広告 ユーキャン

ユーキャンの気象予報士講座ってどう?評判や口コミ、料金をまとめました

2021-02-06

このページにはプロモーションが含まれています


ユーキャン 気象予報士講座

ユーキャンの「気象予報士」講座って信用できるのかな?

講座の悪い評判や口コミ、あと費用とかも知りたい!

観測データから独自の天気予報を行う気象分析のスペシャリストとして人気の「気象予報士」講座。

転職やキャリアアップを目指す方にとって、さまざまな業界で強力な強みとなる資格です。

しかし、、、

  • 「勉強が長続きするか心配、、、」
  • 「本当に自分でもできるのかな、、、」

という不安を抱えているのではないでしょうか?

生涯学習のユーキャン(U-CAN)は、「学ぶよろこびをあなたに」をモットーに、資格・趣味などの各種通信講座が約160種を提供する教育機関です。年間約60万人もの方がユーキャンで学んでいます。

  • 初学者でもムリなく合格へ導く分かりやすい教材
  • スキマ時間でいつでも便利なスマホ学習
  • 経験豊富な講師による充実サポート体制

「気象予報士講座が気になっているけど、まだ迷っている、、、」なら、このページを参考にしてみてください。

この記事の目次

気象予報士講座を検討している全ての方に読んでほしいこと

「通信講座に入ったけど続かなかった」

自分の都合良い時間で勉強できると評判の通信講座ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「講座が合わなかった」に集約されます。

講座費用が安かったから、、、

何も考えずに申し込んだ、、、

こんなテキストじゃ合格無理、、、

あ、、、行政書士のテスト7割を切ってしまった…全額返金保証の対象外に…
判例集も無いし条文の解釈の仕方についても穴だらけのテキストで合格できる気がしない…通信講座なんてやらなきゃよかった、市販テキストのほうが圧倒的に情報量も試験に出る問題の解き方も押さえてあるのに…
失敗したな…— いずみん@慶應通信 (@IZzzminne) April 3, 2018

詰め込み方が激しすぎる、、、

費用が安いから、評判が良さそうだから、そんな理由で講座選びをすると、途中で辞めてしまうことも多いです。

後悔しないためには、講座のメリット・デメリットを把握した上で申し込むことが重要です。

 「気象予報士」合格への一番近道は? 

ユーキャン気象予報士 講座の特徴

特徴1

初学者84%!
基礎からやさしく解説

特徴2

合格に的を絞った効率的なカリキュラム

特徴3

専用教材で、実技試験も徹底的に対策

ユーキャン 気象予報士講座
▼ 申込みはコチラ ▼

ユーキャン気象予報士講座「やめとけ」悪い評判・口コミ

どの気象予報士の通信講座にも、メリットもあれば必ずデメリットもあります。

まずは、ユーキャンの気象予報士講座のTwitterで見つけたネガティブな評判・口コミの中で、「これはちゃんと確認しておかないと怖いな、、、」という口コミをチェックしてみましょう。

気になる悪い評判・口コミでチェックするのは、以下の3つです。

一つずつ見ていきましょう。

【ユーキャン 気象予報士講座の口コミ1】気象予報士の講座内容が難しい

ユーキャン「気象予報士」講座は、どういう口コミが多いの?

「講義内容が難しい、、、」という口コミがあるわ。

まず最初の気になる口コミは「講義内容が難しい、、、」というもの。

例えば、以下のような口コミです↓

Yahoo 教えて!仕事先生より 気象予報士の試験について

気象予報士の試験って、難しいですか?そんな大学を卒業しないと取れないレベルの難しさですか?

それとも高卒程度の学力があれば、 ちょっと勉強すればなれるものですか?

引用:教えて!しごとの先生

という口コミがあります。

やはり難しいと、正直ちょっと戸惑いますよね。

ユーキャン気象予報士講座の特徴は?

ユーキャンの気象予報士講座は、なぜ難しいと言われるのか?その講義の特徴をまとめてみました。

テキスト教材の
特徴

特徴1初学者84%!基礎からやさしく解説

つまり、初学者にとっても気象予報士としての基礎から始められ、教材の工夫により、専門的な情報も分かりやすく伝えられる環境が提供されています。

なぜ、初学者でも理解できる講座と言えるのでしょうか?

