広告 ユーキャン

ユーキャンの食生活アドバイザー講座ってどう?評判や口コミ、料金をまとめました

2021-02-13

このページにはプロモーションが含まれています


ユーキャン「食生活アドバイザー」講座 ホームページ画像

ユーキャンの「食生活アドバイザー」講座って信用できるのかな?

講座の悪い評判や口コミ、あと費用とかも知りたい!

食生活全般に関する広い知識を持った食のスペシャリストとして知識を習得できる人気の「食生活アドバイザー」講座。

あらゆる角度から適切な指導・助言を行い、食生活の改善を手助けしてくれる医療や介護業界だけでなくさまざまな業界でキャリアアップを目指す方にとって、強力な強みとなる資格です。

しかし、、、

  • 「これまで自己流でやってきたけど上手く行かない、、、」
  • 「料理には自信あるんだけど、失敗だらけ、、、」
  • 「食育を色々と考え過ぎてもう疲れてしまった、、、」

という不安を抱えているのではないでしょうか?

生涯学習のユーキャン(U-CAN)は、「学ぶよろこびをあなたに」をモットーに、資格・趣味などの各種通信講座が約160種を提供する教育機関です。年間約60万人もの方がユーキャンで学んでいます。

  • 初学者でもムリなく合格へ導く分かりやすい教材
  • スキマ時間でいつでも便利なスマホ学習
  • 経験豊富な講師による充実サポート体制

「食生活アドバイザー講座が気になっているけど、まだ迷っている、、、」なら、このページを参考にしてみてください。

この記事の目次

食生活アドバイザー講座を検討している全ての方に読んでほしいこと

「通信講座に入ったけど続かなかった」

自分の都合良い時間で勉強できると評判の通信講座ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「講座が合わなかった」に集約されます。

講座費用が安かったから、、、

何も考えずに申し込んだ、、、

こんなテキストじゃ合格無理、、、

あ、、、行政書士のテスト7割を切ってしまった…全額返金保証の対象外に…
判例集も無いし条文の解釈の仕方についても穴だらけのテキストで合格できる気がしない…通信講座なんてやらなきゃよかった、市販テキストのほうが圧倒的に情報量も試験に出る問題の解き方も押さえてあるのに…
失敗したな…— いずみん@慶應通信 (@IZzzminne) April 3, 2018

詰め込み方が激しすぎる、、、

費用が安いから、評判が良さそうだから、そんな理由で講座選びをすると、途中で辞めてしまうことも多いです。

後悔しないためには、講座のメリット・デメリットを把握した上で申し込むことが重要です。

ユーキャン 食生活アドバイザー講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン 食生活アドバイザー講座 申込みバナー

ユーキャンの食生活アドバイザー講座「やめとけ」悪い評判・口コミ

どの講座にも、メリットもあれば必ずデメリットもあります。

まずは、ユーキャン食生活アドバイザー講座のTwitterで見つけたネガティブな評判・口コミの中で、「これはちゃんと確認しておかないと怖いな」という口コミをチェックしてみましょう。

気になる悪い評判・口コミでチェックするのは、以下の3つです。

気になる口コミ

  • 食生活アドバイザーの講座内容が難しい
  • メール質問の回答が遅い
  • 講座の料金が高い

一つずつ見ていきましょう。

【ユーキャン 食生活アドバイザー講座の口コミ1】食生活アドバイザー講座内容が難しい

ユーキャンの食生活アドバイザー講座は、どういう評判や口コミが多いの?

講義内容が難しい、、、という口コミがあるわ!

まず初めの気になる口コミは「講義内容が難しい、、、」というものです。

例えば、こんな口コミです↓

このように「今日から資格の勉強スタート。やっぱり難しいなぁ、、、」「私もただいま勉強中…ほんと難しいよね、、、」と呟いていました。

これからユーキャンで学ぼうと思っている人にとっては、正直ちょっと心配ですよね。

ユーキャンの食生活アドバイザー講座は難しい?

