ユーキャン「パソコン(入門レベル)」通信講座の難易度や独学可能か解説

  • 2021.04.03
  • IT
NO IMAGE

「家にパソコンあるけど使いこなしたい、、、」

「会社のWindowsのパソコンを使いこなしたい、、、」

そんな人が、家で年賀状や家計簿を作ったり、インターネットで買い物したり。職場でExcelやWordで報告書を作ったり、大量の財務データをExcelで集計したりと、パソコンを使いこなすことで多くのことが実現可能になるとして人気の「パソコン」入門講座。

近年では、働き方改革もあり、在宅ワークで自宅のパソコンで仕事をする機会も増えてきています。

しかし、、、

  • 「まとまった時間を勉強になかなか使えない、、、」
  • 「仕事をしながら学びたいけど大丈夫かな、、、」

このような不安を抱えている方が講座を受けようと思った時、心配なのは「私でもできるのか?」ということではないでしょうか?

この記事ではユーキャンのパソコン入門講座を始めたい人に向けて、資格や検定試験の難易度や独学が可能か?ついてご紹介します。

 

パソコンを習得すると何ができるのか?

パソコンを使えるようになると、インターネットで買い物ができ楽になりますし、配信動画サービスを楽しめますし、家族の写真でオリジナル年賀状を送って喜ばれたり、仕事の報告書をWordで作ったり、大量の財務データをExcelで集計したり、業務の大幅な効率化も可能になります。

結婚式の席次表を自分たちで作った方もいます。

パソコン(入門編)は独学で習得可能か?

パソコンは、独学での習得が可能です。

入門レベルのパソコンスキルは、コツやテクニックなどを細かく丁寧に解説している教材が多いため、独学でも十分にパソコンスキルを習得できる仕組みになっています。

通信講座の場合、学習スケジュールの管理やサポート機能などが充実しており、パソコンスキルを身に着けるための適格なアドバイスを講師から受けることができ、独学でも最後まで続けられる工夫が凝らされています。

パソコンが初めてという方やパソコンに苦手意識がある方、仕事でどうしても覚えなければならないという方など、学習に対して不安を抱えている方に是非おすすめしたい学習ツールです。

独学で学ぶメリットとデメリット

それでは、パソコンを独学で学ぶメリットとデメリットについて見てみましょう。

・独学で学ぶメリット

パソコン教室などで学ぶのと比較すると、費用が安く済むという利点があります。

地域のパソコン教室などで学ぶこともできますが、独学ですと決まった時間に決まった場所に赴く必要がなく、自分の都合の良い時間に好きな場所でマイペースに学習が出来るようになっています。

・独学で学ぶデメリット

学習につまずいた際、気軽にその場で講師に質問をすることが出来ません。

例えば、パソコンに苦手意識のある人が、パソコンの参考書を読んで勉強しても頭に入るはずがありません。

また参考書を読んだとしてもパソコン技術が習得できたということではありません。

ですので、膨大な時間をかけ疑問点を自分で調べ、解決していかなければなりません。

ただ、通信教育が開講している講座を利用した場合、講師による個別指導や質問対応などのサービスを利用することが出来ます。

サポート体制が整っている講座を選ぶことで、予備校やスクール同様の学習効果を期待することが可能です。

 

パソコン資格や検定の試験難易度

パソコンの入門レベルの場合、資格や検定までは考えてないと思いますので、多くのパソコン講座がどのような内容を行っているのかをご紹介していきます。

パソコン技術(入門レベル)をマスターする講座の場合、Excel・Word・インターネット閲覧・メール・年賀状作成などのスキルをマスターすることができます。

1:パソコンの試験内容

・Excel

Microsoft Excelは、マイクロソフト社がWindows、macOS、iOSおよびAndroid向けに提供する表計算ソフトになります。

様々な計算式を使え、計算結果を「並べ替え・グラフ」など自由に設定することが可能で、多くの企業でデータの集計や分析、見積書、経費明細、顧客リスト作成に活用されている表計算ソフトです。

・Word

Microsoft Wordは、マイクロソフト社がWindows、Android、macOS及びiOS向けに提供する文書作成ソフトウェアになります。

文書作成用ソフトですので、仕様書や契約書、報告書などビジネス文書などの書類作成に適していて、多くの企業で活用されている文書作成ソフトです。

・インターネット閲覧

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、気になることや知りたいことを調べ流ことができ、通販サイトやオークションサイトで商品を売買することができます。

また、Twitter(ツイッター)、 Facebook(フェイスブック)、Line(ライン)、Instagram(インスタグラム)、YouTube(ユーチューブ)などのSNSを活用してコミュニケーションを広げることができます。

・Mail(メール)

メールアドレスを宛先にして、郵便のようにインターネットを利用して文字や画像、動画など情報を送受信できるサービスです。

・年賀状作成

平安時代から続くとされる新年を祝う挨拶状。それが年賀状として葉書のやり取りが始まったのが明治20年くらいと言われています。この年賀状を作成するために、年賀状ソフトの住所録を登録すれば、表面の住所が印刷できます。また裏面のデザインは、家族の写真やイラストなど、あなたオリジナルの画像を編集して作成することが可能です。

 

パソコン技術(入門レベル)を習得するために何時間くらいの勉強が必要なのか?

パソコンを始めたい人が、Excelで表計算、Wordで文書作成、メールや年賀状作成をできる技術レベル(入門レベル)を習得する場合、学習期間は1日30分程度の学習で約2か月間とされています。

通信講座でも日常会話を理解できるまで、約3ヶ月が目安の学習期間として設定されていることが多く、学習が終わらなかった場合には延長することも可能です。

パソコンは初学者でも取得できるのか?

パソコンは、初学者でも十分に習得が可能です。

本屋に行けば、Windows、Excel、Word、はがき作成ソフトなどの本はたくさん並んでいます。ただ一人で本を見て勉強を進めることに不安を覚えるならば、通信講座の利用を検討してみてはいかがでしょう?

多くの通信講座はパソコンが初めての方でも安心して学べるように、2〜3ヶ月で「パソコンができる人」になれるようなパソコン入門コースを準備しているため、予備知識がゼロでも学習を続けやすい環境が整えられています。

仕事でも家庭でも、すぐに使える基礎的なことから学習をスタートし、実践することで繰り返し使うことで、色々なスキルをマスターできるようになっていきます。

そして多くの通信講座の素晴らしいところは、購入から最大6ヶ月までサポート延長してもらえるサービスがあリます。

あなたが仕事を覚え始めた時のことを思い出して欲しいのですが、6ヶ月間もサポートしてもらえれば、大抵のことはできるようになると思いませんか?

安心したサポートがあるため、間違いがすぐに気が付け、初学者でも安心して勉強出来る講座づくりがされています。

どんな内容をどんなスケジュールで学べる?

ユーキャンのパソコン入門講座の場合、8週間でパソコンの基本スキルが身につく、以下の5つの分野を学習するスケジュールが組まれています。

  1. パソコン操作の基本(Windows)
  2. インターネット・アプリ
  3. はがき作成・住所録管理
  4. 表計算(Excel)
  5. 文書作成(Word)

1日30分、8週間の速習レッスンとして学習プログラムを組まれており、ちょっとした空き時間に学習できるようになっています。