広告 危険物取扱者

危険物取扱者資格を生かせる転職・求人はどんな仕事?

2022-12-09

このページにはプロモーションが含まれています

危険物取扱のプロフェッショナルである危険物取扱者資格を取得するには、毎日のように仕事の終わりに勉強時間を確保しなければなりません。

お仕事をしながら、危険物取扱者の勉強をしている人は、仕事以外の時間は、眠たい目をこすりながらを受験勉強を頑張っているのではないでしょうか?

そうやって苦労の末に取得する資格ですが、実際のところ危険物取扱者の求人ってどの程度あるのか?わからない部分もあると思いますので、今回は危険物取扱者の求人状況について徹底解説しました。

危険物取扱者資格を生かせる転職・求人はどんな仕事?

実際問題、具体的に危険物取扱者資格を活かした仕事(転職・求人)はあるのでしょうか?

危険物取扱者資格を生かせる転職や求人のいくつかの具体的な仕事について以下に説明します。

これらの仕事は、危険物取扱者資格を持つことで、化学物質や危険物の取り扱いに関する知識と安全性に対する高い意識を持つ候補者として求められます。資格を活かして、自分のキャリアをさまざまな産業で発展させることができます。

 忙しい毎日でも乙4類合格狙うなら? 

ユーキャン 危険物取扱者講座 ホームページ画像

 【特長】ユーキャン危険物取扱者(乙4類) 

スピーディーな合格

5ヶ月で危険物取扱者(乙4類)合格を目指すため効率的な学習が可能です。

初学者向け講座

物理・化学の知識がない初学者でも、4コマ漫画やイラスト・図表を活用して理解を促進します。

合格実績

弱点克服に役立つ講座は、10年間で2,800名以上の合格者を輩出。予備知識不要で誰でも受講可能です。

ユーキャン 危険物取扱者講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン 危険物取扱者講座 申込み画像

危険物取扱者資格を活かせる仕事はある?

グラインダーで木材をカットしている様子

危険物取扱者は、消防法で「危険物」と定められている火災のリスクがある物質を取り扱うための国家資格です。

代表的な危険物取扱者資格を生かせる職場としては、ガソリンスタンドのイメージが強いですが、その資格を生かせる場所はガソリンスタンドだけではありません。

・タンクローリー

たとえば、消防法上の危険物(石油やアルコールなど)をタンクローリーで移送する場合、危険物の取り扱いに該当します。

危険物取扱者自身がドライバーを務める必要はないものの、企業としてはタンクローリーを運転できる危険物取扱者のほうが好ましいため、資格取得者は需要がある職場です。

・ビルの設備管理

また、ビルの設備管理の仕事は、重油などの危険物を取り扱う可能性があるので、危険物取扱者乙種4類の資格が生かせます。

不特定多数の人が利用する商業ビルやオフィスビルを安全に利用するためには、各種設備の整備や点検が欠かせません。

なお、その管理業務に就くために資格は必須ではないものの、危険物取扱者の資格を所有していれば強みとしてアピールでき、就職や転職時に有利に働きます。

・発電所の保安員

さらに、発電所の保安員も資格を生かせる代表的な職場です。

発電所の設備を点検し、異常が見つかった際には修理・補修を計画したり管理するその仕事にあたっては、危険物を取り扱うタイミングが必ずあります。

危険物に加えて電気主任技術者などの専門知識・スキルや技術を磨けば、より活躍の場を広げられます。

 忙しい毎日でも乙4類合格狙うなら? 

ユーキャン 危険物取扱者講座 ホームページ画像

 【特長】ユーキャン危険物取扱者(乙4類) 

スピーディーな合格

5ヶ月で危険物取扱者(乙4類)合格を目指すため効率的な学習が可能です。

初学者向け講座

物理・化学の知識がない初学者でも、4コマ漫画やイラスト・図表を活用して理解を促進します。

合格実績

弱点克服に役立つ講座は、10年間で2,800名以上の合格者を輩出。予備知識不要で誰でも受講可能です。

ユーキャン 危険物取扱者講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン 危険物取扱者講座 申込み画像

危険物取扱者(甲種)の求人はどんな仕事がある?

