広告 危険物取扱者

危険物取扱者(乙4類)のおすすめ通信講座ランキング!評判や口コミ・料金まとめスクール

2022-12-19

このページにはプロモーションが含まれています

日々とても忙しく、「毎日の学習時間がなかなか取れない」という、初学者だけど「危険物取扱者(乙4類)試験を合格して独立したい!」と考えている、あなた。

危険物取扱者の勉強で、こんな悩みはありませんか?

  • 「過去問を何度も解いても頭に入ってこない、、、」
  • 「試験範囲が広すぎて、暗記では対応出来ない、、、」
  • 「科学や物理など苦手で、どう勉強すればいいのか、、、」

独学であれば、このような悩みが出てきても、一人で解決することは難しいですよね。

しかし、これらの悩みを解決できるのが「通信講座」です。

この記事では、あなたにオススメの危険物取扱者通信講座を紹介し、それぞれの講座の特長もまとめていきます。

危険物取扱者試験合格に通信講座がおすすめの3つの理由

危険物取扱者試験に通信講座をお勧めする3つの理由を説明します。

通信講座は短い拘束時間で資格取得を目指せる

毎日、机に向かっての勉強時間がなかなか取れない時点で、通学は無理ですよね。

その点、通信講座は通学しない分、通学時間も学習時間にする事ができます。

時間配分は自分で設定出来ますので、時間制約のストレスなく自分のペースで受講することができます。

また、合格までのスケジュールが具体的で明確なので、自分では「何をどうしたらいいか分からない、、、」というような初心者にも受講しやすく、分かりやすいのが通信講座の特徴だと言えます。

通信講座は、通学に比べ費用が安い

通信講座は、通学と比較して費用がリーズナブルにも関わらず、レポートの添削もしっかりしておりサポートが手厚いというのが特徴です。

通学であれば、生徒が集まって学習するための教室や担当講師の確保などもあり、10〜20万円ほどの料金がかかることが多いですが、通信講座であればそれらの料金も省くことができるので、1〜4万円ほどで学べる講座があります。

居住地に関係なく高水準の授業を受講できる

通信講座は、地域や担当講師の違いなどの影響を受けることがありません。

質問したことにも分かりやすい言葉で丁寧に説明してもらえる添削サポートを受けることで、客観的なアドバイスをもらえ、自身の修正点が明確になります。

また、全国のこれまで多くの受講者を合格に導いてきた危険物取扱者試験の勉強方法が具体的に示され、やるべき課題やその勉強方法が詳しく解説されているため、迷わず集中して勉強できる環境を作ることが可能になります。

危険物取扱者試験合格へおすすめ通信講座を比較

それでは数ある危険物取扱者(乙4類)通信講座の中から、「毎日、机に向かっての勉強時間がなかなか取れない初学者」にオススメする講座をご紹介します。

スタディング「危険物取扱者通信講座」

STUDYing(スタディング)は、「危険物取扱者講座(乙種4類合格コース)」を紹介します。

スタディング 危険物取扱者講座 紹介画像

スタディング「危険物取扱者通信講座」の悪い評判・口コミ

まず、こちらスタディングの危険物取扱者講座に関しての悪い評判や口コミを見ていきましょう↓

「消火はまだよく分からず、、、」という口コミがありますが、苦手分野があると危険物取扱者試験の難しさを実感しますね。

「講師の喋りが詰まったりリズムに乗れず結局聞かなくなってしまった、、、」という口コミがありますが、試験問題が難しいだけでなく、講師の喋りも学習に大きく影響しますよね。

スタディング「危険物取扱者通信講座」おすすめポイント

費用下記の料金一覧に記載サポート質問サポート無し
合格率公表なし合格者数公表なし
講義時間
  • 短期合格セミナー 1回(危険物取扱者 短期合格必勝法)
  • 基本講座(ビデオ・音声) 22講座 合計約8時間
    ・化学 6講座
    ・物理 6講座
    ・危険物の性質 9講座
    ・法令 1講座
  • スマート問題集 21回(140問)
  • 法令暗記ツール 全34回
  • 模擬試験 全10回(350問)
  • 学習Q&Aチケット 計3枚
webテキスト
  • 各基本講座にWEBテキストが付きます
学習期間3ヶ月その他合格お祝い制度(危険物取扱者合格 Amazonギフト券1,000円分)

