広告 ユーキャン

ユーキャンのくらしの筆文字講座ってどう?評判や口コミ、料金をまとめました

このページにはプロモーションが含まれています


ユーキャン 暮らしの筆文字講座 ホームページ画像

ユーキャンの「くらしの筆文字」講座って信用できるのかな?

講座の悪い評判や口コミ、あと費用とかも知りたい!

結婚式の祝儀袋や芳名録など、冠婚葬祭の際や手書き年賀状などで、自信を持ってすらすらと書けるようになる人気の「くらしの筆文字」講座。

美しい筆文字を書く楽しみを味わいながら学習できる講座です。

しかし、、、

  • 「勉強が長続きするか心配、、、」
  • 「本当に自分でもできるのかな、、、」

という不安を抱えているのではないでしょうか?

生涯学習のユーキャン(U-CAN)は、「学ぶよろこびをあなたに」をモットーに、資格・趣味などの各種通信講座が約160種を提供する教育機関です。年間約60万人もの方がユーキャンで学んでいます。

  • 初学者でもムリなく合格へ導く分かりやすい教材
  • スキマ時間でいつでも便利なスマホ学習
  • 経験豊富な講師による充実サポート体制

「くらしの筆文字講座が気になっているけど、まだ迷っている、、、」なら、このページを参考にしてみてください。

くらしの筆文字講座を検討している全ての方に読んでほしいこと

「通信講座に入ったけど続かなかった」

自分の都合良い時間で勉強できると評判の通信講座ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「講座が合わなかった」に集約されます。

講座費用が安かったから、、、

何も考えずに申し込んだ、、、

こんなテキストじゃ合格無理、、、

あ、、、行政書士のテスト7割を切ってしまった…全額返金保証の対象外に…
判例集も無いし条文の解釈の仕方についても穴だらけのテキストで合格できる気がしない…通信講座なんてやらなきゃよかった、市販テキストのほうが圧倒的に情報量も試験に出る問題の解き方も押さえてあるのに…
失敗したな…— いずみん@慶應通信 (@IZzzminne) April 3, 2018

詰め込み方が激しすぎる、、、

費用が安いから、評判が良さそうだから、そんな理由で講座選びをすると、途中で辞めてしまうことも多いです。

後悔しないためには、講座のメリット・デメリットを把握した上で申し込むことが重要です。

ユーキャン くらしの筆文字講座
▼ 申し込みはコチラ ▼

ユーキャン 暮らしの筆文字講座 申込みバナー

ユーキャンのくらしの筆文字講座「やめとけ」悪い評判・口コミ

どの講座にも、メリットもあれば必ずデメリットもあります。

まずは、ユーキャンのくらしの筆文字講座のTwitterで見つけたネガティブな評判・口コミの中で、「これはちゃんと確認しておかないと怖いな」という口コミをチェックしてみましょう。

気になる悪い評判・口コミでチェックするのは、以下の3つです。

気になる口コミ

  • くらしの筆文字の講座内容が難しい
  • メール質問の回答が遅い
  • 講座の料金が高い

一つずつ見ていきましょう。

【ユーキャン くらしの筆文字講座の口コミ1】講座の内容が難しい

ユーキャンのくらしの筆文字講座は、どういう評判や口コミが多いの?

講義内容が難しい、、、という口コミがあるわ!

まず初めの気になる口コミは「筆文字が難しい、、、」というものです。

例えば、こんな口コミです↓

このように「筆文字は難しい、、、」「筆文字サインペン…難しいです、、、」と呟いていました。

これからユーキャンで筆文字を学ぼうと思っている人にとっては、正直ちょっと心配ですよね。

ユーキャンのくらしの筆文字講座は難しい?

