広告 ユーキャン

ユーキャンの2級ボイラー技士講座ってどう?評判や口コミ、料金をまとめました

2021-03-21

このページにはプロモーションが含まれています


ユーキャン 二級ボイラー技師講座 ホームページ画像

ユーキャンの「2級ボイラー技士」講座って信用できるのかな?

講座の悪い評判や口コミ、あと費用とかも知りたい!

ボイラー技士は、ビルやマンション、病院や学校など、建物の空調管理を担う専門家として人気の「2級ボイラー技士」講座。

二級ボイラー技士として、冷暖房を使用している建物の空気調節を管理する専門的な知識と技術を持つことは、就職・転職はもちろん、キャリアアップや独立を目指す方にとって即戦力を示す強みとなる資格です。

しかし、、、

  • 「勉強が長続きするか心配、、、」
  • 「本当に自分でもできるのかな、、、」

という不安を抱えているのではないでしょうか?

生涯学習のユーキャン(U-CAN)は、「学ぶよろこびをあなたに」をモットーに、資格・趣味などの各種通信講座が約160種を提供する教育機関です。年間約60万人もの方がユーキャンで学んでいます。

  • 初学者でもムリなく合格へ導く分かりやすい教材
  • スキマ時間でいつでも便利なスマホ学習
  • 経験豊富な講師による充実サポート体制

「2級ボイラー技士講座が気になっているけど、まだ迷っている、、、」なら、このページを参考にしてみてください。

この記事の目次

2級ボイラー技士講座を検討している全ての方に読んでほしいこと

「通信講座に入ったけど続かなかった」

自分の都合良い時間で勉強できると評判の通信講座ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「講座が合わなかった」に集約されます。

講座費用が安かったから、、、

何も考えずに申し込んだ、、、

こんなテキストじゃ合格無理、、、

あ、、、行政書士のテスト7割を切ってしまった…全額返金保証の対象外に…
判例集も無いし条文の解釈の仕方についても穴だらけのテキストで合格できる気がしない…通信講座なんてやらなきゃよかった、市販テキストのほうが圧倒的に情報量も試験に出る問題の解き方も押さえてあるのに…
失敗したな…— いずみん@慶應通信 (@IZzzminne) April 3, 2018

詰め込み方が激しすぎる、、、

費用が安いから、評判が良さそうだから、そんな理由で講座選びをすると、途中で辞めてしまうことも多いです。

後悔しないためには、講座のメリット・デメリットを把握した上で申し込むことが重要です。

ユーキャン 2級ボイラー技士講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン 2級ボイラー技士講座 申込みバナー

ユーキャン2級ボイラー技士講座「やめとけ」悪い評判・口コミ

どの講座にも、メリットもあれば必ずデメリットもあります。

まずは、ユーキャン2級ボイラー技士講座のTwitterで見つけたネガティブな評判・口コミの中で、「これはちゃんと確認しておかないと怖いな」という口コミをチェックしてみましょう。

気になる悪い評判・口コミでチェックするのは、以下の3つです。

気になる口コミ

  • 2級ボイラー技士の講座内容が難しい
  • メール質問の回答が遅い
  • 講座の料金が高い

一つずつ見ていきましょう。

【ユーキャン 2級ボイラー技士講座の口コミ1】二級ボイラー技士講座の内容が難しい

ユーキャンの2級ボイラー技士講座は、どういう評判や口コミが多いの?

講義内容が難しい、、、という口コミがあるわ!

まず初めの気になる口コミは「講義内容が難しい、、、」というものです。

例えば、こんな口コミです↓

このように「2級ボイラー技士の勉強、結構難しい、、、」と呟いていました。

これからユーキャンで2級ボイラー技士講座を学ぼうと思っている人にとっては、正直ちょっと心配ですよね。

ユーキャンの2級ボイラー技士講座は難しい?