建設現場の様子

・ガソリンスタンドのスタッフやドライバー

危険物取扱者の中でも、すべての危険物の取り扱いや保守、点検、さらには保安管理を行う権限を与えられるのが甲種です。そのため、ほかの危険物取扱者以上に就ける仕事の種類が圧倒的に多いのが特徴です。

その分受験資格や試験難易度も高いものの、それでも取得する価値のある就職や転職において武器になる資格が危険物取扱者甲種と言えます。

具体的には、危険物取扱者が活躍できる代表的な職場とも言えるガソリンや灯油などを扱うスタンドのスタッフやドライバーとしての就職先は、少し探せばたくさんの求人が見つかります。

・化学薬品や化粧品向上の生産業務や管理業務など

また、甲種取得者であれば、化学薬品や化粧品向上の生産業務や管理業務など、より上の立場の仕事に就きやすいのも特徴です。

さらに、食品メーカーの品質管理業務や物流倉庫内のスタッフ、環境調査員、施設の設備メンテナンススタッフ、社会福祉施設の防災スタッフなど、さまざまな仕事に就けます。

しかも、就職後であっても、その資格取得によって特別手当がもらえることもあります。

さらに、危険物取扱者甲種を取得した上で6ヶ月以上の業務経験を積むと、危険物保安監督者の資格の取得も可能です。

これにより、さらに高収入が見込める責任のある職種を目指せます。

 忙しい毎日でも乙4類合格狙うなら? 

ユーキャン 危険物取扱者講座 ホームページ画像

 【特長】ユーキャン危険物取扱者(乙4類) 

スピーディーな合格

5ヶ月で危険物取扱者(乙4類)合格を目指すため効率的な学習が可能です。

初学者向け講座

物理・化学の知識がない初学者でも、4コマ漫画やイラスト・図表を活用して理解を促進します。

合格実績

弱点克服に役立つ講座は、10年間で2,800名以上の合格者を輩出。予備知識不要で誰でも受講可能です。

ユーキャン 危険物取扱者講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン 危険物取扱者講座 申込み画像

危険物取扱者(乙4類)の社員求人はどんな仕事がある?

対談している男性

危険物取扱者(乙4類)の資格を持つ社員は、以下の職業や業界で仕事を見つけることができます:

ガソリンスタンド従業員

ガソリンスタンドでの給油業務や安全管理に従事します。資格保持者は引火性液体(ガソリン、灯油、軽油、重油など)の取り扱いに特化しており、ガソリンスタンドで非常に需要が高いです。

ガソリンスタンド従業員として危険物取扱者乙4類の資格を持つ社員の仕事について詳しく説明します。

ガソリンスタンド従業員としての役割は、安全性とサービス品質を確保する非常に重要なものであり、危険物取扱者乙4類の資格を持つことで、この職務を遂行するスキルと信頼性を高めることができます。

タンクローリーの運転手

危険物(例: 石油やアルコール)を輸送するタンクローリーの運転手としての仕事があります。運転そのものは運転免許が必要ですが、危険物取扱者乙4類の資格は液体の運搬において重要です。

危険物取扱者乙4類の資格を持つタンクローリーの運転手は、以下の具体的な仕事を担当します。

危険物取扱者乙4類の資格を持つタンクローリーの運転手は、危険物の輸送における専門的な知識とスキルを提供し、液体の取り扱いにおいて高い安全性と法的遵守を確保します。

石油会社

石油製品を製造、管理、貯蔵する石油会社での職務に関連性があります。乙4類の資格は、石油製品に関連する業務での強力な資格となります。

石油会社で危険物取扱者乙4類の資格を持つ社員が担当する具体的な職務について詳しく説明します。

石油会社では、石油製品の製造、貯蔵、品質管理、法的遵守、環境配慮など多岐にわたる業務が行われます。危険物取扱者乙4類の資格を持つ社員は、これらの業務において専門的な知識とスキルを提供し、企業の安全性と効率性を向上させます。

化学関連企業

総合化学メーカーや電子材料メーカー、誘導品メーカーなど、化学関連の企業での仕事にも活用できます。危険物取扱者乙4類の資格は、化学物質の取り扱いや安全性確保に役立ちます。

