広告 資格の大原

「資格の大原」簿記1級講座ってどう?評判や口コミ、料金をまとめました

2023-06-05

このページにはプロモーションが含まれています


「資格の大原」の簿記1級講座って信用できるのかな?

講座の悪い評判や口コミ、あと料金とかも知りたい!

「資格の大原」簿記1級講座について知りたい方へ、その特徴や評判、料金などをまとめた情報をご提供します。

簿記1級取得を目指すあなたを全力でサポートする「資格の大原」は、独自の教育メソッドと充実した教材で一発合格を目指します。このページでは、実際に受講した方々の口コミや評判を集め、講座の真価を解説します。

「資格の大原が気になっているけど、まだ迷う、、、」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

資格の大原 簿記1級講座の特徴

一発合格を導くオールインワン

1級合格に必要な講義と模擬試験が全てセットされたコース設計により、簿記1級を初めて学習する受講生でも安心して学習を開始できます。

最新の出題傾向に対応したカリキュラム・教材

過去試験問題の分析と最新の出題傾向の研究を通じて、合格に必要な努力を最適化し、短期間で一発合格を可能とする教材が提供されます。

充実した教材リスト

テキスト、問題集、解答集などを含む豊富な教材リストが提供され、理解度の確認や弱点の補強を行いながら試験対策を進めることができます。

「資格の大原」簿記1級Web通信講座「やめとけ」悪い評判・口コミ

どの通信講座にも、メリットもあれば必ずデメリットもあります。

まずは、資格の大原の簿記1級講座のTwitterで見つけたネガティブな評判・口コミの中で、「これはちゃんと確認しておかないと怖いな、、、」という口コミをチェックしてみましょう。

気になる悪い評判・口コミでチェックするのは、以下3つです。

一つずつ見ていきましょう。

【資格の大原 簿記1級講座の口コミ1】簿記1級講座の講義が理解できない

資格の大原「簿記1級」講座は、どういう評判や口コミが多いの?

「講義内容が理解できない、、、」という口コミがあるわね。

まず最初の気になる口コミは「講義内容が理解できない、、、」というもの。

例えば、こんな口コミです↓

このように「難しくて理解できない、、、」という口コミがありました。

これから大原で学ぼうと思っている人にとっては、正直ちょっと困惑しますよね、、、。

資格の大原簿記1級講座の講義って分かりにくいの?

講座の特徴

「大原の簿記1級講座の講義は、本当に分かりにくいのか?」講座の特徴をまとめました。

【特徴①】:いつでも学習スタート可能

通信講座として提供されているため、教材が届けばいつでも学習を開始できます。PCだけでなく、スマートフォンやタブレットでも視聴可能なため、自分のペースで学習を進めることができます。

学習の始めるタイミングは大いに重要です。遅すぎては試験準備期間が短くなり、早すぎれば長期間の維持が難しくなります。しかし、大原の通信講座では、この問題を解消しています。受講生は教材が到着次第、すぐに学習を始めることが可能です。これにより、一人一人のライフスタイルやスケジュールに合わせて、最適なタイミングで学習をスタートできます。

さらに、受講形式は通信教育であり、インターネット環境さえあればどこでも講義が受講できます。そのため、自宅での学習はもちろん、通勤時間や空き時間にスマートフォンやタブレットを使って学習することも可能です。このような柔軟性は、忙しい現代人にとって大きな利点と言えます。

たとえば、フルタイムで働いている受講生でも、通勤時間にスマートフォンで講義を視聴し、学習を進めることができます。また、家事や子育てに忙しい主婦の方でも、子供が寝ている間や、家事の合間にタブレットで教材を読むことが可能です。

大原の簿記1級合格コースでは、いつでも、どこでも学習を開始・続けることができるため、個々のライフスタイルに合わせた自由度の高い学習スタイルを実現します。その結果、受講生は自分のペースで、効率的に一発合格を目指すことが可能となります。