ユーキャンの天気予報士講座が初学者でも理解できると言える理由は、以下のような特徴に基づいています。

これらの特徴により、ユーキャンの天気予報士講座は、初学者でも効率的かつ効果的に学習を進め、資格試験に合格するための準備ができると言えます。

特徴2合格に的を絞った効率的なカリキュラム

総合すると、ユーキャンの気象予報士講座は、広範な出題範囲を効率的に学び、初学者にも適したアプローチで合格へ導くためのプログラムを提供しています。

なぜ、ユーキャン天気予報士講座は、的を絞ったカリキュラムを提供できるの?

ユーキャンの天気予報士講座が「合格に的を絞った効率的なカリキュラム」を提供できる理由は、以下の点に起因します。

これらの要素が組み合わさることで、ユーキャンの天気予報士講座は、受講生が試験に合格するための「的を絞った効率的なカリキュラム」を提供できるのです。

特徴3専用教材で、実技試験も徹底的に対策

要するに、ユーキャンの気象予報士講座は実技試験に対する綿密な準備を行うための専用教材とリソースを提供し、受講生が実務で必要なスキルを高められるようサポートします。

なぜ、初学者でも記述式の実技試験を合格できるのか?

ユーキャンの天気予報士講座が記述式の実技試験においても初学者が合格できるように設計されている理由は、以下の具体的な要素に基づいています。

これらの要素により、初学者であっても、ユーキャンの天気予報士講座を通じて、記述式の実技試験に必要な知識、スキル、表現力を総合的に身につけることができます。これが合格への具体的な道筋となります。

 「気象予報士」合格への一番近道は? 

ユーキャン気象予報士 講座の特徴

特徴1

初学者84%!
基礎からやさしく解説

特徴2

合格に的を絞った効率的なカリキュラム

特徴3

専用教材で、実技試験も徹底的に対策

ユーキャン 気象予報士講座
▼ 申込みはコチラ ▼

【ユーキャン 気象予報士講座の口コミ2】気象予報士講座は、メール質問の回答が遅い

ユーキャン「気象予報士」講座の、2つ目の口コミはどんな内容なの?

「メール質問の回答が遅い」という口コミがあるわ。

続いて、2つ目の気になる口コミは「サポートの質問回答が遅い、、、」というもの。

例えば、講座内容は違いますが、以下のような口コミです↓

たしかに、コレは気になりますよね。

私もこういうのは気になってしまうタイプなので、気持ちはよくわかります。

ユーキャン気象予報士講座の学習質問サービスの特徴は?

学習質問メールを活用している方々から寄せられた声の中には、時折メール質問の回答が分かりにくいという懸念があることを理解しています。
この章では、メール質問をより効果的に活用し、質問と回答のクリアなコミュニケーションを築くためのアドバイスとヒントを提供します。

特長1直接の質問と回答

学習質問メールサービスを利用すれば、初学者は講座内で理解しきれないトピックや難解な概念について専門家に直接質問できます。
この直接的な質疑応答は、不明点や混乱を解消し、理解を深めるために非常に有効です。
初学者は迅速でカスタマイズされたアドバイスを受けることができます。

このように、学習質問メールサービスは初学者が直接専門家からアドバイスや説明を受ける手段を提供し、学習の不安要素を解消し、理解を深めるために非常に有効です。
初学者は自身の学習ペースに合わせて質問し、カスタマイズされたサポートを受けることができます。

特長2学習のペースに合わせて質問

質問メールは1回にひとつの内容に絞ることが推奨されています。
初学者は、自分の学習の進捗に合わせて質問を行うことができ、焦点を絞った質問は理解度向上に寄与します。

このように、学習のペースに合わせて質問することは、初学者にとって非常に有益です。
焦点を絞った質問は理解度向上に寄与し、講座内容を効果的に習得するのに役立ちます。

特長3講座内容に関連する質問

メール質問の利用は講座内容に関連することが求められます。
これにより、初学者は講座の核心に迫る質問を通じて、試験対策に直結するスキルを効果的に磨くことができます。

このように、講座内容に関連する質問は、初学者が効果的な学習を行い、試験対策に向けてスキルを磨くために重要な要素です。
講座内の核心トピックに焦点を当て、実践的な知識を獲得する手助けとなります。

特長4自己評価と学習の向上

質問への回答を通じて、初学者は自身の理解度をチェックできます。
誤った理解や誤答があれば、専門家からの回答で正しい知識を修正できます。
このプロセスは学習の効率を高め、試験合格への自信をつけるのに役立ちます。

この特長により、初学者は自己評価を行い、学習の向上に努力するプロセスを通じて、試験合格に向けて確実に前進することができます。
自分の学習の進捗をモニタリングし、必要に応じて修正することで、合格への道がより明確になります。