難しいと口コミや評判になっている、ユーキャンのくらしの筆文字講座の特徴をまとめてみました。

テキスト教材の
特徴

【特徴1】筆文字は学んですぐに効果を実感できる

ユーキャンの「くらしの筆文字講座」は、初心者でも基礎からしっかり学べる構成になっており、学んですぐに効果を実感できるのが特長です。

基礎から丁寧に学べるから、初心者でも安心

テキストでは筆の持ち方をはじめとする基礎的なテクニックが丁寧に解説されています。これにより、筆文字が初めての方でも無理なく学ぶことができます。

早期の上達を実感できるから、継続できる

最初の4日間でカタカナのレッスンを行い、基本的な筆づかいを習得します。この初期段階での上達を実感できることが、モチベーションの向上につながります。

週2回のレッスンだから、無理なく継続できる

忙しい人でも自分のペースで無理なく続けられるよう、レッスンは週2回でOKとなっています。これにより、日常生活における学習の負担が軽減されます。

段階的な学習プログラムだから、着実に上達できる

カタカナからスタートし、基本的な筆づかいや漢字を美しく書くコツを習得します。

3ヵ月でテキスト1を修了し、ひらがなや数字、漢字などの基礎を学びます。

実用的な筆文字をレッスンし、祝儀袋の表書きや贈り物の表書きなど実生活で役立つ筆文字を学びます。

年賀状や小作品作りを楽しみながら、行書の書き方を基本から学びます。

充実したサポート体制があるから安心

添削課題を通じて講師からの個別アドバイスを受けることができ、学習に関してわからないことがあればメールや郵便で質問が可能です。このようなサポート体制により、疑問点をそのままにせず、着実に上達できます。

最長2年間の指導サポートがあるから安心

標準の学習期間は10ヵ月ですが、遅れが出た場合も受講開始後最長2年間の指導サポートがあり、自分のペースで学習を進めることができます。

これらの特徴から、ユーキャンのくらしの筆文字講座は、美しい筆文字を身につけたいと考えている方にとって、基礎から実践まで段階的に上達できる、非常に効果的でサポート体制も整った学習プログラムであると言えます。

受講者にとって、どんなメリットがありますか?

特徴①「学んですぐに効果を実感できる」を持つユーキャンの「くらしの筆文字講座」から受講者が得られる主なベネフィット(価値)は以下となります。

改善を体験できるから、継続できる

最初の4日間でカタカナを中心に基礎から学び直すことで、受講者はすぐに自分の文字の変化を実感できます。この即時の改善は、継続するモチベーションに大きく寄与します。

筆使いや文字構造の理解で、基礎スキルを習得できる

筆の持ち方から始まり、基本的な筆使いや文字の構造を理解することで、受講者は筆文字の基礎スキルをしっかりと身につけることができます。これは、今後の上達の土台となります。

祝儀袋や年賀状など、生活に役立つ文字が学べる

カタカナやひらがな、数字、漢字を学んだ後に、祝儀袋の表書きや年賀状など、実生活で直接役立つ筆文字を学べるため、学んだ技術をすぐに生活に取り入れることが可能です。

自信を持って文字を書く機会が増える

基本からしっかり学ぶことで、自分の文字に自信を持つことができます。これは、手書きのメモや手紙、贈り物の表書きなど、日常生活の中で自信を持って文字を書く機会が増えることを意味します。

継続的なサポートとフィードバックがあるから安心

添削課題を通じてプロの講師から具体的なアドバイスを受けることができ、学習において直面する疑問や問題点を解消できます。これにより、着実に上達ができ、学習のモチベーションが維持されます。

個人のペースで、ゆっくり着実に上達できる

週2回の学習ペースや受講開始後最長2年間のサポートがあるため、忙しい方やゆっくり学びたい方でも、自分のペースで学習を進めることができます。

これらのベネフィットは、受講者が筆文字の美しさと実用性を身につけ、日常生活での様々なシーンで活用できる能力を高めることに直結します。

また、自分の文字に自信を持ち、書くことの楽しさや満足感を深く感じることができるでしょう。

【特徴2】実用的なお手本や副教材が嬉しい

ユーキャンの「くらしの筆文字講座」の特徴②「実用的なお手本や副教材が嬉しい」から、受講者が得られる具体的な価値としては以下となります。

年賀状や冠婚葬祭で役立つ、実用的なお手本があるから安心

受講者は年賀状や冠婚葬祭などのお付き合いの場で直接役立つ、美しい小筆文字の学習が可能です。実物大のお手本が豊富に用意されており、実際の生活シーンでの応用がスムーズに行えます。

マナーや正しい書き方を学べる副教材が充実

「はがき・手紙文例集」、「楷書行書字典」、「慶弔マナーブック」の提供により、受講後も長く役立つ資料が手元に残ります。これらは、日常生活での様々なシーンでの対応を容易にし、マナーや正しい書き方を学べます。

わかりやすい解説があるから、レッスンが進めやすい

テキストは基本から丁寧に解説されているため、「筆を持つのは初めて」という初心者でも安心して学習を開始できます。また、なぞり書き練習帳を使用することで、美しい筆文字を効率的に身につけることができます。