化学関連企業で危険物取扱者乙4類の資格を持つ社員が担当する具体的な仕事について説明します。

化学関連企業では、化学物質の取り扱いや製造において高い安全性と品質が求められます。危険物取扱者乙4類の資格を持つ社員は、これらの要求に応え、企業の成功に貢献します。

工場での洗浄作業

石油やアルコールが洗浄液として使用される工場での洗浄作業に携わります。洗浄プロセスの安全性と品質管理を担当します。

工場での洗浄作業において、危険物取扱者乙4類の資格を持つ社員が果たす役割について詳しく説明します。

工場での洗浄作業は、製品や部品の製造プロセスにおいて欠かせない一環です。危険物取扱者乙4類の資格を持つ社員は、洗浄作業において安全性と品質を確保し、効率的な生産を支えます。

食品製造業

食品会社では、大量の植物油を使用することが一般的です。危険物取扱者乙4類の資格を持つ社員は、植物油の取り扱いと安全性確保に貢献し、食品製造プロセスで重要な役割を果たします。

食品製造業において、危険物取扱者乙4類の資格を持つ社員が果たす役割について詳しく説明します。

食品製造業では、食品の品質と安全性が絶対的に重要です。危険物取扱者乙4類の資格を持つ社員は、食品製造プロセスにおいて植物油の取り扱いに関する専門知識を提供し、品質と安全性を確保します。

アルコール製造業

危険物取扱者乙4類はアルコール類(例: 消毒用アルコール)の取り扱いが可能です。アルコール製造や販売業界で、資格保持者は製品の製造から品質管理まで幅広い役割を担います。

アルコール製造業において、危険物取扱者乙4類の資格を持つ社員が果たす役割について詳しく説明します。

アルコール製造業では、品質、安全性、法的規制への遵守が不可欠です。危険物取扱者乙4類の資格を持つ社員は、アルコール製品の生産から品質管理まで幅広い役割を担い、製品の安全性と品質を確保します。

建設業

建設現場では、石油やアルコールを使用する場面があります。危険物取扱者乙4類の資格を持つ社員は、建設プロジェクトにおける安全性とコンプライアンスの確保に貢献します。

建設業において、危険物取扱者乙4類の資格を持つ社員が果たす役割について詳しく説明します。

建設業における危険物取扱者乙4類の資格は、建設プロジェクトにおける石油製品の取り扱いと安全性確保に貢献します。建設現場では多くの作業が同時に進行するため、安全性と法的コンプライアンスは非常に重要です。資格保持者はこれらの側面に焦点を当て、建設プロジェクトの成功に寄与します。

設備管理

施設内での化学製品や危険物の保管、物流、管理に関する職種においても、危険物取扱者乙4類の資格が必要な場合があります。設備の安全性と適切な取り扱いを担当します。

設備管理職において、危険物取扱者乙4類の資格を持つ社員が担当する役割について詳しく説明します。

設備管理職において、危険物取扱者乙4類の資格を持つ社員は、化学物質や危険物の適切な取り扱いと安全性の確保に重要な役割を果たします。設備内での物品の保管、物流、管理において、資格保持者は安全性と法的コンプライアンスを維持し、施設の運営をサポートします。

危険物取扱者乙4類の資格は、引火性液体や危険物の取り扱いに特化しており、これらの資格保持者は上記のような職種や業界で求められます。特にガソリンスタンドや危険物を輸送する職業においては、資格取得者は高い需要を享受します。資格を活かして、安全性と法的遵守を担保する重要な役割を果たします。

 忙しい毎日でも乙4類合格狙うなら? 

ユーキャン 危険物取扱者講座 ホームページ画像

 【特長】ユーキャン危険物取扱者(乙4類) 

スピーディーな合格

5ヶ月で危険物取扱者(乙4類)合格を目指すため効率的な学習が可能です。

初学者向け講座

物理・化学の知識がない初学者でも、4コマ漫画やイラスト・図表を活用して理解を促進します。

合格実績

弱点克服に役立つ講座は、10年間で2,800名以上の合格者を輩出。予備知識不要で誰でも受講可能です。

ユーキャン 危険物取扱者講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン 危険物取扱者講座 申込み画像

危険物取扱者資格の履歴書への書き方とは?

