ユーキャン

ユーキャン「高齢者傾聴スペシャリスト」講座ってどう?評判や口コミ、料金をまとめました

ユーキャン「高齢者傾聴スペシャリスト」講座 サイトトップ

傾聴を通して高齢者の心のケアを行う仕事として人気の「高齢者傾聴スペシャリスト」講座。

傾聴コミュニケーションを通して高齢者を笑顔にできることは、介護業界で就職・転職はもちろん、キャリアアップや独立を目指す方にとって強みとなる資格です。

しかし、、、

  • 「まとまった時間を勉強になかなか使えない。勉強不足だ、、、」
  • 「職場では一発合格した人もいる。受かって当然という空気がプレッシャー、、、」

このような不安を抱えている方が講座を受けようと思った時、心配なのは「私でもできるのか?」ということではないでしょうか?

そこで、この記事では、皆さまが合格するために「ユーキャンの高齢者傾聴スペシャリスト講座の口コミや概要」を先に学んでおくことで、効率的に試験の勉強を進められるように、

  • ユーキャン高齢者傾聴スペシャリストの通信講座「やめとけ、、、」悪い評判・口コミ
  • 【口コミ①】:ユーキャン「高齢者傾聴スペシャリスト」通信講座の講義が難しい、、、
  • ユーキャン高齢者傾聴スペシャリスト講座の講義内容はどうなってる?
  • 【口コミ②】:ユーキャン「高齢者傾聴スペシャリスト」通信講座は費用が高い、、、
  • ユーキャンの高齢者傾聴スペシャリスト通信講座の費用は?
  • 高齢者傾聴スペシャリストの合格率ってどのくらい?
  • 高齢者傾聴スペシャリストの難易度は?
  • 高齢者傾聴スペシャリスト試験の日程・内容は?
  • 高齢者傾聴スペシャリストは独学で合格できる?

などについて詳しく解説していきます。

ユーキャン高齢者傾聴スペシャリストの通信講座「やめとけ、、、」悪い評判・口コミ

どの通信講座にも、メリットもあれば必ずデメリットもあります。

まずは、ユーキャンの高齢者傾聴スペシャリスト講座のTwitterで見つけたネガティブな評判・口コミの中で、「これはちゃんと確認しておかないと怖いな、、、」という口コミをチェックしてみましょう。

気になる悪い評判・口コミでチェックするのは、以下のつです。

口コミチェック

  1. 講義内容が難しい、、、
  2. 講座の値段が高い、、、

一つずつ見ていきましょう。

【口コミ①】:ユーキャン「高齢者傾聴スペシャリスト」通信講座の講義が難しい、、、

ユーキャンの「高齢者傾聴スペシャリスト」講座は、どういう評判や口コミが多いの?[

「講義内容が難しい、、、」という口コミがあるわね。

まず最初の気になる口コミは「講義内容が難しい、、、」というもの。

例えば、こんな口コミです↓

*.。.:*・゚*.:*・゚
『高齢者傾聴スペシャリスト』の資格の勉強90分くらいしたよ✍📚

人の話を途中で遮ったりしないで最後まで集中して聴くって、結構難しい事なんだなと改めて思った。
話が長い人は尚更かも・・・。
( ^_^ 😉#高齢者傾聴スペシャリスト#資格#ユーキャン#傾聴#心理学 pic.twitter.com/zRslQWPiGF

— 🌞🦁♡かのん♡🦄✨ (@honto_no_zibun) October 19, 2020


「結構難しい事なんだなと改めて思った、、、」という口コミもあります。

こういう口コミがあると、正直ちょっと戸惑いますよね、、、。

ユーキャン高齢者傾聴スペシャリスト講座の講義内容はどうなってる?