【特徴②】:最新の会計基準に対応した網羅的な学習

最新の会計基準に基づく出題内容を考慮し、合格に必要な論点を一から学び直すことができます。

簿記1級は難易度が高く、試験範囲も広範であるため、基礎から念入りに学習しなければならないことは間違いありません。しかし、会計基準は常に更新されており、その影響で試験内容も変わります。そのため、旧式の教材や情報だけでは、現代の試験に対応することは難しいです。

そこで大原簿記1級合格コースでは、基本講義を提供しています。これは最新の会計基準に基づく出題内容を考慮に入れ、一から合格に必要な論点を洗い直しています。すなわち、受講生は最新の情報に基づいた知識を効率的に習得でき、時代遅れの情報に惑わされることなく、目指すべき合格への道筋をしっかりと描くことが可能です。

例えば、近年では、企業の環境配慮行動や社会貢献活動などを反映した「総合的な価値創出」が求められ、これに伴い、財務報告も新たな視点が必要とされています。このような最新の動向を捉え、受講生が時代の変化に対応した知識を身につけられるように、基本講義は常に更新されています。

このように、大原の基本講義は、ただ単に知識を詰め込むのではなく、最新の会計基準と現代のビジネス環境に対応した実践的な学習を可能にします。これにより、受講生は現実のビジネスシーンで求められる知識を習得し、簿記1級試験だけでなく、その後のキャリアにおいても大きな力を発揮することができます。

【特徴③】:実践的な直前模擬試験

出題傾向と最新の問題を徹底分析し、質の高い問題を解答することで問題解答力を養成します。

試験対策の最終段階として重要なのが模擬試験です。それは、簿記1級のような高度な試験では特に重要であり、ただ知識を学ぶだけでなく、それを実際の試験状況で活用するスキルを養う必要があります。そのため、大原の簿記1級合格コースでは、直前模擬試験が用意されています。

この模擬試験は、出題実績と最新の傾向を徹底分析し、厳選された大原オリジナル問題で展開されます。これにより、受講生は質の高い問題を数多く解答し、解説講義を通じて、"問題を読み解く力"を養成します。

具体的には、模擬試験では、会計処理の適正性や企業の経営状態の分析など、実際の試験で出題される可能性の高いテーマが含まれます。そして、それらの問題に対する解答を試みることで、受講生は試験問題への対処法を身につけ、実際の試験でのパフォーマンスを高めることができます。

また、直前模擬試験では、本番の試験時間を再現しています。これにより、受講生は時間管理のスキルも同時に鍛えることができます。つまり、どの問題にどのくらいの時間を使うべきか、いつ解答を始めていつ終えるべきかなど、時間配分についての戦略を構築できます。

このように、大原の直前模擬試験は、受講生が実際の試験で良好なパフォーマンスを発揮するための重要なステップです。知識だけでなく、試験で求められる実践的なスキルを身につけることが、簿記1級試験に一発合格するための鍵となります。

こうやって見てみると、「最⼩の努⼒で最⼤の効果」を発揮するためのオリジナル講義でさまざまな工夫が凝縮されているということが理解できます。

講義を受けた受講生から、こんな口コミもありました↓

「講座が分かりやすい!」という、とても心強い口コミがありますね。

【資格の大原 簿記1級講座の口コミ2】簿記1級講座 テキスト教材のボリュームが多い

資格の大原「簿記1級」講座、二つ目の評判や口コミは?

「テキスト教材のボリュームが多い、、、」という口コミもあるわね。

続いて、2つ目の気になる口コミは「テキスト教材のボリュームが多い、、、」というもの。

例えば、こんな口コミです↓

「資格の大原」のオリジナル教材は、かなりのボリュームです。その特徴をまとめました。

資格の大原簿記1級のテキスト教材はボリューム多いの?