難しいと口コミや評判になっている、ユーキャンの2級ボイラー技士講座の特徴をまとめてみました。

テキスト教材の
特徴

【特徴1】初学者91%!やさしいテキストだから初めてでも安心

ユーキャンの二級ボイラー技士講座の特徴①「初学者91%!やさしいテキストだから初めてでも安心」は、以下のポイントで具体的にまとめられます。

初学者の高い割合

受講生の91%が二級ボイラー技士の学習を初めて経験。この割合は、初心者が安心して始められる講座であることを示しています。

初心者に配慮した教材

ユーキャンのテキストは、初学者にも理解しやすいように専門的な内容をかみ砕いて丁寧に解説。これにより、ボイラーに関する知識が全くない方でも安心して学べます。

実際の受講生のデータに基づく信頼性

2022年9月~2023年8月の講座受講者のアンケート結果に基づく。この実際のデータは、講座の効果と受講者の満足度を裏付けています。

特徴①は、二級ボイラー技士の学習を始める初学者にとって、ユーキャンの講座が理解しやすく、効果的な学習が可能であることを強調しています。

また、広範囲の初心者が受講している事実は、講座のアクセシビリティと初学者に対する配慮を示しています。

受講者にとって、どんなメリットがありますか?

特徴①「初学者91%!やさしいテキストだから初めてでも安心」は、受講者にとって以下のような具体的なベネフィット(価値)を提供します。

①:初心者でも合格の可能性が高い

91%の初学者が学習に成功している事実は、これから始める受講者に対しても、成功の可能性が高いことを示唆しています。初心者でも安心して取り組めるという自信を与えます。

②:段階的かつ効果的な学習で、効率良く身につけられる

専門的な内容を初学者にも理解しやすく解説するテキストは、基礎から徐々に専門知識を習得するのに適しています。これにより、ボイラー技士として必要な知識とスキルを効率良く身につけることができます。

③:学習中のストレスを軽減し、安心して勉強できる

初心者特有の不安や疑問に配慮した教材は、学習中のストレスを軽減し、モチベーションの維持に寄与します。初めてボイラーに触れる方でも、安心して学習に臨めます。

④:実践的なスキルと知識が習得できる

実際のボイラー技士として必要な知識を、初学者でも理解しやすい形で提供するため、実務に即したスキルを身につけることが可能になります。

⑤:ボイラー技士としての自信を段階的に構築できる

初学者向けの教材を通して学習することで、ボイラー技士としての自信を段階的に構築できます。これは、将来的なキャリア構築においても重要な要素です。

特徴①は、初心者がボイラー技士としての基礎から実践的な知識を効果的に習得し、プロとしてのキャリアを築くための強固な基盤を提供することを強調しています。

【特徴2】ムダを省き、学習量を最小限に!

ユーキャンの二級ボイラー技士講座の特徴②「ムダを省き、学習量を最小限に!」を具体的にまとめると以下のようになります。

効率的な副教材の提供

試験に出やすい問題100間と重要用語350個を厳選収録した小冊子を提供。これにより、知識の整理や試験直前の見直しに最適で、合格への道を効率的に進むことが可能です。

重点的な学習内容

試験に出やすいポイントを中心に編集されたテキストで、必要な知識を効率よく習得できます。無駄のない学習方法により、時間を節約しながら合格への準備ができます。

ビジュアルな学習支援

図解やイラストを豊富に使用したテキストで、専門的な内容も分かりやすく解説されています。視覚的な材料により、理解が容易になり、学習効果が向上します。

読みやすいテキスト設計

大きな文字とすっきりしたレイアウトで、重要なポイントがすらすらと読め、理解しやすくなっています。欄外には用語の解説も掲載され、意味を調べる手間を省き、より効率的な学習が可能です。

特徴②は、効率的かつ効果的な学習方法を提供し、合格に必要な知識を確実に身につけることを目指していることを強調しています。

これにより、忙しい方や初学者でも、無駄なく、効果的に学習を進めることが可能になります。

受講者にとって、どんなメリットがありますか?