特長5質問回数と文字数制限

質問メールには制限がありますが、1日に3回までという制約内で質問を行えます。
初学者は計画的に質問を行い、効果的に学習を進めることができます。

このように、質問回数を考慮しながら計画的に質問を行うことで、初学者は学習を効果的に進め、理解度を高めることができます。
質問を通じて自分のニーズに合った学習サポートを受けることができます。

特長6トラブルシューティング

メール質問は学習過程でのトラブルや誤解を解消するのにも役立ちます。
初学者が道に迷ったり、講座内で発生した問題に対処する際にも専門家の支援が頼りになります。

この特長により、初学者はトラブルや誤解に立ち向かい、スムーズで効果的な学習体験を確保することができます。
専門家のサポートを通じて、学習の障害を乗り越えて試験合格に向けて進むことができます。

以上の理由から、メール質問の活用は初学者にとって非常に有益で、学習を支援し、試験合格への道をスムーズに進める手段となります。
専門的なサポートを受けながら効率的に学び、自信を持って試験に挑むことができます。

 「気象予報士」合格への一番近道は? 

ユーキャン気象予報士 講座の特徴

特徴1

初学者84%!
基礎からやさしく解説

特徴2

合格に的を絞った効率的なカリキュラム

特徴3

専用教材で、実技試験も徹底的に対策

ユーキャン 気象予報士講座
▼ 申込みはコチラ ▼

【ユーキャン 気象予報士講座の口コミ3】気象予報士講座の費用が高い

そして、三つ目の評判や口コミは、どんなものがある?

「費用が高い」という口コミもあるわ。

最後3つ目は、「講座の費用が高い」というもの。

これに対して、例えば以下のような口コミがありました↓

講座の費用が高いというのは厳しいですね。

ユーキャンの気象予報士講座の費用がどのようになっているか確認してみましょう。

ユーキャンの気象予報士講座の費用が高いと感じられる理由

ユーキャンの気象予報士講座が高額に感じられる理由は、いくつかの要因に起因しています。

理由1高品質な教材とサポート

ユーキャンは高品質な教材や専門家からのサポートを提供しているため、それに伴うコストが講座の価格に反映されています。

教材や学習リソースの開発、専門家のアドバイスを受けるための体制の整備には多くの費用がかかります。

理由2試験対策の包括性

気象予報士試験は高度な専門知識が求められる国家試験であり、包括的なカリキュラムとサポートが必要です。

ユーキャンは、試験に合格するための包括的な指導を提供しているため、それに応じた価格設定が行われている可能性があります。

理由3実務経験のシミュレーション

ユーキャンの講座では、実務経験をシミュレーションするための教材や演習が提供されることがあります。

これは実践的なスキルを身につけるために必要であり、そのための資材やサポートを提供するための費用も考慮されています。

理由4専門家の知識と経験

ユーキャンの講座には、気象予報士の資格を持つ専門家や経験豊富な講師が関与していることがあります。

彼らの知識と経験にアクセスするためには、講座の価格が高くなることがあります。

理由5合格保証とサポート

一部の講座では合格保証やサポートが提供され、試験に合格できない場合のサポートが含まれていることがあります。

これにより、学習者に対する安心感が提供されるため、価格が高くなることがあります。

要するに、高価格の講座には高品質な教育資源、包括的なカリキュラム、専門家のサポート、試験合格の保証などが含まれており、気象予報士試験に合格するために必要なリソースとサポートが提供されているためです。

しかし、個々の学習者にとってコスト効果があるかどうかを検討する際には、自身の学習スタイルや目標に合った講座を選択することが重要です。

 「気象予報士」合格への一番近道は? 

ユーキャン気象予報士 講座の特徴

特徴1

初学者84%!
基礎からやさしく解説

特徴2

合格に的を絞った効率的なカリキュラム

特徴3

専用教材で、実技試験も徹底的に対策

ユーキャン 気象予報士講座
▼ 申込みはコチラ ▼

そもそも、気象予報士とは?