テキスト教材の
特徴

【特徴①】:質・量ともに優れた教材

大原簿記1級講座のテキスト教材はそのボリュームの多さだけでなく、その質も高いと評価されています。教材は基本講義から最新の出題傾向に基づいた詳細な解説まで、簿記1級取得に必要な全てをカバーしています。その詳細な内容は、理解を深め、知識を固めるための強力なツールとなります。

大原簿記1級講座の教材は、細かく丁寧に構成されており、そのボリュームの大きさが受講生たちから高い評価を得ています。例えば、基本講義では、一般的な会計基準に基づいた説明が行われ、簿記の基礎を強固にします。これにより、初めて簿記1級を学ぶ受講生でもしっかりとした土台を築くことが可能です。

また、教材には試験で頻出の論点や難易度が高い問題について詳細に解説されています。これらのセクションでは、具体的な問題を用いて理解を深めることができ、その結果、試験問題への対応力が鍛えられます。

さらに、教材の末尾には、各章ごとの重要ポイントのまとめやチェックテストが配置されています。これらを利用することで、受講生は自身の理解度を確認し、学習の進捗を管理することが可能となります。これらの機能により、大原簿記1級講座の教材は、ボリュームだけでなく、質においても優れたものとなっています。

【特徴②】:自己学習をサポートする仕組み

また、大原簿記1級講座の教材は、自己学習をサポートするための仕組みが備わっています。各章の終わりにはチェックテストが配置されており、学習者が自身の理解度を確認することができます。また、疑問点や難解な部分については、専門家に質問することが可能なサポート体制も整っています。これらにより、学習者は自分のペースで、自分の理解度に合わせて学習を進めることができます。

大原簿記1級講座の教材は自己学習を効率的にサポートするためのユニークな仕組みが用意されています。一つは、各章の終わりに設けられている「チェックテスト」です。これはその章で学んだ内容を確認するための短いクイズで、自分がしっかりと理解できているかどうかをチェックできます。例えば、「現金等の流れを記録する帳簿は何か?」や「短期借入金の計上方法は?」など、具体的な問題を解答しながら、自身の理解度を試すことができます。

さらに、教材中には複雑な論点や解説について、追加情報や豆知識が記載されている場合もあります。これにより、学習者は自分がつまづいたポイントについて、より深く理解を深めることが可能です。

また、大原簿記1級講座では、専門家による質問サポートも提供されています。学習者は自身が理解できない部分や疑問に思った点について、直接専門家に質問することができます。この機能は、自己学習中に立ち止まってしまうことなく、スムーズに学習を進めるための強力なツールとなります。

これらの特徴により、大原簿記1級講座の教材は、自分のペースで学習を進め、自己学習の効率を高めることをサポートしています。

そんなボリューム満点のテキスト教材で学びを加速させている方の、こんな口コミもありました↓

「大原のテキストがわかりやすい!」と感じている受講者もたくさんいるようですね。

こんな口コミがたくさんあると心強いですね。

【資格の大原 簿記1級講座の口コミ3】簿記1級講座のテキスト教材が分かりにくい、、、

資格の大原「簿記1級」講座、三つ目の評判や口コミは?

「テキスト教材が分かりづらい、、、」という口コミもあるわね。

続いて、3つ目の気になる口コミは「テキスト教材が分かりづらい、、、」というもの。

例えば、こんな口コミです↓

「テキスト教材が分かりにくい」たしかに、コレは気になりますよね、、、。

私もこういうのは気になってしまうタイプなので、気持ちはよくわかります。

資格の大原簿記1級のテキスト教材は分かりにくいの?

テキスト教材の
特徴

「資格の大原」のオリジナル教材は、大原の専任講師が教材を作成。その特徴をまとめました。

【特徴①】:一発合格を導くオールインワンコース

簿記2級学習経験者を対象にしたこのコースは、1級合格に必要な講義・模擬試験が一つにパッケージされています。これにより、簿記1級を初めて学習する受講生でも安心して学び始められます。

簿記1級合格コースは、簿記2級をすでに学習経験している受講生を対象に設計されています。このコースの大きな特徴は、1級合格に必要なすべてがパッケージ化されている「オールインワン」設計です。簿記1級を初めて学ぶ人でも安心して学習を開始できるように配慮されています。

このコースでは、豊富な教材を活用しながら学びます。例えば、テキスト教材は重要な用語や項目が太字で表記され、理解しやすいように図解やイラストも豊富に採用されています。これにより、受講生は自身のペースで学びながら、確実に学習ポイントを把握し、理解を深めることが可能となります。

