「ITパスポート」資格試験の合格率は?試験の難易度や独学可能か解説

「ITパスポート」資格試験の合格率は?試験の難易度や独学可能か解説

「ITの基礎知識を証明する」経済産業省認定の国家資格として人気の「ITパスポート」講座。就職・転職はもちろん、キャリアアップや独立を目指す方にとって、強力な強みとなる資格です。

しかし、、、

  • 「まとまった時間を勉強になかなか使えない。勉強不足だ、、、」
  • 「職場では一発合格した人もいる。受かって当然という空気がプレッシャー、、、」

このような不安を抱えている方が講座を受けようと思った時、心配なのは「私でもできるのか?」ということではないでしょうか?

この記事では「ITパスポート」の合格率や試験難易度や独学可能か?ついてご紹介します。

ITパスポートの通信講座ってどこがいい?評判や口コミ、料金まとめ6選

 

ITパスポートの資格試験の合格率ってどのくらい?

ITパスポート試験は、平均合格率50%です。

受験者の半分が合格する計算になるため、比較的取得を目指しやすい国家資格とされています。

ITパスポート合格率の推移

それでは、ITパスポート試験の合格率推移を見てみましょう。

平成26年度の合格率は47.9%となっており、翌年には47.4%とやや数値を落としますが、その後は回を追うごとに合格率を上昇させていきます。

平成28年度は48%台に達し、29年度には50%台、さらにその翌年の30年度には51.7%という高い合格率を記録しています。

そして、令和元年には54.3%という過去最高の合格率をマークしました。

ITが身近になってきたことで受験者数が年々増加しているITパスポート試験は、中学・高校などで情報処理科目としてカリキュラムが組まれていることもあり、受験者の中に予備知識を有する者が増えてきたという見方が強まっています。

 

ITパスポートの資格試験の難易度は?

ITパスポート試験は、偏差値で示すと46程度の難易度です。

ビジネス実務法務検定3級や個人情報保護士と同程度の難易度とされていることから、やや易しい~普通レベルとして知られています。

ITパスポートの合格ライン

ITパスポート試験の合格ラインは、試験全体の約60%です。

ただし、各科目で1,000点中の300点を取得することが条件となっており、1科目でも合格基準点を下回ると不合格となってしまいます。

 

ITパスポート試験の日程・内容は?

それでは、ITパスポート試験の日程とその内容について見てみましょう。

ITパスポートは年に何回?

ITパスポート試験は、原則毎日実施されています。

CBT(Computer Based Testing)の試験となっているため、会場に設置されたコンピュータを使って受験するスタイルとなっています。

全国に試験会場が設置されているので、受験予定の都道府県が発表している試験日程を確認するようにしましょう。

ITパスポートの試験内容

通関士の試験は、「ストラテジ系」、「マネジメント系」、「テクノロジ系」の3つの科目から構成されています。

ストラテジ系

「ストラテジ系」は、科目の中でさらに細かく分類されており、「起業と法務」、「経営戦略」、そして「システム戦略」を網羅する必要があります。この3つの分野の中には、経営・組織論や会計といった一般的な企業に関する設問や、セキュリティ関連法や知的財産権をはじめとした法令の知識を問う出題も含まれています。さらに、エンジニアリングシステムや情報システム戦略、ソリューションビジネスといったITに特化した専門的な内容もカバーしなければなりません。

マネジメント系

「マネジメント系」は、「開発技術」、「プロジェクトマネジメント」、「サービスマネジメント」から出題されます。管理に関しての分野となり、開発プロセス、サービスサポート、ファシリティマネジメント、システム監査、内部統制などが試験範囲に含まれています。

テクノロジ系

「テクノロジ系」は、ITに関するより深い知識を習得することが目的とされています。「基礎理論」、「コンピュータシステム」、「技術要素」の3分野から構成され、技術面における実践的な内容が問われます。離散数学、応用数学、データ構造、プログラミング、アルゴリズム、プロセッサ、ファイルシステム、オープンソースソフトウェア、ヒューマンインタフェース技術、トランザクション処理、通信プロトコルなど、専門用語が多数使われる分野となっているため、しっかりと各用語の意味を理解しながら学習することが大切です。

インプットとアウトプットが要となる試験のため、まずはテキストで重点的に基礎知識を吸収するようにしましょう。

ある程度出題内容を理解した時点で、アウトプット作業に移ります。

演習問題や過去問を多く解くことで実践力を鍛えることができ、苦手分野の発見と克服にも繋がります。

間違えた箇所はしっかりと復習を行い、着実に実力を付けていくことが合格への近道です。

 

ITパスポート試験は独学で合格できる?

ITパスポートは、独学で資格を取得している受験者の多い試験です。

計画的に学習を行うことで、試験合格に必要な知識を習得することが出来ます。

ただ、出題箇所である3科目を隈なく網羅する必要があるため、膨大な時間を試験勉強に費やしてしまうケースも多々あります。

広い範囲の中の本当に重要な箇所に絞って勉強したいという方には、通信講座がおすすめです。

通信講座は過去の試験傾向や頻出ポイントを熟知しているため、書店のテキストを使って独学する以上の効果を得ることが出来ますよ。

ITパスポートを合格するまでの勉強時間は?

ITパスポート試験合格までの目安学習時間は、100~150時間とされています。

仕事と試験勉強を両立している受験者が多い傾向にあるため、1日の平均学習時間は1時間ほどで、4~5か月で合格圏内に入れることになります。

通信講座の場合、忙しい方でも無理なく続けられるカリキュラムと学習スケジュールが組まれており、密度の濃い目安学習時間を過ごせるようになっています。

ITパスポートの通信講座ってどこがいい?評判や口コミ、料金まとめ6選