フォーサイトの社会保険労務士講座ってどう? 評判や口コミ、値段をまとめました

フォーサイトの社会保険労務士講座ってどう? 評判や口コミ、値段をまとめました

avatar

フォーサイトの「社会保険労務士」講座って信用できるのかな?

講座の悪い評判や口コミ、あと費用とかも知りたい!

avatar

社会保険労務士(社労士)とは、社会保険や労務、福利厚生、年金など、労働法や社会保険に精通した法律の専門家で、就業規則や雇用契約、社会保険の手続きなどの書類作成や提出を代行します。

社会保険や労働関連の法律知識の下地もない初学者が社会保険労務士講座を選ぶなら、2021年度の合格率29.4%(全国平均の3.72倍)を誇る「フォーサイト」はオススメです。

社労士初学者の方を対象に、基礎知識から過去問演習、さらに試験直前の対策まで行えるフォーサイトの社会保険労務士講座「バリューセット3(基礎+過去問+直前対策+過去問 一問一答演習)」は¥121,800(税込)となっています。※(2022年7月9日現在)

「フォーサイトが気になっているけど、まだ迷う、、、」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

▶︎▶︎▶︎【フォーサイトの社会保険労務士講座の特徴】

  1. 初学者でも「早く・深く・正確に」理解が進むよう工夫されたフルカラーテキスト教材
  2. 学習データをもとに得意不得意を分析した上で出題される演習システムで「弱点克服」
  3. 「資格通信教育の専門校」として受講生数32万人!優先順位が明確でわかりやすい講座

 

 

目次

フォーサイトの「社会保険労務士」講座の悪い評判・口コミ

どの社会保険労務士の通信講座にも、メリットもあれば必ずデメリットもあります。

まずは、フォーサイトの社会保険労務士講座のTwitterで見つけたネガティブな評判・口コミの中で、「これはちゃんと確認しておかないと怖いな、、、」という口コミをチェックしてみましょう。

気になる悪い評判・口コミでチェックするのは、以下の3つです。

  1. 教材テキストのボリュームが多い、、、
  2. 講義内容が難しい、、、
  3. メール質問に回数制限がある、、、

一つずつ見ていきましょう。

【口コミ①】:フォーサイト「社会保険労務士」通信講座の教材テキストのボリュームが多い、、、

avatar

フォーサイトの「社会保険労務士」講座は、どういう評判や口コミが多いの?

「テキスト教材のボリュームが多い、、、」という口コミがあるわね。

avatar

まず最初は、以下のような「教材テキストのボリュームが多い、、、」というもの。

口コミです↓

「テキスト教材のボリュームの多さ」についての口コミがあります。

やはり、テキスト教材のボリュームが多いと、正直ちょっと戸惑いますよね、、、。

フォーサイト「社会保険労務士」講座のテキスト教材の特徴は?

フォーサイトの社会保険労務士通信講座のテキスト教材は、なぜボリュームが多いのか?その特徴をまとめてみました。

【特徴1】:合格率が全国平均3.73倍を誇るフォーサイト社労士講座のテキスト教材

・本講座で使用する学習テキストのリストは?

【基礎講座】テキスト10冊、【過去問講座】テキスト10冊、模擬試験、予想問題集、演習ノート、【直前対策講座】テキスト5冊、【補足資料・副教材】受講ガイド、戦略立案編、合格必勝編、入門講座 テキスト、労働経済白書のポイント、厚生労働白書のポイント、法改正情報、合格カード、社会保険労務士マンガ「真中進」、合格体験記。以上が本コースの主なテキスト教材になります。

・講義のメインで使用するテキストは?

最も中核となるのが「基礎講座」と「過去問講座」の教材で、これらを駆使してインプット・アウトプットを受講生は繰り返し行うことになります。

少しわかりにくいものを補足しておくと、「戦略立案編」は社労士講座の学習を始める際に個々の学習計画を立てるための手引き書、資格マンガは社労士の学習内容や資格を活かした実際の業務についての予備知識を持ってもらうために制作されたフォーサイトオリジナルマンガで、これも学習の前段階で読んでもらうものです。

「合格必勝編」は本試験直前期の過ごし方のアドバイスなどがまとめられたものになります。

・理解促進のためにテキスト教材で工夫されていることは?