スタディングの概要

東京都港区にある「STUDYing(スタディング)」を運営するKIYOラーニング株式会社は、『学びを革新し、誰もが持っている無限の力を引き出す』をミッションとし、オンライン資格取得講座のサービスを2008年から提供している。

2020年7月には東京証券取引所マザーズに上場したスタディングの有料での講座受講者数の累計は、2021年2月に10万人を超えている。

スタディングの危険物取扱者通信講座

「忙しい方こそ、もっと活躍して頂きたい」という、社長自身の通信講座の経験から開発がスタートしたスタディングの通信講座は、世界一「学びやすく、わかりやすく、続けやすい」をコンセプトにしています。

これまでの10万人以上の受講生の中で、習得や上達が早い人の学習方法や行動履歴を見える化、分析することで「スタディングメソッド」を確立させ、その「スタディングメソッド」を日々改良し、コンテンツ開発や学習システムの開発に生かしています。

スタディングメソッド7つの原則

  1. 短期間で集中的に繰り返すと記憶に定着する。
  2. 丸暗記ではなくイメージやストーリーを活用すると忘れにくい。
  3. 得点に結びつくことから勉強する。
  4. スキマ時間を生かして勉強する。
  5. 問題・過去問は無理に解かずに覚えてしまう。
  6. 試験本番を想定した練習をする。
  7. 最後まで完走する。

スタディングの料金

スタディングの講座は高額ですが、その分キャンペーン割引が充実しています。スタディングのホームページでキャンペーン情報を細かくチェックしましょう。

危険物取扱者乙種4類合格コース
▼ 申込みはこちら ▼

フォーサイト「危険物取扱者 乙種4類通信講座」

フォーサイトは、「危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座」を紹介します。

フォーサイト 危険物取扱者乙種4類講座の紹介画像

フォーサイト「危険物取扱者 乙種4類通信講座」の悪い評判・口コミ

まず、こちらフォーサイトの危険物取扱者 乙種4類講座に関しての悪い評判や口コミを見ていきましょう↓

「危険物とか勉強してるんだけど、全然頭入んないよ、、、」という口コミがありますが、この方はフォーサイトの通関士講座を受講していたんですね。なかなか頭に入らなくて苦戦している様子が伺えますね。

フォーサイト「危険物取扱者 乙種4類通信講座」おすすめポイント

費用下記の料金一覧に記載サポートEメールによる質問対応(上限あり3回まで)
合格率発表なし合格者数発表なし
講義時間詳細説明なしテキスト
  1. テキスト 3冊
  2. 問題集 3冊
  3. 模擬試験(1回分)
  4. 副教材:受講ガイド・合格必勝編・戦略立案編など
学習期間約5ヶ月その他危険物取扱者試験合格でAmazonギフトコード最大1,000円分プレゼント

フォーサイトの概要

東京都文京区にある株式会社フォーサイトは、1993年に不動産研修会社として名古屋で創業し、国家資格を中心にした通信教育に特化した専門校です。

フォーサイトの危険物取扱者 乙種4類通信講座

フォーサイトの特徴は、合格するために必要な知識だけが書かれているテキスト。全てを網羅するのではなく、過去問を徹底的に分析し合格を目的とした、重要項目が一目で分かる、合理性を突き詰めたフルカラーのテキストとなります。

これまでフォーサイトでは、全講座で累計受講者数30万人が受講していて、経験豊富な講師陣らの質の高い講義動画で学べることも重要なポイントです。eラーニング「ManaBun」で、一つの講義動画が15分という短時間なため、隙間時間での勉強に最適です。

フォーサイトの料金

フォーサイトの講座は高額ですが、その分キャンペーン割引が充実しています。フォーサイトのホームページでキャンペーン情報を細かくチェックしましょう。

危険物取扱者講座の特徴

  1. 初学者でも「早く・深く・正確に」理解が進むよう工夫されたフルカラーテキスト教材
  2. 学習データをもとに得意不得意を分析した上で出題される演習システムで「弱点克服」
  3. 「資格通信教育の専門校」として受講生数32万人!優先順位が明確でわかりやすい講座

危険物取扱者乙種4類通信講座
▼ 申込みはこちら ▼

危険物取扱者乙種4類の通信講座に申込む

ユーキャン「危険物取扱者通信講座」

ユーキャンは「危険物取扱者通信講座」を紹介します。

ユーキャン 危険物通信講座の紹介

ユーキャン「危険物取扱者通信講座」の悪い評判・口コミ

まず、こちらユーキャンの危険物取扱者通信講座に関しての悪い評判や口コミを見ていきましょう↓

「痒いところに手が届いてない、、、」という口コミがありますが、テキスト教材がしっかりしてないと分けると、非常に心配になる気持ちもわかります。テキスト教材を読み込んでいった結果、不安な気持ちになって様子が伺えますね。