実践的な学習内容だから、実践で役に立つ

第2巻の「実用の書」では、具体的な冠婚葬祭で使用する表書きの筆文字を学び、第3巻では年賀状作成や小作品づくりを通じて、さらに実用的なスキルを習得できます。

すぐに使える美しい文字のスキル獲得できる

実物大手本となぞり書き練習により、受講者は即座に生活に直結した実践レッスンを通じて、美しい文字を書く技術を獲得できます。

継続的な個別の添削があるから上達が早い

添削課題や講師からのフィードバックにより、学習の進捗に合わせて個別のアドバイスを受けることができ、上達への道のりがより明確になります。

これらの特徴は、受講者にとって、日常生活で直面する多様なシチュエーションで筆文字を美しく、適切に活用できる能力を提供します。

また、学習過程で得られる知識と技術は、受講修了後も長く役立つ実用的なスキルとして価値があります。

受講者にとって、どんなメリットがありますか?

特徴②「実用的なお手本や副教材が嬉しい」から得られる主なベネフィットは以下となります。

年賀状や冠婚葬祭など、すぐに使えるスキルの獲得

実用的なお手本を通じて、年賀状や冠婚葬祭の文書など、日常生活や特別な場面で直ちに使える筆文字のスキルを身につけることができます。これにより、受講者は学んだ知識をすぐに実生活で応用できるようになります。

実際に使うシーンを想定したお手本を使ったレッスンだから安心

祝儀袋の表書きやお中元、お歳暮など、実物大のお手本を使った実践レッスンは、日常生活で頻繁に遭遇するシチュエーションに直結しています。これにより、学びが生活に根差したものとなり、より関心を持って取り組むことができます。

文例やマナーについての学習支援も充実

「はがき・手紙文例集」「楷書行書字典」「慶弔マナーブック」などの副教材は、書き方だけでなく、文例やマナーについても学ぶことができるため、筆文字を用いる上での幅広い知識を身につけることができます。

講座修了後も継続的に学習で使える教材

提供される副教材は、講座修了後も継続的な学習や参照に使用できるため、受講者が筆文字を維持・向上させるための長期的なサポートとなります。

美しい筆文字を書く能力獲得は、自信につながる

美しい筆文字を書く能力は、個人的な満足だけでなく、社会的な場面(例えば、正式な招待状やお礼状の作成)でのコミュニケーション能力を高めることにもつながります。これにより、受講者はより自信を持って、様々な社会的交流に参加することができます。

美しい筆文字を書くための細やかな技術習得ができる

なぞり書き練習帳を含む実践的な教材は、美しい筆文字を書くための細やかな技術やコツを効率的に習得する手段を提供します。これは、技術的な上達だけでなく、芸術的な感覚や表現の幅を広げる効果も期待できます。

これらのベネフィットは、受講者が筆文字のスキルを実生活で活用し、社会的な場面でのコミュニケーション能力を高める上で大きな価値を提供します。

【特徴3】楷書と行書のお名前・ご住所お手本もお届け

ユーキャンのくらしの筆文字講座の特徴③「楷書と行書のお名前・ご住所お手本もお届け」は、以下のポイントとなります。

受講者の名前や住所をより美しく書くための個別化された指導

受講者一人ひとりのお名前とご住所を用いた、講師直筆のお手本提供により、個別のニーズに合わせた学習が可能です。これにより、受講者は自身の名前や住所をより美しく書くための直接的な指針を得られます。

一字一字への丁寧で細やかなフィードバック

筆づかいや文字の形に関する個別の特性を考慮した、細やかな指導が行われます。これは、受講者が自身の書き方のクセや改善点を理解し、修正するのに役立ちます。

名前と住所の書き方に関して、合計6回の添削サポート

名前と住所の書き方に関して、合計6回の添削を通じて、楷書と行書の両方での指導を受けることができます。この継続的なフィードバックは、受講者が着実に上達し、各種シーンで自信を持って書けるようになるための土台を築きます。

モチベーションの維持と向上できる仕組み

講師からの励ましのメッセージは、学習を続けるモチベーションを高め、受講生からの好評も得ています。このポジティブなフィードバックは、学習過程をより楽しく、やりがいのあるものに変えます。

自分自身のスタイルで美しい文字を書けるよう、個性への配慮が嬉しい

受講者の個性や進行度に合わせた指導は、一人ひとりが自分自身のスタイルで美しい文字を書けるようになることを目指します。キレイに書くコツの提供も含まれ、これらのアドバイスに従うことで、どんどん上達することができます。

特徴③は、受講者の個々のニーズに対応した指導とフィードバック、継続的な学習機会の提供、そしてモチベーション向上を通じて、受講者が日常生活でより美しく、自信を持って筆文字を書けるようになることを目的としています。

受講者にとって、どんなメリットがありますか?