2021年度の合格率29.4%(全国平均の3.72倍)を誇るフォーサイトの社会保険労務士講座で使用されるテキスト教材は、100点満点狙いではなく、合格第一主義で合格に必要となる内容に特化しているのが大きな特徴です。

社会保険労務士試験では、「労働基準法及び労働衛生法・労働者災害補償保険法・雇用保険法・労働保険微収法・健康保険法・国民年金法・厚生年金法・社会保険一般常識・労働一般常識」と、10科目もある広範囲に渡る学習範囲の中から、合格ラインである正答率70%を上回るためには、「何を学習すれば良いのか?」が、よく考えられて製作されているテキスト教材なため、効率的に合格を目指せるのが魅力のテキスト教材です。

フルカラーのテキスト教材ですが、重要な部分を色分けして区別させており、チェックポイントを強調させるなど、広範囲に渡る社労士試験範囲の「どこのポイントを重点的に学習すれば良いのか?」が一目瞭然です。

これまでに蓄積された出題された過去問をデータベースとし、フルカラーのテキストで随所にイラストも掲載。また、箇条書きやフローチャート化されているため、誰が見てもパッと一目で視覚的に理解のプロセスをシンプルにしてくれるため、内容を覚えられやすく工夫されています。

法律を覚えるということは「言葉を覚える」ということですので、法学初学者には馴染みのない法律表現や類似語句の説明など補足もあり、じっくりと深掘りすることができます。

【特徴2】:重要ポイントが一目見て理解!時短もできるテキスト教材

・テキスト教材のコンセプトは?

フォーサイトの社会保険労務士講座「バリューセット3」で使用するテキスト教材は、合格するために必要な知識”のみ”が書かれている「合格点主義」仕様になっているのはフォーサイト講座共通のコンセプトです。

・テキスト教材の大きな特徴は?

本コースのテキスト教材も例外ではなく、決して100点満点を目指さず教材ではなく、「最短の時間」で合格ラインをクリアすることに照準が絞られているため、ページを開くと「どこが重要なのか?」がひと目でわかるテキストとなっており、学習量が多い社労士講座でも、最低限覚えるべき要点が絞ってあり、フォーカス学習が可能となります。

テキスト教材は、時として制作に関与する講師陣の影響が色濃く出るものもありますが、本コースではシステムを用いて過去問を徹底的に分析した結果をテキスト教材に反映させています。

いわば講師のカンやクセといったものを排除した無垢で公平なテキストであり、過去の試験出題頻度や近年の出題傾向から重要論点が機械的に正確に絞り込まれていて、勉強の効率化がはかれます。

・テキスト教材の理解を深めるため盛り込まれている工夫は?

受講者が、10科目もの広範囲に渡る「社会保険労務士」講座の理解を促進できるよう、テキスト教材にはさまざまな工夫が施されています。

難解試験を合格するための社労士講座で、すべて文章のテキストだと、難解な法律用語や条文を理解できる内容が少なくなってしまいますので、社会保険や労働関連の法律の下地もない初学者でも理解できる内容を増やすため、テキスト教材には「フルカラー・イラスト・図表・フローチャート」などが豊富に使われています。

テキストはフルカラーで 図表・フローチャートやイラストもふんだんに盛り込まれ、文章だけで理解するよりも格段に「早く」「深く」「正確に」理解が進むように工夫されています。テキスト教材がフルカラーであることのメリットは、「重要なポイントがどこなのか?」が、見やすく色分けされているため、資格試験合格のためにしっかりと理解しておきたいポイントが強調され、一目見て分かるということです。

重要ポイントが一目で分かるということは、一目見て「どこを覚えればいいのか」という重要ポイントを探さなくても受講者が理解できるということですので、探す分の時間が短縮できます。

社会保険労務士試験は10科目に渡る広範囲の試験ですので、満遍なく理解することが必要です。フォーサイト「社会保険労務士」講座のテキスト教材は、法律表現を理解しやすく、探す時間を短縮でき、理解するプロセスをシンプル化させる事で、時短できて効率よく学べるなどの工夫がなされています。

【特徴3】:合格率を高める!社労士試験を合格している担当者が質問回答

・質問はできる?どのようなシステム?