「これ正直、難易度高いんじゃないですかね、、、」という口コミがありますが、テキスト教材を軽く読んでみて、今の自分の実力では生半可な勉強だと合格できないと、気が付いてしまったようです。

「もともと文系だった人間なので、化学とか物理とか難しくて難しくて、、、」という口コミがありますが、やはり文系の人にとっては、化学・物理は難問なようです。苦戦している様子が伺えます。

ユーキャン「危険物取扱者通信講座」おすすめポイント

費用下記の料金一覧に記載サポート
  1. Eメール、郵便による質問対応
  2. 5回(試験種別模擬試験2回を含む)
  3. 質問あり(1日3問まで)
合格率公表なし合格者数公表なし
講義時間講義なし※ポイント動画ありテキスト
  1. メインテキスト:全3冊
  2. 副教材(ビギナーズぶつりかがく、ゴロおぼえ手帳、ガイドブック、添削関係書類ほか)
学習期間5ヵ月その他受講開始12ヵ月までは、添削指導・質問指導・情報提供など受講可能

ユーキャンの概要

東京都新宿区に本社がある株式会社ユーキャンは、1947年に創設されたラジオ教育研究所が前身で、1974年に株式会社日本通信教育連盟を設立。公表されている売上高は2014年12月期の連結450億円。

資格・趣味などの各種通信講座が約160種あり、これまでの受講生総数は延べ約1800万人に上ります。

ユーキャンの危険物取扱者通信講座

累計受講者数215万人を超える通信教育講座「ユーキャン」の危険物取扱者通信講座をご紹介します。

危険物取扱者試験で合格するため、ユーキャンでは、メールや郵送で気軽に質問できるサポートと、全5回の添削指導で、気づきにくい自分自身の弱点に気づける事ができ、効率的に弱点の克服ができる仕組みがあリります。

ユーキャンの学習の特徴は、隙間時間を上手く活用できるように作られた、webを活用したスマホ学習で効率よく合格が目指せる「合格デジタルサポートパック」です。

この「合格デジタルサポートパック」を活用すると、「次に何をすべきか?」を学習スケジュールを自動で管理でき、Webテストに取り組むことで弱点を効率的に克服できるようになり、外出先や移動など、スキマ時間を有効活用することで、より効率的に学習できます。

ユーキャンの料金

ユーキャンの危険物取扱者通信講座は他と比べると安い、、、とは言っても高額です。定期的にキャンペーン割引を行なっています。ユーキャンのホームページでキャンペーン情報を細かくチェックしましょう。

一括払い

39,000

分割払い

3,300円✕12回=総計:39,600

ユーキャン 危険物取扱者講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン 危険物取扱者講座 申込み画像

危険物取扱者試験合格のためのオススメ通信講座は?

今回の記事は、「毎日机に向かっての勉強する時間がなかなか作れない」という初学者が、危険物取扱者試験を合格するための通信講座をオススメしました。

危険物取扱者試験合格に通信講座をおすすめする3つの理由

  1. 通信講座は、短い拘束時間で資格取得を目指せる
  2. 通信講座は、通学に比べ費用が安い
  3. 居住地に関係なく高水準の授業を受講できる

最後に

人気がある通信講座には、ちゃんと選ばれる理由があります。

学習サポート体制がしっかりしていることや運営母体がしっかりしていて信頼できること、これまでの合格者数の多さ、費用などが選ばれている理由です。

日々の仕事が忙しく、一日一時間しか机に向かって勉強する時間がないあなたは、「動画が見る暇もない、、、」というのが正直なところではないでしょうか?

初めての危険物取扱者試験受験で、どの通信講座にすればいいか迷っている場合は、

  • 質問や添削回数の多さ
  • 合格者数の多さ
  • 運営母体の信頼性
  • サポート体制
  • 費用

という面から見て、限られた時間の中で効率よく学習を進めるために、あなたに必要なメール質問に答えてくれる通信講座はどれでしょうか?

その学習法が、あなたのライフスタイルに合うのか?向き不向きをしっかりと判断した上で、決断をくだしましょう。