また、模擬試験は受講生が試験に向けた対策を行うための重要なツールであり、このコースには複数の模擬試験が含まれています。模擬試験により、受講生は実際の試験に近い形で自身の理解度を確認し、不安を減らしながら試験への対策を行うことができます。

このように、簿記1級合格コースは、すべての学習リソースとサポートが1つにまとまっているため、受講生は自分自身に集中して学習に取り組むことができます。この結果、受講生は効率的に学習を進め、一発で簿記1級試験に合格する可能性を大いに高めることができます。

【特徴②】:最新の出題傾向に対応したカリキュラム・教材

大原では、過去の試験問題を分析し、最新の出題傾向を調査してカリキュラム・教材を作成しています。これにより、合格に必要な努力を最適化し、短期間での一発合格を目指せます。

簿記試験は、常に新しい問題や出題形式を採用しているため、試験対策には過去の問題だけを見るだけでは不十分です。大原では、この問題を解決するために、過去の試験問題を徹底的に分析し、最新の出題傾向を調査。その結果をもとにカリキュラムや教材を作成しています。

例えば、会計基準の改訂に伴い、出題内容が最新の会計基準中心の時代に移行している1級の試験。大原の基本講義では、合格するために必要な論点を一から洗い直し、網羅的に学習します。そのため、受講生は時代の変化に即した最新の知識を学ぶことができます。

また、テキスト3冊、問題集4冊、解答集3冊などの教材は、試験範囲と最新の出題傾向を踏まえて構成されています。これらの教材により、受講生は自身の理解度を確認しながら、効率的に学習を進めることが可能です。

さらに、模擬試験では、大原独自の厳選された問題を多数解答し、“問題を読み解く力”を養うことができます。これにより、受講生は自分自身の弱点を見つけ、強化することができ、試験当日に自信を持って臨むことができます。

このように、大原の簿記1級合格コースでは、最新の出題傾向を反映したカリキュラムと教材が提供されるため、受講生は最新の知識を身につけ、効率的に一発合格を目指すことができます。

【特徴③】:充実した教材は網羅的に学習をサポート

テキスト、問題集、解答集などの充実した教材が用意されています。これらの教材を活用して、理解度の確認や弱点補強を行い、試験対策を徹底できます。

大原の簿記1級合格コースには、豊富な学習教材が揃っています。それぞれの教材が学習の違う段階と目的に対応しており、学習全体をスムーズに進め、総合的な理解を深めるために設計されています。

具体的には、教材リストには次のようなアイテムが含まれています。

テキスト3冊

これらのテキストでは、重要な用語や項目が太字で表示され、ポイントを確実に理解しながら学習を進めることができます。また、豊富な図解やイラストが理解を助け、範例を通じて問題を解くコツをマスターしていきます。

問題集4冊

テキストで学んだことの理解度をチェックするために、項目ごとに問題が用意されています。早期から解答時間を意識することでスピードアップを図ります。

回答集3冊

解答集では、それぞれの問題の解答だけでなく、必要に応じて解答解説もついています。これにより、自分の理解が正確であるか確認し、必要ならば弱点を補強することができます。

直前模擬試験・解答解説12回

本番形式の問題練習を行います。直前対策講義で身につけた知識をもとに、総合問題を解答することで実践的な答案作成能力を高めます。また解答の時間配分などの合格に向けてのテクニックを身につけます。

全国統一公開模擬試験・解答解説1回

本番直前の最終確認を行います。大原の専任講師が本試験を想定して作成した予想問題を、本番同様の形式、時間で実施します。

そんなテキスト教材で学びを加速させている方の、こんな口コミもありました↓

「テキストがわかりやすい!」と感じて、簿記の学習を加速させている受講者もたくさんいるようですね。

こんな口コミがたくさんあると安心できますね。

「資格の大原」簿記1級の合格率は?