フォーサイトの社会保険労務士講座「バリューセット3」コースの学習フォローは、フォーサイト独自のオンラインシステムである“eラーニングManaBun(マナブン)”から受けることができます。

学習中に出てくる疑問に対してもManaBun経由で質問できます。「バリューセット3」コースの受講生は15回までの無料質問が許されています。

・メール以外で講師に質問できる?

また担当講師によって定期的に行われる受講生参加型のライブ授業“eライブスタディ”にも本コース受講生ならではの特典があります。

この講義はYouTube配信なので視聴自体は誰でも可能なのですが、本コース受講生はManaBunから専用URLを通じてチャットなどの機能が利用できます。

受講生がこの機能を使い講義中にわからない事などをコメントすることで、講師がその場で解説をするといった相互コミュニケーションが可能になり、より効率的な学習につながっていきます。

・質問に回答してくれるのは講師だけ?

フォーサイトの社労士試験で、高い合格率を出している理由の一つとして、「社会保険労務士」試験合格者であるスタッフが担当する質問受付は、受講者の疑問点をしっかりと解決してくれるフォローシステムです。

質問に答える担当者が、講座や試験について経験者であるため、受講生からの質問に対して自身が経験したことを的確に回答してくれます。たとえば社労士講座のテキスト教材で理解できなかった点を質問した場合などに、きちんと理解できるようわかりやすく回答してくれたりします。

また質問受付のフォロー以外にも、悩みを解決に導くサポート「個別カウンセリング」を受けることも可能です。「どうすれば問題を解けるようになるのか?」「学習の時間を作るためにはどうすれば良いのか?」など、受講者の抱えている悩みを聞いて解決に導くのがカウンセリングの役割です。困っていることを何でも気軽に相談できるのが魅力です。

さらに社会保険労務士講座を担当する講師が、webブログ・Twitter・YouTubeチャンネルなどSNSを開設していたりしますので、学習のヒントや、スケジュール通りに進めるコツなど、学習フォローのシステムが非常に充実しています。

 

これだけ工夫されたテキスト教材となると、ボリュームが多くなるのも理解できますね。

こんな口コミがありました↓

「知識の定着が目に見えて分かる!」「資料や説明も本当にわかりやすい!」「こういうテキスト好きです!」など、とても心強い口コミがありますね。

 

【口コミ②】:フォーサイト「社会保険労務士」通信講座の講義内容が難しい、、、

avatar

フォーサイトの「社会保険労務士」講座、二つ目の評判や口コミは?

「講義内容が難しい、、、」という口コミもあるわね。

avatar

続いて、2つ目の気になる口コミは、「講座の内容が難しい、、、」というもの。

例えば、以下のような口コミです↓

たしかに、これらのコメントは気になりますよね、、、。

ここまで「難しい、、、」というコメントを見ると、気になってしまうタイプなので、正直ちょっと戸惑います。

フォーサイト「社会保険労務士」講座の講義内容はどうなってる?

口コミや評判になっている、フォーサイトの社会保険労務士講座の講義の特徴をまとめてみました。

【特徴1】:社会保険や労働関連の法律の下地もない初学者でも合格可能な社労士講義

・講座の対象者は、どのような人か?

フォーサイトの社会保険労務士講座「バリューセット3」コースは、社労士試験に必要なインプット・アウトプットをひと通りカバーした上に、特別な過去問演習が行える「eラーニングシステム」と「直前対策講座」、さらに「過去問 一問一答演習」まで加えた完全フルパックのコースです。

社会保険や労働関連の法律知識の下地もない初学者を対象にしています。ちなみに、今、2023年度教材を購入すると、2022年度教材が付いてきます。

・どのような目的の講座なのか?