気象予報士は、気象に関する専門的な知識とスキルを持つ資格を持つ専門家です。

主な役割は以下の通りです。

役割1天候予報の提供

気象予報士は、天候予報を提供します。これは特に、日々の天気予報や短期的な予報(数日先まで)の作成が含まれます。この予報は、一般の人々や企業、政府機関などに提供され、日常生活やビジネス活動の計画に役立てられます。

役割2気象情報の解釈

気象予報士は、気象データを解釈し、その情報を一般の人々や専門家に伝える役割を果たします。これには、気象データの分析、地図やグラフの作成、気象用語の解説などが含まれます。

役割3異常気象の監視

気象予報士は、異常気象や自然災害の監視を行います。洪水、台風、竜巻、豪雨、干ばつなどの異常気象が発生した際に、その発生や進行を追跡し、公衆に警告やアドバイスを提供します。

役割4気象リスクの評価

企業や産業部門に対して、気象によるリスク評価や対策策定の支援を行います。たとえば、農業、エネルギー、交通、観光業などの業界では、気象の影響を最小限に抑えるための計画が必要です。

役割5研究と教育

一部の気象予報士は、気象に関する研究や教育にも従事します。気象現象の理解を深め、新しい予測技術の開発に貢献します。また、大学や教育機関で気象学を教えることもあります。

気象予報士は、社会において非常に重要な役割を果たし、気象情報の正確性とタイムリーな提供は、安全性や経済活動に大きな影響を与えます。そのため、気象予報士は高度な専門知識とスキルを持つ必要があります。

気象予報士を取得する7つのメリット

気象予報士資格を取得することには多くのメリットがあります。以下はそのいくつかです。

メリット1気象の専門家としての地位

気象予報士資格を持つことで、気象の専門家としての地位を得ることができます。この資格は、気象に関する高度な知識とスキルを証明するものであり、信頼性の高い天気予報を提供できる能力を示します。

メリット2安全性向上

気象予報士は、異常気象や自然災害に関する警告や情報を提供する役割を果たします。そのため、彼らの予報によって人々の安全性が向上し、被害を最小限に抑えることができます。

メリット3産業分野での活躍

気象は多くの産業に影響を与えます。気象予報士は農業、建設、エネルギー、交通、観光業などさまざまな分野で活躍し、天候に関連するリスクを管理し、生産性を向上させる役割を果たします。

メリット4キャリアの多様性

気象予報士はさまざまなキャリアパスを選択できます。気象学の研究者、大学教員、気象コンサルタント、メディアでの気象キャスターなど、多くの異なる職業が可能です。

メリット5国際的な活動

気象予報士は国際的な気象情報の提供にも関与します。国際機関や国際協力プロジェクトに参加し、世界中で気象予報の向上に寄与する機会があります。

メリット6自己満足感

気象予報士は、天気に関する予測を行うことで、多くの人々に役立つことができます。天気予報が的確であれば、人々の生活やイベント計画に寄与し、その自己満足感を得られるでしょう。

メリット7安定した職業

気象予報士は国家資格であり、需要が高い職業の一つです。このため、安定した職業として長期間にわたって働くことができます。

要するに、気象予報士資格は、自己実現の機会を提供し、社会に対する貢献を行うことができる専門的な資格であり、多くのメリットを提供します。

 「気象予報士」合格への一番近道は? 

ユーキャン気象予報士 講座の特徴

特徴1

初学者84%!
基礎からやさしく解説

特徴2

合格に的を絞った効率的なカリキュラム

特徴3

専用教材で、実技試験も徹底的に対策

ユーキャン 気象予報士講座
▼ 申込みはコチラ ▼

気象予報士試験の合格率ってどのくらい?

気象予報士。その仕事は、気象庁のさまざまな観測データを分析し気象情報を導き出す。

その気象予報士試験の近年の合格率は、平均4.5%程度とされています。

非常に合格率の低い試験として知られており、令和元年度の合格率は、第一回目の試験がまさに平均と同じ4.5%で、第二回目の試験では5.8%という結果になっています。

気象予報士試験の合格率の推移

それでは、気象予報士試験の過去5年分まで遡った合格率の推移を見てみましょう。

平成27年度、28年度の試験の合格率は4%台を維持しており、平成29年度には5.8%を記録しています。

その後は徐々に合格率が低迷していき、令和元年度の第一回目の試験で4.5%まで落ち込んだ後で、次の回では5.8%に返り咲いています。

実施回によって合格率にややムラはあるものの、常に4%台から5%台の中で変動しているという、非常に合格率の低い試験となっています。

気象予報士試験の合格率はなぜ低い?

気象予報士試験の合格率が低い理由は、主に以下の2点に起因しています。

合格率が低い理由1実技試験がある

気象予報士試験には学科試験と実技試験があり、選択式の出題となる学科試験と違い、実技試験は記述式で回答する必要があります。そのため、問題用紙に記載されている天気図や衛星画像を理解し、自ら分析して論理的に回答を導きださなければなりません。深い知識を要する試験となるため、実技試験で脱落する受験者が多いとされています。

合格率が低い理由2受験資格が無い

気象予報士試験には受験資格がないため、小学生から高齢者までが実際に気象予報士試験を受験しています。真面目に学習して受験している方も多くいますが、記念受験で挑戦しているという層が一定数いるため、全体の合格率が下がっているとされています。

 「気象予報士」合格への一番近道は? 