特徴②「ムダを省き、学習量を最小限に!」は、受講者にとって以下のような具体的なベネフィット(価値)を提供します。

①:必要な知識のみに集中して学習できるため、時間効率が最大化

試験に頻出する問題と重要用語を厳選しているため、受講者は必要な知識のみに集中して学習でき、全体的な学習時間を短縮できます。これは特に忙しい受講者にとって大きな利点です。

②:試験に出やすいポイントに焦点を当てた教材だから、合格率が向上する

試験に出やすいポイントに焦点を当てた教材により、受講者は効果的に試験対策ができ、合格の可能性が高まります。

③:図解やイラストを多用し、理解を容易にしている

図解やイラストを多用したテキストは、専門的な内容を視覚的に理解しやすくしています。これにより、初学者でも複雑な概念をより簡単に掴むことができます。

④:知識の整理と確認

重要な用語やポイントを網羅した副教材は、学習した内容の整理と確認に役立ち、本番の試験に向けて自信を持って臨めます。

⑤:学習のストレス軽減で、長時間の集中も容易になる

読みやすいレイアウトと大きな文字で、学習時のストレスを減らし、長時間の集中も容易にします。また、重要な内容のみに絞ることで、無駄なく効率的に学習できるので、モチベーションの維持にも寄与します。

特徴②は、効率的な学習方法によって時間を有効に活用し、合格に必要な知識を効果的に習得することができる点を強調しています。

これにより、ボイラー技士としてのキャリアを目指す受講者にとって、合格への道がより明確でアクセスしやすくなります。

【特徴3】全5回の添削課題で、弱点ナシへ!

ユーキャンの二級ボイラー技士講座の特徴③「全5回の添削課題で、弱点ナシへ!」は以下のポイントで具体的にまとめることができます。

実践的な模擬試験の提供

本試験と同じ出題形式の「総合模擬試験」が用意されています。ユーキャン独自の調査分析に基づいた予想問題が含まれ、実際の試験環境をシミュレートできます。これにより、受講生は試験の形式に慣れ、本番でのパフォーマンスを向上させることができます。

理解度チェックのための添削課題

テキストに沿った学習が終了するごとに、全5回の添削課題が提供されます。これらは学習の理解度をチェックするのに最適であり、学習の進捗を確認しながらペースをつかむのに役立ちます。

個別の弱点補強

提出された課題はコンピューターで分析され、詳細な解答と解説が付けられて返却されます。これにより、独学では気付きにくい弱点を特定し、より効果的かつ効率的に合格力を養うことが可能です。

本番形式での実践力強化

総合模擬試験により、時間配分や問題解決の手順を実践的に学べます。これは、実際の試験で落ち着いて力を発揮するのに役立ちます。

特徴③は、ユーキャンの講座が、理解度の確認から弱点の補強、実践的な試験対策までをカバーしている点を強調しています。

受講生はこれらの要素を通じて、効率的に知識を深め、試験に合格するための準備を整えることができます。

受講者にとって、どんなメリットがありますか?

特徴③「全5回の添削課題で、弱点ナシへ!」は、受講者にとって以下のような具体的なベネフィット(価値)を提供します。

①:個別の学習成果の評価で、フォーカスすべきことが明確に

添削課題を通じて、受講者は自身の理解度を具体的に把握できます。この個別評価により、どの分野を重点的に学ぶべきかが明確になります。

②:実践的な試験対策は、本番でのパフォーマンス向上につながる

総合模擬試験は、本試験と同じ形式で実施されるため、受講者は実際の試験環境を事前に経験できます。これにより、試験における時間配分や解答の流れを身につけ、本番でのパフォーマンス向上が期待できます。

③:詳細なフィードバックにより、弱点の特定と補強が可能

提出した課題の詳細なフィードバックにより、受講者は自身の弱点を正確に把握し、それを補強することが可能です。これは、効率的な学習プランの策定に役立ちます。

④:合格に必要なスキルの習得ができる

添削課題と模擬試験を通じて、受講者は試験に合格するために必要な知識とスキルを具体的に習得します。これは、試験合格に直結する重要な要素です。

⑤:定期的なフィードバックは、自信の構築につながる

定期的な課題提出とフィードバックにより、受講者は自己の進捗を実感し、合格に向けての自信を構築できます。

特徴③は、受講者が合格に必要な知識と技術を効果的に身につけ、本番の試験に自信を持って臨めるようにする点を強調しています。

これにより、ボイラー技士としてのプロフェッショナルなキャリアを構築するための重要なステップを提供しています。

ユーキャン 2級ボイラー技士講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン 2級ボイラー技士講座 申込みバナー

【ユーキャン 2級ボイラー技士講座の口コミ2】メール質問に対しての回答が遅い

そして、二つ目の評判や口コミは、どんなものがある?