特徴③「楷書と行書のお名前・ご住所お手本もお届け」から、受講者が得られるベネフィットは以下となります。

自分の名前と住所を使った直筆のお手本だから、上達が早い

受講者は、自分の名前と住所を使った直筆のお手本を受け取ることで、非常に個人的かつ実用的な学習体験を享受できます。これは、一般的なテキストや例では得られない、自分自身に直接関連する学習機会を意味します。

自分の筆文字能力の改善具合が実感できる

楷書と行書の両方で提供されるお名前・ご住所の添削指導を通じて、受講者は自身の筆文字能力が具体的にどのように改善しているかを実感できます。これは、学習過程でのモチベーション維持に役立ちます。

人生で最も書く機会の多い、名前と住所を美しく書ける

人生で最も書く機会の多い名前と住所を美しく書くことは、日常生活での自信に直結します。結婚式の招待状、年賀状、手紙など、個人的な筆記物において、そのスキルを実践的に活用できます。

一字一字に対する丁寧なフィードバック指導

一字一字に対する丁寧なフィードバックは、受講者が自身の弱点を具体的に理解し、それを改善するためのカスタマイズされた指導を受けることを可能にします。これにより、効率的かつ効果的に上達することができます。

どんな場面でも、自信を持って書けるようになれる

筆文字の技術が向上することで、受講者はどんな場面でも自信を持って書けるようになります。これは、プロフェッショナルな環境や社会的な場でのコミュニケーションにもプラスの影響を与えます。

合計6回の添削は、継続的な学習を促し成長へとつながる

合計6回の添削は、学習が一度きりのものではなく、継続的なプロセスであることを強調します。この継続的な関わり合いは、スキルの持続的な向上と長期的な成長を促します。

この特徴から得られるベネフィットは、筆文字の技術向上だけに留まらず、個人的な表現の豊かさと日常生活における自信の向上にも寄与することが期待できます。

ユーキャン くらしの筆文字講座
▼ 申し込みはコチラ ▼

ユーキャン 暮らしの筆文字講座 申込みバナー

【ユーキャン くらしの筆文字講座の口コミ2】メール質問に対しての回答が遅い

そして、二つ目の評判や口コミは、どんなものがある?

「メール質問の回答が遅い」という口コミもあるわ。

続いて、2つ目の気になる口コミは、「メール質問に対しての回答が遅い」というもの。

例えば、こんな口コミです↓

ユーキャンくらしの筆文字講座のサポート体制はどうなってる?

ユーキャンのくらしの筆文字講座のサポート体制の特徴をまとめてみました。

サポート体制

ユーキャンの「くらしの筆文字講座」では、さまざまな学習サポートを受けることが出来ます。

学習教材はメインテキスト3冊に、副教材として、練習帳3冊、付録「楷書行書字典」、付録「はがき・手紙文例集」、付録「慶弔マナーブック」、ガイドブック、特製書道用具セット「あやめ」、その他も準備されています。

添削あり (10回)

受講生は筆文字の内容を実践し、その成果を添削してもらうことができます。添削回数は合計で10回まで受けることができますので、個々の進捗状況を把握し、改善のアドバイスを受けることができます。

質問あり(1日3問まで)

受講生は講座内で質問をすることができます。1日につき最大3つの質問を提出でき、知識豊富な講師陣が受講生の疑念や疑問に丁寧に答えます。これにより、受講生の理解を深めるサポートが提供されます。

標準学習期間10ヵ月 (受講開始から24ヵ月まで指導)

ユーキャンの筆文字講座は標準的な学習期間が10ヵ月ですが、受講開始から最長24ヵ月まで、指導を受けることができます。これにより、自分のペースで学習を進めることができ、忙しいスケジュールに合わせて学習できます。

添削や質問サービスを通じて個別の指導を受け、長期間にわたって学習を続けることができるため、筆文字の学習をサポートする充実したプログラムです。

ユーキャン くらしの筆文字講座
▼ 申し込みはコチラ ▼

ユーキャン 暮らしの筆文字講座 申込みバナー

【ユーキャン くらしの筆文字講座の口コミ3】講座の費用が高い

そして最後、三つ目の評判や口コミは?

