広告 簿記

簿記1級はすごい!簿記1級のすごさを2級・3級と徹底比較

2023-07-17

このページにはプロモーションが含まれています

簿記1級は凄い

簿記の各レベルが持つ価値と能力、それぞれの深さと広さについて、この記事では詳しく解説します。

簿記1級は高度な商業簿記、会計学、工業簿記、原価計算などの知識を求められます。この資格は企業会計の専門知識を証明し、就職・転職・昇進・起業などの道を切り開くための強力な武器となります。

簿記2級・3級もそれぞれのレベルに合った知識とスキルを証明しますが、1級が持つ広範で深遠な知識は、他のレベルと比較して突出した価値を提供します。

この記事を通して、各レベルの簿記資格が持つ特徴と価値について理解を深め、自分に最適なレベルを見つける手助けになれば幸いです。

簿記1級はすごい!簿記1級のすごさを2級や3級と徹底比較


簿記1級

簿記1級はすごい!
2級や3級との比較

簿記2級や3級と簿記1級では、それぞれの資格の価値や活用方法が異なりますので各資格について、具体的な例を挙げながら解説します。

簿記1級は、基礎的な会計知識だけでなく、高度な会計理論や実践的な技術を習得するための資格です。これにより、連結決算や税務会計などの複雑な会計処理にも対応することが可能になります。

また、これらの知識と技術は、ビジネスの意思決定や戦略策定にも活用でき、価値ある情報提供者としての役割を果たすことができます。

一方、簿記2級や3級は、会計の基本的な仕組みや日常的な取引の記録方法を学ぶための資格であり、会計初心者や小規模事業者に適しています。それぞれのレベルは、個々のニーズや目標に応じて選ぶことが最適です。

簿記3級もすごい!

求められる簿記3級のレベルは、「業種・職種にかかわらずビジネスパーソンが身に付けておくべき「必須の基本知識」として、多くの企業から評価される資格。基本的な商業簿記を修得し、小規模企業における企業活動や会計実務を踏まえ、経理関連書類の適切な処理を行うために求められるレベル。」

引用:日本商工会議所Webサイト

簿記3級は、簿記の基本的な知識を持っていることを証明する資格です。このレベルでは、日常的な経理業務やシンプルな財務報告を行うことができます。

Aさん

簿記3級資格を持っているAさんの場合

Aさんは簿記3級を持っており、小規模な企業の経理スタッフとして働いています。しかし、より複雑な会計処理や経営分析には対応できません。

簿記2級もすごい!

求められる簿記2級のレベルは、「経営管理に役立つ知識として、企業から最も求められる資格の一つ。高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できるなど、企業活動や会計実務を踏まえ適切な処理や分析を行うために求められるレベル。」

引用:日本商工会議所Webサイト

簿記2級は、簿記に関するより高度な知識を持っていることを証明する資格です。このレベルでは、中小企業の経理業務や財務報告を行うことができます。

Bさん

簿記2級資格を持っているBさんの場合

Bさんは簿記2級を持っており、中規模企業の経理スタッフとして働いています。彼は、会計処理や予算管理、財務分析などを行っていますが、最も高度な会計処理や経営分析には対応できません。

簿記1級のすごさとは?

求められる簿記1級のレベルは、「極めて高度な商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を修得し、会計基準や会社法、財務諸表等規則などの企業会計に関する法規を踏まえて、経営管理や経営分析を行うために求められるレベル。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。」

引用:日本商工会議所Webサイト

簿記1級は、簿記に関する最も高度な知識を持っていることを証明する資格です。このレベルでは、大企業の経理・財務部門や会計事務所での業務、そして経営管理や経営分析を行うことができます。

簿記1級のすごさについて、具体例を挙げて説明します。

【高度な会計知識】

簿記1級は、企業会計や税務に関する高度な知識を習得することができます。例えば、連結決算や各種税制、財務諸表の分析など、専門的な会計業務に関する知識を身につけることができます。これにより、複雑なビジネスシーンでの意思決定にも対応可能となります。