「メール質問の回答が遅い」という口コミもあるわ。

続いて、2つ目の気になる口コミは、「メール質問に対しての回答が遅い」というもの。

例えば、こんな口コミです↓

ユーキャン2級ボイラー技士講座のサポート体制はどうなってる?

ユーキャンの2級ボイラー技士講座のサポート体制の特徴をまとめてみました。

サポート体制

ユーキャンの「2級ボイラー技士講座」では、さまざまな学習サポートを受けることが出来ます。

学習教材はメインテキスト4冊に、副教材として、ガイドブック、ここから出る!合格の100問 重要用語350、添削関係書類、その他も準備されています。

添削あり (5回)

受講生は2級ボイラー技士の内容を実践し、その成果を添削してもらうことができます。添削回数は合計で5回まで受けることができます。これは総合模擬試験1回分も含まれていますが、個々の進捗状況を把握し、改善のアドバイスを受けることができます。

質問あり(1日3問まで)

受講生は講座内で質問をすることができます。1日につき最大3つの質問を提出でき、知識豊富な講師陣が受講生の疑念や疑問に丁寧に答えます。これにより、受講生の理解を深めるサポートが提供されます。

標準学習期間6ヵ月 (受講開始から12ヵ月まで指導)

ユーキャンの2級ボイラー技士講座は標準的な学習期間が6ヵ月ですが、受講開始から最長で12ヵ月まで、指導を受けることができます。これにより、自分のペースで学習を進めることができ、忙しいスケジュールに合わせて学習できます。

添削や質問サービスを通じて個別の指導を受け、長期間にわたって学習を続けることができるため、2級ボイラー技士の学習をサポートする充実したプログラムです。

ユーキャン 2級ボイラー技士講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン 2級ボイラー技士講座 申込みバナー

【ユーキャン 2級ボイラー技士講座の口コミ3】二級ボイラー技士講座の費用が高い

そして最後、三つ目の評判や口コミは?

「費用が高い」という口コミもあるわ。

最後3つ目の気になる口コミは、「講座の費用が高い」というもの。

これに対して、例えば以下のような口コミがありました↓

やはり「費用が高い」というのは厳しいですね。

ユーキャンの2級ボイラー技士講座の費用が、どのようになっているか確認してみましょう。

ユーキャンの2級ボイラー技士講座の費用は?

講座料金

専門的な内容も、噛み砕いたやさしい解説で学べ、過去問を徹底分析し、的を絞った効率学習ができる「ユーキャンの2級ボイラー技士講座」は下記をご確認ください。

一括払い

39,000

分割払い

3,300円✕12回=総計:39,600

ユーキャン 2級ボイラー技士講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン 2級ボイラー技士講座 申込みバナー

時期によっては、資格取得応援キャンペーン等で、5,000円割引など行われていることもあります。
※詳しくはユーキャン公式サイトで確認ください。

世に2級ボイラー技士の講座はたくさんありますが、このページでは他のサービスと比べる相対価値を見るのではなく、この費用の絶対価値について見てみましょう。

この価格、実は1日あたりに直すと217円と、コンビニでちょっとした「スイーツ1個」分の費用ほどです。

1日あたり「スイーツ1個」分の費用で、経験豊富な講師陣に毎日質問でき回答をもらえる環境って、とてつもなく素晴らしい環境ではないでしょうか?

ユーキャンの2級ボイラー技士講座の返金はある?

申込後のキャンセルについて

教材の開封・未開封、使用・未使用にかかわらず、教材到着後8日以内であれば、返品でき、返金手続きが可能となっています。

クレジットカードで申込みの場合、ユーキャンで取消処理の対応がされます。振込用紙による申込みの場合、返金手続きに関する手紙がユーキャンより郵送されてきますので、指定の口座へ返金してもらうようにしましょう。

ただ一部講座は、8日以内でも返品不可の場合があるため、申込み前に各講座ページにて確認して購入しましょう。

ユーキャン 2級ボイラー技士講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン 2級ボイラー技士講座 申込みバナー

2級ボイラー技士の合格率ってどのくらい?