履歴書の書き方 画像

・危険物取扱者を履歴書に書く際の注意点①

危険物取扱者を履歴書に書く際には、日付欄に都道府県知事から免状を交付された日付を記載します。

この発行された交付年月日は免状に記載されています。履歴書に書く前に、確認するのがおすすめです。日付が確認できたら資格名と取得の旨を書きましょう。

なお、履歴書には、資格を正式名称で記入するのが常識とされています。

一般的な呼び名ではあるものの、「乙4類」などの略称で記載すると、せっかくの資格が採用側に悪い印象を与えてしまうリスクがあります。

たとえば、乙種4類であれば、日付とともに「乙種第4類危険物取扱者免状 取得」と書くようにしましょう。

・危険物取扱者を履歴書に書く際の注意点②

また、複数の資格を取得している場合の書き方には注意が必要です。

甲種の資格を所有している場合、すべての危険物が取り扱えるので乙種・丙種の取得の旨を記載する必要はありません。

甲種・乙種・丙種の全てを保有している場合は、「甲種危険物取扱者免状 取得」と書いておけば、持っているスキルを正確に採用側に伝えられます。

一方で、乙種・丙種のみを取得している場合、それぞれに取り扱える危険物が異なります。

取得した年月日が古いものから順番に書きましょう。ただ、乙種4類は丙種が取り扱える危険物を網羅しています。

乙種4類と丙種を所有している場合、乙種4類のことのみ記載すれば問題ありません。

 忙しい毎日でも乙4類合格狙うなら? 

ユーキャン 危険物取扱者講座 ホームページ画像

 【特長】ユーキャン危険物取扱者(乙4類) 

スピーディーな合格

5ヶ月で危険物取扱者(乙4類)合格を目指すため効率的な学習が可能です。

初学者向け講座

物理・化学の知識がない初学者でも、4コマ漫画やイラスト・図表を活用して理解を促進します。

合格実績

弱点克服に役立つ講座は、10年間で2,800名以上の合格者を輩出。予備知識不要で誰でも受講可能です。

ユーキャン 危険物取扱者講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン 危険物取扱者講座 申込み画像

危険物取扱者(甲乙丙)資格は、何歳から取得可能?

海外の大学卒業式の光景

危険物取扱者の資格には、甲・乙・丙の3種類があります。そして、保有する資格が甲・乙・丙のどれかによって、取り扱いあるいは立会や管理できる危険物の種類が変わってきます。

このうち、乙種と丙種については、誰でも受験可能です。年齢不問・経験不問で、興味がある人はすぐにでも受験することができる間口の広い資格となっています。実際に、小学生などが合格しているケースもあるほどです。

一方で、危険物取扱者の中で最も難易度が高く、取り扱える危険物の範囲が広い甲については、条件を満たさなければ受験することができません。ただ、年齢制限はなく、下記要項のいずれかひとつを満たせば受験可能です。

  • 大学などを化学に関する学科を修めた上で卒業している
  • 大学などで15単位以上科学に関する単位を取得した上で修了している
  • 乙種危険物取扱者免状交付後、2年以上の実務経験がある
  • 次のうち4種類以上の乙種危険物取扱者の免状を所有している(第1類または第6類/第2類または第4類/第3類/第5類)
  • 化学に関する学科や課程の修士・博士の学位を所有している

このように厳しい条件が課されてはいるものの、年齢制限がない甲種についても、高校生で取得している人もいます。

 忙しい毎日でも乙4類合格狙うなら? 

ユーキャン 危険物取扱者講座 ホームページ画像

 【特長】ユーキャン危険物取扱者(乙4類) 

スピーディーな合格

5ヶ月で危険物取扱者(乙4類)合格を目指すため効率的な学習が可能です。

初学者向け講座

物理・化学の知識がない初学者でも、4コマ漫画やイラスト・図表を活用して理解を促進します。

合格実績

弱点克服に役立つ講座は、10年間で2,800名以上の合格者を輩出。予備知識不要で誰でも受講可能です。

ユーキャン 危険物取扱者講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン 危険物取扱者講座 申込み画像