ユーキャン「フラワーアレンジメント」通信講座の難易度や独学可能か解説

NO IMAGE

四季折々のお花を使ったアレンジで、お部屋を美しく演出できるとして人気の「フラワーアレンジメント」講座。

お部屋のインテリアに、おもてなしに、美しいお花を飾って、華やかに演出できるフラワーアレンジメント技術を身につけられます。

しかし、、、

  • 「まとまった時間を勉強になかなか使えない、、、」
  • 「そういう美的センス無いけど大丈夫かな、、、」

このような不安を抱えている方が講座を受けようと思った時、心配なのは「私でもできるのか?」ということではないでしょうか?

この記事ではユーキャンのフラワーアレンジメント講座を始めたい人に向けて、資格試験の難易度や独学が可能か?についてご紹介します。

 

フラワーアレンジメントを習得すると何ができるのか?

フラワーアレンジメントを習得すると、贈り物の花束や花を使った作品を自分で作ることができます。

相手のイメージや好みに合わせたものをカスタマイズして作成することが可能なため、相手から喜んでもらえると同時に好印象を抱いてもらえる可能性があります。

また、インテリアとしても飾ることができるため、部屋の雰囲気に同調する花を使用してオリジナリティ溢れる作品を作れるという利点があります。

「フラワーアレンジメント」とは何か?

「フラワーアレンジメント」とは、さまざまな種類の花を寄せ集めて一つの作品にしたものを指します。

花束風やバスケットに入ったものなど豊富なバリエーションのデザインがあり、知識とテクニックを習得することでより魅力的なフラワーアレンジメントを作成することができます。

フラワーアレンジメントは独学で習得可能か?

フラワーアレンジメントは、独学でも習得可能です。

細かく丁寧な解説付きの教材が多く、講師の解説がなくても十分に理解度を深められるようになっています。

もし独学でも講師のサポートを受けたいという場合は、質問対応付きの通信講座を選ぶことで、疑問点や学習の悩みをその都度講師に問い合わせることが可能となっています。

ピンポイントで必要な情報を得ることができるため、独学でもしっかりと学習できる仕組みになっています。

独学で学ぶメリットとデメリット

それでは、フラワーアレンジメントを独学で学ぶ場合のメリットとデメリットについて見てみましょう。

・独学で学ぶメリット

人によって好みのセンスが分かれるジャンルのため、スクールの担当講師と相性が合わない場合は、自分の思い描く作品を作ることが難しい可能性があります。

独学の場合、講師のクセに影響を受けることなく学習することができ、自分好みの作品スタイルや花を使用して作品作りに取り組めるという利点があります。

・独学で学ぶデメリット

自身の作品を採点してくれる講師がいないため、自分の実力や改善点を知るチャンスがありません。

やみくもに花を挿し続けることになってしまい、時間を無駄にしてしまうリスクがあります。

通信講座の場合、講師による添削課題が実施されていることが多く、自分の作品に関する感想や個人指導を受けることができるので、自分のニーズに合った講座を選ぶことが重要です。

 

フラワーアレンジメント資格や検定の試験難易度

フラワーアレンジメントでは、さまざまな種類の資格や検定試験が実施されています。

自分の目指すレベルによって受験する試験は異なりますが、趣味の領域から出ない場合は易しめの難易度で設定されています。

もし通信講座修了レベルを目指している場合、フラワーアレンジメントの知識及びスキルを習得するのは非常に容易なレベルとなっています。

フラワーアレンジメントの試験内容

フラワーアレンジメント試験では、基本編と応用編の2分野から構成されています。

・フラワーアレンジメント試験【基本編】

基本編では、フラワーアレンジメントで使う道具の使用方法、正しい水のあげ方、花の下準備方法、花の選び方、バランスの取り方に関して学習し、実際にフラワーアレンジメントを行う前の準備を整えます。

・フラワーアレンジメント試験【応用編】

応用編では、さまざまな種類のフラワーアレンジメントを実践し、花束風、シンプルラウンド、バスケットアレンジ、フレンチスタイル、投げ入れスタイルなど、バリエーション豊富なアレンジスキルを習得することが目的となっています。

・フラワーアレンジメント試験【学習のポイント】

教材内で解説されている学習内容をしっかりと網羅し、要点やポイントを抑えることが大切です。

DVD付きの教材の場合は、講師の手の動きや花の挿し方を視覚的に理解し、真似することで実践的なスキルを磨くことができます。

苦手箇所は繰り返し練習を行い、より良質な作品作りができるように努力を重ねるようにしましょう。

 

フラワーアレンジメントの資格や検定取得に何時間くらいの勉強が必要?

フラワーアレンジメントの資格取得に必要な勉強期間は、約12か月間です。

仕事や家事・育児と試験勉強を両立している方のために、一日の学習時間は1時間程度と短めで設定されています。

フラワーアレンジメントに関する予備知識がある場合は上記の目安よりも早く学習を終了できる可能性もありますが、一般的には12か月間の学習を要することを覚えておきましょう。

フラワーアレンジメントは初学者でも取得できるのか?

フラワーアレンジメントは、初学者でも取得することが可能です。

市販のテキストや通信講座の中には初学者向けのものも多く、予備知識が全くない方でも基礎から学習できるように工夫が凝らされています。

徐々に難易度を上げながら応用知識とスキルを身に着けていく学習法が取られているため、無理なくフラワーアレンジメントをマスターすることが可能となっています。

通信講座だと、どんな内容をどんなスケジュールで学べる?

通信講座の場合、基本編と応用編の2分野を約12か月間で網羅するスケジュールが組まれています。

シンプルラウンド、バスケットアレンジ、フレンチスタイルといったフラワーアレンジメントにおけるメジャーなアレンジ方法12種類について順を追って学習していき、約1年間で必要なスキルをマスターできる仕組みになっています。

ユーキャンのフラワーアレンジメント講座の学習期間は12か月で設定されていますが、忙しい方のために最長18か月まで延長することが可能となっています。