社労士試験は、試験科目数が多く、試験出題範囲が広いため、試験範囲の学習が未完のまま本試験に突入してしまう受験生が多く、合格するには、学習スピードが求められる資格試験です。

それぞれの講座ごとに学習で役立つテキストが用意されているのはもちろんのこと、補足資料や副教材のラインナップも充実しているのが特徴で、労働経済白書や厚生労働白書のポイントなども含まれています。

またeラーニング「ManaBun」もきちんとカバーされているので、最短での合格を目指せるのが魅力の講座です。基礎からきちんと学び、徐々にレベルUPしながらマスターしたい方におすすめのコースです。

・学習カリキュラムやスケジュールはどうなってるの?

今回、紹介するフォーサイトの社会保険労務士講座「バリューセット2」は、基礎知識の理解から過去問演習、そして試験直前の対策までカバーしている、社会保険労務士試験の合格を目指す学習スケジュールです。

「労働基準法及び労働衛生法・労働者災害補償保険法・雇用保険法・労働保険微収法・健康保険法・国民年金法・厚生年金法・社会保険一般常識・労働一般常識」と、10科目もの広範囲に渡る社労士の試験範囲を基礎から、しっかりと学べるのが講座の特徴で、社会保険や労働関連の法律の下地もない初学者や、社会保険労務士試験を初めて受験する方でも安心できる学習カリキュラムが組まれています。

【特徴2】:理解を深めるハイクオリティな講義動画

・講義動画はどのような品質クオリティなの?

フォーサイトは、長らく通信教育事業に携わってきたこともあって、動画講義の質は最も力を入れている分野でもあります。

フォーサイトの通信講座はすべて自社の専用スタジオで制作されていて、このスタジオには日本最大級の電子黒板など映像制作のプロも唸るほどの設備が整っており、本コースも例外ではなくハイビジョンで撮影された視認性の高い映像を受講生は享受することができます。

フォーサイト「社会保険労務士」講座の講義動画は、画像や音声だけでなく、講義内容の質が高い、ハイクオリティで非常にわかりやすい講義動画が特徴です。しかもテレビ局に匹敵する撮影スタジオを使用しており、画質や音声についても十分満足できる講義動画です。

・なぜ動画講義の評判がいいの?

講義動画を担当する講師は、競争率40分の1という厳しい採用率を突破したとても優秀な講師のみで、しかも講師として採用後も、シビアな研修を受け続け、その度に改善していかなければ、フォーサイトの講師として活躍することができません。

また講義の後には受講生や関係者からのチェックが入り、絶えずブラッシュアップされていますので、現状維持という状況では許されない厳しい中で講義を行っています。

・講義動画は、スキマ時間で勉強できる?

フォーサイトの講義動画は最大で1コマ15分以内にまとめられています。

講義動画はテキストを用いて行われ、デジタル画面に映されたテキストページに講師がかみ砕いた解説を加えていく形で進行していきます。その際、現在の学習ページが何ページ目であるのかが画面上には必ず表示されていますので、とても見やすい講義となっています。

通勤通学の途中やランチなどの休憩時間、仕事の移動時間、子供が寝た時間などのスキマ時間の勉強に最適な講義動画です。

【特徴3】:合格率23.9%!高い合格率ならフォーサイト社労士講座

・担当講師は誰?何人いる?

2020年度の合格率が全国平均の3.73倍を誇るフォーサイト「社会保険労務士」通信講座の講師を担当するのは、加藤光大講師と二神大貴講師の2人です。

「なぜ、こんなにも高い合格率が出るのか?」その秘密を講義を担当する二人の講師からみてみましょう。

・加藤光大講師は、どのような経験を持った講師?