【財務分析能力】

簿記1級を持っている人は、企業の財務状況を正確に把握し、分析する能力があります。例えば、財務諸表を使って企業の収益性や負債の状況を評価し、投資判断や経営改善策を提案することができます。

【税務知識】

簿記1級では、税法に関する知識も習得することができます。例えば、法人税や所得税、消費税などの税制について理解し、適切な税務処理や節税策を提案できる能力が身につきます。これにより、企業の税務コンプライアンスや節税対策に貢献できます。

【会計ソフトウェアの活用】

簿記1級の知識を持っている人は、会計ソフトウェアを効果的に活用することができます。例えば、会計ソフトウェアを使って自動化された取引処理や財務報告を行い、効率的かつ正確な会計業務を実現することができます。

【会計監査への対応】

簿記1級を持っている人は、会計監査に対応する能力もあります。例えば、監査法人とのコミュニケーションや監査資料の準備、適切な監査対応を行うことができます。これにより、企業の信用や経営の透明性を高めることに貢献できます。

簿記1級を2級3級と比較すると?

総合的に見ると、簿記1級は最も価値が高く、幅広い活用方法がありますが、簿記2級や3級も、それぞれのレベルに応じた経理・財務業務に活用できますので、あなたのキャリアプランや目標に応じて、適切な簿記資格を取得し、それを活かす方法を考えていくことが大切です。

例えば、Dさんは、中規模企業で働く経理スタッフとして簿記2級を活用し、会社の予算策定や財務分析に関わっており、簿記2級の知識を活用して、経営陣に対して効果的な提案を行っています。

一方、Eさんは簿記3級を持っており、個人事業主として独立し、簿記3級の知識を活かして、自分のビジネスの財務状況を把握し、税金対策や会計業務を行っています。

今後どのようなキャリアを目指すか?キャリア形成の考え方で変わる

簿記1級、2級、3級のそれぞれの資格は、自分の目指すキャリアや働く環境に応じて、異なる価値を持ちます。

簿記1級が最も専門性が高く、幅広い分野で活用できますが、それに伴って取得には多くの時間と労力が必要です。

一方で、簿記2級や3級は、それぞれのレベルに応じた経理・財務業務で十分に活用できるため、自分の目標やニーズに合わせて選択することが重要です。

最終的には、自分のキャリアゴールや働きたい環境を考慮し、簿記1級、2級、3級のいずれかを選択することが、自分にとって最適な資格取得の道となります。

将来的にどのような業務に携わりたいか、どのようなスキルを身につけたいか?人生という長い期間でのキャリアを検討し、それに応じて簿記資格を活用していくことが、自分自身の成長やキャリアアップに繋がります。

簿記2級を活かした税理士試験への挑戦「メリットとデメリット」


簿記1級

簿記2級を活かした
税理士試験への挑戦
「メリットとデメリット」

簿記2級資格を取得している人が税理士試験に挑戦することには、多くのメリットと共にデメリットもあります。

簿記2級を活かした税理士試験への挑戦「メリット・デメリット」

メリット①:基本的な会計知識の習得

簿記2級を取得していることで、基本的な商業簿記の知識が身についていますので、税理士試験の会計学や税務会計の部分で役立ちます。例えば、簿記2級で学んだ仕訳の基本ルールや会計原則、貸借対照表や損益計算書の作成方法などは、税理士試験でも重要な要素となります。

また、簿記2級では消費税や法人税の計算方法も学ぶため、税理士試験の税務法に関する問題に対する理解も深まります。例えば、減価償却の計算方法や損失の繰越控除の仕組み、損益算定の基本原則などは、税理士試験において重要なトピックです。

これらの基本的な会計知識を持っていることで、税理士試験に向けた学習効率が向上し、他の受験者に比べてアドバンテージを持って試験に挑むことができます。

メリット②:効率的な学習

簿記2級の知識を土台として、新たな税法や会計基準など専門的な知識の学習が容易になり、税理士試験の勉強を効率的に進めることができます。

具体的には、簿記2級で学んだ財務諸表の分析方法や、損益計算書、貸借対照表の理解が、税理士試験の財務会計科目で役立ちます。さらに、簿記2級で習得した会計原則や仕訳の知識が、税理士試験の税務会計科目での学習にも活かせます。