「費用が高い」という口コミもあるわ。

最後3つ目の気になる口コミは、「講座の費用が高い」というもの。

これに対して、例えば以下のような口コミがありました↓

やはり「費用が高い」というのは厳しいですね。

ユーキャンのくらしの筆文字講座の費用が、どのようになっているか確認してみましょう。

ユーキャンのくらしの筆文字講座の費用は?

講座料金

専門的な内容も、噛み砕いたやさしい解説で学べ、過去問を徹底分析し、的を絞った効率学習ができる「ユーキャンのくらしの筆文字講座」は下記をご確認ください。

一括払い

35,000

分割払い

2,980円✕12回=総計:35,760

ユーキャン くらしの筆文字講座
▼ 申し込みはコチラ ▼

ユーキャン 暮らしの筆文字講座 申込みバナー

時期によっては、資格取得応援キャンペーン等で、5,000円割引など行われていることもあります。
※詳しくはユーキャン公式サイトで確認ください。

世に筆文字の講座はたくさんありますが、このページでは他のサービスと比べる相対価値を見るのではなく、この費用の絶対価値について見てみましょう。

この価格、実は1日あたりに直すと117円と、コンビニでちょっとした「スイーツ1個」分の費用ほどです。

1日あたり「スイーツ1個」分の費用で、経験豊富な講師陣に毎日質問でき回答をもらえる環境って、とてつもなく素晴らしい環境ではないでしょうか?

ユーキャンのくらしの筆文字講座の返金はある?

申込後のキャンセルについて

教材の開封・未開封、使用・未使用にかかわらず、教材到着後8日以内であれば、返品でき、返金手続きが可能となっています。

クレジットカードで申込みの場合、ユーキャンで取消処理の対応がされます。振込用紙による申込みの場合、返金手続きに関する手紙がユーキャンより郵送されてきますので、指定の口座へ返金してもらうようにしましょう。

ただ一部講座は、8日以内でも返品不可の場合があるため、申込み前に各講座ページにて確認して購入しましょう。

ユーキャン くらしの筆文字講座
▼ 申し込みはコチラ ▼

ユーキャン 暮らしの筆文字講座 申込みバナー

ユーキャンのくらしの筆文字講座は、こんな人におすすめ

この講座が
向いてる人

こんな人におすすめ

  1. 筆文字初心者
  2. 趣味として筆文字を楽しみたい方
  3. 冠婚葬祭などの正式な場で筆文字を使いたい方
  4. 手書き文化を大切にする年配の方
  5. 自己表現の手段を増やしたい若者
  6. プロフェッショナルなスキルを身につけたい方
  7. 文化活動や教育に関わる方

