると、学習をサポートするスタディングの学習ツールがとても充実していますね。

「最⼩の努⼒で最⼤の効果」を発揮するための工夫が凝縮されているということが理解できます。

こんな口コミもありました↓

「STUDYingアプリ」が習慣付いて、とても勉強に役に立っているようですね。

 

【口コミ④】:スタディング危険物取扱者講座の料金が安すぎて怖い、、、

avatar

そして最後、四つ目の評判や口コミは?

「料金が安すぎて怖い、、、」という口コミもあるわね。

avatar

続いて、4つ目の気になる口コミは「料金が安すぎて怖い、、、」というもの。

例えば、こんな口コミです↓

「料金が安すぎて怖い、、、」確かに他社に比べて、料金が安すぎると確かに怖くなっちゃいますね。

スタディングの危険物取扱者講座の料金が、どのようになっているか確認してみましょう。

スタディングの危険物取扱者通信講座の料金は?

短期合格者の勉強法で、スキマ時間を有効活用して合格を目指すスタディングの「危険物取扱者講座(乙種4類合格コース)」は、¥4,950(一括払い:税込)となっています。※(2022年11月27日現在)

時期によっては、資格取得応援キャンペーン等で割引など行われていることもあります。※詳しくはスタディング公式サイトで確認ください。

危険物取扱者の通信講座はたくさんありますが、このページでは他のサービスと比べる相対価値を見るのではなく、この料金の絶対価値についても見てみましょう。

この「4,950円」という料金は、約3ヶ月間の講座で、1日あたりに直すとたったの55円です。

缶ジュース1本にも満たない料金です。

1日あたり55円で、危険物取扱者講座の教材や講義が見放題な環境で、スキマ時間も活用して学習することができる。

これは、あなたにとって、どれだけの価値があるでしょう?

スタディングの危険物取扱者通信講座の購入後、キャンセルや返金はできますか?

スタディングの危険物取扱者講座のキャンセルや返金について確認してみましょう。

解約・返金について

スタディング公式サイトのよくある質問ページには、こんな記載があります。(一部抜粋)

スタディング利用規約第8条に定めています通り、商品の性質上、原則としてキャンセル、返金は対応しておりません。

また、当社商品については、特定商取引法で定められているクーリングオフの適用範囲外となっていますので、

当社独自で、返品・返金の制度を設けさせていただいております。

※原則、キャンセルや返金は対応していないということですが、スタディング独自の返品・返金制度がありますが、さまざまな条件がありますので、いつのタイミングでも解約・返金を申し出ても全額返金保証されるわけではありません。購入前にスタディング公式サイトで返金制度を確認した上で、申し込みください。

合格お祝い金制度

スタディングでは、危険物取扱者試験を受験された方が、試験に合格した場合は、Amazonギフト券 1,000円分がスタディングより進呈されます。

※合格お祝い金制度は、さまざまな条件がありますので、スタディング公式サイトで返還制度を確認した上で、申し込みください。

 

スタディング危険物取扱者講座はこんな人におすすめ

スタディングの危険物取扱者通信講座が向いている人をまとめてみました。

①スタディング危険物取扱者講座でスキマ時間を活用し勉強時間を増やしたい人

スタディングは、オンライン資格講座ですので、通勤時間や家事などしながらスキマ時間にイヤホンを耳に入れて聞き流すだけで学ぶことができます。

例え、なかなか机に向かって勉強する時間のないあなたでも、通勤や食事時間など、いつでも、どこでも、何度でも、無理なくスキマ時間で講座を受講することができ、着々と勉強時間を積み重ねることで記憶の定着が図れます。

また、スマートフォンやタブレット端末を使って学習することができるので、テキストを拡げて周りの人から「なに勉強してるんですか?」なんていう興味本位で質問されて、学習が邪魔されるなんてこともありません。

短期間で国家試験に合格するために、日々の隙間時間を見つけて、「短期合格者がどのように学習しているか?」の研究を積み重ねてきたスタディングの学習メソッドで、勉強を積み重ねていきましょう。

②料金を安く抑えて危険物取扱者通信講座で勉強したい人

スタディングの危険物取扱者通信講座の受講料金の安さは他社に比べ圧倒的です。これは、本格講座をオンライン化することにより、革新的な低価格で講座を提供しています。

このカラクリは、教室の確保や、講義で教える大量の講師陣、そして受講生を確保するための営業など、「あなたの合格に関係ない無駄なコスト」を極力省くことによって低価格を実現しています。

エンジニアとして、アルバイトとして「危険物取扱者(乙4類)」の資格取得者として活躍するために、この安く浮いた分のお金は、独立開業への準備金や、次のステップアップへの軍資金は、次に投資できますので、料金の安さを求めている人にはオススメです。

③ムダなく効率的に短期間での資格試験合格を目指す人

これはスタディング受講生の試験合格者の感想です↓

正直、スタディングじゃなかったら、短期合格できなかったと思うくらい講座としてしっかりしてると思いました。(受講生:男性)

学習場所や時間に影響を受けず、オンラインでいつでもすぐ学習に取り組め、最低限のインプットポイントが絞られている講義スタイルで、世界一「学びやすく、わかりやすく、続けやすい」学習手段を目指すスタディングだからこそ、受講生からこのようなコメントをもらえるのだと思います。

2021年2月には、スタディング受講者が10万人を突破するなど、多くの受講者から利用されているオンライン講座ですので、無駄なく効率的に短期間での国家資格合格を目指す人にはオススメです。

④危険物取扱者試験の過去問を解きまくって合格率を高めたい人

スタディングの危険物取扱者講座は、過去の出題実績を分析して作られた学習カリキュラムがあり、学科試験から度々出題されている重要テーマを抽出したオンライン問題集がありますので、基本講座で学んだ内容を試験形式で正しく引き出せるかを知る事ができます。

練習のための練習にならないように、しっかり本番で能力を発揮できるように、試験の形式で行います。

危険物取扱者試験は、類似の問題を解くことで、出題パターンや重要論点への理解を深めることができ、将来出題される問題への応用力を養うことができます。

また、セレクト過去問演習では、問題を解くたびにスタディングマイページに成績が記録されますので、危険物取扱者試験の出題傾向を知ることで、法律表現に慣れ、弱点を克服しながら、効率よく勉強ができるようになりたい、初学者にはオススメです。

 

最後に

物理・化学の知識もない初学者が危険物取扱者(乙種第4類)資格を取得したいなら、通信講座で有名な「STUDYing(スタディング)」はオススメです。

短期合格者の勉強法で、スキマ時間を有効活用して合格を目指すスタディングの「危険物取扱者講座(乙種4類合格コース)」は、¥4,950(一括払い:税込)となっています。※(2022年11月27日現在)

スタディングの学習法が、あなたのライフスタイルに合うのか?向き不向きをしっかりと判断した上で、申し込みしましょう。

▶︎▶︎▶︎【スタディング危険物取扱者講座の特徴】

  1. オンラインのみで全てが完結するので通勤時間などのスキマ時間で勉強できる
  2. 授業風景の録画ではなく映像講座として編集されているので視覚的で理解しやすい
  3. 暗記を補助するツールがあるので暗記力に多くを頼らない理解を深める学習