例えば、簿記2級で学んだ減価償却の知識が、税理士試験で学ぶ固定資産税の計算方法や、減価償却費の税効果に関する問題解決に役立ちます。また、簿記2級で身につけた消費税や法人税の基礎知識は、税理士試験の所得税法や法人税法の学習につながります。

デメリット①:簿記1級との知識の差

簿記1級を持っている人に比べると、簿記2級では高度な会計知識が欠けています。これが、税理士試験の難解な問題に対応する上でハンディとなることがあります。

具体的には、簿記1級では連結財務諸表や財務会計基準などの高度な知識を学ぶのに対し、簿記2級ではこれらの知識が習得されてないため、税理士試験で連結税額の計算や国際会計基準に関する問題が出題された場合、簿記2級のみを持っている受験者は苦戦することがあります。

また、簿記1級では簿記2級よりも深い税務知識が習得されており、税理士試験の税法科目でのアドバンテージがあります。

例えば、簿記1級では税効果会計や繰延税金計算についての理解が求められるのに対し、簿記2級ではそのレベルまでの知識は習得されていません。

デメリット②:税法の独特な知識

税理士試験は、簿記の知識だけでなく、税法に関する独特な知識も必要です。簿記2級だけでは、税法に関する知識が十分ではないため、税理士試験に挑む際は、税法の勉強にも力を入れる必要があります。

具体的には、簿記2級では学ばない所得税法、法人税法、消費税法などの税法の細かな規定や制度を理解する必要があります。例えば、所得税法では、給与所得や事業所得、不動産所得などの種類別の課税方法や控除の仕組みを把握することが求められます。

また、法人税法では、法人の課税所得の計算方法や税率、納税の仕組みについて理解する必要があります。

さらに、税理士試験では、実務に即したケーススタディが出題されることがあります。これらの問題では、簿記2級の知識だけでは対応できず、税法に関する深い知識や実務経験が求められます。

例えば、ある企業の決算書をもとに法人税や消費税の計算を行う問題では、簿記の知識に加えて、税法の規定や制度に精通していることが不可欠です。

総じて、簿記2級を活かして税理士試験に挑むことには、一定のメリットがあります。

ただ、簿記1級に比べて知識の幅が狭いため、税法や高度な会計知識の習得に力を入れる必要がありますので、簿記2級を活かしつつ、効果的な勉強法を見つける工夫が必要ですが、税理士試験への道を切り開くことができるでしょう。

キャリア形成のための代替資格やスキルの習得(経理・財務以外の選択肢)


簿記1級

代替資格やスキルの習得
(経理・財務以外の選択肢)

簿記1級を目指す代わりに、経理・財務以外の分野で役立つ資格やスキルを習得することも、キャリアアップや市場価値の向上に繋がります。

キャリア形成のための代替資格3選

【MBA(経営学修士)】

MBAは、経営学を学ぶ大学院の修士課程であり、経営戦略やマーケティング、人事管理などの幅広い分野で活用できます。MBAを持っていることで、企業の経営層やコンサルタントなどへの道が開かれます。

【TOEIC(英語能力)】

グローバル化が進む現代において、英語能力は非常に重要なスキルです。TOEICの高得点を取得すれば、国際的なビジネスの現場で活躍できることが期待されます。

【FP(ファイナンシャル・プランナー)】

FPは、個人の資産運用やライフプランニングに関する知識を持つ資格です。金融機関や保険会社などで働く際に、この資格は大きな強みとなります。

キャリア形成のための代替スキル5選

【プログラミング】

IT技術の発展に伴い、プログラミングスキルは幅広い分野で求められています。プログラミング言語を習得することで、エンジニアやデータアナリストとしてのキャリアが広がります。

【デザイン】

グラフィックデザインやWEBデザインなどのデザインスキルは、クリエイティブな職種で活躍するために必要です。デザインのスキルを持っていることで、広告業界やデザイン事務所などで働くチャンスが増えます。