2級ボイラー技士試験の令和元年度の合格率は、50.8%です。

合格率50~60%の中で変動することが多い試験となっており、受験者の半数以上が毎年合格しているという計算になります。

そのため、国家試験の中でも比較的取得しやすい検定資格として知られています。

2級ボイラー技士合格率の推移

それでは、2級ボイラー技士試験の過去10年の合格率推移を見てみましょう。

平成22年度の合格率は51.1%ですが、翌年の平成23年度には実に5年ぶりの40%台となる49.1%を記録しています。

その後、平成24年度に53.7%、平成25年度に58%、平成26年度に56.9%と安定した数値をマークし、平成27年度には60.4%という高い合格率を打ち出しました。

その翌年の平成28年度には58.5%、平成29年度には57%、そして平成30年度には55.8%を記録していることから、2級ボイラー技士試験は合格率に多少の変動はあるものの、50~60%の中でアップダウンしていることが窺えます。

2級ボイラー技士の難易度は?

2級ボイラー技士試験の難易度は、偏差値で示すと47程度とされています。

これは、ITパスポート試験や自動車整備士2級と同程度の難易度となることから、易しいレベルとして知られています。

出題分野の内容をきちんと学習することで合格を目指せるレベルとなっているので、学習スケジュールを立てて計画的に試験勉強を行うようにしましょう。

2級ボイラー技士の合格ライン

2級ボイラー技士試験の合格ラインは、試験全体の60%以上です。

ただ、こちらの試験は4つの異なる科目から構成されており、各科目で40%以上の正解率をマークすることが合格の条件となっています。

ひとつでも科目が40%を下回ってしまうと不合格となるため、苦手分野を作らないように徹底して試験対策に取り組むことが大切です。

2級ボイラー技士試験の日程・内容は?

それでは、2級ボイラー技士試験の日程とその内容について見てみましょう。

2級ボイラー技士試験は年に何回?

2級ボイラー技士試験は、年に1~2回開催されています。

北海道センター、東北センター、関東センター、中部センター、近畿センター、中国四国センター、九州センターのエリア別に試験が実施され、受験するセンターによって試験日と試験回数が異なります。

東北センターと関東センターでは月に2回試験が実施されているケースもありますが、他のセンターは毎月1回の場合が多くなっています。

自分が受験するセンターの正確な試験日程は、「公益財団法人 安全衛生技術試験協会」の公式ホームページから確認するようにしましょう。

2級ボイラー技士の試験内容

2級ボイラー技士試験は、「ボイラーの構造に関する知識」、「ボイラーの取扱いに関する知識」、「燃料及び燃焼に関する知識」、「関係法令」の計4つの科目から各10問ずつ出題されます。

・ボイラーの構造に関する知識

「ボイラーの構造に関する知識」では、熱および蒸気、種類および型式、主要部分の構造、附属設備および附属品の構造、自動制御装置が出題分野となり、ボイラーのメカニズムや特性、構成などを含む知識を幅広く問われます。

・ボイラーの取扱いに関する知識

「ボイラーの取扱いに関する知識」では、点火、使用中の留意事項、埋火、装置および附属品の取扱い、ボイラー用水およびその処理、吹出し、清浄作業、点検から出題され、ボイラーを実際に使用する際の基本的な操作方法や日常的な管理について正しい知識を有しているかが採点ポイントとなります。

・燃料及び燃焼に関する知識

「燃料及び燃焼に関する知識」では、火を利用するボイラーとは切っても切れない燃焼に関する問題が登場し、燃料の種類、燃焼方式、通風および通風装置が主な出題分野となります。

・ボイラー関係法令

「関係法令」では、2級ボイラー技士として業務を担う際に知っておくべき法律を理解しているかがチェックされ、労働安全衛生法、労働安全衛生法施行令および労働安全衛生規則中の関係条項、ボイラーおよび圧力容器安全規則、ボイラー構造規格中の附属設備および附属品に関する条項から出題されます。