ユーキャン気象予報士 講座の特徴

特徴1

初学者84%!
基礎からやさしく解説

特徴2

合格に的を絞った効率的なカリキュラム

特徴3

専用教材で、実技試験も徹底的に対策

ユーキャン 気象予報士講座
▼ 申込みはコチラ ▼

気象予報士試験の難易度は?

気象予報士試験は、偏差値64程度の難易度だと言われています。

同程度の偏差値を持つ国家試験としては、歯科医師や社会保険労務士などがあり、難関試験として知られています。

気象予報士試験の合格ラインは?

気象予報士試験には学科試験と実務試験があり、さらに学科試験は一般試験と専門試験という2分野に分かれています。

合格基準点は、一般試験及び専門試験で15問中の11問以上が正解、実務試験は全体の70%以上と設定されていますが、その年の試験の難易度によって合格基準点が変動する場合もあります。

気象予報士試験の日程・内容は?

それでは次に、気象予報士試験の日程や詳細を見てみましょう。

気象予報士試験は年に何回あるの?

気象予報士試験は、例年1月下旬と8月下旬の年2回実施されています。正確な日程に関しては「一般社団法人 気象業務支援センター」の公式ホームページにて確認することが出来ます。

気象予報士試験の受験資格は?誰でも受験できる?

気象予報士試験には、受験資格がありません。年齢、学歴、経歴、国籍を問わずに誰でも受験することが出来るので、キャリアアップやキャリアチェンジを目指す方が挑戦しやすい国家試験として認知されています。

気象予報士試験の内容

気象予報士試験には、学科試験と実技試験があります。さらに、学科試験は、「予報業務に関する一般知識」と「予報業務に関する専門知識」の2つに分類されています。2つの学科試験と実技試験の詳細に関して見てみましょう。

予報業務に関する一般知識

こちらの試験では、大気の構造、大気の力学、気候現象、気候の変動、降水過程など、気象に関する一般的な知識を持ち合わせているかどうかを問われます。どのような順序で雨が降るのか、大気中の熱はどのようにして広がるのか、雲が発生する原因など、私たちの暮らしとも密接に関わる、天気の基礎的かつ物理的な知識について理解する必要があります。

また、こちらの試験では、「気象業務法その他の気象業務に関する法規」が頻出となっており、気象に関連した業務を行う際に、知っておくべき法令について出題されます。法令に関しては丸暗記で対応出来る傾向にありますが、その他は気象の構造や体系をしっかりと理解する必要があり、試験範囲も広くなっているので、しっかりと学習時間を確保出来るようにしましょう。

予報業務に関する専門知識

こちらの試験の主な分野としては、数値予報、短期予報、中期予報、長期予報、局地予報などの予報に関するものとなりますが、それ以外にも、「予想の精度の評価」や「気象の予想の応用」といった分野から出題されています。要約すると、天気予報がどのようにして作成されるのかに焦点を置いた試験となっており、観測データの見方や数値シミュレーションの利用など、気象予報に関する専門的な知識を要します。

こちらの勉強方法としては、ある程度の学習内容を暗記し終えたところで、自分で実際にデータ分析を行う練習をするということがポイントになります。過去問や演習問題はもちろん、気象庁のホームページ内にある観測データも試験対策用に活用出来るので、繰り返しデータ分析を行うことで、試験傾向を掴むことが出来ます。

実技試験

こちらの試験では、災害に関連した気象現象について問われます。台風や雪、温帯低気圧など、災害を引き起こすさまざまな気象現象に関しての出題となり、天気図やデータを見ながら実際に天気予報文を作成する必要があります。

学習方法としては、各天気図や衛星画像を日頃からチェックするようにし、データの見方の習得と起こりうる予報を考える癖をつけることがポイントです。複雑で実践的な試験となりますが、時間配分の難しさでも知られているため、日頃からタイマーをセットして演習問題や過去問を解くようにしましょう。

気象予報士試験の試験時間

気象予報士試験は、学科試験と実務試験を同日に行います。学科試験は2時間となっており、実務試験は2時間半となっています。学科試験の2時間は前半1時間と後半1時間に分かれており、その途中で30分間の休憩時間が取られています。

実務試験の場合も、前半1時間15分と後半1時間15分の間に休憩が挟まれているので、トイレに行きたい方は休憩時間に済ませるようにしましょう。また、学科試験に過去1年以内に合格した受験者は、実務試験が免除となります。

 「気象予報士」合格への一番近道は? 