【マーケティング】

デジタルマーケティングやソーシャルメディアマーケティングなどのマーケティングスキルは、企業や個人事業主が商品やサービスを売り込む際に不可欠です。マーケティングの知識とスキルを持っていることで、広告代理店やマーケティング部門での仕事が見つかりやすくなります。

【営業力】

営業力は、あらゆる業界で必要とされるスキルですので、営業スキルを磨くことで、自社の商品やサービスを効果的にアピールし、顧客との信頼関係を築くことができます。また、営業経験を持っていることで、営業マネージャーや営業企画などのポジションにも進むことが可能です。

【コミュニケーション能力】

コミュニケーション能力は、どの職種でも必要なスキルです。良好なコミュニケーション能力を持っていることで、チームでの協力や顧客対応がスムーズになり、プロジェクトの進行や問題解決に役立ちます。

これらの代替資格やスキルを習得することで、簿記1級に限定されない幅広いキャリアパスが開かれます。

自分の興味や将来の目標に合わせて、適切な資格やスキルを選択し、自己投資を行うことが重要です。これにより、市場価値が向上し、キャリアアップや転職の際に有利な立場に立てるでしょう。

自分に合った資格・スキルの選択!7STEP


簿記1級

自分に合った
資格・スキルの選択をしよう

資格・スキルの選択には、自分の目標や関心、キャリアプランを考慮することが重要です。

以下のポイントを押さえて、自分に合った資格・スキルを選びましょう。

【自分の目標や関心を明確にする】

経理・財務の専門家を目指すのか、経営者や起業家としての知識を深めたいのか、それとも他の分野に興味があるのか。自分の目標や関心を明確にすることで、どの資格やスキルが自分に適しているかが見えてきます。例: 経理・財務の専門家を目指す場合は、簿記1級や公認会計士、税理士などの資格が適しています。一方、経営者や起業家としての知識を深めたい場合は、MBAや経営学の資格・スキルが役立ちます。

【労力と時間を考慮する】

時間は有限ですので、簿記1級のように難易度が高く、取得に時間がかかる資格は、本当に自分に必要かどうか検討しましょう。短期間でキャリアアップを目指す場合や、経理・財務の基本的な知識で十分と感じる場合は、簿記2級や3級などの資格が適切です。

【資格以外のスキル習得も検討する】

資格だけでなく、実践的なスキルや経験も重要です。例えば、経営者や起業家として成功するためには、マーケティングやプロジェクトマネジメント、プログラミングなどのスキルが役立ちます。企業に勤める場合も、組織としてチームで業務を進めますので、周りとのコミュニケーション、困り事があれば気軽に相談できる人を見つけることは重要です。転職するとなれば、企業風土やその企業独自のルールがありますので、理解するまでに相談できる相手を探しておいたり、仕事を頼むことも多々ありますので、コミュニケーションは非常に重要です。

【メリット・デメリットを比較検討する】

資格やスキルにはそれぞれメリットとデメリットがあります。自分にとってのメリットが大きい資格・スキルを選ぶことで、効果的なキャリアアップが期待できます。

【他人の意見や経験を参考にする】

資格やスキルを選ぶ際には、他人の意見や経験を参考にすることも有益です。同じ分野で働く先輩や友人からアドバイスをもらったり、インターネット上の評判や口コミを調べることで、自分に合った資格やスキルが見えてくるでしょう。

【資格取得後のサポートや教育機関を検討】

資格を取得した後も、継続的なサポートや教育が受けられる機関を選ぶことが大切です。資格取得後のフォローや継続教育プログラムが充実している機関を選ぶことで、スキルを維持・向上させることができます。

【経済的負担を考慮】

資格取得やスキル習得には、費用がかかりますので、自分の経済状況や投資対効果を考慮し、無理のない範囲で資格・スキルの習得を目指しましょう。

最後に、資格やスキルを選ぶ際は、焦らず慎重に検討しましょう。

自分に合った資格・スキルを身につけることで、キャリアやビジネスの成功に繋げることができます。将来の目標や関心を踏まえ、自分に最適な道を見つけることが大切です。

最後に

本記事では、簿記の各レベル、特に1級のすごさを徹底的に比較し、検証してきました。簿記1級、2級、3級ともに、それぞれが持つ特定のスキルと知識を証明するための資格であり、その持つ価値は確固たるものです。

