ユーキャン「デジタルイラスト」通信講座の難易度や独学可能か解説

NO IMAGE

「CLIP STUDIO PAINT PRO(クリップスタジオ)」を使って、鮮やかなオリジナルイラストを自在に描けるようになるとして人気の「デジタルイラスト」講座。

「デジタルで絵を描いてみたい!」「オリジナル漫画を作ってみたい!」などのあなたオリジナルのデジ絵が作れます。

しかし、、、

  • 「まとまった時間を勉強になかなか使えない、、、」
  • 「仕事をしながら学びたいけど大丈夫かな、、、」

このような不安を抱えている方が講座を受けようと思った時、心配なのは「私でもできるのか?」ということではないでしょうか?

この記事ではユーキャンのデジタルイラスト講座を始めたい人に向けて、資格試験の難易度や独学が可能か?ついてご紹介します。

 

①デジタルイラストを習得すると何ができるのか?

デジタルイラストを習得すると、パソコンを使ってイラストや漫画を描くことができます。

アナログでは表現できない独特の鮮やかさや陰影を織り交ぜたイラストが制作でき、作品をデータとして保存することも可能です。

また、パソコンを使用してイラストを描くため、画材道具で手や服が汚れるのに抵抗があるという方にとってもメリットの大きなツールです。

「デジタルイラスト」とは何か?

デジタルイラストとは、従来の紙とペンを使用した方法ではなく、パソコンを使って絵を描く技法のことを指します。

ペンの代わりにペンタブレットと呼ばれるツールを用い、専用のグラフィックソフトを活用しながらデジタルでイラストを描いていきます。

タッチや鮮やかさなども自分好みに調整可能なため、一度スキルを習得するとバリエーション豊富なイラスト作成を行えるという利点があります。

アナログイラストと違って多岐に渡る種類の画材をその都度取り揃える必要がなく、グラフィックソフトとペンタブレットのみでイラストを制作することができます。

デジタルイラストは独学で習得可能か?

デジタルイラストは、独学でも十分に習得することができます。

ただ、イラスト作成時の細かいテクニックやコツをしっかりと掴む必要があるため、質の良い教材を使うことが大切です。

通信講座の場合、プロの描画手順をDVDで閲覧することができ、より正確に効率良くスキルを向上させることが可能となっています。

文字や写真のみの市販テキストよりも理解度を深められるという特徴があり、さらに添削指導で自分の弱点をピンポイントに強化出来るサポート体制も整っています。

独学で学ぶメリットとデメリット

それでは、デジタルイラストを独学で学ぶ場合のメリットとデメリットについて見てみましょう。

・独学で学ぶメリット

時間の融通が利くため、忙しい方でも学習を継続しやすいという利点があります。

スクールや専門学校に通うよりも受講料が安く済む場合が多く、交通費などのコストも削減できます。

また、自身のイラストを人に見られるのが恥ずかしいという方にとっても、在宅で気軽に学べる独学はメリットの大きな学習法です。

・独学で学ぶデメリット

パソコンやペンタブレットを使ってイラストを作成するため、ツールの使い方に自信がない場合は初期設定や基本的な使用方法を学ぶまでに時間がかかる場合があります。

デジタルイラストは細かいテクニックやコツを習得する必要があり、詳しい解説がされている教材を使用しなければスキルの向上が難しくなっています。

また、他の受講生たちと作品を見せ合って刺激を受けたいという方にとっても、独学は物足りなさを感じるかもしれません。

通信講座の場合、ツールの使い方やイラスト作成時の細かい技法をさまざまな教材で解説しているため、自分自身のニーズに合った講座選びを行うことが大切です。

 

デジタルイラスト資格や検定の試験難易度

デジタルイラスト資格は、易しいレベルの難易度として設定されています。

基本と上達へのコツを習得することでスキル向上が狙えるため、諦めずに学習と練習を続けることで取得可能です。

デジタルイラストに触れたことのない初学者でも、比較的多くの方が資格取得を実現しています。

デジタルイラストの試験内容

デジタルイラスト試験は、基礎編、イラスト上達編、デジタル色彩編の3分野から構成されています。

・デジタルイラスト試験:【基礎編】

基礎編では、デジタルソフトやペンタブレットの基本的な使用方法について学び、備わっている機能を知ることでさまざまなイラスト技法を習得することができます。

・デジタルイラスト試験:【上達編】

イラスト上達編では、タッチの異なるイラストの描き方や陰影のつけ方、人体を描く際のバランス、背景や自然を描く際のコツやポイントなど幅広い分野に関して学習します。

・デジタルイラスト試験:【デジタル色彩編】

デジタル色彩編では、アニメ塗り、水彩塗り、厚塗りといった3つの異なる技法について学び、デジタルイラストにおける色彩のクオリティ向上や表現方法のバリエーションを増やすことが目的となっています。

各分野の解説をしっかりと読み込み、実践的にイラストを描くことで自身のスキル上達を目指すようにしましょう。

苦手箇所は重点的に練習を繰り返すことで、コツを掴むと同時に各技法についての知識とテクニックを深めることができます。

 

デジタルイラストの資格や検定取得に何時間くらいの勉強が必要?

デジタルイラストの資格取得に必要な勉強期間は、通常5か月間とされています。

1日の学習時間は約30分で設定されていることが多いものの、1日に30分以上を学習に充てられるという場合は目安学習期間よりも早くスキルを習得できる可能性があります。

学習前の予備知識やスキル、学習期間中のキャパシティによっても勉強時間は変動するため、自分自身のシチュエーションと比較しながら学習スケジュールを立ててみることがおすすめです。

デジタルイラストは初学者でも取得できるのか?

デジタルイラストは、初学者でも取得することが可能です。

多くの通信講座で初学者用コースが開講されており、グラフィックソフトやペンタブレットの使用方法などの基礎から丁寧に学ぶことができます。

段階的に難易度の高いスキルへと移行する学習スタイルとなっているため、これまでデジタルイラストを描いたことがないという方でも無理なくスキルを習得していける仕組みになっています。

通信講座だと、どんな内容をどんなスケジュールで学べる?

通信講座の場合、基礎編、イラスト上達編、デジタル色彩編を5か月間に渡って学びます。

基本的な道具の使い方から本格的なイラスト作成までのテクニックまでが網羅されており、講座修了時には高いデジタルイラストスキルを習得していることが想定されています。

分野ごとに添削課題を提出する仕組みになっているため、学習したことを自分自身のスキルとしてその都度定着させることが可能です。

ユーキャンのデジタルイラスト講座の学習ペースは受講者自身で決められるため、忙しい方でも継続しやすいスケジュールとなっています。