ユーキャン「薬膳コーディネーター」通信講座の難易度や独学可能か解説

NO IMAGE

冷え性や肌荒れ、肩こり、むくみなどの不調を改善し、健康な体作りを促す薬膳の大切さを伝えるスペシャリストとして人気の「薬膳コーディネーター」講座。

しかし、、、

  • 「これまで自己流でやってきたけど上手く行かない、、、」
  • 「料理には自信あるんだけど、失敗だらけ、、、」
  • 「食育を色々と考え過ぎてもう疲れてしまった、、、」

このような経験をされてきた方が講座を受けようと思った時、心配なのは「私でもできるのか?」ということではないでしょうか?

この記事ではユーキャンの薬膳コーディネーター講座の合格率や試験難易度や独学可能か?ついてご紹介します。

 

薬膳コーディネーター試験の合格率ってどのくらい?

薬膳コーディネーター試験は、ほぼ100%という高い合格率で知られています。

その理由は、試験が在宅であることや、不合格でも再々試験まで受験可能となっているなど、資格を取得しやすい環境が整っていることに起因しています。

基本的に諦めなければ必ず合格出来るとされているため、ほぼ100%の受験者が合格を手にすることが出来るとされているのです。

 

薬膳コーディネーター試験の難易度は?

薬膳コーディネーター試験は、偏差値40未満ほどの難易度だと言われています。

普通自動車免許試験と同程度の偏差値とされていることから、難易度としては容易なレベルとして認知されています。

 

薬膳コーディネーター試験の日程・内容は?

それでは次に、薬膳コーディネーター試験の日程や詳細を見てみましょう。

薬膳コーディネーター試験は年に何回?

薬膳コーディネーター試験は、通信講座を利用しなければ試験を受けることが出来ない仕組みになっています。

受講期間内であれば再々試験まで受けることが可能となっていますが、受験のタイミングは受験者自身が決められるので、通年受験可能です。

忙しくて時間を捻出するのが難しいという方にとっては、非常に便利な資格試験と言えるでしょう。

薬膳コーディネーター試験の受験資格は?誰でも受験できる?

薬膳コーディネーター試験を受けるには、試験運営団体である「本草薬膳学院」が認定している通信教育の講座を受講する必要があります。

講座のカリキュラムに試験が含まれており、課題等を全て提出した後の修了時に試験を行います。

通信教育の該当講座を受講していること以外には受験資格として必要なものはないので、年齢、学歴、経歴、国籍を問わず誰でも受験可能となっています。

薬膳コーディネーターの試験内容

薬膳コーディネーター試験では、中医学と食薬がメインの学習分野となります。

<中医学>

元々、薬膳は中国から伝承されて来た医学となっており、中国で使用される専門用語を基盤として薬膳の概念を深める必要があります。

例えば、薬膳には、「五行学説」という概念が存在しますが、これは、地球上の全てのものを木・水・火・金・土の5つの物質に分類した考え方となっており、人体の各部位もそれら5つの物質に振り分けることが出来るとされています。

それぞれの物質同士には繋がりがあるとされているため、その概念を応用して、体調不良の際はその体の部位ごとに必要な食物を正しい方法で摂取するといった考え方になっています。

上記はあくまで一例となりますが、そういった理論や概念を把握することで、より深く中医学と薬膳に関しての知識を深めることが出来るのです。

<食薬>

そして、食薬に関しては、実際に学習範囲で習うことを利用しながら薬膳料理を食事に取り込んでいく分野になります。

お粥の煮方などの薬膳的な調理法を学び、実生活で実践出来る力を付ける必要があります。

薬膳コーディネーター試験は、通信教育を通して受験することが前提とされているため、テキスト内に記載されている重要点を理解し、添削課題の返却後に自分でしっかり見直しをすることで、確実に知識量を増やしていくことが可能となっています。

また、学習した箇所をその都度家庭内の料理に取り入れるなどの実践的な方法を繰り返し、得た知識を確実に頭にインプットすることもおすすめです。

 

薬膳コーディネーター試験は独学で合格できる?

薬膳コーディネーター試験は、試験運営団体が認定している通信教育の薬膳コーディネーター試験対策講座を受講しなければ試験が受けられないシステムとなっているため、受験者は全員独学で学習することが前提となっています。

認定されている講座なので、頻出箇所を確実に押さえながら試験対策が出来るだけでなく、ベテラン講師への質問も可能となっており、分からない箇所を確実に無くしながら学習を進められるというメリットがあります。

また、受講中は好きなタイミングでいつでも受験ができ、3回までなら追試を受けることも許可されているので、初めて独学で資格を取得しようとしている方にとっても合格を手にしやすい試験となっています。

薬膳コーディネーター試験を合格するまでの勉強時間は?

薬膳コーディネーター試験に合格するためには、約130時間の学習が必要だとされています。

こちらの資格を取得する方は、子育てや介護を行っている多忙な主婦の方が多い傾向にあるため、一日の学習時間は平均1時間程度とされており、約4~5か月間を掛けて試験に合格しているとされています。

ユーキャンの薬膳コーディネーター講座では通常4か月で合格圏内に入れるように設定されていますが、忙しい方のために最長12か月まで延長可能となっているため、その期間内であれば薬膳コーディネーター試験を受験することが可能となっています。