加藤光大講師は、1998年に社会保険労務士事務所を開設し、長きに渡って活躍し続けています。まず生徒が理解できることを最優先させる授業方針で、わかりやすさには定評があります。また合格のためのノウハウを惜しみなく教えてくれるのも魅力です。生徒がしっかりと理解することを前提に、合格を目指していく授業方針です。

・二神大貴講師は、どのような経験を持った講師?

二神大貴講師は、東京大学法学部を卒業した経歴を持つ社会保険労務士です。試験範囲をきちんと把握して着実に学んでいくことをモットーに掲げており、合格には何が最も必要なのかを最優先させる考え方の持ち主です。テキストの執筆や講義の収録に全力で取り組む、やる気に満ちあふれた新進気鋭の講師です。

 

講義も様々な工夫がされているんですね。合格率が高いというのも納得です。

このような口コミもあります↓


「一番理解しやすい講義、、、」「講義が良かった、、、」なんて口コミを見ると、安心できますね。

 

【口コミ③】:フォーサイト「社会保険労務士」通信講座のメール質問に回数制限がある、、、

avatar

そして、三つ目の評判や口コミは、どんなものがある?

「メール質問に回数制限がある、、、」という口コミもあるわ。

avatar

続いて、3つ目の気になる口コミは、「メール質問に回数制限がある、、、」というもの。

例えば、こんな口コミです↓

メール質問に回数制限がある。たしかに、コレは気になりますよね、、、。

私もこういうのは気になってしまうタイプなので、気持ちはよくわかります。

フォーサイト「社会保険労務士」講座の試験合格率は、どのくらい?

ということで、フォーサイトの社会保険労務士試験における合格率を調べてみました。

合格率について、フォーサイト公式発表では「2021年度の合格率29.4%」と発表があります。

確認のため2018年〜2019年度の厚生労働大臣指定「教育訓練給付金制度講座の検索システム」を活用し、教育訓練給付金を利用した「社会保険労務士 バリューセット2(基礎+過去問+直前対策講座)」の受講生の合格率を割り出しましたので、参考にしてみてください。

2019年(令和元年) 2018年(平成30年)
受講修了者数 1,197名 3,233名
資格受験者数 897名 1984名
受験率 74.9% 61.4%
合格者数 221名 384名
合格率 24.6% 19.4%

<引用:教育訓練給付金制度講座の検索システム>

ちなみに平成30年(第68回)社会保険労務士試験においての全体の合格率は「6.3%」となっています。

こうやって全体と比較してみるとフォーサイトの「社会保険労務士 バリューセット2(基礎+過去問+直前対策講座)」の受講者の合格率は「高い」と言えます。

フォーサイト「社会保険労務士」通信講座のサポート体制はどうなってる?

「合格まで受講生ひとりひとりを徹底・的確・丁寧にサポートする」フォーサイトのフォローシステム。そのサポート体制の特徴をまとめてみました。

【特徴1】:社会保険労務士試験に合格した専任スタッフによる充実の質問受付

受講生からの質問の回答は、社会保険労務士試験に合格した専任のスタッフが行います。

質問への回答を行う合格者スタッフは、あなたと同じく講義動画やテキスト教材で学び、試験に合格したスタッフですので、社会保険労務士試験について熟知しています。

学習の中で、つまづく所や悩んでいることなど、同じ道を歩んできた社会保険労務士試験を受験した先輩だからこそわかってもらえる充実のサポートがあります。

【特徴2】:資格試験合格のためのメール質問サポート(回数制限あり)

受講生からの質問は、eラーニング「ManaBun」を使って24時間いつでも質問できますが、受講生サービスを公平を期すため、メールでの質問回数には上限が設けられています。

回数制限があるのは、「今までの受講生の年間平均質問数は約3回」という経験から導き出されたとのことです。受講生にとっても考えて質問するようになるため、受講生もスタッフも無駄な時間が減ることで、より上質なサービス提供ができるメリットもあります。