口コミや評判になっている、ユーキャン高齢者傾聴スペシャリスト講座の講義の特徴をまとめてみました。

ユーキャン高齢者傾聴スペシャリスト講座の講義の特徴

【特徴1】:講座開始一ヶ月目「傾聴の全体像を学ぶ」

・全体像を学ぶ学習から始まる

一ヶ月目の学習は、傾聴の全体像を捉えるため、「傾聴は何のために行うのか?学習にはどのような態度で向き合うべきなのか?」極めて基礎的な内容を学んでいきます。

傾聴について何も知らない方が学び始めることを想定して構成されているため、どなたでもスムーズに一ヶ月目のカリキュラムを進めていけるでしょう。

・高齢化社会に必要なスキル

概説的な内容になっていますが、傾聴の現場でどのようなことが行われているのか、これから学ぶ知識がどのように活かされるのかなど具体例を交えながら学んでいくので、傾聴のイメージをつかむのにも役立ちます。

傾聴がいかにこれからの高齢化社会に必要なものか分かります。

・高齢者との交流を深める実践的なテクニックを学ぶ

基礎知識をひととおり学んだら、より実践的な内容にも触れていきます。

高齢者との心の交流に欠かせない「あいづち」、高齢者の真意をつかむための「質問の技法」、わずかな心の変化も見逃さない「サインを読み取るテクニック」など傾聴に必要不可欠なノウハウを学びます。

いずれも汎用性の高い技術で、高齢者以外とのコミュニケーションにも役立つため、普段の生活において学びの効果を実感できるでしょう。

さらに、使いどころを解説したテキスト教材を併用しながら学ぶことで、より知識の使いどころをイメージできるようになります。

【特徴2】:講座開始二ヶ月目「現場で役に立つ活きた知識を学ぶ」

・「一般的な傾聴」と「高齢者に特化した傾聴」の違いがわかる

講座開始から二ヶ月目では、より実際の現場で役に立つ活きた知識を学びます。

傾聴に関するノウハウは知識として記憶しただけでは十分ではなく、高齢者とのコミュニケーションの中で起きるどのような問題に対して、どう傾聴の技術を利用すれば問題解決につながるのかを具体的なケーススタディから学んでいきます。

どういったトラブルに対して傾聴が力を発揮できるのか把握できるので、身につけた傾聴に関する知識をいつ利用すべきなのかイメージできるようになるでしょう。

また、一般的な傾聴と高齢者に特化した傾聴では何が違うのかも分かります。

・傾聴のスキルを使う際に注意すべきポイントを学ぶ

傾聴の使いどころと同時に、使う際に注意すべきポイントについても学んでいきます。

高齢者の傾聴では様々な問題が発生することがあり、場合によっては高齢者の信頼を大きく損ない、それ以上のコミュニケーションが難しくなる状況に陥ることもあります。

そういったトラブルが起きる原因と対処方法や、ディスコミュニケーションを未然に防ぐ術について取り上げます。

この学習を通して、より効果的に傾聴のスキルを活用できるようになるでしょう。

・グループ傾聴に関する知識も学習

終盤では一度に多くの高齢者と触れ合う際に重要なグループ傾聴に関する知識も学習します。

グループ傾聴のやり方や、関連するボランティア活動の進行方法について、実際の現場で使われるノウハウを習得できます。

【特徴3】:講座開始三ヶ月目「総復習と確認のテスト」

・基礎知識から応用知識まで身につける

三ヶ月目はこれまで学んだことの総復習と確認のテストが中心になります。

高齢者傾聴の基礎知識から、実践的なグループ傾聴の応用知識まで、キチンと身についているか確かめます。

・記憶に粘らせる復讐用WEBテキスト

復習は専用のテキスト教材である問題集を解く方法で行います。

○×テストなどの簡単なテストから始めるため、肩に力を入れることなく気軽に学べ、短時間で行えるドリル形式のテストなので知識の定着に効果的です。

WEBテストも用意されているため、スマホがあれば場所と時間を選ばずに問題を解くこともできますし、スマホで受けられるWEBテストとテキスト教材を併せて学習すれば、より短い時間で知識をインプットできるでしょう。

学んだことを記憶に定着させるには何度も関連知識を見ることが重要ですが、このWEBテストを活用すれば、学んだ知識を総点検するのに活躍してくれるでしょう。

・最大6ヶ月まで指導サポートしてもらえる

最後には資格取得のための試験が待っています。

学んだことが身についたのか最終確認ができますので、標準学習期間は3ヵ月ですが、もし学習が不十分だと感じた場合は、試験を受けるタイミングを受講開始から6ヶ月先まで指導サポートしてもらうことが可能です。

隙間時間とWEBテストを活用しながら学び続けることで、試験合格の力を養えます。

【口コミ②】:ユーキャン「高齢者傾聴スペシャリスト」通信講座は費用が高い、、、

そして、二つ目の評判や口コミは?