特に簿記1級は、商業簿記、会計学、工業簿記、原価計算など、より専門的で高度な知識を要求されます。企業会計の全般的な理解を示すこの資格は、キャリアのさまざまな局面で、持ち主に対する信頼を大きく高め、重要な意思決定を下す上での深い洞察力を提供します。

一方、2級と3級もまた、それぞれのレベルに合わせた会計と簿記の基本的な知識を証明する重要な資格です。それらは簿記と会計の世界への入り口となり、これらの知識をベースに更にスキルを積み上げる基礎となります。

しかし、1級はその専門性と深さにおいて特異な存在であり、その取得には高度な理解と努力を必要とします。それゆえ、1級を持つことは、会計と簿記の深淵を理解し、それらを活用する能力を有するという強力な信号となります。

資格のレベルはそれぞれが持つ特性と価値に基づいています。その中で最適なレベルを選択することは、自分自身のキャリア目標や現在のスキルレベルによります。それぞれのレベルには特定の価値があり、それを理解することで自身のキャリアパスに最適な選択をすることが可能になります。それらを正確に理解し、自身にとって最適なパスを選択することが求められます。

簿記一級通信講座おすすめ人気ランキング

忙しい社会人が隙間時間で簿記1級を勉強するなら、STUDYing・LECのどちらが良いのか?

独自調査ランキングを「講座の内容充実度」、「サポート体制」、「料金設定」、「受講生の評価」の項目で20点満点で作成しましたので、ご参考にしてみてください。

1位 STUDYing:総合17点
スタディング

スタディング 簿記 サイト画像

講座内容の充実度

5点

料金設定

5点

サポート体制

3点

受講生の評価

4点

価格

66,600円~(最安値)

教材の特徴

通勤など隙間時間に学べるコンパクトな講義が続けやすい

サポート

業界随一のスマホ対応eラーニング

合格実績

簿記一級合格者「15名」の声を掲載

スタディング 簿記1級講座
▼ 申込みはこちら ▼

簿記1級講座を申込む


2位 LEC:総合15点
(東京リーガルマインド)

1級パーフェクトコース|LEC東京リーガルマインド

講座内容の充実度

4点

料金設定

3点

サポート体制

4点

受講生の評価

4点

価格

132,000円〜

教材の特徴

選べる講義・選べる学習方法で無理なく学べる工夫

サポート

質問対応

合格実績

簿記一級合格者「2名」の声を掲載

LEC 簿記1級講座
▼ 申込みはこちら ▼

簿記1級講座を申込む

上記のランキングは、各項目に対して星の数で評価しています。

STUDYing(スタディング)が最も高い評価であり、講座の内容や料金設定に優れています。

各項目において、自分にとって重要なポイントを考慮して選択することがおすすめです。

簿記に関する記事

簿記

「簿記」資格と他資格との難易度を比較してみました

簿記3級 解き方のコツ

簿記

簿記3級試験科目解き方のコツ

簿記を学ぶ メリットと仕事について

簿記

簿記を学ぶメリットや簿記を活かせる仕事をご紹介

簿記2級 独学のすすめ方・効率的な学習法

簿記

簿記2級は独学で合格可能?独学の進め方と効率的な学習法

いきなり簿記2級

簿記

簿記2級いきなり受験あり?簿記3級飛ばしでも合格できる...

Sound23で紹介する簿記講座

LEC 簿記2級

LEC

LEC簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、料金をまとめ...

STUDYing 簿記2級講座

スタディング

スタディングの簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、料金...

LEC 簿記1級講座まとめ

LEC

LECの簿記1級講座ってどう?評判や口コミ、料金をまと...

簿記1級-STUDYing

スタディング

スタディング簿記1級講座ってどう?評判や口コミ、料金を...

ユーキャン簿記2級通信講座

ユーキャン

ユーキャン簿記2級講座ってどう?評判や口コミ、費用をま...