※社労士講座「バリューセット2」では、メール質問15回となっています。詳細は、各コースによって質問回数も変わりますので、フォーサイト公式サイトで確認ください。

【特徴3】:経験豊かな合格者スタッフによる個別カウンセリング

  • 「忙しくて勉強ができない…」
  • 「合格できるかどうか不安…」
  • 「問題がなかなか解けるようにならない…」

など、社会保険労務士試験合格のための勉強に不安はつきものです。その不安を抱えたままでは勉強に集中できませんので、フォーサイトでは合格者スタッフによる個別カウンセリングサービスがあります。

一人で悩まずに、同じフォーサイトで学んだ先輩に気軽に相談することで、困っていることを軽減させることができます。

 

フォーサイト「社会保険労務士」講座の値段は?

フォーサイトの社会保険労務士通信講座の値段についてまとめてみました。

社労士初学者の方を対象に、基礎知識から過去問演習、さらに試験直前の対策まで行えるフォーサイトの社会保険労務士講座「バリューセット3(基礎+過去問+直前対策+過去問 一問一答演習)」は¥121,800(税込)となっています。※(2022年7月9日現在)

時期や受講コースによっては、キャンペーン等で割引されていることもあるようです。※詳しくは資格のフォーサイト公式サイトで確認ください。

社会保険労務士の通信講座はたくさんありますが、このページでは他のサービスと比べる相対価値を見るのではなく、この費用の絶対価値についても見てみましょう。

この「121,800円」という費用は、16ヶ月間の講座で、1日あたりに直すとたったの251円です。

朝食のサンドウィッチ代くらいの費用です。

16ヶ月間、1日あたり251円で、eラーニング「マナブン」を使って学習習慣を身に付け、講師陣に毎日質問でき回答をもらえる環境って、とてつもなく素晴らしい環境ではないでしょうか?

LECの社会保険労務士講座の費用はどのくらい?

では、フォーサイトの社会保険労務士講座の費用について見てみましょう。

フォーサイトの社会保険労務士講座の費用
コース 受講形態 価格(定価)
社労士講座:バリューセット1(基礎+過去問講座) 通信WEB 78,800円(税込)
社労士講座:バリューセット2(基礎+過去問+直前対策講座) 通信WEB 110,800円(税込)
社労士講座:バリューセット3(基礎+過去問+直前対策講座+過去問 一問一答演習) 通信WEB 121,800円(税込)
社労士講座:バリューセット3(基礎+過去問+直前対策講座+過去問 一問一答演習) 通信DVD 133,800円(税込)

コースには、約8〜13.4万円の価格帯の講座が準備されています。※キャンペーンや早割などがありますので、詳細は公式ホームページでご確認ください。

フォーサイト「社会保険労務士」通信講座の返金はある?

クーリングオフの制度とは異なりますが、フォーサイトでは、下記4点すべての条件を満たしている場合に限り、キャンセル(受講前の解約)が受け付けられます。

  1. 当該講座の第1回発送教材(キャンペーン教材含む)のみを受け取られた状況であること。
  2. 教材が受取時のまま(未開封)であること。
  3. 教材等を受け取られた日から8日以内に、弊社までメールにより解約申し入れのご連絡をいただいた場合であること。
  4. eラーニングにて弊社デジタルコンテンツ(デジタルテキスト、講義動画、講義音声など)のダウンロードをされていないこと。

上記の条件を満たし、返品する場合は、事前にフォーサイト事務局へ連絡することが必要です。送料は、負担しなければなりません。

【注意!!】上記のように、返品に関して厳しい条件がありますので、公式ホームページで条件を確認した上で、お申し込みください。ただ単純に講座を受講して思うような講座じゃなかったからという理由だけで返品・返金はできないようになっていますので、事前に確認をお願いします。

 

フォーサイト「社会保険労務士」講座が向いているのはこんな人

フォーサイトの社会保険労務士通信講座が”向いている人”をまとめてみました。

1.社会保険労務士の通信講座で勉強習慣を身につけたい人

フォーサイトといえば、2021年度の合格率29.4%(全国平均の3.72倍)という実績を誇る、合格率が高い通信講座です。合格者の声を見ても分かる通り「勉強習慣を身に付けた人」が合格しています。