ユーキャン気象予報士 講座の特徴

特徴1

初学者84%!
基礎からやさしく解説

特徴2

合格に的を絞った効率的なカリキュラム

特徴3

専用教材で、実技試験も徹底的に対策

ユーキャン 気象予報士講座
▼ 申込みはコチラ ▼

気象予報士試験は独学で合格できる?

気象予報士試験は、気象学や物理、法律、予報文の作成など、幅広い試験範囲をカバーする必要があり、非常に難易度の高い試験となっています。

独学で合格した受験者の多くは通信教育の対策講座を利用しているので、効率良く学習したいという方は、是非通信教育の利用を検討してみましょう。

通信教育なら、合格圏内に入るための最低限の知識を学習することが出来るので、出題箇所のみに時間を割くことが可能となっており、試験予想問題や演習問題にも多くアクセス出来るという利点があります。

長期戦になる難易度の高い試験となっているので、モチベーションを維持するためにも、さまざまな教材を使用して学習出来る通信教育がおすすめです。

気象予報士試験を合格するまでの勉強時間は?

気象予報士試験に合格するためには、約1000時間を学習に充てる必要があるとされています。

受験者の多くは仕事と勉強を両立しているため、1日の学習時間は3時間程度となっており、そのペースで学習をしていくと約1年間の学習期間を要することになります。

ユーキャンの気象予報士講座の費用は?

講座料金

ユーキャンの気象予報士講座の費用(税込)は、以下のようになっています。

気象予報士講座はたくさんありますが、このページでは他のサービスと比べる相対価値を見るのではなく、この費用の絶対価値について見てみましょう。

一日一時間程度しか机に向かっての学習ができないのであれば、じっくり腰を据えて動画講義を見て学ぶよりもテキストで早く知識を深めていきたいですよね。

ユーキャンの気象予報士講座の費用はどのくらい?

では、ユーキャンの気象予報士講座の費用について見てみましょう。

一括払い

69,000

分割払い

4,980円✕14回=総計:69,720

ユーキャン 気象予報士講座
▼ 申込みはコチラ ▼

ユーキャン気象予報士講座の返金はある?

教材の開封・未開封、使用・未使用にかかわらず、教材到着後8日以内であれば、返品でき、返金手続きが可能となっています。

クレジットカードで申込みの場合、ユーキャンで取消処理の対応がされます。振込用紙による申込みの場合、返金手続きに関する手紙がユーキャンより郵送されてきますので、指定の口座へ返金してもらうようにしましょう。

ただ一部講座は、8日以内でも返品不可の場合があるため、申込み前に各講座ページにて確認して購入しましょう。

ユーキャンの気象予報士講座は、こんな人におすすめ

この講座が
向いてる人

ユーキャンの「気象予報士講座」が向いている主な対象者をご紹介します。

気象の専門家を目指す方

気象庁のデータを分析し、独自の気象予報を出すことができる専門家を目指す方に適しています。気象情報が社会にますます重要となる中、正確な予報を提供できる能力は高く評価されます。

気象の専門家を目指す方にとって、ユーキャンの気象予報士講座は以下のように具体的なサポートを提供します。

気象データ分析

講座では気象データの解析方法を詳細に学びます。気象庁の提供する数値予報資料や観測データを理解し、それを基に独自の予報を出す能力を養います。気象データの読解やパターン認識を通じて、専門的な知識を習得します。

正確な予報力の向上

ユーキャンのカリキュラムは、正確な気象予報のための技術とスキルを高めることに焦点を当てています。気象データを分析し、天気の変化や異常気象の兆候を把握する能力を向上させ、専門家としての予報力を高めます。

社会的な重要性への理解

気象情報は社会において極めて重要であり、災害管理や安全な生活のために不可欠です。ユーキャンの講座では、気象情報の社会的な役割や影響についても学びます。これにより、専門家としての責任感を持ち、正確な情報を提供することの重要性を理解します。

総合すると、ユーキャンの気象予報士講座は気象の専門家としてのキャリアを築くための強力な基盤を提供し、社会的に重要な役割を果たす能力を養成するのに適しています。

専門性の高いスキルで活躍したい方

正確な気象予報は多くの企業・業界で必要とされており、専門性の高いスキルを持つことで、職場で重宝されるでしょう。商品の確保や業務計画の安定性を向上させることができます。