難しいと口コミや評判になっている、ユーキャンの食生活アドバイザー講座の特徴をまとめてみました。

テキスト教材の
特徴

【特徴1】試験合格のノウハウがつまったテキスト

ユーキャンの食生活アドバイザー講座の特徴①に関して、これは「試験合格のノウハウがつまったテキスト」という点に焦点を当てています。

FLAネットワーク協会公認講座

この講座は、食生活アドバイザー試験を実施する公式団体によって認められた質の高い教育を提供しています。つまり、講座の内容が試験に完全に対応しているという保証があります。

効率的な学習教材

提供される教材は、試験に頻出する重要ポイントに焦点を当てて構成されています。このようなアプローチは、学習者が必要な情報を効率的に身に付け、短期間で試験に合格するための戦略的な勉強法を提供します。

4ヶ月でのダブル合格目標

この講座は、2級と3級の試験内容を網羅しており、4ヶ月の学習期間で両方の試験に合格することを目指しています。これは、時間的にも経済的にも効率の良い学習プランを意味します。

この特徴は、食生活アドバイザーとしての専門知識を効率良く身に付け、認定試験に合格するための最適化された教育コンテンツを提供するという点に重点を置いています。

これにより、受講者は専門的な知識と資格を短期間で獲得することが可能になります。

受講者にとって、どんなメリットがありますか?

特徴①「試験合格のノウハウがつまったテキスト」に関して、受講者にとってのメリットを具体的に説明します。

効率的な学習

このテキストは、試験に出る重要ポイントに焦点を絞っているため、受講者は無駄なく、効率的に学習を進めることができます。これにより、時間を有効に使いながら、必要な知識を身に付けることが可能です。

高い合格率の可能性

試験の要点を押さえた教材を使うことで、受講者は試験の合格率を高めることができます。特に、試験内容に直接関連する情報が豊富に含まれているため、試験対策がより具体的かつ戦略的になります。

短期間での目標達成

4ヶ月という短期間で2級と3級のダブル合格を目指すことができるため、受講者は迅速に自分のキャリア目標に近づけます。これは、忙しい現代人にとって特に重要なメリットです。

自信の構築

試験に特化した教材を用いることで、受講者は試験に向けて自信を持って準備することができます。知識の確実な習得は、試験に対する自信と直結します。

実践的な知識の習得

FLAネットワーク協会公認講座であることから、テキストに含まれる情報は実践的で現場に直結する知識が豊富であると期待できます。これにより、資格取得後の実務にも役立ちます。

要するに、この特徴は受講者にとって、試験合格に向けた効率的かつ具体的な学習経路を提供し、キャリア形成を加速させる重要なメリットを持っています。

【特徴2】メインテキストはたったの2冊

ユーキャンの食生活アドバイザー講座の特徴②「メインテキストはたったの2冊」については、以下のような特徴があります。

コンパクトな学習資料

メインテキストが2冊だけであることは、学習資料がコンパクトであることを意味します。これにより、学習の初期段階で必要な情報を絞り込み、集中して効率的に学習を進めることができます。

初学者にも優しい設計

1レッスンが数ページという設計は、学習内容を少しずつ消化しやすくするための工夫です。初学者や学習に不慣れな方にとって、このような構造は学習の継続性と理解の深まりを促進します。

イラストによる視覚的な学習支援

学習材料に適切な箇所に配置されたイラストは、抽象的または複雑なコンセプトを理解しやすくするための重要なツールです。視覚的な説明は、テキストだけの説明よりも理解を深め、記憶に残りやすくします。

学習のアクセシビリティ向上

コンパクトな教材と視覚的な補助は、幅広い受講者にアクセスしやすい学習環境を提供します。特に、勉強が苦手な方やビジュアル学習が得意な方にとっては、これが大きなメリットとなります。

総合的に見ると、この特徴は、食生活アドバイザー講座をより幅広い層の受講者が無理なく取り組めるように設計していることを示しています。

学習材料のコンパクトさと視覚的要素の組み合わせは、学習過程をシンプルかつ効果的にします。

受講者にとって、どんなメリットがありますか?