2級ボイラー技士試験は、各科目の詳細をきちんと理解しているかがポイントとなります。

テキストを活用してインプット作業を行う際は、その科目の学習内容はもちろん、数多く登場する重要用語もカバーするようにしましょう。

ある程度の基礎知識を習得したら、演習問題や過去問を利用してアウトプット作業を重点的に行い、自分の理解度を確認しながら苦手箇所を克服していく学習法がおすすめです。

2級ボイラー技士は独学で合格できる?

2級ボイラー技士は、独学で資格を取得している受験者も多い試験です。

国家試験の中でも合格率が比較的高く、挑戦しやすい検定資格として知られています。

ただ、4科目に渡って幅広い分野を網羅する必要があるため、効率良く試験対策を行うことが大切です。

もし通信講座を利用して勉強する場合、重要箇所を徹底的に学習出来る教材とカリキュラムが用意されているため、より高い学習効果を期待することが出来ます。

アウトプット作業を重点的に行える演習問題集や過去問集も豊富に提供されるため、得た知識をしっかりと定着させることが可能です。

2級ボイラー技士を合格するまでの勉強時間は?

2級ボイラー技士試験に合格するためには、約120時間を勉強に費やす必要があるとされています。

そのため、1日1時間ずつ学習した場合は約4か月で合格圏内に入れるという計算になります。

通信教育が開講している試験対策講座を受講する場合、忙しい受講者でも勉強を継続しやすい学習スケジュールが作成されています。

目安学習期間は6か月程度となっていることが多く、日常の空き時間を活用して試験対策を行うことが可能です。

ユーキャン 2級ボイラー技士講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン 2級ボイラー技士講座 申込みバナー

ユーキャンの2級ボイラー技士講座は、こんな人におすすめ

この講座が
向いてる人

こんな人におすすめ

  1. 建設業や施設管理に従事する人
  2. キャリアアップを目指す現場作業員
  3. 転職希望者
  4. 中高年の再就職・定年後のキャリアを考える人
  5. 安定した職を求める人
  6. 専門技術を学びたい初学者

建設業や施設管理に従事する人

ビル、マンション、病院、学校などの施設で空調システムの管理やメンテナンスを行う仕事に従事している、または従事を希望する人。

空調システムやボイラーの専門知識が学べる

ビル、マンション、病院、学校などの施設では、空調システムやボイラーの管理が重要な役割を担います。

これらのシステムは専門的な知識と技能を要求するため、二級ボイラー技士の資格は、これらの施設の効率的かつ安全な運用に不可欠です。

空調システムの設置、運用、保守、修理の知識と技術で、職務遂行能力が向上

ボイラー技士の資格を持つことで、空調システムの設置、運用、保守、修理などの作業に対してより高度な知識と技術を持って対応できます。

これにより、職務遂行能力が向上し、業務の質と効率が高まります。

安全基準に準拠した操作方法やリスク管理の知識で、安全管理の強化

ボイラーの操作やメンテナンスには、安全への配慮が欠かせません。

二級ボイラー技士の資格は、安全基準に準拠した操作方法やリスク管理の知識を提供し、事故のリスクを低減します。

キャリアアップや資格手当や昇給の可能性も高まる

資格を持つことで、専門性が高い職務に就くチャンスが増え、キャリアアップの道が開かれます。

また、多くの場合、資格手当や昇給の可能性も高まります。

就職・転職市場での競争力向上につながる

特に建設業や施設管理の分野では、資格を持つことが雇用の決定的な要因となることがあります。

資格を持つことで、より多くの就職・転職の機会を得ることができます。

このように、二級ボイラー技士の資格は、建設業や施設管理に従事する人々にとって、専門性の強化、安全管理能力の向上、キャリアの発展、就職市場での競争力の向上など、多面的な利点をもたらします。