専門性の高いスキルを持つことで、ユーキャンの気象予報士講座は以下のような具体的なキャリアのチャンスとメリットを提供します:

企業での活躍

多くの企業や産業は気象に影響を受けます。例えば、農業業界では作物の収穫時期や品質を気象に合わせて計画する必要があり、建設業界では天候による工事の進行計画が重要です。気象予報士のスキルは、企業内での業務計画やリスク管理において非常に役立ちます。

商品の確保

気象情報は商品の供給にも大きな影響を与えます。例えば、食品業界では天候による作物の収穫や流通に影響を受けるため、正確な天気予報は商品の確保と品質管理に不可欠です。気象予報士の専門知識は、商品供給の安定性を向上させます。

リスク管理

気象に関連するリスクを把握し、それに備えることは企業にとって重要です。気象予報士は異常気象や自然災害の可能性を予測し、適切な対策を立てるのに役立ちます。これは特に保険業界や不動産業界で重要です。

業界への専門的貢献

専門的な気象予報スキルを持つことで、業界内での専門家としての地位を築くことができます。自分の専門分野での貢献や研究によって、業界全体に価値を提供できます。

要するに、ユーキャンの気象予報士講座は、専門性の高いスキルを持つことで、様々な企業・業界で活躍し、商品の確保や業務計画の安定性向上、リスク管理、業界への専門的貢献など、キャリアの幅広い分野で重要な役割を果たす機会を提供します。

就職・転職に有利な資格を取得したい方

気象予報は幅広い業界で求められており、有資格者は就職・転職時に有利な立場にあります。資格を活かして、自分のキャリアを強化しましょう。

ユーキャンの気象予報士講座を受講することで、以下の具体的な点で就職や転職に有利な資格を取得し、自身のキャリアを強化できます。

多業界での需要

気象予報士のスキルは多くの業界で必要とされています。流通産業、農業・漁業、建設業、交通・運輸、自治体、観光・レジャー産業など、幅広い分野で気象情報が重要です。したがって、気象予報士資格はさまざまな業界での就職・転職に役立ちます。

競争優位性

気象予報士の資格を持つことは、履歴書や職務経歴書において競争優位性を提供します。特に気象に関連する職種や業界では、有資格者は他の候補者よりも優先的に選ばれる可能性が高まります。

専門知識の証明

気象予報士資格は、気象に関する専門知識を証明するものです。これは雇用主に対して、気象に関連する業務を効果的に遂行できることを示す強力な証拠となります。特に気象に敏感な業界では、資格取得者の価値は高まります。

安定性と将来性

気象予報士資格は国家資格であり、一度取得すれば生涯有効です。これは長期的なキャリアの安定性を提供します。また、気象に関連する業界は今後も成長が期待されるため、将来的にも安定した需要が見込まれます。

キャリアの多様性

気象予報士の資格を持つことで、気象予報業務だけでなく、気象コンサルタントや独立した気象専門家としてのキャリアを追求するチャンスもあります。自分の興味や目標に応じてキャリアパスを選択できます。

要するに、ユーキャンの気象予報士講座は、多くの業界での就職・転職において有利な立場を築くための有力な資格を取得する機会を提供します。気象に関する専門知識は、今後のキャリアの成功に大いに寄与するでしょう。

資格を活かして長く働きたい方

気象予報士は生涯有効な国家資格であり、確かな仕事ができる証明となります。専門性の高い人材として、長期的なキャリアを築くのに適しています。

気象予報士資格を取得し、長く働く方には以下の具体的なメリットがあります:

生涯有効な資格

気象予報士資格は一度取得すれば生涯有効な国家資格です。このため、年齢や経験に関係なく、長期間にわたって資格を活用し続けることができます。

安定性と信頼性

気象予報士は天候に関する専門知識を持っており、気象情報の正確な提供や異常気象の予測に貢献します。そのため、企業や組織からの信頼が高く、長期間にわたって安定した仕事を続けることができます。

キャリアの多様性

気象予報士の資格を持つと、気象予報業務だけでなく、気象コンサルタント、研究者、教育者などさまざまなキャリアパスが開かれます。自身の興味や目標に応じてキャリアを選択できるため、長期的なキャリアの多様性があります。

社会貢献

気象予報士は、社会において重要な役割を果たします。天候や気象情報は災害管理や安全な生活に密接に関連しており、気象予報士の仕事は社会に対する貢献が高く評価されます。長期的に社会に貢献し続けることができます。