資格の大原 2021年度日商簿記1級最終合格者数

「資格の大原」簿記1級講座の具体的な合格率は公表されていませんが、その実績は高く評価されています。2021年度の日商簿記1級検定において、大原からは「221名」の合格者が出ています。これは、簿記1級試験の難易度を考慮すると非常に高い成果と言えるでしょう。

その成功の秘訣は何かと問われれば、それは大原独自の教育メソッドと充実したサポート体制にあります。大原では、過去の試験問題を分析し、最新の出題傾向をリサーチ。これに基づいたカリキュラムと教材を提供しています。さらに、個々の受講生に対するきめ細かなサポートも特徴的。疑問や不安を即時に解消できる環境が整えられています。

そして、何より大原の簿記1級講座が力を入れているのが、一発合格を目指すという姿勢です。これには、試験範囲全体に対する広範な理解だけでなく、問題解答のスキルや時間管理などのテクニックも含まれています。この徹底した指導体制が、受講生たちを合格に導いています。

これらの結果、大原からは毎年多数の簿記1級合格者が輩出されており、その実績が口コミや評判として広まっています。具体的な合格率は公表されていませんが、受講生たちの成功から見える大原の実力は確かなものと言えるでしょう。

「資格の大原」簿記1級講座の料金は?

講座料金

では、資格の大原の簿記1級講座の料金が、どのようになっているか確認してみましょう。

資格の大原「簿記1級合格コース(12ヶ月)【Web通信】」の価格は下記表の通りです。

時期によってはキャンペーン等で割引が行われているようです。

※詳しくは資格の大原公式サイトで確認ください。

簿記1級の通信講座はたくさんありますが、このページでは他のサービスと比べる相対価値を見るのではなく、この費用の絶対価値について見てみましょう。

この簿記1級講座の価格は、1日あたりに直すとコンビニのサンドウィッチ代くらいです。

12ヶ月間、1日あたりコンビニのサンドウィッチ代くらいで、簿記担当の講師陣に毎日質問でき回答をもらえる環境って、とてつもなく素晴らしい環境ではないでしょうか?

一日一時間程度しか机に向かって学習することができないのであれば、じっくり腰を据えて勉強する時間もなかなか取れないと思いますので、隙間時間を活用できる資格の大原の簿記3級講座は魅力的だと思います。

「資格の大原」の簿記講座の費用はどのくらい?

では、資格の大原の簿記1級講座の「1級合格コース(12ヵ月)」の費用について見てみましょう。

1級合格コース
【12ヶ月コース】

通常料金

165,000円

「資格の大原」簿記1級講座の返金はある?

「資格の大原」簿記1級講座の返金保証について確認してみましょう。

解約・返金について

「資格の大原」公式サイトの申込規約には、こんな記載があります。(一部抜粋)

申込規約に基づき、受講の中途解約ができます。

※返金制度や解約制度はありますが、さまざまな条件がありますので、いつのタイミングでも解約・返金を申し出ても全額返金保証されるわけではありません。購入前に「資格の大原」公式サイトで返金制度を確認した上で、申し込みください。

※詳しくは、「資格の大原」公式サイトを参照、または事務局へお問い合わせください。

資格の大原簿記1級講座はこんな人におすすめ

「資格の大原」の簿記1級講座が向いている人をまとめてみました。

この講座が
向いてる人

独学での学習に限界を感じている人

独学で簿記1級の勉強に挑戦しているが、なかなか進められない、理解できない部分が出てきてしまった、と感じている人には大原簿記1級講座がおすすめです。一からしっかりと基礎を学び直すことができ、専門家からのきめ細かい指導を受けられます。

独学で簿記1級の勉強に挑戦している方々にとって、概念の理解や問題の解答スキルの習得に苦労することは少なくありません。

例えば、「貸借対照表」や「損益計算書」のような複雑な会計概念に混乱を感じてしまったり、特定の問題タイプに対応する具体的な手法がわからなかったりする場合です。これらの問題は、大原簿記1級講座を利用することで解消できます。

基礎講義では、簿記の基本的な知識から、詳細な会計処理、高度な理論までを一から丁寧に解説します。

また、教材には各論点に関連する具体的な問題が豊富に収録されており、理解を深めるだけでなく、問題解答力も養えます。このように大原簿記1級講座は、独学での限界を感じている人にとって強力なサポートとなります。

