ユーキャン「温活アドバイザー」通信講座の難易度や独学可能か解説

NO IMAGE

体温調整能力を高めて、冷えなどの不調を改善するスペシャリストとして人気の「温活アドバイザー」講座。

しかし、、、

  • 「これまで自己流でやってきたけど上手く行かない、、、」
  • 「色々勉強したんだけど、失敗だらけ、、、」
  • 「冷えの改善をやってきたけど、改善しなくてもう疲れてしまった、、、」

このような経験をされてきた方が講座を受けようと思った時、心配なのは「私でもできるのか?」ということではないでしょうか?この記事では「温活アドバイザー」の合格率や試験難易度や独学可能か?ついてご紹介します。

温活アドバイザーの合格率ってどのくらい?

昔と比べて1度程度体温が下がっているという現代人にとって、体の冷えはさまざまな病気を引き起こすきっかけにもなり得ます。

そんな冷えを改善することを目的とした温活には、複数の異なる検定資格がありますが、「NPO法人 日本ホリスティックビューティー協会」が認定している温活アドバイザーは、正式な合格率が発表されてはいないものの、ほぼ100%に近い高い合格率の資格試験と言われています。

温活アドバイザーの合格率の推移

温活アドバイザーは、2021年上旬より始まった新しい資格となっています。

そのため、合格率に関する情報はまだ公開されていませんが、試験運営団体が認定した通信教育の試験対策講座を通して受験するスタイルとなるため、学習範囲がそのまま試験に出題されること、全問マークシート形式であること、試験は在宅で好きな時に受けられることなどから、比較的に誰でも資格を取得しやすいとされています。

よって、資格試験の中でも非常に高い合格率となることが想定されています。

 

温活アドバイザーの難易度は?

温活アドバイザーの難易度は、偏差値30程度として設定されています。

普通自動車運転免許の学科試験よりも難易度が低めとなっており、検定試験は不合格でも4回まで受験可能となっているので、諦めずに学習を続ければ、確実に資格取得が出来る試験となっています。

温活アドバイザー試験の合格ライン

温活アドバイザーの検定試験は、100点満点中の70点以上で合格となります。

その年の受験者全体の成績や受験者数で合格基準点が変動する仕組みではないので、7割が取れるようにモチベーションを維持しながら学習するようにしましょう。

ただ、通信教育の対策講座を受講して試験を受けるスタイルが採用されているため、カリキュラムに含まれる2度の添削課題をきちんと提出していることが受験の条件となります。

それらを提出した後、検定試験で7割以上を取得することが出来れば、温活アドバイザーの資格を手にすることが出来るのです。

 

温活アドバイザー試験の日程・内容は?

それでは次に、温活アドバイザー試験の日程や詳細を見てみましょう。

温活アドバイザー試験は年に何回?

温活アドバイザーは在宅で受験可能となっており、通信講座の受講期間内であれば、受験者の好きなタイミングで検定試験を受けられるようになっています。

合計4回まで試験に挑戦することが出来るので、スケジュール調整をしながら受講期間内に学習範囲を終わらせるようにしましょう。

温活アドバイザーの試験内容

温活アドバイザーでは、「冷えの基礎知識」、「実践」、「運動法」の3つの分野から出題されます。

<冷えの基礎知識>

まず、「冷えの基礎知識」では、体の冷えが起こる原因について学習します。栄養が足りていない場合や自律神経の乱れ、筋肉とストレスが冷えに与える影響など、体が冷えてしまう理由とその改善方法が主な出題範囲となり、単に外側からアプローチするのではなく、体の中から冷えを改善していくことを目的としています。

<実践>

また、「実践」では、「冷えの基礎知識」で学習したことを基に、体を温めるためのマッサージや入浴法など、実生活を送る上で気を付けるべきポイントを学びます。体の部位に注目しながら、冷え対策となるファッションなどについても学べるので、すぐに実践しやすい情報が多くなっています。

<運動法>

最後の「運動法」では、体を温めるためのツボ押しなどに着目した本格的なマッサージについて学習します。テキストで分かりにくい箇所は副教材のDVDで学べるので、効率良くスキルを習得することが可能となっています。

基礎知識を学習してから実践編に移行する方が理解度を高めることが出来るので、まずは「冷えの基礎知識」を重点的に勉強しましょう。

その後は過去問や演習問題と同時進行で学習を進めていき、出題傾向や頻出ポイントを押さえながら知識を増やしていくことがおすすめです。

 

温活アドバイザーは独学で合格できる?

温活アドバイザーは、通信教育を通して受験するスタイルとなっているので、独学での合格が前提とされています。

通信教育は、通常講師への質問機能があり、分からない箇所をその都度確認しながら学習を進められるので、受験前に出題範囲をきちんと理解した状態で試験に臨めるという利点があります。

また、学習から試験までを在宅で行えるので、忙しい方にも資格を取得しやすい環境が整えられています。

温活アドバイザーを合格するまでの勉強時間は?

温活アドバイザー試験は、通常3か月間が資格取得までにかかる期間として設定されています。

受講者の多くは、仕事や家事・子育てなどで忙しい傾向にあるので、一日の学習時間は30分~1時間ほどという短時間で設定されており、週末などにまとめて学習する方法も可能となっています。

また、目安学習期間として設定されている3か月間で資格取得が出来なかった方は、倍の6か月間まで延長して試験に挑戦することが出来るので、自分のペースに合わせた学習が可能となっています。