ユーキャン「野菜スペシャリスト」通信講座の難易度や独学で上達可能か解説

NO IMAGE

健康的な生活に欠かせない野菜や果物で健康と美をつくるスペシャリストとして人気の「野菜スペシャリスト」講座。

しかし、、、

  • 「これまで自己流でやってきたけど上手く行かない、、、」
  • 「食事にもっと野菜を取り入れたいけど、失敗だらけ、、、」
  • 「野菜を使ってアレンジしたいけど、知識がないので作れない、、、」

このような経験をされてきた方が講座を受けようと思った時、心配なのは「私でもできるのか?」ということではないでしょうか?

この記事ではユーキャンの野菜スペシャリスト講座の難易度や独学で上達可能か?ついてご紹介します。

 

野菜スペシャリストの合格率ってどのくらい?

近年注目が高まっている野菜スペシャリストの資格試験の合格率は、ほぼ100%と謳われています。

こちらの試験は、「一般社団法人 FLAネットワーク協会」が認定する講座を受講した後に受験する形式となっており、受講期間内なら何度でも受かるまで試験を受け続けられることから、合格率は100%に近いとされています。

野菜スペシャリストの合格率の推移

野菜スペシャリストの合格率は、毎年ほぼ100%と言われています。通信教育の対策講座カリキュラムの中に検定試験が含まれているため、試験合格のために必要な最低限の知識を重点的に学べるシステムとなっており、在宅で気軽に受験出来るということも高い合格率を維持している理由となっています。

よって、事情があって受講中に試験を受けることをやめてしまうという方以外は、基本的に受講者全員が資格を取得出来る仕組みになっているのです。

 

野菜スペシャリストの難易度は?

野菜スペシャリストは、偏差値30程度の難易度とされています。

他の試験と比較すると、普通自動車運転免許の学科試験よりも野菜スペシャリストの方が難易度低めに設定されており、受講期間内なら何度でも受験可能となっているので、難易度としては非常に容易だとされています。

野菜スペシャリスト試験の合格ライン

野菜スペシャリストの試験では、試験全体の7割以上が取れれば合格となります。

通信講座の教材であるテキストの中からしか出題されないので、試験範囲をしっかりと学習し、試験に臨むようにしましょう。

ただし、野菜スペシャリストを受験するためには、カリキュラムに含まれる4回の添削課題を提出しなければいけないというルールがあり、全ての課題を終えると、5つ目の添削課題として検定試験が実施されます。

未提出となっている添削課題がひとつでもあると受験不可となるので、スケジュール調整をしっかりと行うようにしましょう。

 

野菜スペシャリスト試験の日程・内容は?

それでは次に、野菜スペシャリスト試験の日程や詳細を見てみましょう。

野菜スペシャリスト試験は年に何回?

野菜スペシャリストは、通信教育の対策講座カリキュラムの一環として検定試験を受けるため、受講後にそのまま在宅で受験することが出来ます。そのため、正式な試験日は設けられておらず、受験者の好きなタイミングで通年受験可能というシステムが採用されています。

野菜スペシャリストの試験内容

野菜スペシャリストでは、主に4つの分野から出題されます。

「野菜の上手な活用法」、「食生活と野菜の栄養学」、「野菜と果物の基礎知識」、「野菜を取り巻く環境」の4分野で構成されており、これらを網羅して初めて、野菜スペシャリストに必要な知識を有していると認められるのです。

<野菜の上手な活用法>

「野菜の上手な活用法」では、1日に必要な野菜や果物の量について学習します。

人間が健康的な生活を送るために必要とする野菜や果物の量は非常に多く、それだけの量を生の状態で摂取することは難易度が高くなっていますが、調理の際に工夫をすることで、効率良く栄養を摂ることが出来ます。

茹でる際のポイントや、捨てずに使うべき野菜や果物の部位、炒め方のコツなど、すぐに家庭で実践出来るテクニックばかりとなっており、炒め方のようなちょっとしたスキルが必要な分野は、副教材のDVDで視覚的に学習出来るように工夫がされています。

<食生活と野菜の栄養学>

「食生活と野菜の栄養学」では、基本的な野菜の栄養知識を学習することで、各野菜にどのような働きがあるのかを学ぶことができ、さらに、夏バテや貧血などの体調不良時に摂取すべき野菜に関しても出題されます。

<野菜と果物の基礎知識>

「野菜と果物の基礎知識」では、野菜や果物それぞれの特徴や、正しい保存法、買い物での選定の仕方、旬の野菜を食べることのメリットについて学習。

<野菜を取り巻く環境>

「野菜を取り巻く環境」では、流通や法律に関してが出題範囲となっており、食品業界などにも関わる専門的な内容を問う設問が多い傾向となっています。

野菜スペシャリストの試験は、出題範囲自体は広くなっていますが、過去問の焼き増しがほとんどです。そのため、ある程度学習を進めた時点で過去問を解き始め、試験傾向を掴みながら苦手分野を重点的に学習していくことで、確実に合格圏内に入ることが出来ます。

 

野菜スペシャリストは独学で合格できる?

野菜スペシャリストは、通信講座のカリキュラムに検定試験が含まれているため、受験者は全員独学で合格しています。

試験範囲は非常に広くなっていますが、試験全体の7割が取れれば合格圏内に入れるので、必要最低限の重要ポイントのみに絞って学習出来るように講座作りがされています。

そのため、試験勉強にあまり時間を割けないという方も効率良く学習出来る工夫がされているため、比較的容易に合格を手にすることが出来ます。

野菜スペシャリストを合格するまでの勉強時間は?

野菜スペシャリストは、資格取得までの目安の学習期間を5か月として設定しています。

ただし、このユーキャンの野菜スペシャリスト講座はあくまで平均学習時間とされているだけなので、忙しくて勉強時間を確保しにくいという方は、最長12か月まで学習期間を延長することが可能となっています。