特徴②「メインテキストはたったの2冊」に関して、受講者にとってのメリットは以下の通りです。

シンプルで集中した学習

メインテキストが限られた数であることは、学習に必要な情報がコンパクトにまとめられていることを意味します。これにより、受講者は必要な知識に集中して取り組むことができ、効率的に学習を進めることが可能になります。

初心者にも理解しやすい

2冊のテキストという限定された範囲内で学習が行われるため、初心者や食生活アドバイザーに関する知識が少ない方でも、無理なく学習を進めることができます。また、1レッスンが数ページという構成は、情報を適量で消化しやすくするための工夫となっています。

イラストによる視覚的学習サポート

教材に含まれるイラストは、視覚的な理解を助けるための重要なツールです。特に複雑な概念や専門用語が関わる場面では、イラストが理解の助けとなり、記憶に残りやすくします。

短期間での学習可能性

テキストが2冊に限定されているため、受講者は短期間で必要な知識を習得することができます。これは、忙しい日常を持つ人にとって特に有益です。

学習の継続性とモチベーションの維持

学習材料が少ないことで、受講者は達成感を得やすく、学習の継続性を保ちやすくなります。また、勉強が苦手な方にとっても、学習が身近で取り組みやすくなることで、モチベーションの維持に寄与します。

この特徴は、受講者にとって、学習の効率化、理解の深化、短期間での目標達成、そして学習継続の促進という複数の重要なメリットを提供します。

【特徴3】受講生の95%が初学者! 無理なく知識が身につきます

特徴③「受講生の95%が初学者! 無理なく知識が身につきます」については、以下のような特徴があります。

初学者への親和性

この特徴は、講座が初学者に特化して設計されていることを意味します。専門知識がない人でも理解できるように、内容がわかりやすく、基礎から段階的に学べるように構成されています。

高い合格率の可能性

受講生の大多数が初学者であるにもかかわらず、十分に合格を狙えるということは、教材とサポートシステムが非常に効果的であることを示しています。これは、受講者が必要な知識と技能を習得し、試験に合格する可能性が高いことを意味します。

理解しやすい教材

わかりやすいテキストという点は、複雑な概念や専門用語を初学者でも理解しやすい形で提供していることを示しています。これにより、学習のハードルが低くなり、より多くの人が食生活アドバイザーとしての知識を獲得できます。

万全のサポート体制

講座には万全のサポートが含まれていることから、受講生は学習過程で生じる疑問や困難に対して適切な助けを受けることができます。これは、学習の進捗を確実にし、モチベーションを維持するのに役立ちます。

幅広い層へのアクセシビリティ

初学者が多数を占めることは、この講座が多様な背景を持つ受講者にもアクセスしやすいということです。年齢や職業、以前の教育経験に関係なく、多くの人々が食生活アドバイザーとしてのキャリアを追求できる道が開かれています。

この特徴は、初学者でも無理なく学び、試験に合格できるように設計された高品質でアクセスしやすい教育プログラムであることを示しています。

受講者にとって、どんなメリットがありますか?

特徴③「受講生の95%が初学者!無理なく知識が身につきます」に関して、受講者にとってのメリットは以下の通りです。

初学者でも安心して学習可能

ほとんどの受講生が初学者であるということは、教材と教育方法が初心者の理解度に合わせて設計されていることを意味します。これにより、専門知識がない受講者も無理なく学習を進めることができます。

基礎からの段階的な学習

初学者に焦点を当てた講座は、基礎知識から始め、徐々に専門的な知識を構築していくことが可能です。これにより、受講者は着実に知識を深めていくことができます。

効果的な学習サポートの提供

この講座は初学者をサポートするために、わかりやすい教材と万全のサポート体制を提供します。これにより、学習中に生じる疑問や困難に対して迅速かつ効果的な支援を受けることができます。

自信の構築

初学者が多数を占める環境は、受講者が自分だけが初心者であるというプレッシャーを感じにくくします。これは、学習過程での自信の構築に役立ちます。

資格取得の実現可能性

初学者が高い割合で成功していることは、資格取得の実現可能性が高いことを示唆しています。受講者は、この講座を通じて効果的に学習し、食生活アドバイザーとしての資格を獲得することに自信を持てます。

多様な背景の人々との交流

初学者が多い環境では、様々な背景を持つ人々との交流が生まれます。これにより、異なる視点からの学びや刺激を受けることができます。

この特徴は初学者でも無理なく、効果的に学習を進めることができる環境を提供しており、資格取得に向けた自信とモチベーションを高めるメリットがあります。

ユーキャン 食生活アドバイザー講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン 食生活アドバイザー講座 申込みバナー

【ユーキャン 食生活アドバイザー講座の口コミ2】メール質問に対しての回答が遅い

そして、二つ目の評判や口コミは、どんなものがある?