「費用が高い、、、」という口コミもあるわね。

最後4つ目の気になる口コミは、「講座の費用が高い、、、」というもの。

これに対して、例えば以下のような口コミがありました↓

「費用が高い、、、」というのは厳しいですね。

ユーキャンの高齢者傾聴スペシャリスト講座の費用が、どのようになっているか確認してみましょう。

ユーキャンの高齢者傾聴スペシャリスト通信講座の費用は?

ユーキャンの高齢者傾聴スペシャリスト通信講座の費用

専門的な内容も、噛み砕いたやさしい解説で学べ、最短三ヶ月で合格を目指せるユーキャンの「高齢者傾聴スペシャリスト講座」は¥32,000(一括払い:税込)となっています。※(2022年12月25日現在)

  • 一括払い:32,000円
  • 分割払い:32,780円(分割:2,980円×11回(11ヵ月))

時期によっては、資格取得応援キャンペーン等で、5,000円割引など行われていることもあります。※詳しくはユーキャン公式サイトで確認ください。

高齢者傾聴スペシャリストの通信講座はたくさんありますが、このページでは他のサービスと比べる相対価値を見るのではなく、この費用の絶対価値について見てみましょう。

この「一括払い:32,000円」という価格は、実は1日あたりに直すとたったの356円です。

ケーキ屋で「ショートケーキ一個」分の費用ほどです。

1日あたり356円で、経験豊富な講師陣に毎日質問でき回答をもらえる環境って、とてつもなく素晴らしい環境ではないでしょうか?

ユーキャンの高齢者傾聴スペシャリスト講座の返金はある?

申込後のキャンセルについて

教材の開封・未開封、使用・未使用にかかわらず、教材到着後8日以内であれば、返品でき、返金手続きが可能となっています。

クレジットカードで申込みの場合、ユーキャンで取消処理の対応がされます。振込用紙による申込みの場合、返金手続きに関する手紙がユーキャンより郵送されてきますので、指定の口座へ返金してもらうようにしましょう。

【注意】:一部講座は、8日以内でも返品不可の場合があるため、申込み前に各講座ページにて確認して購入しましょう。

高齢者傾聴スペシャリストの合格率ってどのくらい?

高齢者傾聴スペシャリストは、正式な合格率が発表されていません。

ただ、試験実施団体である「NPO法人 シニアライフセラピー研究所」が提携している講座を通して受験するスタイルとなっていることから、合格率はほぼ100%とされています。

試験は再々受験まで挑戦出来るので、基本的には諦めなければ合格出来る試験となっています。

高齢者傾聴スペシャリスト合格率の推移

高齢者傾聴スペシャリストは、例年100%に近い合格率を打ち出しているとされています。

試験が全問マークシート形式であることや、もし不合格でも2回まで再受験出来るシステムになっていることから、受講者のほぼ全員が資格を取得出来るように想定されています。

また、講座内で習うことしか試験に出題されないので、きちんとカリキュラムをこなすことで合格に十分な知識を習得出来る仕組みになっているのです。

ユーキャン高齢者傾聴スペシャリスト講座の合格者の声

ユーキャンの高齢者傾聴スペシャリスト講座を受講して合格した方々の口コミをご紹介します。↓


このようにユーキャンの高齢者傾聴スペシャリスト講座を受講して、合格された人の口コミを見ると勇気づけられますね。

高齢者傾聴スペシャリストの難易度は?