筆文字初心者

これまで筆文字に挑戦したことがない、または基礎からしっかり学びたいと考えている初心者。

基本の筆使いから学び、徐々に上達したい方々です。

段階的な学習プログラムだから、初心者でも安心

この講座は、筆文字の基本から始め、徐々に応用技術へとステップアップできるように設計されています。

初心者でも無理なく、自分のペースで学習を進めることができます。

初心者にも理解できる、わかりやすい教材

講座の教材は、初心者にも理解しやすいように丁寧に作られています。

写真や図解を豊富に使用しているため、具体的な筆の持ち方や動かし方を視覚的に学べます。

個別指導のサポートがあるから上達が早い

ユーキャンの講座では、提出した課題に対してプロの指導者からのフィードバックがあります。

この個別指導により、自身の技術を正確に把握し、改善点を明確にすることができます。

学んだ技術をすぐに活用できる!生活に役立つ実用性

「くらしの筆文字講座」は、日常生活で実際に使える筆文字を学ぶことができます。

例えば、年賀状や招待状、お礼状など、実生活で役立つ多彩なシーンでの筆文字の使い方を学べるため、学んだ技術をすぐに活用することが可能です。

基本からしっかり学べるため、自信の向上につながる

基本からしっかり学べるため、技術が確実に向上します。

完成度の高い文字が書けるようになると、それは大きな自信につながり、さらに筆文字を書く楽しみを深めることができます。

このように、「くらしの筆文字講座」は、筆文字初心者が基本をしっかりと学び、徐々に技術を向上させることができるようにサポートされています。

初心者にとって理想的な学習環境が提供されているため、筆文字の美しさと楽しさを存分に体験することができるのです。

趣味として筆文字を楽しみたい方

手書きの温かみを大切にし、趣味として筆文字を楽しむことに興味がある人。

季節の挨拶状や手紙など、個人的なコミュニケーションに美しい筆文字を取り入れたい方が含まれます。

楷書から行書、かな文字等、多様なスタイルの学習ができる

この講座では、楷書から行書、さらにはかな文字まで、様々な筆文字スタイルを学ぶことができます。

趣味として筆文字を楽しむ上で、異なるスタイルを身につけることは、書く楽しみを大きく広げます。

年賀状、招待状、メニューカード、お礼状など、実生活で使える

「くらしの筆文字講座」は、年賀状、招待状、メニューカード、お礼状など、実生活で直接使える筆文字の書き方を学べる点が魅力です。

趣味として学んだ筆文字を実際の生活の中で活かすことができ、より一層の満足感を得られます。

自分だけの筆文字スタイル、個性表現の発見ができる

筆文字には個人の個性が反映されます。

この講座を通じて、自分だけの筆文字スタイルを見つけ出し、独自の表現を追求する楽しみがあります。

手紙やカードなどに自分の個性を表現することは、受け取った人にも喜ばれ、コミュニケーションをより豊かにします。

筆文字を楽しむことは、リラクゼーション効果につながる

筆を使って文字を丁寧に書く行為は、集中力を高め、心を落ち着ける効果があります。

趣味として筆文字を楽しむことは、日常のストレスを軽減し、心のリラクゼーションにもつながります。

継続的な学習支援があるから、趣味としての筆文字が長く続けられる

ユーキャンの講座では、学習が終わった後も継続的なサポートが受けられます。

筆文字の技術向上はもちろん、新しい応用方法やアイデアを学ぶことができ、趣味としての筆文字が長く続けられます。

これらの理由から、「くらしの筆文字講座」は、趣味として筆文字を楽しみたい方にとって、技術向上だけでなく、生活の質を高め、心豊かな時間を提供する素晴らしい選択肢となります。

冠婚葬祭などの正式な場で筆文字を使いたい方

結婚式の招待状や祝儀袋、謝辞など、公式の場やフォーマルなシーンで筆文字を使用したいと考えている人。

プロフェッショナルな印象を与えるために、筆文字のスキルを磨きたい方です。

結婚式の招待状、祝儀袋、謝辞など、実用的なスキル習得ができる

この講座では、結婚式の招待状、祝儀袋、謝辞など、具体的なフォーマルなシーンで必要とされる筆文字の書き方を学ぶことができます。

これらのスキルは、正式な場で求められる美しい文字を書くための基礎となります。

プロフェッショナルな心温まるメッセージを伝える手段となる

筆文字は、手書きの温かみとともに、洗練された印象を与えることができます。

ユーキャンの講座を通じて磨かれた筆文字スキルは、冠婚葬祭などの大切な場面で、プロフェッショナルかつ心温まるメッセージを伝える手段となります。

個別指導により細かい技術の改善点を把握し、効率的に上達できる

提出した課題に対して専門講師からの個別フィードバックを受けることで、細かい技術の改善点を把握し、効率的に上達することができます。

このような個別指導は、フォーマルな場面で求められる高いレベルの筆文字スキルを身につける上で非常に有効です。

冠婚葬祭などフォーマルな場で使える、幅広い筆文字スタイルの学習

楷書や行書など、異なる筆文字スタイルを学ぶことができるため、場面に応じて適切な文字スタイルを選択し、使用することができます。

この柔軟性は、冠婚葬祭などのさまざまな正式な場での書類作成において大きな強みとなります。

いつでも突発的な対応可能なように、実践的な練習も可能

実物大のお手本や添削課題を通じて、実際に使える筆文字を練習することで、学んだ技術を実生活に直接応用する力を養います。

これにより、いざという時にも自信を持って美しい文字を書くことができるようになります。

これらの理由から、冠婚葬祭などの正式な場で筆文字を使いたいと考えている方にとって、ユーキャンの「くらしの筆文字講座」は、技術向上はもちろん、自信を持って筆文字を使用するための実践的なスキルを身につけるための理想的な選択肢です。

手書き文化を大切にする年配の方

デジタル化が進む中で、伝統的な手書きの文化を大切にしたいと考える年配の方々。

孫への手紙や日記、趣味の書道など、生活の中で筆文字を楽しみたい方が学びます。

筆文字は、日本伝統と文化を象徴する芸術。文化的伝承につながる

筆文字は、日本の伝統と文化を象徴する芸術形式の一つです。

この講座を通じて、年配の方は伝統的な筆使いや文字の形を学ぶことができ、これらの技術を家族や友人、特に若い世代へ伝えることにより、貴重な文化遺産を次世代に継承する役割を果たすことができます。