「メール質問の回答が遅い」という口コミもあるわ。

続いて、2つ目の気になる口コミは、「メール質問に対しての回答が遅い」というもの。

例えば、こんな口コミです↓

ユーキャン食生活アドバイザー講座のサポート体制はどうなってる?

ユーキャンの食生活アドバイザー講座のサポート体制の特徴をまとめてみました。

サポート体制

ユーキャンの「食生活アドバイザー講座」では、さまざまな学習サポートを受けることが出来ます。学習教材はメインテキスト2冊に、副教材として、実践問題集2冊、ポイントBOOK(赤シート付き)、実践レシピ集、ガイドブック、添削・質問関連書類一式、その他も準備されています。

添削あり (3回)

受講生は食生活アドバイザーの内容を実践し、その成果を添削してもらうことができます。添削回数は合計で3回まで受けることができます。これは各級の模擬試験分も含まれていますが、個々の進捗状況を把握し、改善のアドバイスを受けることができます。

質問あり(1日3問まで)

受講生は講座内で質問をすることができます。1日につき最大3つの質問を提出でき、知識豊富な講師陣が受講生の疑念や疑問に丁寧に答えます。これにより、受講生の理解を深めるサポートが提供されます。

標準学習期間4ヵ月 (受講開始から12ヵ月まで指導)

ユーキャンの食生活アドバイザー講座は標準的な学習期間が4ヵ月ですが、受講開始から最長12ヵ月まで指導を受けることができます。これにより、自分のペースで学習を進めることができ、忙しいスケジュールに合わせて学習できます。

添削や質問サービスを通じて個別の指導を受け、長期間にわたって学習を続けることができるため、食生活アドバイザーの学習をサポートする充実したプログラムです。

ユーキャン 食生活アドバイザー講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン 食生活アドバイザー講座 申込みバナー

【ユーキャン 食生活アドバイザー講座の口コミ3】食生活アドバイザー講座の費用が高い

そして最後、三つ目の評判や口コミは?

「費用が高い」という口コミもあるわ。

最後3つ目の気になる口コミは、「講座の費用が高い」というもの。

これに対して、例えば以下のような口コミがありました↓

やはり「費用が高い」というのは厳しいですね。

ユーキャンの食生活アドバイザー講座の費用が、どのようになっているか確認してみましょう。

ユーキャンの食生活アドバイザー講座の費用は?

講座料金

専門的な内容も、噛み砕いたやさしい解説で学べ、過去問を徹底分析し、的を絞った効率学習ができる「ユーキャンの食生活アドバイザー講座」は下記をご確認ください。

一括払い

34,000

分割払い

3,140円✕11回=総計:34,540

ユーキャン 食生活アドバイザー講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン 食生活アドバイザー講座 申込みバナー

時期によっては、資格取得応援キャンペーン等で、5,000円割引など行われていることもあります。
※詳しくはユーキャン公式サイトで確認ください。

世に食生活アドバイザーの講座はたくさんありますが、このページでは他のサービスと比べる相対価値を見るのではなく、この費用の絶対価値について見てみましょう。

この価格、実は1日あたりに直すと283円と、コンビニでちょっとした「スイーツ1個」分の費用ほどです。

1日あたり「スイーツ1個」分の費用で、経験豊富な講師陣に毎日質問でき回答をもらえる環境って、とてつもなく素晴らしい環境ではないでしょうか?

ユーキャンの食生活アドバイザー講座の返金はある?

申込後のキャンセルについて

教材の開封・未開封、使用・未使用にかかわらず、教材到着後8日以内であれば、返品でき、返金手続きが可能となっています。

クレジットカードで申込みの場合、ユーキャンで取消処理の対応がされます。振込用紙による申込みの場合、返金手続きに関する手紙がユーキャンより郵送されてきますので、指定の口座へ返金してもらうようにしましょう。

ただ一部講座は、8日以内でも返品不可の場合があるため、申込み前に各講座ページにて確認して購入しましょう。

ユーキャン 食生活アドバイザー講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン 食生活アドバイザー講座 申込みバナー

食生活アドバイザー試験の合格率ってどのくらい?