独立の機会

実務経験を積み重ねた後、気象コンサルタントとして独立する機会もあります。自分自身で気象に関する専門知識を提供し、独立事業を展開することが可能です。

総合すると、気象予報士資格は生涯にわたって有効で、専門性の高いキャリアを築くための強力な資格です。安定性、多様性、社会的な貢献など、長期的なキャリアの目標を持つ方に適しています。

プライベートにも役立てたい方

天気に関する知識は日常生活や旅行、レジャーなどにも役立ちます。自分で天気を予報できれば、さまざまな活動に役立てることができます。

気象予報士資格を持つことで、プライベートな日常生活からアウトドアアクティビティに至るまで、さまざまなシナリオで役立てることができます。以下は、プライベートで気象知識を活用する方法の具体的な例です:

日常生活

自宅や通勤時に天気予報を確認する際に、より正確な情報を理解できます。これにより、適切な服装を選んだり、日常の計画を立てたりするのに役立ちます。

旅行計画

旅行先の天気情報を予測し、持参すべき服やアクセサリーを計画できます。また、観光スポットでのアクティビティを天気に合わせて調整することができ、快適で楽しい旅行を実現できます。

アウトドア活動

アウトドア愛好者にとって、天候は活動計画に大きな影響を与えます。キャンプ、ハイキング、釣り、スキーやサーフィンなど、アウトドアアクティビティを楽しむ際には、天気情報を正確に把握することが安全性や楽しみの鍵です。

家庭菜園

自宅
の庭で野菜や植物を育てている場合、天気情報は水やりや日射量を調整する際に重要です。気象知識を活用して、作物の健康を維持し、収穫の品質を向上させることができます。

特別なイベント

結婚式や屋外イベントを計画している場合、天候は大きな要因です。気象情報を確認し、イベント日を選択する際に最適な日を見つけることができます。

要するに、気象予報士の知識は日常生活からレジャーまで、さまざまなシーンで役立ちます。天気を予測し、それに応じて行動することで、快適で安全な生活を楽しむことができます。

気象コンサルタントとして独立を考える方

実務経験を積み、気象コンサルタントとして独立するチャンスも存在します。将来性のある国家資格として、自己実現の道を切り開くことができます。

気象予報士資格を持って気象コンサルタントとして独立することは、将来性が高く、自己実現の道を切り開く素晴らしいチャンスです。以下は、気象コンサルタントとして独立するための具体的なステップとメリットです。

実務経験の積み重ね

気象予報士としての実務経験を積み重ねることが重要です。これにより、気象データの解釈や予報の精度を向上させ、信頼性を高めます。実務経験を通じて、顧客のニーズや業界の要求に適切に対応できるようになります。

専門的なサービス提供

気象コンサルタントとして独立する際、気象に関する専門知識を提供するサービスを明確に定義しましょう。例えば、特定の業界向けの気象リスク評価、天候に関連した計画策定、イベントの天候監視など、専門性の高いサービスを提供できます。

顧客ベースの構築

信頼性と実績を積み重ねることで、顧客ベースを構築しましょう。初めは地元の企業や組織から始め、口コミや紹介を通じて顧客を増やしていくことが重要です。

マーケティング戦略

独立した気象コンサルタントとして、自身のサービスを広めるためのマーケティング戦略を立てましょう。ウェブサイトやソーシャルメディアを活用し、自身の専門性をアピールしましょう。

業務の多様化

気象コンサルタントとしての業務は多岐にわたります。天候リスク管理、環境影響評価、エネルギー効率改善など、幅広い分野での活動が可能です。自身の興味や専門知識を活かし、さまざまなプロジェクトに取り組みましょう。

将来性

気象コンサルタントとしての需要は今後も高まると予想されます。気象に関連するビジネスや社会の活動は増加傾向にあり、気象専門家の役割はますます重要となるでしょう。

独立した気象コンサルタントとしてのキャリアは、自己実現と将来性を追求するための魅力的な選択肢です。専門知識と実務経験を活かし、個人事業主としての成功を目指しましょう。

ユーキャン 気象予報士講座 ホームページ画像

 「気象予報士」合格への一番近道は? 

ユーキャン気象予報士 講座の特徴

特徴1

初学者84%!
基礎からやさしく解説

特徴2

合格に的を絞った効率的なカリキュラム

特徴3

専用教材で、実技試験も徹底的に対策

ユーキャン 気象予報士講座
▼ 申込みはコチラ ▼