生活の中で筆文字を楽しめる

手紙、日記、趣味の書道など、日常生活の中で筆文字を使用する機会は多くあります。

この講座では、実用的な筆文字から趣味の書道まで、幅広いスタイルを学ぶことができるため、年配の方が日々の生活の中で筆文字を楽しむための知識と技術を身につけることができます。

手書きの手紙で、コミュニケーションを深める

手書きの手紙は、デジタルメッセージにはない温かみと心を込めたメッセージを伝えることができます。

特に孫などの若い世代への手紙は、世代間の絆を深める貴重な手段となり得ます。

この講座を通じて習得した美しい筆文字は、そのようなコミュニケーションをより特別なものに変えることができます。

筆文字は、認知機能の維持向上につながる

筆文字を学ぶことは、脳の活性化にも役立ちます。

繊細な筆使いや文字形の習得は、集中力や記憶力を要し、これが認知機能の維持に寄与すると考えられています。

趣味としての書道は、特に年配の方にとって有意義な脳トレーニングとなるでしょう。

個人の感性やスタイルを表現する自己表現の手段となる

筆文字は、個人の感性やスタイルを表現する手段としても非常に魅力的です。

年配の方が自らの感性や美意識を筆文字を通じて表現することで、自己実現の喜びを感じることができます。

これらの理由から、手書き文化を大切にする年配の方にとって、ユーキャンの「くらしの筆文字講座」は、伝統的な技術の習得、日常生活の中での筆文字の楽しみ、世代間コミュニケーションの強化、そして自己表現の手段としての価値を提供します。

自己表現の手段を増やしたい若者

自分の感性やスタイルを表現するために、独自の筆文字スキルを身につけたい若者。

SNSの投稿や個人的なアート作品に筆文字を取り入れたい方が該当します。

筆文字で、個人の感性やスタイルを表現できる

筆文字は、個人の感性やスタイルを表現する強力なツールです。

この講座を通じて、若者は基本的な筆使いから独自の文字スタイルまで、自分だけの筆文字を開発する技術を身につけることができます。

それにより、自分の個性や創造性を、より豊かに表現することが可能になります。

SNS投稿に独自性と魅力を加え、他者との差別化につながる

SNSでは、ビジュアルコンテンツが非常に重要です。

オリジナルの筆文字を用いることで、投稿に独自性と魅力を加え、他の多くの投稿と差別化することができます。

これは、フォロワーを増やすだけでなく、自分のアイデンティティを際立たせる効果があります。

アート作品へ筆文字を取り入れることで、作品に深みが増す

個人的なアート作品に筆文字を取り入れることは、作品に深みと意味を与える素晴らしい方法です。

この講座では、様々な筆文字のスタイルを学ぶことができるため、アート作品の幅が広がり、表現のバリエーションが豊かになります。

筆文字を学ぶことで、創造性の向上につながる

筆文字を学ぶプロセス自体が、創造性を刺激し、発想力を向上させます。

異なる文字スタイルや筆使いを試すことで、新たなアイデアやインスピレーションを得ることができるでしょう。

言語だけでは伝わらない、コミュニケーション能力の強化

筆文字は、言葉だけでは伝えきれない感情やニュアンスを表現するのに役立ちます。

これにより、若者が他者とのコミュニケーションをより豊かに、効果的に行う手助けとなります。

これらの理由から、自己表現の手段を増やしたい若者にとって、「くらしの筆文字講座」は、個性的な自己表現を追求し、SNSやアート作品での表現力を高め、創造性を刺激する貴重な学習機会となります。

プロフェッショナルなスキルを身につけたい方

ビジネス文書やプレゼンテーション資料で差別化を図りたい、または専門的な筆文字サービスを提供したいと考えるプロフェッショナル。美しい筆文字での表記をビジネスの強みにしたい方です。