食生活アドバイザー試験の区分は、3級と2級のみとなっており、1級は存在していません。例年の平均合格率は、3級が約65%、2級が35%ほどとなっているため、3級と2級ではレベルに開きがあることが分かります。

3級の場合、受験者の半数以上が合格出来る試験として設定されているので、出題ポイントを押さえて学習すれば合格圏内に入ることが可能となっており、2級は受験者の3人に1人程度の合格率となっているため、より理解を深め、食生活アドバイザーに必要な専門知識をしっかりと習得する必要があります。

食生活アドバイザー試験の難易度は?

食生活アドバイザー試験は、3級が偏差値37程度、2級が偏差値45程度として知られています。同程度の偏差値を持つ資格としては、3級が普通自動車免許試験と同程度、2級は簿記検定3級や秘書検定2級レベルの難易度として設定されています。

食生活アドバイザー試験の日程・内容は?

それでは次に、食生活アドバイザー試験の日程や詳細を見てみましょう。

食生活アドバイザー試験は年に何回?

食生活アドバイザー試験は、例年7月と11月の年2回実施されています。通常、7月は中旬の日曜日、11月は下旬の日曜日が試験日として設定されていますが、新型コロナウイルス感染症の影響で2020年7月の回は試験が中止となりました。

試験の日程に関しては、その都度新しい情報がアップデートされている状態ですので、受験を検討している方は、「一般社団法人 FLAネットワーク協会 食生活アドバイザー検定」のホームページを確認するようにしましょう。

食生活アドバイザー試験の受験資格は?誰でも受験できる?

食生活アドバイザー試験には、受験資格がありません。年齢、学歴、経歴、国籍を問わず誰でも受験可能となっており、3級を取得せずにいきなり2級に挑戦することや、併願受験も認められています。食に興味がある方なら誰でも好きな級を受験することが出来るので、挑戦しやすい資格試験として知られています。

食生活アドバイザーの試験内容

食生活アドバイザー試験は、3級と2級で同じ試験範囲から出題されています。

出題される分野は、栄養学やダイエット、予防医学などに特化した「栄養と健康」、行事食やマナー、献立をテーマとした「食文化と食習慣」、加工食品や生鮮食品、食品添加物に関して問われる「食品学」、食中毒や食品化学、安全性など人々を害のある食品から守ることを目的としている「衛生管理」、流通や外食、食品販売など私たちの生活とも身近に関わりのある「食マーケット」、そして、消費者問題、消費経済、関連法規が学習範囲となる「社会生活」の6分野からの出題となっています。

3級では、基礎的な知識を有しているか、食生活に関わる広範囲な分野での概念や体系を理解しているかといったことを問われ、学生が主な受験対象となります。しかし2級では、食品業界で勤務している人や管理栄養士が試験を受けることを想定して出題されているため、より専門的で深い知識が必要となります。

尚、3級はマークシート形式での試験となっていますが、2級ではマークシートに記述式試験が加わるため、難しい漢字を使用した専門用語などを交えながら回答していく必要があります。試験範囲は非常に多岐に渡りますが、ある程度出題ポイントが決まっているため、基本的にはテキスト内に記載されている重要ポイントを押さえて学習すれば合格圏内に入れるとされています。

また、過去問の焼き増しが多い傾向にあるので、日頃から過去問や演習問題をしっかりと解き、出題傾向を掴みながら学習を進めていくのがおすすめです。

食生活アドバイザー試験は独学で合格できる?

食生活アドバイザー試験は、独学で合格出来る試験です。応用知識などは問われない試験なので、テキストの範囲内をコツコツと暗記し、過去問や演習問題をこなすことで合格圏内に入れるとされています。

ただ、出題範囲が非常に広く、どの程度まで深く学習する必要があるのか混乱してしまうという受験者も多い傾向にあり、完璧に範囲を学習しようとするあまり、結局試験当日までに出題範囲の学習が終わらなかったというケースもあります。
出題される範囲に絞って効率良く学習したいという方は、通信教育の食生活アドバイザー試験対策講座を受講してみてはいかがでしょう?

通信教育なら、合格圏内に入るための必須ポイントのみを重点的に学習する形式となっているため、確実に試験までに範囲を学習し終えることが出来ます。また、通信教育の中には、試験運営団体に公式に認定されている講座もあるので、自分に合った通信教育を利用することをおすすめします。

食生活アドバイザー試験を合格するまでの勉強時間は?

