ユーキャン「水彩色鉛筆画」通信講座の難易度や独学可能か解説

NO IMAGE

色えんぴつで水彩のような透明感ある色彩豊かなタッチを表現することができるとして人気の「水彩色鉛筆画」講座。

同じ色の水彩色鉛筆でも、溶かす水の量で、奥深いグラデーションを表現したり、さまざまな技法で多彩な表現をする水彩技術を身につけられます。

しかし、、、

  • 「まとまった時間を勉強になかなか使えない、、、」
  • 「そういう美的センス無いけど大丈夫かな、、、」

このような不安を抱えている方が講座を受けようと思った時、心配なのは「私でもできるのか?」ということではないでしょうか?

この記事では「水彩色鉛筆画」を始めたい人に向けて、資格や検定試験の難易度や独学が可能か?ついてご紹介します。

水彩色鉛筆画を習得すると何ができるのか?

水彩色鉛筆画は、色鉛筆で描く、色鉛筆で描いた上から水筆でなぞって描く、水筆を色鉛筆の芯から直接付けて描くといった、三種類の描く方法があります。

色鉛筆では表現することができない、描いた絵の雰囲気が匂い立つような奥深い水彩画を描くことができます。

「水彩色鉛筆画」とは何か?

「水彩色鉛筆画」とは、色鉛筆で描いた絵を水で濡らすと水彩画タッチに変わる水彩色鉛筆を使った絵のことをいいます。

色鉛筆の楽しみだけでなく、水彩画としての楽しみ方もできるため、大人の趣味として楽しむ方も多くいらっしゃいます。

水彩色鉛筆画は独学で習得可能か?

水彩色鉛筆画は、独学でも習得可能です。

水彩色鉛筆画の教材自体は多くないものの、「大人の塗り絵」などでも活用することもでき、講師の解説がなくても、大人感性で情緒豊かな作品作りを楽しめるようになっています。

もし独学でもスキルアップのために講師の個別サポートを受けたいという場合は、直接質問ができる通信講座を選ぶことで、あなたの疑問点や行き詰まっているポイントを講師に質問することが可能となっています。

独学で学ぶメリットとデメリット

それでは、水彩色鉛筆画を独学で学ぶ場合のメリットとデメリットについて見てみましょう。

・独学で学ぶメリット

水彩色鉛筆画は、心の機微を感じられる大人の遊び。人によって捉え方、表現の仕方のセンスが大きく分かれるジャンルです。

独学で学習する場合、他人に影響を受けることなく、自分の表現したいことのみを学ぶことができ、あなた思うがまま好みの作品作りに取り組めるという大きな利点があります。

・独学で学ぶデメリット

あなたの水彩色鉛筆画の作品を客観的に採点や評価してくれる講師がいないため、今の現状の実力や改善点を知るチャンスがありません。

雰囲気が匂い立つような奥深い水彩画を描くには、基礎的な表現方法を学習し、さまざまな表現方法を学ぶことが重要です。

自己流の画法で描き続けることで、表現の幅が狭くなってしまい、時間を無駄にしてしまうリスクがあります。

通信講座の場合、専門家による技術指導を上手く活用し、あなたの作品に関するフィードバックや個人指導を受けることで、上達への道を近道することは可能になります。

 

水彩色鉛筆画の資格や検定の試験難易度

水彩色鉛筆画は、資格や検定というものはありませんが、「水彩色鉛筆画」講座というものが通信講座であります。

あなたの目指すレベルによって学習する内容は異なりますが、自分の趣味で水彩色鉛筆画がやりたくて、その基礎を学びたいという場合は易しめの難易度で設定されています。

もし趣味で水彩色鉛筆画を始める(通信講座修了レベル)を目指している場合、水彩画の基礎知識及びスキルを習得するのは非常に容易なレベルとなっています。プロレベルの表現まで上達するには、更なる練習が必要となります。

水彩色鉛筆画の試験内容

水彩色鉛筆画試験というのはありませんが、水彩色鉛筆画の通信講座で学ぶ内容は、基礎編と身近なもの編、風景編の3分野から構成されています。

・水彩色鉛筆画【基礎編】

基礎編では、色鉛筆との違いを学び、色が水に溶けゆっくり滲んでいくのを楽しみましょう。水彩色鉛筆画の面白さです。

・水彩色鉛筆画【身近なもの編】

身近なもの編では、いつも使っているグラスやコップ、果物など、いつも身近にあるものをモチーフとして描いていきます。いつも使っているモノの新たな魅力発見もあるでしょう。

・水彩色鉛筆画【風景編】

風景編では、水彩色鉛筆で風景を描いていきます。幻想的な風景、美しい風景は、奥行きのある表現画法やグラデーションを使った画法など、スキルも必要です。水彩色鉛筆画が、大人の趣味として人気なのは、水彩色鉛筆画の表現に心の機微を楽しめるからではないでしょうか。

 

水彩色鉛筆画の資格や検定取得に何時間くらいの勉強が必要?

通信講座で「水彩色鉛筆画」講座を学ぶ場合の修了資格取得に必要な勉強期間は、約6ヵ月間です。

水彩画やデッサンなどに関する予備知識がある場合は、上記の目安よりも早く学習を終了できる可能性もありますが、一般的には12か月間の学習を要することを覚えておきましょう。

水彩色鉛筆画は初学者でも習得できるのか?

水彩色鉛筆画は、初学者でも習得することが可能です。

水彩色鉛筆画は、大人の趣味として市販のテキストや通信講座で初学者向けのものもあり、水彩画やデッサンなどの絵を描く予備知識が全くない方でも基礎中の基礎から学習できるように教材にも工夫が凝らされています。

最初は、表現したい水彩画を描くためのスキル上達から始まりますが、水彩色鉛筆画の醍醐味は「精神を満たすもの」ではないでしょうか。

風景は、大地の恵み。

その素材を最大限重んじて、山や海のエネルギー、その豊かさをどのように伝えられるか?が大人の水彩色鉛筆画の楽しみだと思います。

通信講座だと、どんな内容をどんなスケジュールで学べる?

通信講座の場合、水彩色鉛筆画の通信講座で学ぶ内容は、基礎編と身近なもの編、風景編の3分野を約6か月間で網羅するスケジュールが組まれています。

「ふんわりとしたアート感」と言われる水彩色鉛筆画の表現方法について順を追って学習していき、約6ヶ月間で必要なスキルをマスターできる仕組みになっています。

目安の学習期間は6か月で設定されていますが、忙しい方のために最長12か月まで延長することが可能となっています。