キャリアアップを目指す現場作業員

空調管理やボイラーの運用に関わる現場作業員で、より専門的な知識を身につけ、技術職としての地位を向上させたい人。

技術的専門知識の獲得は、技術職としての価値を高める

ボイラーや空調管理に関する専門的な知識と技能を身につけることで、作業の質が向上します。

これは、技術職としての価値を高め、キャリアアップに直結します。

高度な職務遂行能力が高まり、職務範囲の拡大につながる

資格を持つことにより、より複雑で高度な作業を担当できるようになり、現場作業員としての職務範囲と責任が拡大します。

作業場での事故リスク低減につながり、安全性強化になる

ボイラー技士の資格は、安全な運用とメンテナンスのための基準と手順に関する深い理解を提供します。

これは、作業場での事故リスクを減らし、全体的な安全性を高めます。

職場での信頼性と尊敬を得られる

専門的な資格を持つことで、同僚や上司からの信頼と尊敬を得られます。

これは、職場での立場を強化し、将来的な昇進の機会に影響を与える可能性があります。

専門的な資格取得で、給与の向上の可能性

多くの場合、専門的な資格を持つことにより、給与の増加や資格手当が期待できます。

これは、経済的な報酬としてのメリットをもたらします。

二級ボイラー技士の講座は、現場作業員が専門的な技術と知識を習得し、安全で効率的な作業を行い、キャリアアップの道を開くための重要なステップです。

転職希望者

建築業や設備管理の分野に転職を考えている人で、資格を取得することで就職市場での競争力を高めたいと考えている人に、二級ボイラー技士の講座を推奨する理由は以下の通りです。