プロフェッショナルなスキルを身につけたい方に「くらしの筆文字講座」をおすすめする理由は、次のポイントで明確になります。

美しい筆文字は、ビジネス文書の差別化につながる

ビジネスの世界では、一つ一つの文書が重要な役割を果たします。

美しい筆文字は、ビジネス文書やプレゼンテーション資料にプロフェッショナルでありながら人間味のあるタッチを加えることができます。

これにより、受け手に強い印象を残し、記憶に残りやすくなるため、ビジネスシーンでの差別化につながります。

結婚式の招待状や名刺、ロゴデザインなど、専門的サービスを提供できる

筆文字は、結婚式の招待状や名刺、ロゴデザインなど、様々な専門的なサービスで求められるスキルです。

この講座を受講することで、プロフェッショナルな筆文字サービスを提供するために必要な技術と知識を習得し、ビジネスとしての可能性を広げることができます。

コミュニケーションをより豊かに表現できる能力の強化につながる

筆文字は、情報を伝えるだけでなく、感情やメッセージのニュアンスを豊かに表現することができます。

ビジネスコミュニケーションにおいても、このような細やかな表現力は非常に価値があり、相手に対する敬意や誠実さを示すことができます。

筆文字は独自性と高級感を演出するため、ブランディングの強化につながる

個人や企業のブランドを構築する上で、筆文字は独自性と高級感を演出する効果的な手段となり得ます。

この講座で学んだ筆文字技術を活用して、ブランドのビジュアルアイデンティティを高め、市場での認知度を向上させることが可能です。

クライアントからの信頼を得るために不可欠な専門知識の習得ができる

「くらしの筆文字講座」では、基本的な筆使いから応用技術まで、幅広い知識を習得できます。

この深い専門知識は、プロフェッショナルとしての信頼性を高め、クライアントからの信頼を得るために不可欠です。

これらの理由から、ビジネスでの差別化を図りたい、または専門的な筆文字サービスを提供したいプロフェッショナルにとって、「くらしの筆文字講座」は、その目標を達成するための重要なステップとなります。

文化活動や教育に関わる方

学校の先生や文化センターの講師など、教育や文化活動に携わる方々。

子どもたちや生徒に伝統的な筆文字の技術や文化を教えたいと考えている方が学びます。

文化活動や教育に携わる方々に「くらしの筆文字講座」をおすすめする理由は、以下の点に集約されます。

筆文字という文化的遺産の継承

筆文字は、言語だけでなく文化的な価値をも伝達する手段です。

この講座を通じて、教育者や文化活動に携わる方々は、筆文字を用いることの意義や美しさ、そしてその背後にある歴史や文化的背景を理解し、次世代へと伝えることができます。

読み書き能力だけでなく、集中力や細かい動作のコントロール能力を養える

筆文字を教材として取り入れることは、読み書き能力だけでなく、集中力や細かい動作のコントロール能力を養うことにも繋がります。

この講座を受講することで、教育者は筆文字を効果的に教える方法を学び、教育プログラムをより豊かなものにすることができます。

人としての成長につながる創造性と表現力の促進

筆文字は、個々の感性や表現を形にする手段として非常に有効です。

子どもたちや生徒に筆文字を教えることで、彼らの創造性や自己表現の能力を育むことができます。

これは、学問的な知識を超えた、人としての成長にも寄与します。

多様な文化への理解を深めることに役立つ

筆文字は世界各地で異なる形を持ち、それぞれの文化圏における固有の意味や価値を持っています。

「くらしの筆文字講座」では、これら多様な筆文字のスタイルや背景を学ぶことで、異文化理解の促進にも繋がります。

デジタル時代におけるデジタルとアナログのバランスの取り方が学べる

デジタル技術が進化する中、手書きの価値を再認識することは、特に若い世代にとって重要です。

筆文字を通じて、デジタルとアナログのバランスの取り方を教えることは、現代の教育において不可欠な要素となります。

このように、「くらしの筆文字講座」は、文化活動や教育に携わる方々にとって、教育的な価値はもちろん、文化的遺産を次世代に継承し、創造性や社会性を育むための貴重なツールとなり得ます。

最後に

ユーキャン 暮らしの筆文字講座 ホームページ画像

結婚式の祝儀袋や芳名録など、冠婚葬祭の際や手書き年賀状などで、自信を持ってすらすらと書けるようになる人気の「くらしの筆文字」講座。

美しい筆文字を書く楽しみを味わいながら学習できる講座です。

生涯学習のユーキャン(U-CAN)は、「学ぶよろこびをあなたに」をモットーに、資格・趣味などの各種通信講座が約160種を提供する教育機関です。年間約60万人もの方がユーキャンで学んでいます。

ユーキャンの学習法が、あなたのライフスタイルに合うのか?向き不向きをしっかりと判断した上で、申し込みしましょう。

ユーキャン くらしの筆文字講座
▼ 申し込みはコチラ ▼

ユーキャン 暮らしの筆文字講座 申込みバナー