高齢者傾聴スペシャリスト試験は、偏差値で表すと「35」程度とされています。

同程度の資格には食品衛生責任者やホームヘルパー2級があり、非常に易しい難易度として設定されています。

出題範囲をあらかじめ講座内で勉強することが出来るため、要点を抑えた学習法を取り入れることで十分合格圏内に入ることが出来ます。

高齢者傾聴スペシャリストの合格ライン

高齢者傾聴スペシャリストは、試験全体の70%を得点すると合格です。

合格基準点が変動しない「絶対評価」の試験なので、7割が取れれば確実に合格を手にすることが出来ます。

苦手分野はしっかりと克服して、試験本番で7割分の点数を取れるように対策しておきましょう。

高齢者傾聴スペシャリスト試験の日程・内容は?

それでは、高齢者傾聴スペシャリスト試験の日程とその内容について見てみましょう。

高齢者傾聴スペシャリスト試験は年に何回?

高齢者傾聴スペシャリストは、通年試験を受けることが可能です。

通信講座のカリキュラムに含まれている最終課題が検定試験の代わりとなっているため、在宅でそのまま受験出来るようになっています。

忙しい方でも受験しやすい仕組みになっており、学習ペースを自分で調整しながらフレキシブルに試験を受けることが出来ます。

ただし、受講期間内に受験することが条件となっているため、カリキュラムに含まれている全ての添削課題をきちんと提出し、期間内に検定試験を受けられるようにスケジュール調整を行うようにしましょう。

高齢者傾聴スペシャリストの試験内容

高齢者傾聴スペシャリスト試験は、基礎編と実践編の2分野から構成された試験です。

傾聴を学習する目的は、相手との信頼関係を築き、相手が安心してスムーズに自分の伝えたいことを表現出来るようにすることです。

そのための知識やスキルを、基礎と実践の2方面からアプローチしていきます。

高齢者傾聴スペシャリスト試験:基礎編

基礎編では、傾聴にどのような効果があるか、傾聴時の注意点や心構えについて学習します。

相槌や質問の仕方に気を配ることで、きちんと相手の話を聞いているということを明確に伝えることが出来ます。

また、相手が伝えようとしていることをボディランゲージや表情から読み取る方法など、傾聴に関する幅広い知識を習得していくことが目的となっています。

高齢者傾聴スペシャリスト試験:実践編

実践編では、より具体的な症例を用いながら、高齢者や認知症患者の場合などケースごとに気を付けるべき傾聴のポイントやコミュニケーション方法に関して学びます。

状況やシチュエーション別で対応が異なる場合もあるため、ケーススタディを活用しながら異なる対応策を覚えていくようにしましょう。

基礎知識を習得した後は、教材に含まれている動画を確認しながら具体的なコミュニケーションについて理解を深め、自身でも実践出来るように練習してみることがおすすめです。

添削課題では個別にアドバイスをもらうことが出来るので、自分の苦手分野をしっかりと見極め、弱点の強化に努めるように心掛けましょう。

高齢者傾聴スペシャリストは独学で合格できる?

高齢者傾聴スペシャリストは、通信講座の利用が受験の条件となっているため、独学での資格取得が前提となっています。

要点を抑えて効率良く学習することができ、添削指導などのサポート体制も充実しています。

カリキュラムをこなしていくことで着実に合格に近付くことが出来るので、インプットとアウトプットの両面からしっかりと試験範囲を網羅していくようにしましょう。

高齢者傾聴スペシャリストを合格するまでの勉強時間は?

高齢者傾聴スペシャリストの資格を習得するには、約3か月間を要するとされています。

通信講座の目安学習期間も3か月となっていることが多く、勉強が間に合わない場合は延長出来る仕組みになっています。

1日の学習時間は30分~1時間で設定されているので、もっと長く勉強に時間を充てられるという場合は目安期間よりも早く資格を取得出来る可能性もあります。

添削課題の提出を済ませることが受験の条件となっているので、受講期間内にユーキャンの高齢者傾聴スペシャリスト講座を終わられるように学習スケジュールをしっかりと管理するようにしましょう。

ユーキャン「高齢者傾聴スペシャリスト」講座を

受講するなら、こちらをクリック