フォーサイトでは、競争率の高い採用試験を潜り抜け、実力主義で切磋琢磨する講師陣が行う講義動画もeラーニング「マナブン」で、常に見れる環境にあるため、学習スケジュールの機能を上手く活用することで、勉強の習慣が身に付き始め、合格までの道のりが明確に見えてきます。

2.社会保険労務士通信講座の値段を抑えたい人

なるべく通信講座の値段を抑えて、試験合格を目指している方は、フォーサイトの社会保険労務士講座はオススメです。

社労士初学者の方を対象に、基礎知識から過去問演習、さらに試験直前の対策まで行えるフォーサイトの社会保険労務士講座「バリューセット3(基礎+過去問+直前対策+過去問 一問一答演習)」は¥121,800(税込)となっています。※(2022年7月9日現在)

16ヶ月間の受講期間を1日あたりに直すとたったの251円です。毎日の朝食のサンドウィッチ代ほどの金額です。お財布にも非常に優しい価格ではないでしょうか。

3.スキマ時間を上手く勉強時間として活用したい人

毎日、机に向かっての学習時間がなかなか取れないという場合、通勤時間や休憩時間などのスキマ時間を上手く活用して勉強したいですよね。

その場合、フォーサイトではeラーニング「マナブン」を活用すれば、通勤時間などのスキマ時間にイヤホンを耳に入れて聞き流すだけで学ぶことができます。また、自宅学習用の冊子版テキストと、外出先学習用のデジタル版テキストの併用で、さっきまでの”その続き”から始める事ができるので便利です。

こういった通勤時間や休憩時間など限られた時間の中でも、着々と勉強時間を積み重ねることで、知識の吸収と記憶の定着が図れます。

4.業界TOPレベルの合格率の高いフォーサイトの社会保険労務士講座で学びたい人

フォーサイトといえば、2021年度の合格率29.4%(全国平均の3.72倍)という実績を誇る「高い合格率」で有名な資格スクールで、社会保険労務士講座のこれまでの累計受講者は85,396名です。※(2022年5月12日現在)

高い合格率を誇るフォーサイトということは、受講生がつまづく場所を把握しており、過去問の分析で出題傾向を熟知している、それだけ合格するためのノウハウを蓄積しているということでもあります。

是が非でも合格したい人、合格しなければならない人は、この驚くほど高い合格率を誇るフォーサイトの講義を受けるべきではないでしょうか。

まとまった勉強時間がとれなくても、論点ごとに細かく「1講義が15分程度」と区切られている講義動画は、インプット&復習が繰り返しやすく、文章だけでは難解な問題も図表・イラストや事例で学べるため理解しやすいテキスト、高い合格率を出す受講生仲間と作り出す素晴らしい環境、優先順位が明確になる重要度が分かるテキスト、が手に入ります。

 

最後に

社会保険や労働関連の法律の下地もない初学者が社会保険労務士講座を選ぶなら、2021年度の合格率29.4%(全国平均の3.72倍)を誇る「フォーサイト」はオススメです。

社労士初学者の方を対象に、基礎知識から過去問演習、さらに試験直前の対策まで行えるフォーサイトの社会保険労務士講座「バリューセット3(基礎+過去問+直前対策+過去問 一問一答演習)」は¥121,800(税込)となっています。※(2022年7月9日現在)

フォーサイトの学習法が、あなたのライフスタイルに合うのか?向き不向きをしっかりと判断した上で、申し込みましょう。

 

▶︎▶︎▶︎【フォーサイトの社会保険労務士講座の特徴】

  1. 初学者でも「早く・深く・正確に」理解が進むよう工夫されたフルカラーテキスト教材
  2. 学習データをもとに得意不得意を分析した上で出題される演習システムで「弱点克服」
  3. 「資格通信教育の専門校」として受講生数32万人!優先順位が明確でわかりやすい講座