転職市場での競争力の強化につながる

建築業や設備管理の分野では、専門的な資格を持つことが重要な要素となります。

二級ボイラー技士の資格は、転職市場において他の応募者と差別化される強みとなります。

即戦力としての評価は、採用の際に有利

資格を持つことは、その分野において即戦力として活躍できることを示します。

雇用主は、資格を持つ応募者を優先して採用する傾向にあります。

新たな分野への移行の容易さ

資格は、特定の業界や職種における知識と技能を証明するものです。

これにより、異なる業種からの転職でも、新しい分野にスムーズに適応することができます。

プロフェッショナルな資格は、職業的信頼性の向上につながる

プロフェッショナルな資格を持つことは、個人の信頼性と専門性を高め、雇用主や顧客からの信頼を得やすくなります。

キャリアの多様性と、安定した職業の確保が実現できる

二級ボイラー技士の資格は、建築業や設備管理の分野で多様な職務に対応できるようにします。

また、専門的な資格は一般的に安定した職業を確保するのに役立ちます。

二級ボイラー技士の資格は、転職希望者にとって重要なステップとなり、新たなキャリアの道を切り開く助けとなります。

中高年の再就職・定年後のキャリアを考える人

定年後の再就職やセカンドキャリアを計画している中高年で、ボイラー技士の資格が新たな就業機会を提供すると考えている人。

経験豊富な中高年には、新たなキャリア機会の創出につながる

ボイラー技士の資格は、建築業や施設管理などの分野で新たな就業機会を提供します。

特に、経験豊富な中高年には、その知識と経験が価値を持つ仕事が多く存在します。

年齢に関係ない資格だから、定年後のセカンドキャリアの選択肢が広がる

ボイラー技士の資格は、年齢に関係なく取得でき、職業としての活動を続けることが可能です。

これにより、定年後のセカンドキャリアの選択肢が広がります。

体力的な面での負担が少ない職業を選べる

ボイラー技士の仕事は、管理や点検など、物理的な負担が比較的少ない作業が中心です。

これは、中高年の方々にとって、体力的な面での負担が少ない職業を選ぶ際の重要な要因です。

ボイラー技士の資格は、長期的なキャリア計画を立てられる

ボイラー技士の資格は、一度取得すれば長期にわたり活用できます。

これにより、安定した長期的なキャリアパスが確保できます。

これまでの経験と知識の活用できる

中高年の方は、これまでの経験や知識を新しい分野で活かすことができます。

ボイラー技士としての役割は、技術的な知識だけでなく、コミュニケーション能力や問題解決能力など、これまでのキャリアで培ったスキルを活用する場となります。

二級ボイラー技士の資格は、中高年の方々が新しいキャリアを築き、自己実現を図るための有効な手段となります。

特に、技術的な知識と経験を活かしたい方々にとって、この資格は新たな職業の道を開く重要なステップです。

安定した職を求める人

建築業や施設管理の分野で安定した職を求めている人で、資格を持つことで求職時の選択肢を広げたいと考えている人。

高い需要があるため、安定した雇用が期待できる

ボイラー技士は、ビル、マンション、病院、学校などの多くの施設で不可欠な存在です。

これらの施設が常にボイラー技士を必要とするため、安定した雇用機会が期待できます。

資格による職業の信頼性と尊敬を得られる

ボイラー技士の資格は、専門的な知識と技能の証明であり、職場での信頼性と尊敬を得ることができます。

これにより、安定した職業生活を送ることができます。

給与や待遇の向上は、経済的な安定に直結

資格を持つことで、より高い給与や資格手当の受け取りが可能になる場合があります。

これは、経済的な安定に直結します。

ライフスタイルや好みに合わせた職場で働ける

ボイラー技士は様々な種類の建築物や施設で働くことが可能です。

これにより、職場の選択肢が広がり、個々のライフスタイルや好みに合わせた職場を見つけることができます。

専門性の高い職業だから、長期キャリアが実現可能

ボイラー技士の資格は長期的なキャリアパスを提供します。

専門性の高い職業であるため、長期間にわたって安定した職業生活を送ることが可能です。

二級ボイラー技士の資格は、安定した職を求める人にとって、経済的な安定、職業の多様性、専門性に基づく信頼性など、多くのメリットを提供します。

これらの点から、安定した職を求める方にとって魅力的な選択肢となるのです。

専門技術を学びたい初学者

ボイラーや建築設備に関する専門的な技術や知識を学び、新たな技能を身につけたい初学者。

基礎から応用までの段階的な学習だから、理解が深まる

二級ボイラー技士の講座は、基本的な知識から始まり、徐々に専門的な技術へと進むカリキュラムを提供します。

これにより、初学者でも無理なくボイラー技術の基礎を学び、徐々に専門知識を深めることができます。

実践的なスキルを習得できる

講座では、理論だけでなく、実践に即した技術も教えられます。

これにより、初学者は現場で求められる具体的なスキルを身につけることができます。

専門知識に基づくキャリア構築が可能となる

ボイラー技術の知識は、建築業や施設管理など幅広い分野で応用が可能です。

この専門知識を基に、初学者は自身のキャリアを構築し、拡張することができます。

資格取得による職業的信頼性の向上で、就職や転職の際に有利になる

資格取得は、その分野におけるプロフェッショナリズムと信頼性を示します。

これは、就職や転職の際に有利に働きます。

初学者でも自信を持って、新たな分野に挑戦できる

新たな専門知識と技能を身につけることは、個人の成長に大きく貢献します。

これにより、初学者は自信を持って新たな分野に挑戦できます。

二級ボイラー技士の講座は、専門技術を学びたい初学者にとって、技術的な基盤を築き、職業的な道を開くための重要なステップとなります。

最後に

ユーキャン 二級ボイラー技士講座 ホームページ画像

ボイラー技士は、ビルやマンション、病院や学校など、建物の空調管理を担う専門家として人気の「2級ボイラー技士」講座。

二級ボイラー技士として、冷暖房を使用している建物の空気調節を管理する専門的な知識と技術を持つことは、就職・転職はもちろん、キャリアアップや独立を目指す方にとって即戦力を示す強みとなる資格です。

生涯学習のユーキャン(U-CAN)は、「学ぶよろこびをあなたに」をモットーに、資格・趣味などの各種通信講座が約160種を提供する教育機関です。年間約60万人もの方がユーキャンで学んでいます。

ユーキャンの学習法が、あなたのライフスタイルに合うのか?向き不向きをしっかりと判断した上で、申し込みしましょう。

ユーキャン 2級ボイラー技士講座
▼ 申込みはこちら ▼

ユーキャン 2級ボイラー技士講座 申込みバナー