時間を効率的に使いたい人

大原簿記1級講座は過去の出題傾向を分析し、その上でカリキュラムと教材を設計しています。また、直前の模擬試験で実践力を養うことができるため、合格に向けての勉強時間をより効率的に活用することができます。時間が限られているビジネスパーソンや学生には特におすすめです。

仕事や学業などで忙しい人にとって、学習時間は貴重な資源です。そんな方々に大原簿記1級講座は特に有益です。

例えば、仕事をしながら簿記1級の資格を取りたいビジネスパーソンや、学業と並行して簿記1級を目指す学生などが該当します。大原簿記1級講座では、過去の試験問題を分析し、最新の出題傾向に合わせたカリキュラムと教材を提供しています。これにより、受講生は必要な知識を効率的に学び、必要なスキルを磨くことができます。

また、直前模擬試験を通じて試験の雰囲気に慣れ、自身の学習状況を把握することで、最終的な学習計画をより具体的に見直すことが可能です。これらの要素が、時間を効率的に使いたい人に大原簿記1級講座をおすすめする理由となります。

しっかりとしたサポートを得たい人

大原簿記1級講座では、個々の受講生に対するきめ細かなサポートが提供されています。疑問や不安がある場合、すぐに専門家に質問することができます。また、自分の理解度を確認しながら学習を進められるので、一人で迷うことなく学習を進められます。これらのサポート体制を求めている人に大原簿記1級講座はおすすめです。

学習は個々の理解度や進行度により進めるべき内容が異なるため、個別のサポートが非常に重要です。大原簿記1級講座では、受講生一人ひとりに対するきめ細かなサポートが提供されています。

例えば、複雑な財務会計の問題に直面した時や、税法の解釈が難しい場合など、具体的な質問が出てきた時に専門家に直接問い合わせることが可能です。また、定期的に模擬試験を行い、自身の理解度と学習の進行度をチェックできます。

このようなフィードバックシステムを通じて、自分がどの分野でどれくらい理解しているのかを明確に把握し、必要な学習項目を見つけることができます。大原簿記1級講座は、このような個別のサポートを必要とする受講生に最適な選択肢と言えるでしょう。

最後に

「資格の大原」簿記1級講座について知りたい方へ、その特徴や評判、料金などをまとめた情報をご提供します。

簿記1級取得を目指すあなたを全力でサポートする「資格の大原」は、独自の教育メソッドと充実した教材で一発合格を目指します。このページでは、実際に受講した方々の口コミや評判を集め、講座の真価を解説します。

「資格の大原」の学習法が、あなたのライフスタイルに合うのか?向き不向きを判断した上で、申し込みましょう。

資格の大原 簿記1級講座の特徴

一発合格を導くオールインワン

1級合格に必要な講義と模擬試験が全てセットされたコース設計により、簿記1級を初めて学習する受講生でも安心して学習を開始できます。

最新の出題傾向に対応したカリキュラム・教材

過去試験問題の分析と最新の出題傾向の研究を通じて、合格に必要な努力を最適化し、短期間で一発合格を可能とする教材が提供されます。

充実した教材リスト

テキスト、問題集、解答集などを含む豊富な教材リストが提供され、理解度の確認や弱点の補強を行いながら試験対策を進めることができます。

資格の大原が取り扱う他の講座

資格の大原

「資格の大原」簿記3級通信講座ってどう?評判や口コミ、...

資格の大原

「資格の大原」公認会計士講座ってどう? 評判や口コミ、...

資格の大原 簿記2級講座

資格の大原

「資格の大原」簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、料金...

資格の大原

「資格の大原」社会福祉士講座ってどう? 評判や口コミ、...

資格の大原

「資格の大原」行政書士講座ってどう?評判や口コミ、料金...

資格の大原

「資格の大原」社会保険労務士講座ってどう? 評判や口コ...

資格の大原 簿記1級講座

資格の大原

「資格の大原」簿記1級講座ってどう?評判や口コミ、料金...

資格の大原

「資格の大原」中小企業診断士講座ってどう? 評判や口コ...

資格の大原

「資格の大原」宅地建物取引士(宅建士)講座ってどう? ...

資格の大原

「資格の大原」税理士講座ってどう? 評判や口コミ、料金...