ユーキャン「高齢者傾聴スペシャリスト」通信講座の難易度や独学で上達可能か解説

NO IMAGE

傾聴を通して高齢者の心のケアを行う仕事として人気の「高齢者傾聴スペシャリスト」講座。

傾聴コミュニケーションを通して高齢者を笑顔にできることは、介護業界で就職・転職はもちろん、キャリアアップや独立を目指す方にとって強みとなる資格です。

しかし、、、

  • 「まとまった時間を勉強になかなか使えない。勉強不足だ、、、」
  • 「職場では一発合格した人もいる。受かって当然という空気がプレッシャー、、、」

このような不安を抱えている方が講座を受けようと思った時、心配なのは「私でもできるのか?」ということではないでしょうか?

この記事ではユーキャンの高齢者傾聴スペシャリスト講座の難易度や独学で上達可能か?についてご紹介します。

 

高齢者傾聴スペシャリストの合格率ってどのくらい?

高齢者傾聴スペシャリストは、正式な合格率が発表されていません。

ただ、試験実施団体である「NPO法人 シニアライフセラピー研究所」が提携している講座を通して受験するスタイルとなっていることから、合格率はほぼ100%とされています。

試験は再々受験まで挑戦出来るので、基本的には諦めなければ合格出来る試験となっています。

高齢者傾聴スペシャリスト合格率の推移

高齢者傾聴スペシャリストは、例年100%に近い合格率を打ち出しているとされています。

試験が全問マークシート形式であることや、もし不合格でも2回まで再受験出来るシステムになっていることから、受講者のほぼ全員が資格を取得出来るように想定されています。

また、講座内で習うことしか試験に出題されないので、きちんとカリキュラムをこなすことで合格に十分な知識を習得出来る仕組みになっているのです。

 

高齢者傾聴スペシャリストの難易度は?

高齢者傾聴スペシャリスト試験は、偏差値で表すと「35」程度とされています。

同程度の資格には食品衛生責任者やホームヘルパー2級があり、非常に易しい難易度として設定されています。

出題範囲をあらかじめ講座内で勉強することが出来るため、要点を抑えた学習法を取り入れることで十分合格圏内に入ることが出来ます。

高齢者傾聴スペシャリストの合格ライン

高齢者傾聴スペシャリストは、試験全体の70%を得点すると合格です。

合格基準点が変動しない「絶対評価」の試験なので、7割が取れれば確実に合格を手にすることが出来ます。

苦手分野はしっかりと克服して、試験本番で7割分の点数を取れるように対策しておきましょう。

 

高齢者傾聴スペシャリスト試験の日程・内容は?

それでは、高齢者傾聴スペシャリスト試験の日程とその内容について見てみましょう。

高齢者傾聴スペシャリスト試験は年に何回?

高齢者傾聴スペシャリストは、通年試験を受けることが可能です。

通信講座のカリキュラムに含まれている最終課題が検定試験の代わりとなっているため、在宅でそのまま受験出来るようになっています。

忙しい方でも受験しやすい仕組みになっており、学習ペースを自分で調整しながらフレキシブルに試験を受けることが出来ます。

ただし、受講期間内に受験することが条件となっているため、カリキュラムに含まれている全ての添削課題をきちんと提出し、期間内に検定試験を受けられるようにスケジュール調整を行うようにしましょう。

高齢者傾聴スペシャリストの試験内容

高齢者傾聴スペシャリスト試験は、基礎編と実践編の2分野から構成された試験です。

傾聴を学習する目的は、相手との信頼関係を築き、相手が安心してスムーズに自分の伝えたいことを表現出来るようにすることです。

そのための知識やスキルを、基礎と実践の2方面からアプローチしていきます。

高齢者傾聴スペシャリスト試験:基礎編

基礎編では、傾聴にどのような効果があるか、傾聴時の注意点や心構えについて学習します。

相槌や質問の仕方に気を配ることで、きちんと相手の話を聞いているということを明確に伝えることが出来ます。

また、相手が伝えようとしていることをボディランゲージや表情から読み取る方法など、傾聴に関する幅広い知識を習得していくことが目的となっています。

高齢者傾聴スペシャリスト試験:実践編

実践編では、より具体的な症例を用いながら、高齢者や認知症患者の場合などケースごとに気を付けるべき傾聴のポイントやコミュニケーション方法に関して学びます。

状況やシチュエーション別で対応が異なる場合もあるため、ケーススタディを活用しながら異なる対応策を覚えていくようにしましょう。

基礎知識を習得した後は、教材に含まれている動画を確認しながら具体的なコミュニケーションについて理解を深め、自身でも実践出来るように練習してみることがおすすめです。

添削課題では個別にアドバイスをもらうことが出来るので、自分の苦手分野をしっかりと見極め、弱点の強化に努めるように心掛けましょう。

 

高齢者傾聴スペシャリストは独学で合格できる?

高齢者傾聴スペシャリストは、通信講座の利用が受験の条件となっているため、独学での資格取得が前提となっています。

要点を抑えて効率良く学習することができ、添削指導などのサポート体制も充実しています。

カリキュラムをこなしていくことで着実に合格に近付くことが出来るので、インプットとアウトプットの両面からしっかりと試験範囲を網羅していくようにしましょう。

高齢者傾聴スペシャリストを合格するまでの勉強時間は?

高齢者傾聴スペシャリストの資格を習得するには、約3か月間を要するとされています。

通信講座の目安学習期間も3か月となっていることが多く、勉強が間に合わない場合は延長出来る仕組みになっています。

1日の学習時間は30分~1時間で設定されているので、もっと長く勉強に時間を充てられるという場合は目安期間よりも早く資格を取得出来る可能性もあります。

添削課題の提出を済ませることが受験の条件となっているので、受講期間内にユーキャンの高齢者傾聴スペシャリスト講座を終わられるように学習スケジュールをしっかりと管理するようにしましょう。