食生活アドバイザー試験に合格するためには、約4か月間の学習期間を有するとされています。通常、食生活アドバイザー試験を受験する方は家事や育児、仕事などとの両立をしている場合が多く、一日の学習時間は約1~2時間程度となっています。

日々の学習時間は短めですが、出題される要点をしっかりと押さえれば、食生活アドバイザー試験に合格することが可能となっているのです。

また、3級と2級は出題範囲がかぶっていることから、併願受験の場合も4か月間程度で資格取得を狙えるという特徴があります。

ユーキャンの食生活アドバイザー講座は、こんな人におすすめ

この講座が
向いてる人

食に関する知識を深めたい方

食に関する知識を深めたい方へのユーキャンの食生活アドバイザー講座の推奨は以下の理由に基づきます。

食品業界での専門性強化

食品業界や飲食店で働く方々にとって、詳細な食品知識は不可欠です。

顧客からの質問に答えたり、栄養価の高いメニュー提案ができるようになることで、サービスの質を向上させ、顧客満足度を高めることができます。

顧客への信頼性向上

食品の安全性や栄養価についての包括的な知識は、顧客からの信頼を獲得するのに重要です。

顧客へのアドバイスがより正確かつ有益になり、リピート顧客を増やす可能性が高まります。

食文化への理解

食文化についての深い理解は、食品の選択やメニューの開発において、多様な選択肢を提供するのに役立ちます。

また、文化的背景を理解することで、より幅広い顧客層にアピールできます。

健康と栄養のアドバイザーとしての役割

現代社会では健康意識が高まっており、栄養価の高い食事や健康的な食生活に関するアドバイスが求められています。

この講座を通じて得られる知識は、顧客や自身の健康管理に直接役立ちます。

ビジネスチャンスの拡大

食に関する深い知識は新しいビジネス機会を生み出すことも可能です。

例えば、健康食品の市場に進出したり、栄養価を重視した新しいレストランコンセプトを開発するなどの機会が増えます。

以上の理由から、食に関する知識を深めたい方々にとって、ユーキャンの食生活アドバイザー講座は非常に有益であり、多方面にわたるメリットが期待できます。

家庭での健康管理に関心がある方

家庭での健康管理に関心がある方にユーキャンの食生活アドバイザー講座をおすすめする理由は、以下の点に基づきます。

生活習慣病予防

現代の生活様式は生活習慣病のリスクを高めます。

食生活アドバイザーとしての知識は、バランスの取れた食事の選択や献立作成に役立ち、家族の生活習慣病予防に直接寄与します。

栄養管理の重要性

家族の栄養バランスを適切に管理することは、特に成長期の子供や健康に注意が必要な高齢者にとって重要です。

この講座を通じて、各年代や健康状態に合わせた栄養摂取の知識が得られます。

健康的な食生活の確立

健康的な食生活を送ることは、長期的な健康維持に不可欠です。

家庭での食事は日常の健康を形作る基盤となるため、この講座で得られる知識は家族全員の健康促進に役立ちます。

子供への良い食習慣の教育

子供に正しい食習慣を教えることは、彼らの健康な成長と将来の生活習慣に影響を与えます。

この講座を受講することで、栄養豊富でバランスの良い食事の重要性を子供に伝えることができます。

食事の準備と献立作成スキル向上

家庭での食事準備は日常的な課題です。

この講座は、献立のバリエーションを増やし、健康的かつ美味しい食事を効率的に準備するためのスキルを提供します。

以上の理由から、家庭での健康管理に関心がある方にとって、ユーキャンの食生活アドバイザー講座は家族の健康と幸せを支える強力なツールとなるでしょう。

カラダの調子を整えたい方

カラダの調子を整えたい方にユーキャンの食生活アドバイザー講座を推奨する理由は以下の通りです。

栄養バランスの理解

この講座では、栄養素の種類とその役割、健康的な食事のバランスについて学ぶことができます。

これは、栄養不足や過剰摂取を避け、体調を整えるために重要です。

食生活の改善

不適切な食生活は多くの健康問題の原因となります。

この講座を通じて、バランスの取れた食事の選び方や健康的な食事習慣を学ぶことができます。

ダイエットと健康維持

正しい栄養知識を持つことは、効果的かつ安全なダイエットに不可欠です。

また、適切な食事は日常のエネルギーレベルを高め、健康を維持するのに役立ちます。

生活習慣病の予防

適切な食生活は、高血圧、糖尿病、心疾患などの生活習慣病のリスクを低減します。

この講座で得られる知識は、長期的な健康を支える基礎となります。

自己管理能力の向上

健康的な食生活を通じて、自分の体調を理解し管理する能力が向上します。

これにより、日々の体調の変化に対して適切に対応できるようになります。

カラダの調子を整えたい方々にとって、食生活アドバイザー講座は健康を取り戻し、維持するための包括的な知識とスキルを提供します。

これは、健康への自己投資として、また日常生活の質の向上にも大きく寄与します。

介護や医療の現場で働く方

介護や医療の現場で働く方々にユーキャンの食生活アドバイザー講座を推奨する理由は以下の点に基づきます。

特定ニーズへの対応

高齢者や障がいを持つ方々は、特定の栄養ニーズや食事制限を持つことが多いです。

この講座では、それらのニーズに適した食事管理や栄養補給の方法を学ぶことができます。

食の安全性の重要性

医療や介護の現場では、食品の安全性と衛生管理が非常に重要です。

この講座を通じて、食品の取り扱いや保存方法に関する知識が深まり、患者や利用者の安全を守ることができます。

栄養状態の改善と健康維持

特に高齢者や長期療養者の栄養状態は、その健康状態に大きく影響します。

適切な栄養摂取を通じて、彼らの健康維持や疾病予防に寄与できます。

患者・利用者への適切なアドバイス

食生活アドバイザーの知識を持つことで、患者や利用者に対して栄養面での有益なアドバイスを提供することができます。

これは、彼らの生活の質の向上に直接的に貢献します。

多様な状況への適応

医療や介護の現場では、さまざまな健康状態や病状に対応する必要があります。

この講座で得られる知識は、それらの状況に柔軟に対応するための基盤を提供します。

以上の理由から、介護や医療の現場で働く方々にとって、食生活アドバイザー講座は患者や利用者の健康と幸福に寄与するための重要な知識とスキルを提供すると共に、自身の専門性を向上させる機会となるでしょう。

食育分野で活躍したい方

食育分野で活躍を目指す方々にユーキャンの食生活アドバイザー講座を推奨する理由は以下の通りです。

食の基本知識の提供

食育では、子供たちに健康的な食生活の基本を教えることが重要です。

この講座では、栄養素の役割やバランスの取れた食事の重要性について学ぶことができます。

食文化への理解

食育では、地域や文化に根ざした食習慣の理解も重要です。

この講座は、食文化や食の歴史に関する知識を提供し、子供たちに多様な視点から食を教えることを可能にします。

健康意識の醸成

健康的な食生活の早期からの導入は、子供たちの長期的な健康に大きな影響を与えます。

この講座で得られる知識は、子供たちに健康意識を育むのに役立ちます。

食に関するマナーの教育

食事のマナーやエチケットは、社会生活において重要なスキルです。

この講座は、正しい食事マナーを教え、子供たちの社会的能力を育成するのに役立ちます。

コミュニティ活動への貢献

地域コミュニティや学校での食育活動は、健康な社会を構築するために重要です。

この講座の知識を活用して、地域や学校での食育イニシアティブに貢献することができます。

食育分野での活躍を目指す方々にとって、この講座は、子供たちの健康と幸福に貢献するための知識とスキルを身に付ける機会を提供します。

また、将来の社会に健康意識の高い世代を育成するための重要な役割を果たすことができます。

最後に

ユーキャン「食生活アドバイザー」講座 ホームページ画像

食生活全般に関する広い知識を持った食のスペシャリストとして知識を習得できる人気の「食生活アドバイザー」講座。

あらゆる角度から適切な指導・助言を行い、食生活の改善を手助けしてくれる医療や介護業界だけでなくさまざまな業界でキャリアアップを目指す方にとって、強力な強みとなる資格です。

生涯学習のユーキャン(U-CAN)は、「学ぶよろこびをあなたに」をモットーに、資格・趣味などの各種通信講座が約160種を提供する教育機関です。年間約60万人もの方がユーキャンで学んでいます。

ユーキャンの学習法が、あなたのライフスタイルに合うのか?向き不向きをしっかりと判断した上で、申し込みしましょう。

ユーキャン 食生活アドバイザー講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン 食生活アドバイザー講座 申込みバナー